皆さんこんにちは。
投げ釣りで船用PE5号を力糸(ショックリーダーの一種、お金を節約するため)として利用しております。
現在はサンラインのディープワンを用いております。
ルアーの皆さんがやるようなFGノットを投げ用の3号と0.8号の結束で練習してみたところ、比較的うまくできるようになりました。
しかし実際にPE5号+PE(3号or1.5号)をFGノットで結束しようとしたところ、PE5号のほうの滑りが悪いためか、あまりうまくいきませでした。
ディープワン5号でもうまくいくはず、という意見でもいいので教えていただければありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

どうも、こんばんわ。



後半戦です。
長文になり申し訳ないです。

(疑問点3)
理屈状は「下側をしっかり絞め、上側はできるだけしっかり巻く程度」がベストです。
下側がスカスカだと上をしっかり巻いても摩擦係数を得るための接地面が少なくなります。
ただ、一般的(流行)なノットは「下側はかなり適当に巻いて長さを取る。そして上側を
しっかり巻く。」です。
摩擦係数が少なくなる分、長く巻いて摩擦係数を得ているのです。
そのためボビン自体も軽量化されているのです。
なえこの様な方法が主体となったかは推測ですが下側をしっかり巻いた場合、リーダー自体
にヨレが発生するからです。遠心力で巻いているのでその方向にヨレがでます。
下側をしっかり巻いた場合はPE3号1cmの編み込みで強度は保証されます。(精度によりますが)
ちなみに
http://www.seaguar.ne.jp/knot/page.jsp?mode=cove …
にて、新太郎ノット確認しました。
右利きの場合、(2)の部分で左から巻き始める方がやりやすいと思います。
下巻きをしっかりする場合は図の右手側(リーダー先端側)はリーダーを手に巻き付けて固定
する方がヨレは発生しにくいです。
(5)の部分でPEを折り返してますが、図の左手で押さえるなりしてPEを折り返して下さい。
この部分はきれいに上巻きが出来ていなくても結構です。ノットとしては終端になるので
きっちり巻いている必要がないのです。
(6)のハーフヒッチは1回(片側だけ)実施してノットに唾を付けます。
そして少し強く締めます。唾は摩擦熱吸収のためです。
(7)の後もFGと同じくPEライン側のみに対してハーフヒッチをします。
これは太い部分(リーダーがある部分)からPE単体になった部分に負荷が集中するからです。

(疑問点4)
私の書き方が誤解を生じるのが原因でしょうm(--)m
(疑問点2)でも書きましたが
FGのメインノット部分はギュッとリーダーに絞め込むことで摩擦係数を上げています。
その過程でノットが滑ります。
ただ、この滑りは必要かというと、最初からしっかり締め上げれている場合不要な過程です。
滑り量が多いのはノット作成初期がユルユルであるからであるということです。
「出来るだけこれを小さくするように工夫して下さい」と言いたかったのです。
ユルユルである場合、絞め込んでも締め込みムラが発生します。
強く絞め込まれる部分は最後にノットした部分で、最初の部分がゆるくなります。
ゆるんでいる部分は時間がたつと、強くノットされている部分に緩みを発生させます。
(ノットの緩みが平均化される)
結束強度の精度を上げるためにも出来るだけ最初からきっちり結び滑る量を減らして下さい。
これで私の言いたかったことご理解頂けたでしょうか?
まだきっちり説明出来てないでしょうが、ご質問者様の方で上手くくみ取って下さいm(--)m

(投げ釣りの力糸の特徴なのですが・・・・)
投げ釣りのリーダーって結構するんですね。
消耗品なのにまじめに毎回お金かける気になりませんね(>o<)
追記ですが電車結びは一度結ぶと締まる方向にしか力が働きません。
締まり切れする場合があるので釣行ごとに結び直して下さい。
また、ご存知でしょうが同じ太さのラインを結ぶことを前提としています。
簡単なのでどこでもor緊急時によく使用しますが、極端に違う太さの場合は
 (1)PE側を電車結びする
 (2)PEの余分な部分をそのまま折り返し、PEを2本重ねる。
 (3)PE2本をリーダーにて電車結びするor8ノットする。
  本来、リーダー側は強度があるので多く巻く必要がありません。
  電車結びの場合は1or2ループ程度で良いです。
 (4)折り返したPEを「本線のPE、リーダー重ね」ハーフヒッチする。
 (5)電車結び版SFノットの完成!
これだけで強度は上がります。
前述(新太郎ノット)したように一番切れやすい箇所はリーダーにて結んだ部分だからです。

