いつもありがとうございます。今回もよろしくお願いします。

S+V 例)I go. や I sleep. I have.等等と思うのですが、

S+V+O 例) I go shopping. I eat a big sushi. I have a nice pen.は、S+V と解釈しても間違いにはならないのでしょうか?
それともこの場合はS+V+O以外ありえないのでしょうか?


また、ちょっと気になるのですがイングリッシュネイティブスピーカーの方は皆さん、文型は理解した上で話されているのでしょうか?

私は日本人ですが日本語の文型はあまり考えたことないので、どうなのかなぁと気になりました。


話がそれてしまって申し訳ありません。

A 回答 (3件)

文型ってたしかに


日本人に英語を理解させるために編み出された
独特の分類ですが・・
筋は通っていますし、
いろいろな文法を学ぶには、
知ってて便利な考え方だと、私は思います。
もちろん、人それぞれですが☆

SVO の O は、簡単に言えば「~を」を表す言葉。
I eat a big sushi.(大きな寿司を)
I have a nice pen.(素敵なペンを)
なので、この2つはSVO以外ありえません。
(どんな文でも、5文型の中のどれか1つにしか当てはまりません。)
ちなみにこの「~を」の部分は、もっと長いこともあります。
たとえば
I have many friends to talk to.
(相談に乗ってくれる友達を)
I want to know what you want for your birthday.
(あなたが誕生日に何を欲しいのかということを)
とにかく「~を」でくくられる部分は全部Oです。

で、ひとつややこしいのが
I go shopping. です。
shopping は、shop という動詞が分詞形になって
go を修飾している関係です。
つまり副詞的な働きをしています。
文型の考え方では、副詞は文の要素として数えません。
I がS、go がV、shopping はノーカウント。
なので、I go shopping. は、SVの文です。

ご参考まで☆
    • good
    • 0

1。

S+V は、Vが自動詞(日本語で「を」がつかない)の時。私は寝る。

2.S+V+O は、Vが他動詞(日本語で「を」がつく)の時。私は寿司を食べる。

3。>>S+V+O以外ありえないのでしょうか?

 詳しくは下記などをご覧下さい。総計五つと言う説もあります。
 http://www.eibunpou.net/01/chapter3/3_1.html

4。>>また、ちょっと気になるのですがイングリッシュネイティブスピーカーの方は皆さん、文型は理解した上で話されているのでしょうか?

 あれは、日本一部の特産品です。

 
    • good
    • 0

日本語でかんがえてみてください。



私は行く 会話の中で使いますね?、私は食べる 会話で使いますか?。

つまりI goはSVでOKですが I eat は文章として不完全です。

確かにeatも自動詞として使われることはありますが、 私は食べる より 私はパンを食べる のほうが普通の会話の中で使われることが多いというわけです。

わけわからない説明ですいません。しかし、ぶっちゃけこの辺の見極めは慣れです。

勉強しているうちにI have では違和感を感じるようになります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qhave to be able toって?

You have to be able to go there and back.

have to しなければならない
be able to できる

日本語が繋がらないです

be able toはいるんですか!?

Aベストアンサー

have to be able to~ で
「~できなければならない」 です。

have to のあとに can は使えないですからね。
be able to の登場となるわけです。


You have to be able to speak English to apply this job.
この仕事に応募するためには、英語を話せないといけませんよ。

Do I have to be able to drive a car to be a babysitter?
ベビーシッターになるには、車の運転ができないといけませんか?

~するためには~できなければいけない、という文章であれば、have to be able toを使用する意味があるのが分かりやすいと思います。

質問文の、You have to be able to go there and back. は、単独では、
「あなたはそこへ行って、帰って来れなくてはいけない」という意味です。

be able to を省略してもよさそうに見えますが、前後の文脈とあわせればもっと意味をとりやすいはずです。

私なりに本当の意味を推測しますと、こういう意味ではないかと。

「あなたはそこへ行くだけではダメ、自分で帰って来れなくてはいけないんだよ」

この意味であれば、
You have to go there and back. では意味が全く違ってしまいます。

have to be able to~ で
「~できなければならない」 です。

have to のあとに can は使えないですからね。
be able to の登場となるわけです。


You have to be able to speak English to apply this job.
この仕事に応募するためには、英語を話せないといけませんよ。

Do I have to be able to drive a car to be a babysitter?
ベビーシッターになるには、車の運転ができないといけませんか?

