住宅ローンの借り換えを検討しています。
主人(50歳)の会社の住宅貸し付け(1000万)をあてようかと思いますが(利息で300万もうく)、団信がないのです。
個人で保険に入ればいいのですが、健康診断で異常を指摘され保険には入れません。
やはり何かあったときのために保険にはいらないでローンをくむのは危険でしょうか。
会社では退職金を担保にします。保証人は妻であるわたしとなります。

どんな場合で、どんな支障がでるかどなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

民間金融機関の住宅ローンであれば、借り換えであっても、殆どの住宅ローン商品で、団信へ「加入できること」が融資の条件になっていますが、勤務先の従業員貸付制度でしたら、こういった条件はありません。



健康に問題があるなどで、団信に加入できない人にとっては、むしろ、「低金利」で融資が受けられる有効な手段だと思います。

従業員を対象とした住宅資金貸付では、団信がない代わりに「退職金が担保」となりますので、万が一の際には「団信で完済される」のではなく、「退職金で完済される」とお考えになればいいと思います。

多くの企業の従業員貸付では、勤続年数や退職金を基準として「借入可能額」を設定されていることが多いので、「万が一の際に、退職金を全額返済に充当しても、かなりの債務が残る」ということは考えづらいです。

ですから、従業員貸付を利用される場合には、あまり団信がないことを気にされる必要はないと考えます。

ただ、「退職金をアテにした老後の生活」というものは描かずに、定年後も年金以外の収入を得ることや年金のみで生活をすることの青写真を描いてみられることも必要かと思います。

不動産を所有している限り、固定資産税等の税金や火災保険などの保険料などの支出があるということも忘れずに。

気になる点は、返済期間の設定が「定年退職までの年数」となることが多いので、既存の住宅ローン契約の完済時年齢が、定年年齢よりも相当後に設定されていますと、月々の返済額の大幅な増加も考えられます。(従業員貸付は、金利が低いので多少は抑えられるかと思いますが、既存の借り入れの状況が分からないので…。)
この点については大丈夫でしょうか?

この回答への補足

丁寧にお答えくださりありがとうございます。

定年までの完済になるので月々の返済はあがりますが、貯金を別にすることを思えばなんとか頑張れないかと思案中です。
ただ、先日ある保険関係の方に主人がどこか入れ内かと相談に行った所そこで主人ではどこも入れないと言われました。そして団信が入れないのにいくら退職金担保でも、もしものときに払い込みが免除になるのとならないとでは残された人達の生活が全然違うと指摘をうけ、今回の質問に至ったのです。
あまり考えたくはないのことなのですがとても主人には相談できなくて。

>健康に問題があるなどで、団信に加入できない人にとっては、むしろ、「低金利」で融資が受けられる有効な手段だと思います。
保険やさんで否定的な事をいわれたのでナーバスになりましたが、こういう考えもあるのだなと思いなおし今にいたっています。どうしようかとすごく悩んでいます。

補足日時:2011/04/20 14:48
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報