ちょっと変に力入れすぎました...読みづらくて申し訳ありません。
もし、ご不明な点などありましたらご返信よろしくお願いします

それでは失礼します
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。
特に疑問点3につきましては、ネットを見てもほとんど説明がありませんでしたので、非常に勉強になりました。

電車結びで十分と10年以上やってきましたが、いらなくなった糸でベストな結び回数を探求していたときに、たまたま冗談半分でFGノットのまねごと(目の前にPCがなかったので昔見たのを思い出しながら、結果としては一部違う部分もあったのですが)をしていると、FGノット(もどき)のほうがはるかに強いことがわかりました。さらにFGノットもきちっとやると、100%と言っても問題ない程度の強度が出ているためか、結び目以外の部分も切れるようになりました。
投げ釣りのリーダーは、ティーパー状になっているため、大量生産が出来ないから高価ということらしいです。

お礼日時:2011/05/03 22:01

もう返信の付かない質問だと思うのですが疑問点があります。



結束については#3さんが詳しく解説されているので十分なのですが、
滑りの良いPEを使いたがる理由が理解できません。
結びコブで止めない摩擦系のノットを使用するのに、
スッポ抜けの原因となる要素の高い滑りの良いPE(リーダー側)を
使用するのはナンセンスだと思うからです。

何がどううまくいかない状態で”滑り”を渇望しているのか説明するべきだったかもしれませんね。
想像するに、
「編み込んだ部分をずらせ難く編み込みが密にならない」
と言った部分を気にしてるのではないか。
多少波打つかもしれませんが、摩擦で食い込んでしまえば密に拘る必要もないと感じます。
PEーPEではなく、ナイロンーPEでやってみると判りやすいでしょう。

この回答への補足

御回答ありがとうございます。
御指摘の通りです。
この糸で編み込みを14セットぐらいやると、上手く滑らず、一部だけが食い込んで、糸の端から遠い部分ではゆるゆるということになるので、この質問をさせていただきました。
よく考えてみると、編み込み回数を減らすだけでもいいような気がします。
おっしゃる通り、「多少波打つかもしれませんが、摩擦で食い込んでしまえば密に拘る必要もないと感じます」という状態で満足しております。


摩擦が高い糸のほうが、編み込み回数が減らせ結び目も小さくできるので、滑りを渇望するのは滑稽なことだったとも思います。
まあ、初心者の質問と思って流してください。

補足日時:2011/05/03 22:06
    • good
    • 0

しっかりした返信ありがとうございます!!


書く気が沸いてきますね(^^;
できるだけガッツリ書きますので失礼な文書、言い回しあることお詫びします。
本意ではありませんので。

(疑問点1)
ディープワンは4本ヨリと8本ヨリの2種類があります。
HGをお使いでしたら8本ヨリです。
ご存知かと思いますが念のためPEについて書かせて頂きます。
素材自体は1社が作成しており、各メーカーがそのヨリ方/コーティングの方法などで
独自の技術を確立して製品としての差別化を図っています。
ヨリ方ですが絹と同じように数本の原糸(絹で言うとカイコ)を束ねて縒っていきます。
これを1つの糸として、この糸を8本合わせて編み上げていくと8本より、4本なら
4本縒りとなります。
すなわち4本よりの方が1本の糸が太く、糸自体の溝が深くなります。
号数の表示は糸の太さですから、溝が深いほど直径に対する密度が低くなり強度が落ちます。
よって、4本縒りより8本縒りの方が強度が上がるわけです。(それ以外もありますが)
また、縒っている最中に足りなくなると、糸を継ぎ足すわけですから糸が弱くなる部分
があります。その部分は8本縒りだと「8-1本縒り」となり強度が落ちます。
縒り数が少ないほど強度不足は顕著になります。
"「DEEP ONE」がさらなる進化を遂げました。"にかかる部分は「従来は4本縒りで
したが8本縒りにしました」と言うことです。
ご質問者様が8本縒りをすでにご使用ということは縒り数という選択肢はなくなりました。
メーカーを変えてすべりを良くするという方法も検討下さい。
(メーカーごとに編み方、コーティングが違うため)
リーダーに使うという観点でPEを見ていませんでしたので私にはどのメーカーがよいかと
いう返信は出来ません。申し訳ないです。