~するためには~できなければいけない、という文章であれば、have to be able toを使用する...続きを読む

Q名詞節をつくる際のHow+形容詞+S+VとHow+S+V+形容詞の違い

名詞節をつくる際のHow+形容詞+S+VとHow+S+V+形容詞の違いは何でしょうか?
自分は意味は大体同じで前者の方は強調のニュアンスがあると解釈しているのですが。

Aベストアンサー

how 形容詞 SV という名詞節は
How 形容詞 VS? という疑問文の間接疑問,
How 形容詞 SV! という感嘆文からきている
いずれの解釈も可能です。

上の場合,「どれくらい(形容詞)か」で,程度を聞くわけですが,
日本語で「どれほど(形容詞)か」で「なんと」というニュアンスが出るのと同じで,感嘆文との区別は文脈次第です。

いずれにしても,how +形容詞でひっついて「どれほど~」と一まとまりになります。

how SV 形容詞があるとすれば,how は「どのようにして」とか「どうして→なぜ」の意味で形容詞とは切り離されている場合です。
how he is so busy「どうして彼はそんなに忙しいのか」
how busy he is「彼はどれくらい忙しいのか」「彼はなんと忙しいのか」

Qbe+to不定詞の識別

Nationalism is not to be confused with patriotism.

という文ですが、
この文のbe+to不定詞が
to不定詞が補語なのか、
be to不定詞という助動詞の代用表現のどちらか判別できません。

また、この文に限らず、
一般的にbe+to不定詞が
to不定詞が補語なのか、
be to不定詞という助動詞の代用表現なのかを
どのように判別するのでしょうか?

Aベストアンサー

My aim is to go to college.
補語となるパターンを考えればわかりやすいと思います。

go という不定詞部分の主語は I 自体であり、
my aim 自体が go するのではない。

my aim = to go to college

助動詞の代用の場合は、
He is to attend the meeting.
attend の主語は he そのもの。

he という人間が to attend the meeting という行為と=ではない。
単純に is to を must などの助動詞に代えて成り立つのだから当然のことです。

助動詞の代用という説明自体、判断する手がかりです。
助動詞に置き換えて意味が通じればそちら。

私としてはそういう説明上のもので、助動詞の代用というのが
be to の本質ではないように思います。

Q副詞の倒置法の語順について質問です!( 副+V+S と 副+do+S+V の違い?)

こんにちは!はじめまして。

副詞の倒置法を勉強していたのですが、

Down came the stock price at once.(株価は一気に下落した)

Upon very slender arguments did they build up their opinions.
(きわめて貧弱な論拠に立って彼らは意見をたてる)

という文は、どちらも副詞の倒置法ですよね?
私には、副+V+S と 副+do+S+V 形に見えるのですが、
副詞の倒置法は、どちらの語順でもよいのでしょうか?

よろしくおねがいします!

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問:
<私には、副+V+S と 副+do+S+V 形に見えるのですが、
副詞の倒置法は、どちらの語順でもよいのでしょうか?>

ご質問への回答:
どちらの語順でもいいのです。理由は以下の通りです。

1.Down came the stock price at once.:

(1)この倒置はdown「下がって」という副詞を強調し前置したために、主語、動詞の倒置が起こっています。

(2)動詞cameは助動詞+原形動詞(=did+come)に分節しないで、過去動詞をそのまま用いています。この場合は、過去動詞の後に主語がきますから、V+Sの語順になっているのです。このように助動詞に分節しない方法でも、倒置は可能なのです。

(3)これをdid the stock price comeと分節することもできますが、cameは「来る」という自動詞で目的語をとらない場合は、例文のように直接倒置されることがあります。

2.Upon very slender arguments did they build up their opinions.:

(1)この倒置は強調というよりも、副詞句が長いために前置し、倒置が起こっていると思われます。

(2)ここでは過去動詞builtを=did+buildと助動詞+原形動詞に分節しています。

(3)このように分節された場合、助動詞+主語+原形動詞(助動詞+SV)という語順になります。

(4)この場合、過去動詞を使ってbuilt they upと直接倒置していないのは、ひとつには、build upという動詞句を分断できない、という理由からです。

以上ご参考までに。

はじめまして。

ご質問:
<私には、副+V+S と 副+do+S+V 形に見えるのですが、
副詞の倒置法は、どちらの語順でもよいのでしょうか?>

ご質問への回答:
どちらの語順でもいいのです。理由は以下の通りです。

1.Down came the stock price at once.:

(1)この倒置はdown「下がって」という副詞を強調し前置したために、主語、動詞の倒置が起こっています。

(2)動詞cameは助動詞+原形動詞(=did+come)に分節しないで、過去動詞をそのまま用いています。この場合は、過去動詞の...続きを読む

Qbe likely to の不定詞の用法

 be [likely/apt/liable] to,be [willing/reluctant] to, be eager to,be ready to, と思いつく限り書いて見ましたが、この
be+形容詞+to doの形の不定詞は何用法にあたるのでしょうか?

