外国人の方はどのように勉強して言語を習得しているのでしょうか??ふと疑問に思いました。日本人も英語を勉強しますが習得できている人は少ないように思います。外国人の方でとても流暢に日本語をしゃべっている方を見て,文法が難しいと言われる日本語を日本人よりもきれいに使っているなぁと感じました。外国人の言語習得法を聞くことによって英語の習得に応用したいと思います。知っている方いらっしゃったら教えていただきたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 こんにちは。


 専門的に学ぶこととはすれますが、
私の夫は外国人です。来日して7年で、うまくはないかもしれませんが毎日喋っています。周りに国際結婚者が多いせいか、いろいろな人が見受けられますが、
当たり前のことですが、日本社会の中切磋琢磨している人は、日本語がうまいですし、同郷人とあつまってばかりだと、何年たっても日本語が理解不能な人もいます。
  前者は、日本語を毎日使い、恥をかき、嫌な経験もして、上達していっています。 
あとおしゃべりな人は上達早いですねーーー!!!
  
    • good
    • 0

専門的なお答えは出来ませんが個人的には次のように考えます。



1.彼らは日本人のように外国語を特別視していません。子供のころから身近に外国語に接している場合が多い事、隣国とは国境を接しているので自国に引きこもり(?)でもしない限り外国語の一つや二つはを理解しなければ面白くないでしょう。日本でも地方出身者が東京でも大阪でも3~6か月で東京弁や大阪弁を覚えるようなものです。

2.彼らにとって外国語を学ぶとは「話す」ことです。一旦話すニーズを感じたら徹底して話します。
詰まったり間違ったりしながら話します。その間、日本人は入門書や文法書を読むのに大忙しです。
若いころ海外で壁に書いてあるスペイン語を読んだところ現地人が驚いたことがあります。相手がスペイン語を話せることは分かっていても、読めるとまでは思っていなかったからです。

3.日本語文法は相当整備されているので彼らは我々が思うほど難しいと思わないようです。難しいのは読み・書きでしょう。 敬語も難しいと思いますが敬語なしでも会話は出来ます。会話の中で敬語を徐々に覚えて行きます。

私は行きます。私は行きました。
彼は行きます。彼は行きました。
彼らは行きます。彼らは行きました。

こんな易しい表現は世界でも少ないでしょう。私の知る限りでは人工の国際語と言われるエスペラントぐらいです。 外国人の勉強法を真似るとは徹底して話す練習をすることだと思います。

4.蛇足ながら彼らは自国語と外国語ひとつで二か国語が話せると言います。私は日本語、英語、スペイン語、出身地の方言で4か国語が出来ると自己紹介をしていました。下手な関西弁も入れれば5か国語と言っても彼らは納得するでしょう。基準は話せることです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報