(8セット程度だと比較的やりやすくなりました。)~(疑問点2)
SFは「FGのメインノット」した後にリーダー側で8ノットして最後の編み上げをするノット
です。(FGに8ノットを追加したノット)
後述にもかかってくる内容ですが8ノットをすることでダマが出来ます。
本来キャスティングには不利なノットですがリーダーがPEということで細くしなやかなので
お勧めしました。
ご質問者様の補足内容で
「SFノットは・・・8の字でいいのなら(疑問点2)、結び目も小さくていい感じですよね。」
とありますが、「コブが大きい=電車>8ノット」なら逆になり得ます。
最後に書こうと思うのですが電車結び版SFノットを参照して下さい。
リーダー側電車結びは1or2回程度でいいのでコブが小さいです。
EZノッターとは「FGノットマシン?」のことですか?
もしそうならノットを結ぶ時点でノット自体のずれが少ないので、締め込み自体かなり出来
てる状態です。(PRノットマシンを使ったMIDノットと同じ?ぐらい絞め込めてる??)
FGのメインノット部分はギュッとリーダーに絞め込むことで摩擦係数を上げています。
すなわち、編み数(セット数)を増やしても人間が絞め込めないor締め込みにムラが出来る
可能性があります。
リーダーとPEの太さ加減でセット数を調整し、締め上げやすいように「1セットごとに編み
込んだ部分をそろえる」。
リーダー側を「PE5号4本より」を想定していたので8セット程度で十分摩擦係数が得られる
と思い、代表してその数字を載せました。
セット数は状況によって上手く調整して下さい(^^;

ここまでが疑問2までに対する返信です。
長くなるので疑問3以降は別途書かせて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信が遅くなってすみません。
わかりやすい解説ありがとうございます。

お礼日時:2011/05/03 21:54

どうも、こんばんわ。



滑りをよくするには8本よりに変える方法があります。
「ディープワン--->ディープワン8HG」ですね。値段上がりますね...(^^;

ディープワンをそのまま使うことを前提でご提案する方法は以下となります。
・FGの精度を上げる
 リーダー(ディープワン)にPEを「8の時状に往路復路で8セット程度(用途による)
 編み上げる」。
 これがFGのメインのノット部分ですね、ここで往路復路の1セット編み上げる度にリーダー
 の先端(最終的にカットする部分)を口でくわえPEの編み上げを締め上げて下さい。
 強く締め上げる必要はありません。もうすでに実施されているなら???の部分があります。
 「リーダー3号PE0.8号できれいにノットが終っている」「リーダー3号PE0.8号で滑りが悪く
 ノット出来ない」この2点からPE0.8号ではリーダー(太いPE)の「ライン自体の編み溝」に
 PE0.8号が引っかかることで停止していると想像出来ます。
 誠に失礼な意見で申し訳ないのですがFGの精度を上げることで改善される気がします。
・SFノット
 SFノットは結束の基本部分はFGと一緒です。
 すっぽ抜けを防ぐようにリーダー側のノット(8の時)を追加することで補強されています。
 リーダーがPE5号なのでコブがフロロラインより小さくなるので問題は少ないと思います。
 FGよりは比較的安定したノット強度になると思いますが...。
 (慣れれば理屈上FGの方がよいです)
 ノットはwebで探したらいくらでも出てきます。
・MIDノット
 滑りが悪いリーダーに対しては一番有利です。
 私は通常このノットをメインに使用しています。
 ただ、FGなどに比べ編み上げる長さが長くなりがちで、同じ長さで強度を保つにはかなり技量が
 必要です。
 補助道具として「ボビンノット」「PRノット」などで検索したら道具は簡単に検索出来ます。
 ナショナル(松下)で発売されている?(されていた?)ノットマシーンは厳禁です。
 船で使用している人を何人か見ましたが、かなりノットを飛ばしてました。(個人の技量??)
・その他1
 PEを絞め込む場合に「じゅるじゅる?」とかいう専用ローションがあります。
 代用としてジョイなど洗剤でもいいですが(^^;
 ただ、できるだけ滑らさずにPEを締めるのがノットの基本なので...。
・その他2
 力糸を使用していた時はどのようなノットだったんでしょうか?
 別にそれでもある程度問題ないと思います。
 注意すべき点は
  すっぽ抜けない
  コブなどの使用中に締め込みが強くなる部分が無い
  変な摩擦が発生しない
 どうでしょうか?

ちょっと気になった点ですが
>船用PE5号を力糸として利用しております。
 コスト面として「PE < 力糸」なので利用しているが、耐久性(根ずれ)として「PE < 力糸」で
 あることを理解している。
 あと、PEは摩擦に弱い。しかも投げ釣りと言うことで最大負荷が地上で発生する。このことを考慮し
 、毎回ノットは結び直している。
 その上でのご使用と思います。
 コブ1つで簡単に切れるPE、使用には細心の注意を!!

参考になったなら幸いですm(--)m

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
投げ釣り師がよくやる糸抜きをしてみましたが、ディープワンも八本からなりますよね。
「ディープワン8HG」の商品説明『ハイグレードPEを8ブレイデッド加工(8本組み)することにより、「DEEP ONE」がさらなる進化を遂げました。』はどういう意味なんでしょうかね。糸の撚り方(編み方?)などが違うのでしょうか。ちょっと気になりました。(疑問点1)

『 リーダー(ディープワン)にPEを「8の時状に往路復路で8セット程度(用途による)
 編み上げる」。』
これについては14セット程度やっておりました。8セット程度だと比較的やりやすくなりました。

『ここで往路復路の1セット編み上げる度にリーダー の先端(最終的にカットする部分)を口でくわえPEの編み上げを締め上げて下さい。』
ダイワのサイトだと、編み上げた後にリーダーを動かしているのでそうしておりましたが、そうしない方法もあるんですね。確かにEZノッターの動画を見ていると、動かさずにやっている気がします。



『リーダー(太いPE)の「ライン自体の編み溝」に PE0.8号が引っかかることで停止していると想像出来ます。』
まさにそんな感じで停止しております。そしてご指摘のように、まだ技術がよくありません。

『すっぽ抜けを防ぐようにリーダー側のノット(8の字)』
SFノットは最後に電車結びを半分するような感じですよね。8の字でいいのなら(疑問点2)、結び目も小さくていい感じですよね。もう少し勉強してみます。

PRノットは面白いですね。シーガーの新太郎ノットでしたっけ、あれを試してみましたが、
FGのほうが投げ釣り向きであるのと、往路と復路の巻き密度の違いをつけるべきなのか、つけるとしたらどの程度つけるべきなのか(疑問点3)よくわからなかったので、FGでがんばってみようと思いました。


『できるだけ滑らさずにPEを締めるのがノットの基本なので』
先述のとおり、ダイワでは滑らすことを前提に、ezノッターでは滑らさないことを前提にやっているようですね。二つの考えが共存しておりなかなか初心者にはとっつきにくいと思いました。
リーダーPEで滑らさずにやると、編みこみの密度を上げることができない気がします。
リーダーがナイロンであれば問題とならないのか、実釣強度に影響を及ぼさないからか気になりました(疑問点4)。


投げ釣りの力糸の特徴なのですが、
ティーパー力糸のナイロンなら一本100円前後なのですが、
ティーパー力糸のを用いると一本700円程度してしまうのです。
ナイロンだとパラパラっとほどけたりと面倒だし、投げるときに大きく伸びるので、その分のエネルギーも無駄かなと思い、力糸をPEにしようと思いました。


通常は電車結びなのですが、キャスティング時にガイドにぶつかった音が大きいうえに、強度が出ないので、FGノットでもやってみようと思いました。

補足日時:2011/04/22 00:14
    • good
    • 0

PEとPEを結ぶときは電車結びでよいと思います。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
「電車結びでよい」
というのは
「FGノットの強度は9割程度、電車結びの強度は6割程度」と考えての意見なのか、
「電車結びを上手に結べば、FGノット程度の強度が出る」と考えての意見なのか教えていただけるとありがたいです。
後者でしたら、電車結びのコツを教えていただけるとありがたいです。
何年も電車結びをやっておりますが、最近覚えたFGノットと比べると明らかに強度が出ておりません。

補足日時:2011/04/21 23:48
    • good
    • 0

ナイロンのテーパー力糸のほうが安上がりですけど?



それほど飛ばせないと思うし (^_^;

8色200m飛ばしますか?

年間の釣行回数は30回より上?下?


最大8色飛ばして、30回以上行くんだったら船用のPEを力糸代わりにするのは判るけど
そうじゃないんだったら不要です。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
8色は行かない程度で、年間の釣行回数は30回をちょっと超える程度だと思います。

要不要の分岐点
・8色飛ばす
・30回以上行く
の理由がよくわかりません。
まだごらんでしたら、理由を教えていただけるとありがたいです。
ちょっとした仮定の違いで要不要の分岐点が変わってくると思いますので。

補足日時:2011/04/21 23:45
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラインシステムのノットについて

海の初心者です。今までバスをやっていたのでユニノットはできます。バスではナイロンやフロロの直結でしたが、海では、PEとリーダーの組み合わせが主流と聞き、ラインシステムのノットについて勉強中です。
本やHPにあるノットを練習しているのですが、アドバイスをお願いします。
電車結び(ユニノット)でやっていたのですが、結び目が大きいのと、PEのところでよく切れるのでいろいろノットを試しているのですが、どれがいいのか、これでいいのか悩んでいます。
SFノット、MIDノット、エイトノット+正海ノット、を試してみました。しかし、結んで引っ張ってみて破断させてみると、すべてPEの結び目で切れます。
ドラグチェッカーがないので何kgで破断しているかはわかりませんが、手の感覚では電車結びが一番強いように思えます。そんなことないですよね?
これらのノットを使った場合、どこで切れますか?PEの結び目で切れるのは失敗している結び方でしょうか?
使用ラインはPE1.5号(20lb)、リーダーナイロン16lbで練習しました。これだとリーダーで切れるのではないでしょうか?
長文すみませんがよろしくお願いします。

海の初心者です。今までバスをやっていたのでユニノットはできます。バスではナイロンやフロロの直結でしたが、海では、PEとリーダーの組み合わせが主流と聞き、ラインシステムのノットについて勉強中です。
本やHPにあるノットを練習しているのですが、アドバイスをお願いします。
電車結び(ユニノット)でやっていたのですが、結び目が大きいのと、PEのところでよく切れるのでいろいろノットを試しているのですが、どれがいいのか、これでいいのか悩んでいます。
SFノット、MIDノット、エイトノット+正海ノッ...続きを読む

Aベストアンサー

ふたたび。
私はじゅるじゅるの代わりに、砂糖水や釣り場では唾液です。
ゴムゴムは近くに売ってなかったので、積み木の丸棒にゴムを巻いてそれにPラインをぐるぐる巻いてます。(力が入れやすいですが、入り過ぎて切れやすいかも)
リーダーは足と口で張りながら、Pラインをとにかくじわりじわり色が変わるまで締めこんでます。
こつかどうか?Pラインはとにかく濡らしておかないと切れます。

Q3号~4号用投げ釣り専用リールにPE1号を使用できますか?

3号~4号用投げ釣り専用リールにPE1号を使用できますか?
DAIWAのファインサーフ30(3号用)を入手したものの、標準巻糸量がナイロン3号-200m、4号-150mと有ります。当方、遠投してみたくPEラインを使ってみたいのですが、何かトラブル等発生の恐れはありますか?

Aベストアンサー

へー新型のFVってsicガイドなんだ、うちのは旧型なんでハードガイド(T_T)

で、耐熱ってのはぜんぜん考えなくていいです、一度投げればあとはラインが濡れてるんだから熱持ちません、他竿で比べた事あるけどふつーに使う分にはsicもハードリングも変わらないですから。

PEは下巻き無しで巻けますよ、200m。
PEって太いですから(^_^;

FVでファインサーフだったら、オモリは25号以下がいいですよ
たぶん体力も無いと思いますので、ゆっくりとした動作で竿を曲げてオモリの重さを竿の弾力に乗せてください、この竿ちゃんと曲げれば8色飛びますので、上手に練習してくださいね(^_^)v

Qノットについて

ノットという船の巡航速度の定義を教えてください。
1ノット時速何キロメートルなんですか?
それでどうして船だけノットを使うようになったのですか?

Aベストアンサー

海でのマイルの定義は、前回答者の皆さんがおっしゃってるとおりです。

よく船舶では浬(マイル)を『海マイル』と呼びます。緯度1分当りの距離と等しい1.852kmです。
ヤードポンド法で言う陸で使われる哩(マイル)1.609km・・・これを「陸マイル」と言って区別しています。

船の場合、水面上を航行するため、海流や風の影響を受けやすく、陸地の自動車のように絶対に定位置にいることができません。
つまり、船が航行しながらも、風や海流の影響を強く受けるため、定位置にいる事、正確な速度を出しているか解らなくなりがちです。
自船がスクリュー等の回転数等から、時速12ノットで進んでいるつもりでも、正面から海流を時速2ノット受けた場合、実際には地球上を時速10ノットで前進していることになります。
また、海流を背後から受ければ、実際に地球上を進んだ距離はさらに長くなります。
風、潮流の速度、方向も一定とは限らないので、船がどの方向に進んでいるか海図上(地球上)で位置を決めるのに誤差が生じやすくなります。

※そこで・・・、
海水面では目標が天体しかないので、経度緯度を測定して自分の位置をしります。電子機器が無い時代は、六分儀で天体の位置を測定して時計で時刻を知り、そこから緯度経度を測定し自分のいる地球上の位置を決定し、目標までの距離を出しました。
そうすると、海図(メルカトル図法等)で、出発した港と、自船の緯度経度から距離を出し、それを船が進んだ時間で割ると、実際船が地球上を時速何ノットで進んだかわかるんです。

もちろん、自船が潮流に対しての速度をどれくらい出しているかは簡単に測定できます。しかし、風の影響も関係して海図(地球)の座標上でどこに自分がいるか、速度を出しているかを知るため、やはり緯度を基準にし、海マイルで計算したほうが誤差が少なくなるのでマイルを使うようになりました。

海でのマイルの定義は、前回答者の皆さんがおっしゃってるとおりです。

よく船舶では浬(マイル)を『海マイル』と呼びます。緯度1分当りの距離と等しい1.852kmです。
ヤードポンド法で言う陸で使われる哩(マイル)1.609km・・・これを「陸マイル」と言って区別しています。

船の場合、水面上を航行するため、海流や風の影響を受けやすく、陸地の自動車のように絶対に定位置にいることができません。
つまり、船が航行しながらも、風や海流の影響を強く受けるため、定位置にいる事、正確な...続きを読む

Q丹後ジギングのpeラインについて質問です。 普段、スピニングタックルにpe3号のリーダー12号でやっ

丹後ジギングのpeラインについて質問です。

普段、スピニングタックルにpe3号のリーダー12号でやっております。

何度か鰤とのやり取りも経験し、もう少し細いpeを使っても良いかなと思いpe2号のリーダー8号タックルでやろうと思ってますが細いですか?

ちなみにpeは8本編みを使っております。

Aベストアンサー

私はまさにそれでやってます。
ブリもとってます。

Qノットがうまくできません

ルアーでのキャスティングに使います。スナップに30lbのフロロリーダーを結束するためいろいろなノットを試しています。その中でどうしてもうまくできないノットがあります。

↓漁師結び+ユニノット2回巻き
http://www.geocities.jp/beblue_sig/knot/knot2.html

問題はこのサイトの一番下の画像部分です。念のため画像を添付しておきました。

>>それを嫌ってユニノット2回巻きを追加。

漁師結びをしてから画像の通りユニノット2回巻きを追加していますが、締め込みがうまくいかずできたユニノット部分と漁師結び部分の間にスキマができてしまうのです。スキマができないようにするコツがあると思うのですが・・。

(他に簡単で丈夫で解けにくいノットがあればそちらも教えてください)


よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>ダブルで通した後の巻き付けを私がすると巻き付け部分が上へ上へと延びていきます。

これは当然のことじゃないでしょうか。
いくら上に伸びないように1巻きずつ指で押さえていても、巻き上げが終わって
再びダブルの輪に通して指を緩めれば、巻き上げ部分は戻ろうとする力で一気に上に伸びます。

私は緩めに4回ほど上に巻き上げますから(巻き上げの後ダブルの輪に通す時点で1回ほど戻るので)
4回でも3cm弱ぐらいの長さに上へ伸びますよ。

別に上に伸びてもゆっくりと端糸を引くことで、本線のリーダーには影響なくスナップ方向へ
締まっていきますから全然気にしていません。

それよりも締め込みによって本線のリーダーがよれたり、結節の締まりが悪くどこかに隙間が
あるようでは本来の強度が出ませんから、安定して常に全体が強く締まっていることが重要です。

最後の端糸を上に抜かないやり方で巻いてみました。
カルティバ クイックスナップ2号 リーダーバリバスVEPナイロン 22lb

※私はルアーに関してはリーダーはもう30年以上このリーダーだけです。
非常にしなやかでフロロより根ズレににも強く(フロロは岩やカキなどであっさり切れることがある)
使い始めは指で軽く全体をしごけばPEと同じぐらい真っ直ぐしなやかに伸びますから
キャスティング時のガイドへの干渉も最小限で済みます。

私の場合は4回巻き上げをしますからダブルの上の巻きコブは3個出来ますね。
写真では分かりにくいですが、全てにどの位置も全く隙間がなくカチカチ状態に締まっています。

>ダブルで通した後の巻き付けを私がすると巻き付け部分が上へ上へと延びていきます。

これは当然のことじゃないでしょうか。
いくら上に伸びないように1巻きずつ指で押さえていても、巻き上げが終わって
再びダブルの輪に通して指を緩めれば、巻き上げ部分は戻ろうとする力で一気に上に伸びます。

私は緩めに4回ほど上に巻き上げますから(巻き上げの後ダブルの輪に通す時点で1回ほど戻るので)
4回でも3cm弱ぐらいの長さに上へ伸びますよ。

別に上に伸びてもゆっくりと端糸を引くことで、本線のリーダーには...続きを読む

QPE1号を200メートル巻けるベイトリールにPE1.2号、または、1.5号を巻くとしたら何メートル巻

PE1号を200メートル巻けるベイトリールにPE1.2号、または、1.5号を巻くとしたら何メートル巻けますか?
メーカーはGIGAsaltHGです。
教えてください。

Aベストアンサー

PEの太さはほぼ比例するので、
1.2=約166m
1.5=約133m
くらいでしょうか?

Qスリップノット

みなさんの中でスリップノットが好きという方いらっしゃいますか?
スリップノットはアツイよってよく聞くんですが
重たい音楽が、あまり慣れてない為、
色んな面からスリップノットの良さを知りたいと思います。
スリップノットの魅力や音楽性、アルバムの好きな曲など、色々教えて下さい。
みなさんの意見を参考に今までとは違った見方、聴き方をしてスリップノットの良さを実感したいので、ご質問させて頂きました。
ヨロシクお願いします。
ちなみに参考で、
今の私はオルタナ、ミクスチャー、パンク、ヘヴィーが好きです。
デスメタルは多少苦手で、逆にマッタリしたR&Bなどはかなり苦手です。

Aベストアンサー

私も夏にここでお勧めされて買ったんですが、
ミクスチャーの勢いと、HRのメロがうまく噛み合ってて、
ニルヴァーナの香りもややあるとこがすごく気に入りました。
WAIT AND BLEED はやはりとっつきとしては良いと思います。

下記オフィシャルサイトもなかなかレイアウトも良いし、
見てみてはいかがですか?

参考URL:http://www.slipknot1.com/

Q投げ釣りにおける、リーダー(力糸)の選択について。

皆様こんばんわ。先日は、ご回答をいただき、ありがとうございました。
早速PEラインの1・5号と、ナイロンのテーパーライン(2から12号)を
購入して使用してみました。仕掛けのハリスナイロン4号、錘も捨て錘
仕様にてやってみたのですが、根掛かり時にラインを引っ張ってもなかなか
切れずに伸びるだけで、苦戦してしまいました。かと言って、テーパーライン
までPEライン製では、切れたら経済的に厳しいものがあります(笑)。そこで
なのですが、ルアーフィッシング的なラインシステムだと、どうなのかな?
と思います。例えばPE1・5号200mの先端に、フロロの16℔を2m位電車結び
でつないだらどのようなメリットとデメリットがありますでしょうか?
投げ釣りで25号前後の錘の負荷がかかるケースで、ご回答いただければ幸い
です。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

お久しぶりです。
まず、リーダーとちから糸は根本的に用途が違います。 投げ釣りの世界ではリーダーとは言いません。
もちろん、利用する意味も違います。
リーダー・・・ルアーフィッシングでは主に根ズレを回避するために結びます。
ちから糸・・・投げ釣りだけの用語で、投げる瞬間に指に大きな力(負荷)がかかるのでラインが切れるのを防ぐために太目のラインを結びます(ちから糸なしで投げると100%切れます)。 テーパーのちから糸のほうがやはり結び目が小さくできるので現在はテーパーのちから糸が主流になっています。

私個人的には道糸(PE)が0.6号まではちから糸がPEだろうがナイロンだろうが結び方は電車結びで充分だと思います。しかし0.6号以下の場合はルアーフィッシングのようなラインシステムを組んだ方がいいと思います。
私はサーフからの釣りなのでちから糸もPEですが、道糸PE0.6号、ちから糸PE0.6~5号を電車結びでやっていますがガイドに絡むことはありませんし、すっぽ抜けることも全くありません。もちろん投げる際も切れることもありません。
ガイドに絡むのは結び方の問題もありますが投げ方が悪くても絡むことがあります。
ただ、お使いの竿は絡みにくい形状のガイドですし電車結びでも問題はないでしょう。

あと電車結びは他のラインシステムに比べどうしても結び目が大きくなりますし、強度も多少落ちます。

>>根掛かり時にラインを引っ張ってもなかなか切れずに伸びるだけで、苦戦してしまいました。
 ということはルアーのラインシステムを組むと強度が強くなる分ますます切れなくなると思うのですが?
むしろ根掛かりしたときに強度の落ちる電車結びのほうがちから糸から切れる確率が高くなるのでそのほうがいいと思いますが。