 僕が思うに副詞的用法の形容詞の限定には考えにくい
と思うのですが、それともこれは熟語の一部としてとらえた
方がいいでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。例えば、

・ Gina is likely to leave school before the term is over. ジーナは学期が終わる前に学校をやめそうだ。

 においては、likely を省略して考えると、

・ Gina is to leave school before the term is over. ジーナは学期が終わる前に学校をやめることになっている。

 となりますよね。つまり to leave は、likely を省略した文章においては、叙述用法で is を修飾してますから、副詞です。

 また英文法大全の説明では、

不定詞の副詞的用法

・(2)形容詞の修飾語として形容詞または形容詞相当語句のあとに置いて、判断の理由、条件、感情の原因などを表します。
This scheme is difficult to put into practice.
(=It is difficult to put this scheme into practice.)
  (この計画は実行に移すのがむずかしい)
That old machine is not safe to touch.  (あの古い機械は触れるとあぶない)
I am happy〔glad、delighted〕to make your acquaintance.
 (お知り合いになれてうれしく思います)

[注]
「be + 形容詞 + to不定詞」の形で、慣用句としてよく用いられるものに次のようなものが挙げられます。
be anxious〔eager、impatient〕to~(~したがっている)
be apt〔liable、likely〕to~(~しやすい、~しそうだ)
be ready〔prepared、willing〕to~(いつでも、喜んで~する)
be sure to~(きっと~する)など。

 ということで、お尋ねの不定詞は、副詞的用法ですが、慣用表現ですので、判断の理由、条件、感情の原因のどれにもあたらないのでしょう。

 いかがでしょうか?

はじめまして。例えば、

・ Gina is likely to leave school before the term is over. ジーナは学期が終わる前に学校をやめそうだ。

 においては、likely を省略して考えると、

・ Gina is to leave school before the term is over. ジーナは学期が終わる前に学校をやめることになっている。

 となりますよね。つまり to leave は、likely を省略した文章においては、叙述用法で is を修飾してますから、副詞です。

 また英文法大全の説明では、

不定詞の副詞的用法

・(2)形容詞の修飾...続きを読む

QS+V+関係詞節, and V+O.

論文を書いてて困ったんですが、S+V+関係詞節, and V+O.という文は正しい英文なんでしょうか?
例.We recall the definition of the homology which was introduced by Poincare, and state the related fact.
(Poincareによって導入されたhomologyの定義について述べ、そして関連する事実を述べる)
and の前にコンマを置かないと、
関係詞節が続いているとみなされてしまいますよねえ?
2文に分けて書かないといけないんでしょうか?
次のような形も正しいのかわかりません。
S+V+関係詞節, and O
例.I have a pencil which was made of wood, and a car.
(私は木製の鉛筆と、車を持っている)
こういうことに関する文法が載ってる参考書、サイト等も
教えていただけないでしょうか?高校程度の文法書には
書かれていませんでした。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

カンマについては、No.1のyoohoo_7さんが言われているとおりだと自分も思います。

>S+V+関係詞節, and V+O.という文は正しい英文なんでしょうか?

少なくとも、間違いではないと思います。結構似たような文章に出会うことがあります。
ただ、やはり、非常に分かりにくい文章だと感じるだろうと思います。

その原因は、既にお気づきの通り、関係詞節が動詞の目的語の位置に来て、それに重ねて、別の目的語が関係詞節の後ろに現れるからです。

ですから、述語動詞に結びつく要素が二つ以上あった場合は、短いものを基本的には前に置き、長いものを、つまり、関係詞節を持ったものを後ろに置くのが基本です。

これは、述語動詞に結びつくものが、目的語だけでなく、副詞句の場合にも同様に適用されます。

これらの現象を外置と呼ぶと思います。

外置については、以前の回答に、よく説明されているものがありましたので、それをご紹介します。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1645246
のNo.5 emlakさんのご回答です。

また、次のサイトの 「1センテンスの重み」と言うタイトルの説明に、外置の例がよく説明されています。
http://www.e-dojo.jp/sampleb.html 

カンマについては、No.1のyoohoo_7さんが言われているとおりだと自分も思います。

>S+V+関係詞節, and V+O.という文は正しい英文なんでしょうか?

