9歳になるゴールデンレトリバー♂
二ヶ月前に脾臓の摘出手術を受けました。悪性の血肉腫でした。

余命二ヶ月を宣告され、その二ヶ月が経過しました。今は、薬や定期健診はなし、という状態(副作用、通院のストレスを避けるため←家族で意見が一致しました)。
貧血で倒れることは何度かありました。少し元気になったり、うずくまって痛みに耐えたりを繰り返しています。身体は痩せ、腹水はあばら骨や腹の皮がはち切れるほど溜まり、動きに支障をきたしているように見えます。ご飯・・・食べる量、食べられる物の種類は格段に減りました。

うちの犬は外でしか排泄したがりません(そのように躾けたことを後悔しています)。散歩に行きたがらない時は、おむつやペットシートの上にやるように促すのですが、どうも家の中だと我慢してしまうみたいです。ひどい時は二日間我慢します。尿毒症にならないか心配です。

(回答またはアドバイスしていただきたいこと)

(1)排泄に関して。外での排泄に慣れている犬に室内で排泄を促すにはどうしたらよいですか?
(2)腹水に関して。抜いてもらうか、そのままにしておくか。どちらもリスキーな気がして、とても迷っています・・・。
(3)ご飯に関して。今のところ、ハムとか菓子パンとか、食べてくれる物ならあげるという感じです。これはおすすめ、という食べ物があれば教えてください。
(4)予後に関して。血肉腫を抱えて生きる愛犬に対して特に気をつけてあげるべきことは?

1問でも回答・アドバイスしていただけたら幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

(1)排泄に関して。

外での排泄に慣れている犬に室内で排泄を促すにはどうしたらよいですか?

これは、今からでは無理だと思います。自分も同じ経験をしていますが、玄関近くに犬をつれていきます。そして、大型犬は重いですが、担いだり、そのまま犬を横から支えてやはり外に出して排泄させます。

(2)腹水に関して。抜いてもらうか、そのままにしておくか。どちらもリスキーな気がして、とても迷っています・・・。

腹水は当然抜いた方が犬にとっては楽だと思います。獣医は、寿命が決まっていて、また腹水が溜まるのがわかっていますので変わらないと言うかも知れませんが、腹水は当然溜まると、肝臓で分解できない色々な毒素がたまったりしてます。なので、腹水を抜いた方が犬に取っては動けますので、お金はかかりますが腹水は抜いてあげた方が良いと思います。リスク自体は腹水が溜まっている状態よりも腹水を抜いてあげた方が犬にとっては動けますのでリスクはこちらの方が少なくて良いと思います。人も腹水が溜まると抜きます。

(3)ご飯に関して。今のところ、ハムとか菓子パンとか、食べてくれる物ならあげるという感じです。これはおすすめ、という食べ物があれば教えてください。

http://www.kenko.com/product/item/itm_6914121072 … こういう1回で食べきりの食品(人で言えばインスタントカレー)のような柔らかいササミや野菜を混ぜたものが動物病院かストアーに売っていますのでそれをあげます。上記の、ハムや菓子パンなど食べるものなら食べれるだけ食べさせます。

(4)予後に関して。血肉腫を抱えて生きる愛犬に対して特に気をつけてあげるべきことは?

どんなに犬が辛そうでも、きちんと犬を見ておいてあげて下さい。痛そうな所は撫でてあげたりします。犬にとっては飼い主が側にいるのが一番安心のお薬です。これ以上のものはないと断言しておきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

排泄の躾に関しては仕方のないことなのですね。なるべく犬の体力がある時を見て連れて行くようにします。腹水・・・抜いて楽になるのなら抜いてあげた方がいいですよね。身体が吸収しきれない栄養が溜まった水だから抜かない方がいい、という情報を見てたので躊躇していました。食べ物に関しては、少し安心しました。ああいった食べ切りの物もあるのですね。参考になります。
側にいて、いつも様子を見てあげる。・・・一番大事ですね!ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/20 18:21

ご家族とワンコの心痛お察し致します。


私も去年の今頃は、愛犬が癌とわかり食事など全ての事に
試行錯誤していました。
私は専門家ではありませんので、私だったらどうするかな…と
思ったことを書きますので少しでも参考になればうれしいです。

(1)排泄に関して。
 コレは本当に難しいですよね…
 体調が悪いワンコにトイレの躾けを入れるのもストレスになるだけだし、
 かと言ってきっと外に連れ出すのも体に負担がかかってしまうのでしょう。
 私だったらやはりトイレシートにワンコのシッコを付けておくなどと
 普通のことしか考えられません。
 どうしても外でしたがるならワンコが乗れるカートに乗せて
 いつも行っていたトイレポイントや近くの公園などに連れて行きます。

(2)腹水に関して。
 まずは主治医に相談されるのが一番かと思います。
 往診して頂ける先生もいますし、お願いしてご自宅で抜いてもらった方が
 ワンコにとっては体の苦痛が和らげるかと思います。
 でも薬もなしと考えておられるようなので全てを受け入れるかもしれません。

(3)ご飯に関して。
 ウチのワンコが口の中に出来た癌なのでかなり苦戦しました。
 とにかく高カロリーなフードを探しました。
 ヒルズなどの高カロリー缶詰や子犬用缶詰などと
 好きな缶詰を混ぜ合わせてゼラチンで固めて
 喉ごしをよくして一口サイズにしたものを
 直接口に手で持っていってあげてました。
 急がせずに何度もあげて食べるたびにえらいねぇ~って
 誉めてましたね。
 チューブダイエットカケシア、ビルバックニュートリプラスゲル、
 ニュートリカル高エネルギーサプリメント 
 なども一緒に混ぜてもいました。
 とにかく体力がなくなったら何も出来なくなると思ったので…
 アイスとかプリンとか蜂蜜なんかも甘いので食べてくれました。

(4)予後に関して。
 出来る限り一緒にいてあげることです。
 ワンコは病気なんだって理解できません。
 痛いし辛いしそれがどうしてかわからず不安でたまらないんです。
 だからなるべく側にいていつも通りにやさしく声をかけて
 撫でたりしてあげてください。笑顔は忘れないでくださいね。
 治療をせずQOLを重視するってけっこう勇気がいりますよね。
 今後もっと不安なことがあったり辛い状態を見ることになったり
 もっと苦しそうなワンコと向き合う時が来るかもしれません。
 それでもなるべくいつも通りやさしく笑顔で側にいてあげてほしいです。

全然、参考になるようなことをアドバイスできなくてすみません。
ワンコの為にもご家族も無理はせずちゃんと休んでくださいね。
少しでも素敵な時間が長く続くことを祈っています。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

