【告訴状】 
★告訴の趣旨 
被告訴人は下記の犯罪を犯し、犯状悪質で再三の狂言と脅迫を繰り返しているので厳重に処罰されたく告訴します。
★告訴の理由
被告訴人は、告訴人○○の預貯金通帳から預金全額4968万円を払出て、持ち去った。払出して早や5年間を過ぎて、一向に返す気配がない。被告訴人は○○から贈与を受けたとでも考えているのか。贈与を受けた気取りであるはずがない、贈与税期限の5年間を経過した現在までに、贈与税の申告納税の気配がない。それでいて、最近の被告訴人が差出した文書の類では、「そのお金は払出してはいない」―と虚偽の言いわけをするに及んでいる。被告訴人の過去の有印私文書偽造、借金名目で持去って返済なし、の経緯を考えまして返す気がない心証を強く持ちますと同時に、現在裁判中の○○の自宅を解体撤去せよとする強要(平成22年()第2号建物収去土地明渡請求事件)の判決は――
「1.被告○○は、原告(本件で被告訴人)に対し、建物を収去し土地を明け渡せ。
「2.被告○○は、原告に対し、撤去するまで月5万円の割合で土地の金員を支払え。
「3.4.・・・ 以下、省略」
―― の判決。
持去ったお金は○○(当年89歳)の生活家具等の備蓄先の確保のために、今後の体調不順、緊急入院のとき、必要不可欠の生活資金であるから、是が非とも返却せよ。
○○からも平成7年には2400万円の送金贈与を受けたことを考慮すれば、亡父の配偶者でもある○○の自宅の解体撤去も求める裁判ごとは、明らかに信義則に反する行為。被告訴人は、○○へ4968万円の返納を求める。
★告訴に至る経緯
1.被告訴人は、平成18年1月25日に○○の介助世話をしていた長女に無断で、○○の自宅から連れ出して銀行を連れ回って、預金全部を払出して、○○ともども被告訴人の自宅へ連れて行き、現金4968万円は被告訴人が着服したまま現在に至っています。  金融機関名: ××銀行 ××支店  普通口座:3897 名義人:○○ 
2.  省略」
3.被控訴人の余罪は、数々あります。
中でも、現在、裁判中の所有権登記の変更に群がる有印私文書偽造は、告訴期日に時効ながら、亡父や○○に対する惨い仕打ちは、実子には相応しくない反逆的な暴挙でした。
<証拠資料>
【別紙1】 銀行口座の複写文書 1通
【別紙2】 被害届(○○警察署) 1通
【別紙3】 亡父通帳の盗難差押え 1通
【別紙4】 盗難届の受理郵便局  1通
【別紙5】 被控訴人の余罪一覧表  1通
【別紙6】 親の財産管理委任契約書 1通  

余談> 字数を気にして濃縮し、告訴人・被告訴人・提出日・裁判所名・内容も縮少あり。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

質問文からはよく判別できなかったのですが、被告訴人が身内ないし被害者の子供とかでしたら、親族相盗例に当りますから警察は告訴を受け付けません。


子供が親の金を盗んだとかは、特例があって告訴できないことになっています

この回答への補足

民事訴訟は、どうですか。
原告は利害関係人の長男では、また、罪名(事件名)は親本人なら「損害賠償請求」で長男なら将来の相続を視野にした「不当利得返還請求」?
いずれにしましても、民事訴訟の場合を教えてください。

補足日時:2011/04/27 10:05
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問のエリアは、ご指摘されている方面です。
わたくしも、お書きのことが非常に気がかりなための設問であります。
やはり、無理なのかな―ア」-と。
有難うございました。

お礼日時:2011/04/20 03:39

気持ちは察しますが、


はっきり言うと
「民事」と「刑事」がごちゃ混ぜで、駄目でしょう。

民事は多少ぶれても何とかなるでしょうが
刑事は犯罪要件をかなりしっかりと書かないと着手しません。
いつ
どこで
誰が
誰に
何を
どうして
どうした
あたりで、分解して、主観的感情を一切入れずに
書き出すことです。

ちゃんと書かないと、逆に「虚偽告訴罪」で逆告訴もされかねません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わたくしは、行政法令の方面に若干明るいぐらいで裁判とか告訴方面は音痴で、ニッチもサッチもならない苦悩を晴らす方法がないものか・・・という思いを込めた設問でした。
一極集中、夢中になれば大海が見えなくなる・・・を教えて頂きました。有難うございました。