少なくとも、間違いではないと思います。結構似たような文章に出会うことがあります。
ただ、やはり、非常に分かりにくい文章だと感じるだろうと思います。

その原因は、既にお気づきの通り、関係詞節が動詞の目的語の位置に来て、それに重ねて、別の目的語が関係詞節の後ろに現れるからです。

ですから、述語動詞に結びつく要素が二つ以上あった...続きを読む

Qbe going to beがわかりません。

be going to beがわかりません。

I'm not going to be humiliated in front of the entire neighborhood.

ご近所全員の前で辱をかかせたら承知しないわよ!
(親が子供に言ってる台詞でした)

この文は何でbe going toを使うのですか?
be going toは、これから何かしようとする時に使うと思っていました。

I'm going to go to....のように。

Aベストアンサー

SPS700さんのお答えの通りです。

また、I don't want to be ... でしたら、現在形ですから、「現在私は~されることを欲しない」という意味になります(未来の時点では変わるかもしれない)。
それに対して I'm not going to be ... だと、現在の時点から以降のことを問題の対象にしています。
直訳すれば、「私はご近所全員の前で辱をかかせられるような状態に陥るつもりはない」とでもなるでしょうか(日本語には英語の未来時制に相当する表現がないので、これくらいがせいぜいでしょう)。
「つもり」はなくてもそうなったらどうなるか。I'm not going to be ... という、しかるべき状態を否定されるわけだから、あり得べき世界が壊れることを意味する。もはや、それまでのような秩序は期待されない状態になるので、何がどうなるか分らない・・・

QWhat+V+S?の語順がWhat+S+V に変わる件

平素よりお世話になります。
毎回、基礎的な疑問で恐縮ですが、よろしくお願い申し上げます。

What time is it? が、「Do you know」とくっつく事により、
Do you know what time it is? になることは知っているつもりです。

昨日以下のような英文をテキストでみかけました。
If you study on your own, it might be difficult to keep your attention on the material, or to know which parts are most important.

この場合、何故、which parts most important are.にならないのでしょうか。

お手数おかけしますが、ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

先回答で納得していらっしゃればよいのですが,念のため投稿します。
「疑問詞のつく疑問文」と,「疑問詞で始まる節を持つ単純疑問文」の語順については,以下の約束事と理屈から成り立っています。

(1)疑問詞のつく疑問文の「約束事」
(例文)What time is it?
疑問文であることを明らかにするため,
■疑問詞を文頭に出す
■主語と動詞を,単純疑問文の原則に従って入れ換える
 (つまり,be動詞ならis+主語,一般動詞ならdo(does)+主語+動詞の原形)

(2)疑問詞で始まる節を含む単純疑問文の「理屈」
(例文)Do you know what time it is?
これは,結局単純疑問文にすぎません。したがって,疑問文であることは,Is it…?とかDo you…?で示されます。
逆に言えば,疑問詞で始まる節の中の語順を変える必要はないし,変えてはいけません。
上の例文を肯定文に直せば,
You know what time it is.
です。what time it isの部分は,肯定文でも疑問文でも語順に変化はありません。

*********************

以上の原則を質問のテキスト例文にあてはまると,こうなります。
便宜上,疑問詞以下の部分だけ取り出し,これを「疑問詞のつく疑問文」にします。
(A) Which parts are most important?[どの部分が最も重要か?]
これを,「どの部分が最も重要かを私は知っている」という文にすると,
(B) I know which parts are most important.
さらに,「どの部分が最も重要か,あなたは知っていますか?」という文にしてみます。
(C) Do you know which parts are most important?