経験者ならではの苦労が伝わってきました。すごい努力されていたのですね。
確かに犬は自分のおしっこのにおいがついている所でしか排泄しません。おむつやシートに少し付けておくのは効果があるのかも・・・。腹水は抜いてもまた溜まるけれど、こまめに抜いた方がいいようですね。最寄の獣医さんが往診できるか確認してみます。ご飯・・・量が少なくてもカロリーが高いものを少しずつ食べさせて体力を温存させなくてはいけませんね。
そうです、愛犬の辛そうな姿を見るたび自分も辛くて、「笑顔」を忘れてましたね。ありがとうございました。おだやかな余生を過ごせるようにしてあげたいです。

お礼日時:2011/04/20 18:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q犬フィラリア症 犬の腹が腹水でパンパンです。

 フィラリア症ということで獣医に薬(プレドニソロン錠とフロセミドトーワ 一日一回一錠ずつ))を処方され1ヶ月ほど飲ませたのですが、腹水がひどくなりました。
 
 うちの犬は 柴犬 オス 11歳 フィラリアでの腹水がたまった状態で体重約10キロ 血尿はありません。昨日から食欲がかなりなくなりました。それでいくつか質問があります。
 
 今回、処方された薬は利尿剤でしょうか。(本来、獣医に聞くべきですが無愛想な態度だったので聞きそびれてしまいました。)

 早いうちに注射で?腹水を抜いてもらわないといけないと思うのですが、どのくらい腹水がたまったら抜くのですか。また、定期的に腹水を抜いてもらうのでしょうか。(前回診てもらったとき、獣医は腹が垂れ下がるようなことがあれば注射で抜くと言ってましたが受診時にはパンパンでした)

 腹水を抜く診察料はいくらぐらいになるのでしょうか。財布に何万も入ってないので・・・

 犬の食事にはどのようなものがいいでしょうか。(ドックフードは食べずチーズと肉類なら少し食べます)

 飼い主として冷たい質問ですが、あとどのくらいの寿命でしょうか。どうしても気になって・・(獣医は2ヶ月から6ヶ月内、何年も生きないと言ってました。)

 毎回、診察料金が3000円(20分 薬2週間分 注射はあるときとないときがある)ですが妥当でしょうか。親はかかりつけの医者と言い張るのですが汚い診察室と古びた本の陳列を見てから正直、あまり信用してません。

 長々と申し訳ありませんでした。よろしくお願いします。

 フィラリア症ということで獣医に薬(プレドニソロン錠とフロセミドトーワ 一日一回一錠ずつ))を処方され1ヶ月ほど飲ませたのですが、腹水がひどくなりました。
 
 うちの犬は 柴犬 オス 11歳 フィラリアでの腹水がたまった状態で体重約10キロ 血尿はありません。昨日から食欲がかなりなくなりました。それでいくつか質問があります。
 
 今回、処方された薬は利尿剤でしょうか。(本来、獣医に聞くべきですが無愛想な態度だったので聞きそびれてしまいました。)

 早いうちに注射で?...続きを読む

Aベストアンサー

プレドニゾロンはステロイド剤です。炎症性疾患(感染症など)に処方されます。一般的にステロイド剤は長期間飲むことになると思いますが、逆に感染症を悪化させてしまうこともあります。
フロセミドは利尿剤です。余分な水分を体外へ排泄してくれます。

ただプレドニゾロンには、浮腫などの副作用もあり、一般的には利尿剤と同時に処方しないと思います。

1ヶ月飲んでいて悪化したようであれば、獣医さんに問い合わせた方がいいと思います。
または他の病院にかかってみるとか。
私の家の近くには、電話相談だけでも気軽に応じてくれる動物病院があります。

一部しか答えられなくてごめんなさい。
ワンちゃんの体調が少しでも良くなれば、とお祈りしております。

Q犬の腹水の対応方法について

雑種のメス犬{健康時体重≒12(kg)}が腹水に成りました。このため、インターネットで各種情報をチェックしつつ、獣医さんに掛かっています。初診時には、レントゲン写真を撮り、血液検査も行いましたが、結果が出る前から、もう手遅れとの言葉を2回、伺い、恐らく、先生の知見が少ないにも拘らず、出鱈目なお話を戴きましたが、それで、犬の状況が改善されるのであればと考え、黙って指示に従う事としました。良くは存じませんが、超音波診断等も行なわない限り、右心不全が原因で、肝臓が起因している旨の診断です。GOT、GBTの数値から判断すると、そうなのかも知れませんが、腎臓機能は正常の様子です。情報を戴きたいのは、一日の水の接種量を60(cm3/kg)×12(kg)=720(cm3)で制限されていますが、それを1000(cm3)に増やした場合{=非常に喉が乾く様子}、問題が有るか否か、情報を戴ければ幸甚に存じます。その他、何か良い対応をお教え戴ければ、感謝申し上げます。

Aベストアンサー

No.2,3です。

>摂取水量を横軸に捉えた場合、病気治療からは反比例、体力維持からは正比例の関数系、すなわち、その交差する領域程度は、愛犬の状態により変化させようか?とも考えましたが、背景が明確でないまま、自分の思い込みで対応する前に、皆様の知見をお願いさせて戴きま

なるほど。
そのような疑問に適確な診断と評価と説明が担当獣医師からなされていれば、
質問者さんのやきもき感もなかったわけですよね。

たぶん、
現在の獣医療ではお知りになられたいことにすべてを回答することは難しいかも知れませんが、
飼い主の知りたいという気持ちに、
理論上のお話、
個別の事例でのお話、
一般的な治療原則のお話と多岐にわたって説明(というより会話?もしくは同意していただくための予備情報)する獣医師が多くあって欲しいというのは個人的な思いです。

昨日は、
うちの多頭軍団のリーダーがアクシデントで出血で、
いつもお世話になっている獣医師に電話連絡して業務時間外に診て貰って様子観察中です。
何あったときにきっちりと対応して、
適確なアドバイスをくれる獣医師が傍にいて欲しいものです。

さて、
体液と摂水量についての解釈については、
ご存知のようにホメオースタシス(恒常性)でがぶ飲みしても体液量は一定に保たれます。
飲まなくても然りです。
ただしその条件は「心臓の弁の状態を含めて循環器系が正常範囲の機能を持っていること」「細胞膜内外の体液透過性が正常の範囲内で機能していること」です。
科学的に横軸うんぬんと考えますと、
体液保持のための量決定になりますが、
質問者さん自らが「喉の渇き」という客観的なデータではないものも考慮されていますので、
仰るような正比例と反比例の交点というのも探っても果たして納得のいく数字かどうかはわかりません。
なによりも現在は、
個人的には最初から腹水の圧、量の軽減が着目すべき点であるような気がしてなりません。
新しい獣医師の元で、
摂水だけに留まらずにグローバルサインとしての体液コントロールまで考慮、腹水緊急対応いただけることを願っています。
あらためてお大事にしてください。