お礼日時:2011/04/20 03:31

告訴する罪状に関係なさそうな記述があり、非常にわかり辛い。


おそらく警察官がこれを見たら、内容を理解する前に「民事問題だから不介入」と言うと思います。

弁護士に推敲してもらって、弁護士連名で提出すべきかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

民亊と刑事、事実と法令、私益と公益・・・これらを意識しながら。
家族問題の方面は、そもそもが“没”の可能性が非常に高いと言われますので
取り上げられること自体がむずかしい」と聞いいており、設問方式で教えを仰いだところです。
有難うございました。

お礼日時:2011/04/20 03:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q私文書偽造について

私文書偽造の解釈が難しく困っています。教えていただけませんか。

(私文書偽造等)抜粋
第159条
行使の目的で、他人の印章若しくは署名を使用して権利、義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画を偽造し、又は偽造した他人の印章若しくは署名を使用して権利、義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画を偽造した者は、3月以上5年以下の懲役に処する。

・行使の目的とは、どういう意味ですか。
・権利、義務若しくは事実証明に関する文書とはどんなものがありますか

会社内で本人の承諾なく認印を作り、勝手に記名押印されるということはよくある話でしょうか。
どこかに提出しなければ社内だけなので、有印私文書偽造にはあたりませんか。

よろしくおねがいします!

Aベストアンサー

むずかしく考えなくてもいいんじゃないんですか。

>・行使の目的とは、どういう意味ですか。

単に「使うために」と考えればいいでしょう。(常識で考えて、使わないのに他人名義の有印私文書をでっちあげる奴はいないだろうから、有印私文書偽造するやつは当然この「公私の目的」を持っているんでしょう。)

>・権利、義務若しくは事実証明に関する文書とはどんなものがありますか

どんなもの、と言われてもねぇ。偽造された人の、「権利」、「義務」、「事実証明」に関することならすべて該当するんでしょう。そして多分、広い意味での解釈が前提となると思います。

>会社内で本人の承諾なく認印を作り、勝手に記名押印されるということはよくある話でしょうか。

いいえ。よくある話ではありません。

>どこかに提出しなければ社内だけなので、有印私文書偽造にはあたりませんか。

たとえ社内といえども、本人の了解なしに、勝手に記名押印された書面で(あたかも本人が了承済みであるかのように取り繕い)事務処理を行っているなら、有印私文書偽造でしょう。

Q告訴状に記載する「被告訴人」

企業を告訴する場合、告訴状の「被告訴人」の欄にはどのように書けばよいのでしょうか?
会社名のみでしょうか?
それとも、その事件に関わった担当者の名前も書いたほうがよいでしょうか?

Aベストアンサー

詐欺罪は一般刑法犯(刑法に定められている犯罪)ですので、対象は自然人のみです。
共犯その他で複数人いる場合もありますが、それでもあくまで処罰の対象は各個人であり、会社という法人ではありません。
…なもんで、会社の資格詐欺とかでも訴追を受けるのは会社の社長という『個人』であって、会社ではない…

# ただ、特別に作られた法律で罰則のあるものでは、
# 特に法人を処罰する規定を設けている場合はあります。(特に税金関係の法律に多い)

なので、告訴するのなら、あくまでも詐欺を働いた「人」です。
告訴の場合は相手を特定できる情報があればいいです。
(法的には民事訴訟でも同じですが、
 民事訴訟の場合は訴状を本人に送らなければならないので
 住所氏名が分からないと実務的には嫌がられます)

Q私文書偽造罪の要件について・・・

法律についてあまり詳しくありません。刑法の第159条について
の解釈を教えてください。

==============
(私文書偽造等)
第百五十九条  行使の目的で、他人の印章若しくは署名を使用して権利、義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画を偽造し、又は偽造した他人の印章若しくは署名を使用して権利、義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画を偽造した者は、三月以上五年以下の懲役に処する。
2  他人が押印し又は署名した権利、義務又は事実証明に関する文書又は図画を変造した者も、前項と同様とする。
3  前二項に規定するもののほか、権利、義務又は事実証明に関する文書又は図画を偽造し、又は変造した者は、一年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。
==============

私文書偽造等の第三項の存在についてですが、この項は「他人の印や署名を利用したり偽造していなくても」文書・図画を偽造、変造した者は罰せられる、という解釈でいいのですか?
例えば、銀行への提出用に決算書を偽造した場合は、第159条第3項の規定により処罰されるのでしょうか?