まず,(B)と(C)のwhich以下が同じ語順であることを確認してください。
そして,(A)までwhich以下の語順が同じである理由は,単純です。(A)の疑問詞が,たまたま主語に相当しているからです(先回答者の言うとおり)。

こうした語順に混乱が生じる理由は,上記(1)と(2)を関連づけて考えるからです。つまり,
[×]疑問詞のつく疑問文では疑問詞の後の主語と動詞を入れ換え,それにDo you knowがつくと,入れ換えた主語と動詞を元に戻す
という「遠回りの思考方法」をとるから,混乱が生じるのです。
あくまで,(1)は(1),(2)は(2)と,考え方の出発点を別々にしなければなりません。
そして,(2)の文を作るための出発点は,
[×]What time is it?という疑問文ではなく,
[○]You know what time it is.です。

「疑問文は,疑問文のまま考えない。常に,その内容を肯定文にした表現から出発する」のが大原則だと,私は考えています。

先回答で納得していらっしゃればよいのですが,念のため投稿します。
「疑問詞のつく疑問文」と,「疑問詞で始まる節を持つ単純疑問文」の語順については,以下の約束事と理屈から成り立っています。

(1)疑問詞のつく疑問文の「約束事」
(例文)What time is it?
疑問文であることを明らかにするため,
■疑問詞を文頭に出す
■主語と動詞を,単純疑問文の原則に従って入れ換える
 (つまり,be動詞ならis+主語,一般動詞ならdo(does)+主語+動詞の原形)

(2)疑問詞で始まる節を含む単純疑問...続きを読む

QThere are going to be ..........................

NHKラジオ英会話講座より
There are going to be a lot of really interesting art and showbiz people there.
そこには本当に面白い芸術家や芸能界の人たちがたくさん集まるのよ。

質問:there is 構文とbe going toの組み合わせに疑問があります。
(1)主語はinteresting art and showbiz people でしょうか?
(2)There will be a lot of really interesting art and showbiz people there.とbe going toの代わりにwillではいけませんか?
(3)there are going to beが1つの型でありthere are going to do
とbeの代わりにdoの型もありますか?
(4)be going toの主語は人意外は経験がありませんので、なにかアドバイスをお願いできれば幸いです。 以上

Aベストアンサー

There は一般的な物、こと、人の存在を表します。
したがって the や my のような特定されてることとは一緒に使われません。

× There is the book here.
○ The book is here.

次に語順は
There + 動詞 +主語 の順番です

There lived an old man in this house.
この家には老人が住んでいた。

There used to be a castle here.
ここには以前城があった

There is going to be a party next Sunday.
来週の日曜日パーティーがあります

次に be going to と will の使い分けを説明します

be going to は既に予定されていた事に使います

Mother: Can you repair Tom's bike? トムの自転車直せる?
It has a flat tire. パンクしてるの
Father: I know. He told me. 知ってる。言ってきた
    I'm going to repair it tomorrow.
    明日直す予定だよ

will は話の中で予定を組む時に使います

Tom: My bicycle has a flat tire.自転車がパンクしてる
Can you repair it for me? 直してくれる
Father: OK but I can't do it now. わかった。でも今は無理
    I will do it tomorrow. 明日するよ

上記ははっきりした区別です。それ以外の未来は、どちらでもよく、
その違いはありません。

It will rain this afternoon.
It's going to rain this afternoon.

I will be 20 next month.
I'm going to be 20 next month.

It's already 8 o'clock. I'll be late.
It's already 8 o'clock. I'm going to be late.

例の文は従ってどちらでも変わりません。もし違いがあるという
英語国民がいるとしたら、それは個人的な感覚と言えます。

There will be a lot of ...
There is going to be a lot of...

There は一般的な物、こと、人の存在を表します。
したがって the や my のような特定されてることとは一緒に使われません。

× There is the book here.
○ The book is here.

次に語順は
There + 動詞 +主語 の順番です

There lived an old man in this house.
この家には老人が住んでいた。

There used to be a castle here.
ここには以前城があった

There is going to be a party next Sunday.
来週の日曜日パーティーがあります

次に be going to と will の使い分けを説明しま...続きを読む

QS+V+C 第2文型について

This is an apple.

これは第2文型の文ですよね?

This is not an apple.

否定文になった場合、S=Cの関係が
崩れると思いますが、この場合も
第2文型の文なのでしょうか?
また、疑問文の場合はどうでしょうか?

ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

He will be twenty next year. という場合,
今,He=twenty というわけではありません。
He=twenty に「未来にはなる」ということです。
This is not an apple. も
This=an apple が not「そうではない」と否定されるのです。
時制や,疑問・否定などの変化によって,文型が変わることはありません。
「現在時制の肯定」という基本形を基準にして,
S=Cを成り立たせて,それに後から時制を替えたり,not を入れると考えればいいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報