No.2,3です。

>摂取水量を横軸に捉えた場合、病気治療からは反比例、体力維持からは正比例の関数系、すなわち、その交差する領域程度は、愛犬の状態により変化させようか?とも考えましたが、背景が明確でないまま、自分の思い込みで対応する前に、皆様の知見をお願いさせて戴きま

なるほど。
そのような疑問に適確な診断と評価と説明が担当獣医師からなされていれば、
質問者さんのやきもき感もなかったわけですよね。

たぶん、
現在の獣医療ではお知りになられたいことにすべてを回答することは難し...続きを読む

Q受け入れられません。愛犬が末期がんと診断されました

こんばんは。
私は子供の頃から犬を飼っていて、
今は4代目で10歳弱のオスのゴールデンを飼っています。

今年の6月に9歳になるので、そろそろ検査を受けてみようと、犬ドックに行きました。
その時、血液検査をしたようなのですが、全ての項目が正常値で、病院から「大型犬でこの年の子ですべて正常なのは珍しいいですね。健康ですよ。」といわれました。

そして6月末、同じ病院で、健康なうちに発ガン性を低くするためにと、去勢と左胸辺りにあったできもの(脂肪の固まりか良性の腫瘍)を手術しました。

その後の生活での変化は、お散歩の時、最初のおしっこポイントに着く前に歩きながらおしっこがでてしまったりすることが多くなり、年齢と、去勢手術の影響が若干あるのかなと思っていました。

そして、4日前の11/29に、のどあたりに何か引っかかったときにやる「ゲホッ、ゲホッ、・・おえ~」を時々やっていました。
また散歩中、小さな枝かじって、何かのどに引っかかってんだろうなと思ってました。

しかし、それが3日続いた昨日、床に少量の血がありました。
きっと「ゲホッ、ゲホッ、・・おえ~」してる時出たんだろうと思いましたが、食欲だけは旺盛な子が今朝はほとんど食べませんでした。
さすがに心配で、病院に行ったところ、診断結果は末期の癌でした。

えっ?と思い、先生の説明をききました。
どうやら脾臓が大きく腫れており、その中に癌があって、肺や他の臓器に転移しているというのです。
今日の血液検査の結果を見ましたが、6月の犬ドックの時とほとんど変わらない数値で、全て正常値でした。

素人には分かりませんが、臓器の機能低下が見られる欄の数値が下がっていましたが、
それでも正常値の枠内でした。

6月の診断で健康だから去勢等の手術を受けたのに、5ヶ月後に末期がんの診断なんて・・・。
こんなに犬の癌の進行って早いものでしょうか?

こんな状況で、何かおかしいんじゃないか?とお気づきの方いらっしゃいましたら、アドバイスいただけませんか?

宜しくお願いします。

こんばんは。
私は子供の頃から犬を飼っていて、
今は4代目で10歳弱のオスのゴールデンを飼っています。

今年の6月に9歳になるので、そろそろ検査を受けてみようと、犬ドックに行きました。
その時、血液検査をしたようなのですが、全ての項目が正常値で、病院から「大型犬でこの年の子ですべて正常なのは珍しいいですね。健康ですよ。」といわれました。

そして6月末、同じ病院で、健康なうちに発ガン性を低くするためにと、去勢と左胸辺りにあったできもの(脂肪の固まりか良性の腫瘍)を手術しました。...続きを読む

Aベストアンサー

お気持ちお察しいたします。
私も何ヶ月か前に同じ気持ちでいました。

私の愛犬も癌で亡くしたのですが、最後までほとんど全ての検査
(大学病院でのCT、血液検査、レントゲンなど)で
何の異常も発見できませんでした。
唯一癌だとわかったのは、口の奥に出来ていたものすごく小さな
米粒程度の出来物を病理検査に回した結果のみでした。

最初異変に気付いたのは、今年の3月半ばにやはり同じように
何かを吐き出そうとするような咳でした。
ですが、他はいつものように元気一杯でした。
すぐ病院に行ったものの普通に元気だったのでアレルギー系の
薬を処方されましたが改善されず、4月半ばになると
声が出なくなりました。
4月末に内視鏡検査で口の奥に出来物を見つけ病理検査に出すものの
結果が出たのがゴールデンウィークもあった為、5月の中ごろでした。
そこでようやく扁平上皮癌という悪性の癌だとわかり、
1週間後の5月末に大学病院でCT検査、直接目で確認したり
直接癌があるだろうと思われる部分を触ったり、
あらゆる検査をしたにもかかわらず
何の異常も見つからず癌ではありませんと言われました。
その頃のワンコは、少し食べ物を食べづらくなっていて
お水をほとんど飲むことを拒否していました。
ですが、見た目も元気だしお散歩も喜んで行っていました。

うちの場合は最悪でした。
絶対に癌があるからこそどんどん弱っていっているのに、
検査の結果で異常が見つからないし、CTにも写らない癌となれば
手術も放射線も抗がん剤もなんの治療を行うことができなかったのです。

最後の最後に病理検査のスペシャリストと言われている方に
再度病理検査を依頼することができたのですがやはり扁平上皮癌で
しかも、ものすごい悪性度の高く浸潤性の進行性も早い
最悪な部類の癌だと。。。
診断されたものの、ちょうど結果を聞けたのが
7月1日の亡くなった日でした。

結果、3月の半ばに異変が見つかり5月の末に癌だとわかり
7月1日には亡くなってしまったので気持ちも何もかも追いつきませんでした。

犬の場合は人間の3倍以上の速さで全てが進行します。
人間の1ヶ月が3ヶ月です。
なのでzokkondesu さんのワンコの癌もおかしいとは思いません。
ありえることだと経験上思います。

お気持ちお察しいたします。
私も何ヶ月か前に同じ気持ちでいました。

私の愛犬も癌で亡くしたのですが、最後までほとんど全ての検査
(大学病院でのCT、血液検査、レントゲンなど)で
何の異常も発見できませんでした。
唯一癌だとわかったのは、口の奥に出来ていたものすごく小さな
米粒程度の出来物を病理検査に回した結果のみでした。

最初異変に気付いたのは、今年の3月半ばにやはり同じように
何かを吐き出そうとするような咳でした。
ですが、他はいつものように元気一杯でした。
すぐ病院に行ったも...続きを読む