法律についてあまり詳しくありません。刑法の第159条について
の解釈を教えてください。

==============
(私文書偽造等)
第百五十九条  行使の目的で、他人の印章若しくは署名を使用して権利、義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画を偽造し、又は偽造した他人の印章若しくは署名を使用して権利、義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画を偽造した者は、三月以上五年以下の懲役に処する。
2  他人が押印し又は署名した権利、義務又は事実証明に関する文書又は図画を...続きを読む

Aベストアンサー

偽造(変造も含め)というのは、文書名義人以外の者が、権限なしに文書を作成する行為です。他人の印や署名を使用していない3項の場合であっても、偽造・変造の対象となる文書は他人名義の文書である必要があります。

したがって、A社の決算書について作成権限のある者が、内容虚偽のA社の決算書を作成する行為は文書偽造にも変造にも当たりません。

A社と全く無関係の者や、A社の関係者(役員や従業員)で決算書作成権限が認められていないものが、勝手にA社の決算書を作れば、私文書偽造になります。

Q被告訴人が不起訴を知る方法は?

被告訴人が不起訴を知る方法は?

告訴して書類送検まで行ったけど検察で不起訴となりました。
被告訴人が不起訴をどういう方法で知る事ができるのでしょうか?
考えられる方法は下記のような形ですが、実際どの様な形で
知る事ができるのでしょう。

・被告訴人にも不起訴になった事は検察から連絡される。
・被告訴人が検察に問い合わせると教えてくれる。
・「x日以内に裁判所から呼び出しがない」という事で
 不起訴を知る事ができる。

Aベストアンサー

起訴されれば、「裁判所」から訴状を含めて「通知」がされます。

不起訴の場合は「検察庁の担当検事」に「本人」が問い合わせるしかありません。

Q刑法の有印私文書偽造・同行使について教えてください

有印私文書偽造・同行使について教えてください

医師から詐欺の被害にあいました。
遠い親戚の紹介ですべて往診だったのですが・・・・
でも、詐欺を立証するのが難しく、立件できるところから立件していきたいと思っています。
そこで、質問なのですが、医師が領収書に実際に在籍していない病院の名前を勝手に使い、そこの病院の医師ということで自分の名前と自分の印鑑を押した場合、有印私文書偽造・同行使に問う事はできますか?

具体的には、診療したという領収書(パソコンで印刷)に、

○×病院 ←在籍していない病院の名前を勝手に使った
医師 山田 太郎 印 ←自分の名前と自分の印鑑

最初は、有印私文書偽造・同行使が適用されるのではないかと思ったのですが、刑法を見ると「他人の印章若しくは署名を使用して」とあるので、有印私文書偽造・同行使が適用できないのではないかとも思いました。
どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら、教えてください。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 微妙なところはありますが,有印私文書偽造・同行使に問える可能性は皆無ではありません。
 なぜなら,その領収書は,○×病院の山田太郎さんの名義であって,そこに在籍しない山田太郎さんとは人格の同一性がないと考えられ,ここに名義の偽造を認めることができる可能性があります。
 この領収書における,「○×病院」に所属している医師であるということが,どのような意味をもつのかという問題はありますが,領収書という文書の性質上,それは単に受領者のみならず,偽造を問える可能性はあるように思えます。

 もっとも,誰が見ても,「医師 山田太郎」と言えば,その領収書を発行した本人しかいないと客観的に考えられるような場合には,人格の同一性がないとは言い難いでしょう。

Q共同被告の1人と和解したときの請求の趣旨

A,Bの2人の共同不法行為に基づいて、A,Bを共同被告として、請求の趣旨「連帯して1000万円を支払え」という損害賠償請求訴訟を提起した後に、Aだけと「100万円」で和解して、Bとはそのまま訴訟を続けるという場合、請求の趣旨は変える必要があるのでしょうか?

つまり、Bに対して、
(1)請求の趣旨 (「連帯して」は外して)「1000万円を支払え」のままでよいのか?

(2)請求の趣旨 (「連帯して」は外して)「900万円を支払え(※「900万円」は、1000万円から、和解したAが支払う100万円を差し引いた額)」と変更するのか?

(3)請求の趣旨 「500万円を支払え」(被告2人が1人になったので、1000万円の半分の500万円だけにする)と変更するのか?

お教え下さい。

Aベストアンサー

その和解は、裁判所内ですか、それとも裁判所外ですか ?
裁判所内だとすれば、裁判官から、後1人に対する請求をどのようにするか、決めるよう勧告があると思います。
それから考えていいと思いますが、ないとすれば、基本的に損害賠償請求ですから、請求の趣旨の変更は必要ないと思います。
(「連帯して」は外して)と言う部分も裁判官から指示があると思います。
取下勧告ならば取り下げればいいし、そうでなければ、そのままでもいいと思います。
後裁判所の判断を待つだけですから。
いずれにしても、損害賠償請求ですから(2)と(3)は考えられないです。
裁判所外ですと取下が条件でなければ和解は成立しないと思われますので、取下になると思います。

Q私文書偽造

h23.1.12 11:00am~ニッポン放送人生相談,の中で
中川弁護士
・相談者「妻が失踪している最中に夫の印を改印し持っている夫のカードを使って金を借りる恐れがある カードは男しか使えないカードで妻は現在他の男と住んでいそう」
・この話の中の「本人に無断で印を改印しこれを使うという」部分について
・中川弁護士が
「私文書偽造と~で訴えればいいんで」と仰いましたが
~がなにかわかりますか それとも有印私文書偽造ですか

Aベストアンサー

有印私文書偽造・同文書行使
(私文書偽造等)
第百五十九条 行使の目的で、他人の印章若しくは署名を使用して権利、義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画を偽造し、又は偽造した他人の印章若しくは署名を使用して権利、義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画を偽造した者は、三月以上五年以下の懲役に処する。
2 他人が押印し又は署名した権利、義務又は事実証明に関する文書又は図画を変造した者も、前項と同様とする。
3 前二項に規定するもののほか、権利、義務又は事実証明に関する文書又は図画を偽造し、又は変造した者は、一年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処する。

(偽造私文書等行使)
第百六十一条 前二条の文書又は図画を行使した者は、その文書若しくは図画を偽造し、若しくは変造し、又は虚偽の記載をした者と同一の刑に処する。
2 前項の罪の未遂は、罰する。


上記ではありませんか?

Q告訴状の作成中 告訴の事実と経緯の違いは?

 検察庁にて告訴状の作成の相談中なのですが、費用の都合で個人にて行っております。告訴状の告訴の事実と経緯の違いは、何なのでしょうか? その他は、教えて頂き下書きしております。事件発生からの時系列を経緯と解釈すれば良いのでしょうか?
明日、検察庁に提出したく、お教え頂ければ助かります。

Aベストアンサー

告訴の事実と云うのは、例えば、
「被告訴人は、告訴人所有の自動車を詐取した」で
告訴の経緯とは、例えば、
「告訴人は、年月日、被告訴人に自動車を年月日までと云う約束で貸した。しかし、被告訴人は、年月日、第三者である○○に売却した。」と云うことですが、そのように分けて記載しなくても、どのようなことが犯罪なのか、その犯罪は、どのような経緯で行われたか、と云うことを詳細に記載すれば、それでいいです。
証拠はできるだれ多い方がいいです。

Q刑法159条 私文書偽造等について示唆した者は罪になりますか?

刑法159条私文書偽造について読んでいました。

行使の目的で、他人の印章若しくは署名を使用して権利、義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画を偽造し、又は偽造した他人の印章若しくは署名を使用して権利、義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画を偽造した者は、三月以上五年以下の懲役に処する。

本文を読んだ限りは、作成したものしか罪に問われない
親告罪でない、と言うことしかわからないのですが偽造
することを示唆した人は罪に問われるのでしょうか?

判例などもあれば併せてお教え下さい。

Aベストアンサー

「示唆」の意味が判然としませんが、どんな犯罪であっても、犯行を教唆すれば、刑法61条により教唆犯として処罰されますし、幇助した場合は62条により幇助犯となります。また、主体的に計画を立てて指示した場合は、共謀共同正犯となる可能性もあります。

(教唆)
第61条 人を教唆して犯罪を実行させた者には、正犯の刑を科する。
2 教唆者を教唆した者についても、前項と同様とする。

159条の私文書偽造についてのみ、特別に教唆犯・幇助犯や、共謀共同正犯の成立が否定される理由はありませんから、本文に規定がなくても処罰されます。

Q告訴状に自分の住所を書かずに告訴する方法はありますでしょうか?(弁護士代理など)

遠方に住む実の親の、知人の男から、住居侵入罪もしくは不退去罪に該当すると思われる、被害にあいました。
暴力と暴言も同時にありましたが、さいわい、怪我は負いませんでした。
(被害後、再び同じ目にあうのが怖いので、転居しました)

加害者を告訴しようと思うのですが。
(告訴状を自分で作成し検察庁へ提出しようと考えています)

自分の現住所が、加害者へ、直接あるいは間接的に知られるのが、怖いです。自分の身の安全を確保したいからです。

そこで、告訴状を、自分で作成せずに、弁護士さんなどに依頼して、「代理」で作成していただくことによって、自分の現住所を、告訴状に記載しないで済みますでしょうか?


少し病床にあり、法テラスや弁護士事務所などへ、すぐに相談に行けないので、まずこちらでご助言を求めようと思いました。

よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

代理人に書いてもらっても被告訴人は記載されます。

しかし親告罪とはお見受けしませんがどうして被害届ではなく告訴状を?もうすでに被害届は出されているのでしょうか?

公務員には守秘義務がありますから、どうしても心配なら念押ししておけばいいですけどね…
「被害者に謝罪をしたい」という申し出すら受け入れませんよ警察も検察も。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング