偏光フィルターは、屋外での撮影を前提にしたフィルターでしょうか?
室内では、光量が減少してしまうのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

そうです 室内では、光量が2-3絞り分減少します


屋外での撮影時もリング三角点の位置合わせ調整必要になります
    • good
    • 0

室内でも商品撮影や反射除去の目的で使用する事もありますので、外専用と言うのは間違いです。


先の回答にもあるように、着色(本当は色を付けている訳ではありませんが)フィルターなので、光量は減りますが、室内だけでなく、屋外であっても同じだけ光量は減ります。
何のために使われるのですか?
    • good
    • 0

反射などの偏光を除去する為のフィルターですから室内で使うこともあります。



建築写真では必需品です。
外専用なんて書いてる人も居ますが知らないだけです(^_^;

室内、屋外に関わらず濃度がありますからその分、光量は減少します。
    • good
    • 0

> 偏光フィルターは、屋外での撮影を前提にしたフィルターでしょうか?



イエ、光の反射などの除去を目的とするならば、室内でも使われることがありますし、
ライティング側とレンズ側の両方に偏光フィルターを使用することで、光をコントロール
するテクニックも存在します。

屋外で使われるケースの方が多いのですが、だからといって屋外での使用を前提とした
フィルターではないんです。

> 室内では、光量が減少してしまうのでしょうか?

偏光成分を除去しますので、室内でも屋外でも透過光量は低下してしまいます。
    • good
    • 0

>偏光フィルターは、屋外での撮影を前提にしたフィルターでしょうか?



そのとおり、偏光フィルターは、余分な偏光を除去または軽減させるフィルターで、室内では使いません。
偏光フィルターの効用は、それだけで解説本が書けるボリュームになるので、ここでは説明しません。
書店で、解説書籍をお求め下さい。

一言、
偏光フィルターは魔法のフィルターではありません。
薬と一緒で、作用と副作用は表裏一体。
基礎知識もなく闇雲に使うと百害あって一利なし。
その為にも、解説書は必読です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報