Q老犬が何も食べません

13歳になるラブラドールです。
ここ一ヶ月で急激に衰えました。
獣医さんによるとひどい腎不全で夏まで持たないと言われました。
腎臓以外の機能はまったく正常らしいです。
点滴をすると2~3ヶ月くらいまで持たせられるかもと言われましたが、病院が嫌いでひどくおびえるので、あんなにストレスを与えるぐらいなら家で寝かせておいてやろうということになりました。
しかしここ一週間くらいほとんど食べなくなり、ついに昨日はお味噌汁を一口なめた以外、水しか口にしていません。
腎不全にお味噌汁は致命的だと思いますが、お肉やパンなど以前は好きだったものも嫌がり、柔らかいものなど思いつく限り食べさせようとするのですが、食べてくれません。
ただ、食べ物を持って行くと興味を示し匂いはかぐので、食べようという気はあるようです。
体力が落ち、立ち上がることもできなくなりました。
そこで皆さんにお聞きしたいのですが、食欲がなくなってもこれだけは食べたよという食べ物があれば教えていただきたいです。
獣医さんにはこの際体力を最優先されるためにもどんなものでもやった方がいいといわれたので、人間用の食べ物も与えようと思います。
よろしくお願いします。

13歳になるラブラドールです。
ここ一ヶ月で急激に衰えました。
獣医さんによるとひどい腎不全で夏まで持たないと言われました。
腎臓以外の機能はまったく正常らしいです。
点滴をすると2~3ヶ月くらいまで持たせられるかもと言われましたが、病院が嫌いでひどくおびえるので、あんなにストレスを与えるぐらいなら家で寝かせておいてやろうということになりました。
しかしここ一週間くらいほとんど食べなくなり、ついに昨日はお味噌汁を一口なめた以外、水しか口にしていません。
腎不全にお味噌汁は...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは…。
とても心配ですよね、同じ様な状況を経験したものです。
ウチの犬もどんな好物さえ受け付けてくれなくなったため、獣医師の指導により以下のような方法で食事を与えました。
まず獣医さんに注射器型のスポイド(恐らく薬を飲ませるのが本来の目的の器具だと思います、テルモ製でした)の口を広げてもらったものを頂きました。
それで手作りの流動食を吸い上げ、犬の口の横の方から流し込んでやりました。
ウチの場合は中型犬ですのでラヴラドールの食事量は判りませんが、与えた内容について記しておきます。

●ドロドロに炊いた白米のお粥(ミキサーで液状にします)
●よく煮たレバー(少量のお湯を足してミキサーにかけペーストにします)
●犬用粉ミルク(エスビラックを使用しました)
●鶏卵や鶉の卵
●人肌に温めた牛乳
●お湯でふやかしてミキサーにかけたドッグフード
●裏ごししたカッテージチーズ

これらを組み合わせ、ミルクセーキにしたり、サプリメントを加えたりと色々と工夫し、日に数回に分けて与えました。
飲み込む力があれば、撫でながらや言葉をかけながら飲ませてやると何とか飲んでくれるようになりました。
器官に入らないように姿勢や流し込む速度には注意してくださいね。
ウチの犬は幸いにも快方に向かいましたが、病状やアレルギーなど色々あると思いますので、あくまでも参考にして下さい。
最終的には獣医さんの指示を仰いだ方が良いと思います。
私が参考にした本は「犬と猫のための手作り食(ドナルド・R・ストロンベック著)」です。
医学的な根拠をベースに、食材や内容量等がかなり詳しく書かれていたのでとても参考になりました。
パンが好きならミルクでふやかしてミキサーでペースト状にしたらどうでしょう(蜂蜜を混ぜたりして)?
粘性の強い食材のときは、ケチャップやマスタードなどを入れる容器の口の先をを切って(口径を広げるため)使用したりもしました。
正直大変でした、でも頑張って欲しいと思います。
応援していますね…。

こんにちは…。
とても心配ですよね、同じ様な状況を経験したものです。
ウチの犬もどんな好物さえ受け付けてくれなくなったため、獣医師の指導により以下のような方法で食事を与えました。
まず獣医さんに注射器型のスポイド(恐らく薬を飲ませるのが本来の目的の器具だと思います、テルモ製でした)の口を広げてもらったものを頂きました。
それで手作りの流動食を吸い上げ、犬の口の横の方から流し込んでやりました。
ウチの場合は中型犬ですのでラヴラドールの食事量は判りませんが、与えた内容について記...続きを読む

Qペットの最期の瞬間を看取ったかたに伺いたいです。

16年間一緒に暮らしてきた愛犬が31日の朝、天国に旅立ってしまいました。雑種で捨て犬だったのですがクリッとした大きな目の、本当にかわいい顔をした、見た目も存在も唯一無二の愛犬でした。
骨肉腫だったのですが、最後の2日間は痛みからか夜通し鳴いていて、私も1日仕事を休み看病をし、夜は母が寝ずにそばについていました。

亡くなる朝、私が出勤準備をするためにまさに2階へあがろうという時、玄関に寝かされていたその子を見ると、枕から頭がガクンと落ちてしまっていました。前日に強い鎮痛剤を処方してもらっていて「やっと痛みが和らいできたかな」と家族と言っていたくらい、久々に目をウトウトさせ始めていたので、私たちも少し安心して朝食をとっていたのです。そのほんの少し目を離した間でした。
頭が落ちるくらい熟睡しちゃったのかな?なんて思いつつ近寄ってみると、目が一点を見つめ、今まではいくら目を見開いていても顔を撫でるとまばたきをしていたのに撫でても何の反応もしませんでした。私が両手で顔を起こしても反応が無く、お腹を見たら呼吸をしていない・・・一生懸命名前を呼びました。すると固まった目のままで私を見つめ(見えていなかったでしょうが)、もう呼吸すらできていない状態の中、口を小さく開いて鳴いたのです。鳴いたと言っても空気が漏れる音の中にかすかに「ひゅーん」と聞こえるくらいでしたが、本当に一生懸命鳴いたのです。全部で3回。だんだんと小さくなり最後は口を開いただけでした。なんとも言えない声でした。目は完全に生気を失っていたのに、口を一生懸命開けて、最後の力をふりしぼってくれたんだと思います。

私はあれだけ最期を看取りたいと望んでいたのに、いざ愛犬の命の火が消える瞬間に立ち会ったら、最期にどんな想いで鳴いたんだろうかと考えては胸が痛くてたまりません。最期に立ち会えなかった飼い主さんもたくさんいらっしゃるのに、その瞬間を自分の手の中で迎えてくれたこと、私は本当に幸せ者だし嬉しいのに・・・。

まだ亡くなった翌日だからかもしれませんが、あの時の声と目と、懸命に開けた口元が忘れられません。でもずっと忘れたくありません。なんとも複雑な想いでどう整理したらよいのかわからないのです。ただ悲しいとか寂しいとかじゃない、それ以上のものです。

ペットの最期を看取った方にお聞きしたいです。最期に立ち会って何を思いましたか。どんな気持ちでしたか。辛いことを思い出させてしまうかもしれませんが、どんなことでもいいのでお聞かせ願えないでしょうか。よろしくお願いいたします。(長文・乱文お許し下さい)

16年間一緒に暮らしてきた愛犬が31日の朝、天国に旅立ってしまいました。雑種で捨て犬だったのですがクリッとした大きな目の、本当にかわいい顔をした、見た目も存在も唯一無二の愛犬でした。
骨肉腫だったのですが、最後の2日間は痛みからか夜通し鳴いていて、私も1日仕事を休み看病をし、夜は母が寝ずにそばについていました。

亡くなる朝、私が出勤準備をするためにまさに2階へあがろうという時、玄関に寝かされていたその子を見ると、枕から頭がガクンと落ちてしまっていました。前日に強い鎮痛剤...続きを読む

Aベストアンサー

16年も一緒に暮らしてきた愛犬が亡くなる事は、本当に言葉には表せないくらい悲しい事ですよね。お気持ちお察し致します。

私も、16年間一緒にいた愛犬を2年前の10月に亡くしました。うちは小型犬のパピヨンで最後は老衰でした。
亡くなった時の事は、もちろん今でもはっきり覚えていますし、一生忘れません。
うちの子は、亡くなる3年程前から白内障で目が見えなくなっていました。最後の1年ぐらいはボケも始まっていましたので、犬用のオムツをしていました。
もう年老いていましたので、ほとんど1日中寝て過ごす毎日で、動きも遅く走ったりする事もありません。でも起き上がれないとかそういう事はなかったのに、亡くなる3日前の夜、いつも寝ているベットではなく、台所の方で横になっていたんです。横になっていたというより、起きたくても起き上がれないという感じです。
びっくりしましたが、その時はそこまで気にしていませんでした。

そして、亡くなる前日の夜、私が帰ってくると細い声で『ワン・・ワン』と2回ずつ鳴きながらベットで横になっていました。ずっと鳴いているんです。その時はもう自分で起き上がる事はできてませんでした。
うちの母が夕飯を作りながら、『もう死んじゃうかもしれない』と泣いていました。朝はこんな風に鳴いてなかったしいつもと同じように見えていたので、信じられませんでした。何で急に?どうして?という気持ちでいっぱい。
その日の夜は、家族で交代しながら見ていて、時々向きを変えたり支えながら座らせたりしていました。
その日は1日、水も飲まず、もちろんご飯も食べれない状態で、ずっと鳴いていたので、かなり体力は弱っていたと思います。

そして次の日の朝10時頃、静かに亡くなりました。

目は開いていました。1点を見つめる感じで・・・
だから目を閉じてあげて、家族全員で交代で抱っこして・・・
まだ体はあったかかったけど、支えてないと頭がダラ~ンとなっちゃう感じで、それを見た時に ”あぁ、本当にもう死んじゃったんだ”って思いました。『ありがとね』『頑張ったね』って言いながら家族全員で号泣しました。私とその子と2人っきりになった時は、もう鼻水ダラダラで泣き叫んで、本当に気が狂いそうなくらい辛かったです。

やっぱり、どこの家庭もうちの子が一番可愛いと思いますし、いつか死んでしまうのは分かっているけど、でも死ぬなんて信じられない、信じたくない、うちの子は死なない みたいに思いませんか?
私は思っていました。これからもずっとずっと一緒。同じ瞬間に死にたいと思っていました。それぐらい大好きで愛おしかった。
ペットじゃなくて家族ですよね。うちは、私が小学生の頃から一緒にいたので、兄弟みたいな感覚でした。

嬉しかったのは、あの子が最後に着てくれた服が私が買った服だった事。あの子の匂いと毛がついた洋服。2年経った今でも洗わずに大事にしまってあります。

16年も長生きしてくれた事、いつも一緒にいてくれた事、いつも大きな瞳で見つめてくれた事、必要としてくれた事・・・全てに感謝の気持ちでいっぱいです。出会えて本当に良かった。

質問者様のずっと忘れたくない気持ち、痛いほどわかります。
忘れないで下さいね。本当にただ悲しいとか寂しいとかじゃない、それ以上のものですよね。言葉にはできない。経験した人にしかわからない気持ちだと思います。

質問者様は、『虹の橋』と『虹の橋のたもと』というお話はご存じですか? 私は、これを読んだ時は涙が止まりませんでした。でも、亡くなってから毎日毎日泣いていたのに、これを読んでからは、何故か少し気持ちが楽になれたんです。それからは、よく空を見るようになりました。もしよろしければURLを貼っておきますので、一度ご覧になってみて下さい。

参考URL:http://www5.ocn.ne.jp/~select/Rainbow.html

16年も一緒に暮らしてきた愛犬が亡くなる事は、本当に言葉には表せないくらい悲しい事ですよね。お気持ちお察し致します。

私も、16年間一緒にいた愛犬を2年前の10月に亡くしました。うちは小型犬のパピヨンで最後は老衰でした。
亡くなった時の事は、もちろん今でもはっきり覚えていますし、一生忘れません。
うちの子は、亡くなる3年程前から白内障で目が見えなくなっていました。最後の1年ぐらいはボケも始まっていましたので、犬用のオムツをしていました。
もう年老いていましたので、ほとんど1日中寝...続きを読む

Q老犬の末期がんの緩和ケア

老犬15歳♀。
昨年12月から下痢・頻便の症状に悩まされており、こちらのサイトでも何度かお世話になりました。
かかりつの病院では子宮疾患による下痢ということで治療を始めたのですが一向によくならず、結局『手術で子宮を取り除くのがベストだが高齢のため手術するのはかなり危険』ということで治療が行き詰りました。

避妊済みなのに子宮????との疑問はありましたが、避妊手術の際に子宮が取り残しの可能性もあるということでズルズルと2ヶ月間対処的投薬治療を続けました。その間下痢は続き体重も最終的に20キロ→14キロまで減ってしまいました。

どうにも主治医の診断に納得できず2週間ほど前に思い切って他の病院でセカンドオピニオンを受けることにしました。
もろもろ検査してもらい直腸がかなり肥厚していて触診で指が入らないくらい狭窄していました。
子宮や卵巣もエコーで調べてもらいましたが、何かしら異常があればエコーに映るが異常を示すような画像は映らなかったので子宮疾患は関係ないでしょうとのことでした。腸の肥厚は炎症の可能性もあるがおそらく腫瘍だろうとのことで一部組織を切り取って外部に病理検査にだしてもらいました。

で、その結果が先日でまして、直腸腺癌との診断が確定しました。
以下が病理検査報告書の内容になります。

----
【診断】直腸腺癌

【顕微鏡所見】
断片化した組織には粘膜上皮~固有層のみが確認され、浸潤性の非常に強い腺癌病変が認められる。
組織は脆く、崩れており、脈管侵襲の評価が困難となっている。

病変内には不整な腺管構造を形成する腫瘍細胞と、遊離性に粘膜固有層を浸潤する腫瘍細胞がみられる。

後者の細胞は粘液を貯めこむ印環細胞であり、細胞異型が高度となっている。

塗抹標本上にも赤血球を背景に上記と同様の腫瘍細胞が少数認められる。

【飼い主様、および担当の先生へ】
小型の組織ながら悪性度の高い腫瘍性病変が確認され、直腸腺癌と判断しました。
浸潤性が非常に強い病変であり、今後の局所病変の拡大ならびに遠隔転移に関する厳重な経過観察がのぞまれます。

---

セカオピの獣医から直腸腺癌がどういう病気なのか説明を受け、今後は完治を目指すというよりQOL向上を重点に考えた緩和ケアを勧められ、とりあえずプレドニンとパセトシンを処方されました。
プレドニンは腫瘍そのもには効かないが、腫瘍による炎症・鎮痛の為、パセトシンは膀胱炎を併発しており、おそらく腸内も細菌だらけだろうということで静菌・殺菌為のようです。

『薬は引き続きこちらで処方することも可能だが、通院するのも遠くて大変でしょうし、薬については一度主治医と相談されてみては?』というアドバイスもあり、かかりつけの病院に相談したところそちらで薬を処方してもらえることになりました。

ただ、主治医の意見ではステロイド剤が処方されたことにかなり懸念があるようで非ステロイド剤のパキソ、プレビコックスを勧められどうしたものかと悩んでおります。
非ステロイド剤を勧める理由としては、ステロイドは腎臓に悪い、リュウマチには効かない、細菌の餌になる、パキソやフレビコックスは鎮痛効果が高い、膀胱がんに効くとのことです。デメリットとしては価格が高いとのことです。(プレドニンが100円/日に対してフレビコックスは300円/日)

おそらく文面にもにじみ出てると思うのですが、避妊済みの犬に対して子宮蓄膿症と診断するようなポカをやらかす主治医なので、丁寧に説明はしてくれるのですがいまいち信用できないというか説得力がないというか主治医に対してかなり不信感を抱いていて、正しいことを言ってるのに「リュウマチ??膀胱がん??この期に及んでまだ治療費絞る取る気なのか??」と勘ぐってしまう感じで正常な判断ができない状況です。

自分としてはステロイドが効いてる(気がするレベルですが)のでこのままステロイドを投与させたいと思っているのですが、末期の癌に対してステロイドをやめて非ステロイド剤を使うことは有効なのでしょうか?
ケースバイケースで答えようがないような気もしますが何かアドバイスありましたらよろしくお願いします。

皮下輸液も毎日行っているのですが、効果があるのかないのかわからないし、一層のこと投薬自体をやめてしまってもいいのかなとも思ったのですが、直腸腺癌は無治療の場合、最終的には腸閉塞を起こすか、遠隔転移で多臓器不全で亡くなるようです。
どちらも最後は相当苦しむようなのでなるべく苦しまないようにできたらなと思っています。

老犬15歳♀。
昨年12月から下痢・頻便の症状に悩まされており、こちらのサイトでも何度かお世話になりました。
かかりつの病院では子宮疾患による下痢ということで治療を始めたのですが一向によくならず、結局『手術で子宮を取り除くのがベストだが高齢のため手術するのはかなり危険』ということで治療が行き詰りました。

避妊済みなのに子宮????との疑問はありましたが、避妊手術の際に子宮が取り残しの可能性もあるということでズルズルと2ヶ月間対処的投薬治療を続けました。その間下痢は続き体重も最終的...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です。

安楽死はとても判断に迷います。
先先代犬を安楽死させてしまったことは、もうそれしか道がなかったので仕方がなかったのですが、
殺してしまったという何とも言えない気持ちがずっと残ってしまい、先代犬の時は迷いに迷って
散々苦しめて結果決断できずに終わりこのこともとても後悔しています。
肺がんの転移による呼吸困難、腎不全による全身の痛みで三日三晩本当に水におぼれるような
苦しさを味あわせてしまいました。
今でもふいごをふくような苦しそうにあえぐ呼吸音は私の耳から離れません


つまりいずれの道を選んでも決して良かったとは言えない気持ちが残るのです。
どちらも飼い主の深い愛情からの決断であり、そしてどちらも正しいとか正しくないとか判定できない
ものです。
もし自分だったらどうしてほしいかと考え、やはり苦しみが大きければ安楽死をと日ごろから
思っていながら、なかなか判断しきれないものです。

先先代犬は大腸がんの発見が遅れ、年齢も大型犬で12歳を越えていて状態もよくなかったので
手術はできませんでした。
今よりもずっと動物医療も遅れていて、大型犬で10歳を越えたら寿命、ましてガンであれば
打つ手なしという時代でした。
便が出ない為あらゆる手段でのぞみましたが最終的には腸が詰まることで体中に毒素が回ってしまい
多臓器不全に陥りました。
もしかしたらやはり肺に転移があったかもしれません。
苦痛で苦しみの声を上げるほどでした。
安楽死自体は全く苦しみもなく、眠るように逝きます。

今になって思うのは、闘病中からどうしてやるのがベストなのかと散々迷い苦しみいつも
二者択一を迫られ続けているシニア時代を経て、その最後に飼い主がする判断には間違いは
無いものと思います。

具体的に言えば心臓が弱っている場合には苦しむ時間は比較的短く、心臓が健康であると
長い間苦しむことになるように思います。
どういう状態をもって長く苦しむかという判断はそれはもう飼い主さんの感覚でしょう。
長さより苦痛の大きさと言ってもいいかと思います。
現実に対峙してこれはもう苦痛から救ってやらなければと思った時がその時なのではないでしょうか。

