進路について迷っています。

私は将来音楽関係の仕事に就きたいと思っています。
ですが美容師もやってみたいと思っています。
この2つの職業は職種もぜんぜん違うし、美容師は専門学校に行かなければなれないものなので早く決断をしないと・・・ととてもあせっています;

大学にいってから(音楽または美容の)専門・・・となると財政的な面でかなり厳しいのでそれは考えていません。

音楽関係の仕事につきたいのは前からライブに行くのが好きで、自分も照明や制作等の仕事にかかわってみたいと思ったのがきっかけです。

一方美容師は単にファッションに興味もあるし就職も音楽よりかはできやすいかな、といった感じの理由でやってみたいと思っています。

私的には音楽関係の方がやりたい気持ちが強いのですが将来の職について考えると美容師の方がいいのか、と思ってしまいます。
就職について考えるぐらいなら音楽の仕事は無理だとおっしゃる方もいますが親への負担等を考えるとどうしてもそこを心配してしまいます・・。

そこでお聞きしたいのですが
音楽関係(PA、音響、照明)の仕事に従事されている方はどのような過程を経て現在の職に就いたのでしょうか?(専門学校を卒業して・・など)

美容師の方はどのような動機で現在の職に就かれたのでしょうか?

ご回答お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

美容師の資格はたしか通信教育でもとれましたよ。



音楽関係に行くなら大学に行って関連資格取って就職活動して入社、が安全だと思います。
専門学校ってのはたいていまともな就職先もなくフリーターになってしまうのがほとんどで
今の日本では機能していません。
大学に行くことをお勧めいたします。
    • good
    • 0

美容関係ではないけどね。


こういう場合の「考え方」というのを書いておきます。

夢を現実にするのは、運不運もあるし、なかなかに難しいものです。
ただ、運の問題は別にしても「実現に近づける方法」というものはちゃんとあります。
それは「軸をブラさないこと」です。

ふらふらしないってことですよ。
あなたは現在、幾つかのファクターを自分でチョイスしてしまうことで、逆にフラフラしてるんです。

将来という見えっこないものに怯える自分。
好きか嫌いかを確かめることに躊躇ってる自分。
夢に近づく過程を他人に確かめることで、安心しようとしてる自分。
…そういうのがみんな「ブレ」の元なんですよ。
あなたは自分からブレ始めているんです。

あなたの夢は、あなたのものなんです。
誰かの夢は、過程も含めて「誰かさんのもの」。
借り物の夢なんて、なーーーーんにもなりませんぞ?。

夢を型にはめるのは止めたほうがいい。
卑小な夢なんて、そんなのは役に立たないだけで、下手すれば「ゴロ」になるだけです。

何かになりたい、と思ったら、自分が「体験」すること。
損もするし、痛い目にも遭います…100%の確立でね。
しかしそのなかで見つけたものこそが「オリジナル」であり、あなたの「所有物」になるんです。

自分の「道具」が無いと、戦えませんよ?夢の世界ではね。
迷ってる時間が長くなるほど、時間は過ぎるし、もったいないです。
どちらかに選択をするか、もしくはどっちもやらないか、です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング