以下の事例の相続について教えてください。

(1)妻の財産として預金100万円、夫との2分の1ずつの共有名義不動産があり、死亡しました。
(2)法定相続人は夫、長男、次男の3人で遺言はなしです。
(3)遺産分割協議ですべて夫が相続することで合意し分割協議書が作成されました。
(4)預金は全額そのまま手つかず、不動産の名義を変えないまま夫が亡くなりました。

この場合、長男次男は、どのように相続できるのでしょうか。
(1)遺産分割協議で一旦放棄しているので、妻(母)の財産は相続できない。
(2)妻(母)の相続財産は夫(父)の財産となったので、夫が死亡した場合の相続財産について
長男と次男で協議すれば妻(母)の財産を相続できる。
(というよりはすでに妻の財産ではなくなっている。夫(父)の財産となっている)

(2)と思うのですが、ご存知の方がいらっしゃいましたらご教示をお願いします。

A 回答 (2件)

(2)で良いと思いますが、夫が全て相続する遺産分割協議書が作成されているとしても、現実に預金も不動産も手を付けてなくてその遺産分割協議書がどこへも出てないなら、それは無かったものとすればいいんじゃないですかね。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

もし(1)だったとしたら、その財産はどこに行くのでしょう…
あ、そうか、亡くなったものの兄弟とかですね。
それでも相続人がいなければ…
相続財産管理人も債権者が居ての話しとなるわけでして…

今回のケースの場合もめることはなさそうですがここに夫の隠し子が出てきたりすると
たいへんなことになりそうです…

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/20 23:45

>というよりはすでに妻の財産ではなくなっている。

夫(父)の財産となっている…

はい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

揉める内容ではないとは思うのですが、ここに夫(父)の死んだ妻(母)以外の子が居たとかになるとたいへんなことになるんでしょうね…

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/20 23:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報