先代犬の三日三晩の激しい呼吸困難は長すぎる苦しみだったと思います。
飲まず食わず寝ずの看病、それもただ体をなで、声をかけるしかできないことは飼い主にとっても
地獄のようでした。
早く苦しみから救ってほしい、早く天に召されますようにと祈ったり、なぜこの子をこんなに
苦しめるのかと神を呪ったり、本当に愛犬と共に苦しんだ壮絶な三日間でした。

さて今の犬が苦しんだ場合どうするかと言えば、今は何も考えたくないというのが本心です。
犬が懸命に苦しみと闘っているのに、飼い主はその命を絶てるのかということは永遠の命題ですね。

No.2です。

安楽死はとても判断に迷います。
先先代犬を安楽死させてしまったことは、もうそれしか道がなかったので仕方がなかったのですが、
殺してしまったという何とも言えない気持ちがずっと残ってしまい、先代犬の時は迷いに迷って
散々苦しめて結果決断できずに終わりこのこともとても後悔しています。
肺がんの転移による呼吸困難、腎不全による全身の痛みで三日三晩本当に水におぼれるような
苦しさを味あわせてしまいました。
今でもふいごをふくような苦しそうにあえぐ呼吸音は私の耳から離れません


...続きを読む

Q老犬ですが、3日もオシッコをしていません

13歳の老犬です。今日で3日目ですが、オシッコをしていません。散歩に行っても、ウンコはするのですが、電信柱などの臭いをかぐだけで、オシッコは、しません。いつもオシッコをする場所でもしません。自宅では、いつもは、朝、起きた時に、裏庭でオシッコをしていたのですが、おしっこをしません。病気なのでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは、柴犬を飼ってます。

 No.2の回答者さんと同意見です。オシッコが3日間出てないんでしょう、やはり獣医さんに診てもらってください。

 前立腺はオスにしかありません。電信柱という言葉が出てきているので、何となくオスだとは思いますが。また経尿道的に膀胱に管を入れる、すなわち導尿して出してやる必要もあるかも知れません。

Qペットの肝臓がん

13歳の雌のシーズーを飼っています。
先月、急に食欲がなくなり、吐くことが何度かあったので、病院で調べたところ、肝臓に7センチほどの腫瘍があることがわかりました。
すぐに調べてくれた獣医師さんの紹介で、日本大学生物資源科学部動物病院にてMRIやエコー、血液検査をした結果、肝臓がんだと診断されました。また、副腎にも腫瘍のようなものがあり、そちらも同じく調べていただいていてその結果待ちとなっています。
担当の獣医師さんには、手術をするかどうか、お金のことも含めて家族で話し合ってくださいと言われました。手術をする場合、まだ悪性かどうかはわかっていませんが副腎の腫瘍も一緒に取ると言われています。
手術をしなければ、統計的に見て275日ほどしか生きられないと言われ、ただし手術をしても1年生きられない子もいたとも言われました。また、肝臓がんの場所が、左右で難しさも変わってくるということですが、残念ながら右側にあるようです。

家族で話し合っていますが、私は早めに手術を受けさせたいと思っています。確かに年齢を考えると手術や家族と離れての入院は可哀想だし、手術してもどうなるのかわからず不安ではありますが、がんが転移したりして苦しんで亡くなるのはもっと可哀想だと思いました。まだ13歳、できるだけ長生きしてほしいのです。

ですが、両親は治るかどうかわからない手術をして、1年も生きられなかったらそれこそ可哀想だ、それなら何もしないで穏やかに余生を過ごさせてあげたい。と手術には反対しています。

放っておけば腫瘍は大きくなってしまうので、早く決断をしなければならないのですが、いまだ決断できないでいます。


長くなってしまいましたが、質問です。

○肝臓がんに詳しい獣医師さんや動物病院を教えてください。
 (実家は千葉県で、日大の病院が藤沢なので遠く、もう少し都内よりであればお話を聞いたりしたいので。)

○肝臓の負担を少なくするご飯(フード・手作り・食材など)を教えてください。

○前回の初診ではMRI,血液検査、点滴などで10万近くかかりました。手術をするとなると、肝臓がんで50万、副腎の腫瘍もとなるとさらにかかるそうですが、肝臓がん手術の値段の目安を教えてください。



ここまで読んでいただいてありがとうございます。

現在は食欲もまああり、食べムラはありますが、胃が腫瘍を圧迫しないように1日3回に分けてドライフードをあげています。


素人なので、わかりづらい文かと思いますが、
専門知識のある方やペットが同じ病気を経験した方など、是非回答いただければと思います。

宜しくお願いいたします。

13歳の雌のシーズーを飼っています。
先月、急に食欲がなくなり、吐くことが何度かあったので、病院で調べたところ、肝臓に7センチほどの腫瘍があることがわかりました。
すぐに調べてくれた獣医師さんの紹介で、日本大学生物資源科学部動物病院にてMRIやエコー、血液検査をした結果、肝臓がんだと診断されました。また、副腎にも腫瘍のようなものがあり、そちらも同じく調べていただいていてその結果待ちとなっています。
担当の獣医師さんには、手術をするかどうか、お金のことも含めて家族で話し合ってくだ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

私の愛犬も、日大病院で11歳のとき肝細胞癌、13歳のとき肺癌の手術をしました。
大型犬でこの年齢の手術はとても危険を伴いましたが、とても腕の良い外科の先生であること、
健康体であれば年齢はあまり考えなくても良いこと、一番ポイントになる麻酔は十分時間を
かけて行い、慎重に覚ますことなどの説明で無事乗り切りました。
その後15歳に至るまで元気に生きました。
放置して苦しんで亡くなること、オペにより不幸にも命を落とすこと、この二つに心がゆれることと
思いますが、私は自分がより後悔しないようにと積極策をいつもとっていました。
万が一のことがあっても自分の出来る限りのことを尽くしたと納得できると思ったからです。

私はこの大学病院はとても良い病院だと思いますよ。
先生の腕はもとより、動物のお世話をしてくださる学生さんたちがとても教育が行き届いていて
神経質なシェパードである愛犬も入院中無事に過ごすことが出来ました。
愛犬の一日の過ごし方、性格、好み、いやなことなどをレポートにまとめて担当医に渡したところ
きちんとお世話係の学生さんがそれに従って、大変可愛がってくれました。(ちなみに愛犬は
他人を寄せ付けない強面のガウガウ犬、すばらしいケアに頭が下がります)

患者さんも青森、松本などかなり遠方からいらっしゃる方も少なくなく、私自身も東海地方から
通っておりました。
また病院を変わるとなると検査も一からやり直し、時間だけが過ぎていきます。
そのまま日大に通われることをお勧めします。
費用については個々の症状により違うのだと思いますが、肝細胞癌のときは大型犬で40万円弱でした。
クレジットカードも使えるので、分割機能があれば支払いも楽になると思います。

食事については、現在の状態であれば肝臓病用の療法食が一番ベストだと思います。
多分吐き気などもあると思いますので、脂肪分の少ない肉少量、白身の魚類、豆腐などのあっさり
したものをトッピングしつつ体力温存で臨んで欲しいと思います。

こんにちは。

私の愛犬も、日大病院で11歳のとき肝細胞癌、13歳のとき肺癌の手術をしました。
大型犬でこの年齢の手術はとても危険を伴いましたが、とても腕の良い外科の先生であること、
健康体であれば年齢はあまり考えなくても良いこと、一番ポイントになる麻酔は十分時間を
かけて行い、慎重に覚ますことなどの説明で無事乗り切りました。
その後15歳に至るまで元気に生きました。
放置して苦しんで亡くなること、オペにより不幸にも命を落とすこと、この二つに心がゆれることと
思いますが、私は自分がより...続きを読む

Q犬が癌と診断されました。治療は困難です。

当家の愛娘、9歳のトイプードルが癌と診断されました。
既に腫瘍は大きく、治療は困難とのことです。
患部は顔面、上あごの左側にあり、コレを除去するには顔面半分を切除せねばならず、そうすると、自力でご飯が食べられなくなり、かりにその治療を受けたとしても他の部位への転移も充分に考えられるとのことです。
半年から1年くらいであろうとのことです。
もちろん完治するならば、その治療を受けることも考えたいのですが、犬への負担と痛みを考えると、痛みを和らげる薬などで出来るだけ穏やかな余生を送らせたいものと考えます。
しかし最後のあがきはしたいのです。
キノコの漢方薬など、いろいろあるようですね。でもなかには妖しげなサプリもあるみたいで。
経験者のお話しなど伺いたいと思います。
安楽死は最後の最後の最後の手段として考えていますが、出来るならばしたくありません。

今はとても元気です。ご飯も凄くがっついています。この姿をあと10年見たいと思っています。

Aベストアンサー

大切なわんちゃんが、ご病気とのこと、お気持ちお察しします。
私達家族には、苦い経験があります。うちで出産したにゃんちゃんのうち、一人の子が3ヶ月位で白血病と診断されました。私達はできるかぎりのことをしようと思い、増血剤を2日にいっぺん注射に連れて行ったり、お薬を飲ませたり、、、。そして、彼は6ヶ月で天に召されました。本当に本当に細くて透き通るように白い遺骨でした、、、。私達はその時、本当に自分達がやってきたことは正しかったのかと悩みました。今も悩み続けています。病院に行けば、顔色はよくなるし、食欲も少し出ました。でも、明らかに元気はなくなっていたのです。彼にとって通院は苦痛で怖いものでしかなかったのではないか。彼の人生の半分は闘病でした。治らない病気なら、寿命が4ヶ月だったとしても、うちで怖い思いも、痛い思いもさせずに、親兄弟とずっといさせてあげた方が幸せだったのではないかと。答えは出ません。でも、彼が教えてくれたことは大きかったと思います。
その後、10数歳のにゃんちゃんが癌と診断されました。医師は、手術が難しいほどに癌が進行していること、にゃんちゃんはメスを入れると途端に弱ると言う観点から、手術はすすめませんでした。そして、きっと、そんなに痛みなく召されるでしょうと。私達は、病院に連れて行くことはやめました。痛み止めなどはもらいに行きましたが。彼は、亡くなる数日前まで、お気に入りのファンヒーターの前でとても麗しくしていました。2日ほど食べられなくなり、そう苦しむこともなく天に召されました。次のにゃんちゃんもそうです。猫エイズでした。できる限りの介護はしましたが、病院には連れて行きませんでした。とてもストレスを感じるようでしたので。そして天に召されました。
わんちゃんに関しても、癌で一時は危なくなったのですが、「日田の天領水」で、驚異的に元気になりました。それから2年間も生き、やはり静かに息を引き取りました。
とてもよい獣医師さんでした。よく相談に乗ってくださり、通院させずとも、苦しまないように最大限に計らってくださいました。

「日田の天領水」がどこまで効くかはわかりません。ただ、うちの子達にはよかったのか、あれだけ悪かったわんちゃんとにゃんちゃんが元気を取り戻して、宣告された余命より、1年位長く犬らしく、猫らしく生きました。もちろん、癌が消えたとかそういうことはないです。
それを飲んでいる今いる9匹のにゃんちゃん達は、ほとんど病気知らずで育っています。

信頼できる獣医さんとよく話しをして、望みを捨てずに、お嬢さんに負担のかからないようにしてあげてください。お嬢さんが、麗しくしている時間が少しでも長く長くありますように。

大切なわんちゃんが、ご病気とのこと、お気持ちお察しします。
私達家族には、苦い経験があります。うちで出産したにゃんちゃんのうち、一人の子が3ヶ月位で白血病と診断されました。私達はできるかぎりのことをしようと思い、増血剤を2日にいっぺん注射に連れて行ったり、お薬を飲ませたり、、、。そして、彼は6ヶ月で天に召されました。本当に本当に細くて透き通るように白い遺骨でした、、、。私達はその時、本当に自分達がやってきたことは正しかったのかと悩みました。今も悩み続けています。病院に行け...続きを読む

Q老犬の最期

我が家のシーズー14才。心臓病に肺水腫、肝臓病と腎不全があります。
病身ながらそれなりに食べて体力を維持していたのですが、一切の食べ物を受け付けなくなって3日目。

昨日から飲む水の量が減り、今日は一切水を飲んでいません。
その子の体力にもよると思われるのですが、水を飲まなくなったら危ないと獣医からも言われました。

死期が近いと思われますが、小型犬の場合、水を飲まなくなってからどれくらいで寿命が尽きるものなのでしょう。

どなたか経験された方が有れば幸いです。
死の間際には側に居てやりたいのです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

つい先日、我が家のシーズーも15歳でいなくなりました。

具体的には

10月末 ご飯を食べる量がかなり減った
月曜日  ご飯を一切たべなくなった、お水もあまり飲まなくなった
金曜日 お水を一切飲まなくなり、注射器で経口で無理やり与えました。
日曜日 呼吸がかなり変になりました
月曜日 お昼に眠るように、虹の橋を渡りました。

同じ犬種、似たような境遇で結構残酷かもしれない回答ですが。。
お水の量が減ってから、だいたい1週間くらいでした。

なるべく一緒にいてあげてください。
わたしは、仕事があったので、心配でしたが出勤したら...でしたので。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報