>>例えばPE1・5号200mの先端に、フロロの16℔を2m位電車結びでつないだら
 2mはいくらなんでも短いですよ! 竿が4.05mですから2mは無いでしょう。せめて10mは必要だと思いますよ。

お久しぶりです。
まず、リーダーとちから糸は根本的に用途が違います。 投げ釣りの世界ではリーダーとは言いません。
もちろん、利用する意味も違います。
リーダー・・・ルアーフィッシングでは主に根ズレを回避するために結びます。
ちから糸・・・投げ釣りだけの用語で、投げる瞬間に指に大きな力(負荷)がかかるのでラインが切れるのを防ぐために太目のラインを結びます(ちから糸なしで投げると100%切れます)。 テーパーのちから糸のほうがやはり結び目が小さくできるので現在はテーパーのちから糸...続きを読む

Q初心者でも安定して作れる摩擦系ノット

こんにちは。タイトル通りなのですが、初心者でも安定して強度を発揮できる摩擦系ノットは何でしょうか?

私は5年前にシーバス釣りでPEデビューしてから、ずっとファイヤーノットを使っているのですが、未だに高切れが発生します。
新品のPEで、明るい所でゆっくり作ればそんなことは無いのですが、フィールドで作ると亜見込みが均一でなかったり、ガイドとの摩擦?などで弱るのか、結び目付近のPEラインがプツっと切れることがたまにあります。

色々な人の意見を聞いていると、ファイヤーノットは既に時代遅れで、お手軽カンタンノットとしての需要すら薄れてきているようでした。

そこで、そろそろ最近のノットを使うべきかと思ったのですが、色々試したところ、FGノットはどうしても実力というか、しっかり締められた時はいいとして、上手く絞められなかった時との強度の差が激しすぎて使いづらいと思ってしまいました。
上手く組むには編みこみの時からある程度テンションをかけてやっていかないといけないので、とりあえず糸を通して、最後にゆっくり締め上げれば形になったファイヤーノットに慣れている自分としては、難しく感じています。

他にはノーネームノットとSFノットを検討しているのですが、この二つ(あるいは僕の知らない他のノット)で、どちらが下記特徴に近いでしょうか。

・とりあえず糸を通して、最後にゆっくり締め上げれば良い
 (一回一回綺麗に巻きつけて、巻き付けるごとに締める、などが必要ない)
・出来上がりの差があまりない(実力によって強度に大きな差が出ない)


少しでも結束強度を!
とか、少しでも結び目を小さくして飛距離を!
とかは考えていません。

都合の良い質問かもしれませんが、ご意見いただけますと幸いです。

こんにちは。タイトル通りなのですが、初心者でも安定して強度を発揮できる摩擦系ノットは何でしょうか?

私は5年前にシーバス釣りでPEデビューしてから、ずっとファイヤーノットを使っているのですが、未だに高切れが発生します。
新品のPEで、明るい所でゆっくり作ればそんなことは無いのですが、フィールドで作ると亜見込みが均一でなかったり、ガイドとの摩擦?などで弱るのか、結び目付近のPEラインがプツっと切れることがたまにあります。

色々な人の意見を聞いていると、ファイヤーノットは既に時代...続きを読む

Aベストアンサー

PE0.8 1 1.5 2 3号を使っています。しかし結節工具は持っていません。

とりあえず糸を通して、最後にゆっくり締め上げれば良い(一回一回綺麗に巻きつけて、巻き付けるごとに締める、などが必要ない)出来上がりの差があまりない(実力によって強度に大きな差が出ない)

ということならノーネームノットがいいとおもいます。ガイド抜けがいいので飛びます。強度は80%らしいです。私はいろいろやりましたが手だけで道具無しでやっていますがこれが一番良いです。ファイヤーなんたらはリーダーを折り返してPEで巻くので擦れよいのかもしれませんしSFはコブが大きいのでは?FGは現場の手結びではすっぽ抜けます。

Qシーバス初心者です。 ラインとリーダーの太さですがラインPE1.2号リーダーフロロ3号を使おうと思っ

シーバス初心者です。
ラインとリーダーの太さですがラインPE1.2号リーダーフロロ3号を使おうと思っていますが問題ないでしょうか?

Aベストアンサー

ラインのバランスでは、16lbライン+12lbリーダーですね。
問題はないとおもいます。

リーダーに4号や5号という意見はありですね。リーダーの方が太くで強いものを使うのが普通。魚やネズレで切れないとかキャスト切れを防ぐ目的です。逆にリーダーを弱くしたらリーダー部分でかならず切れるという利点もあります。しかし、たぶん結節部分が弱いので結節部分で切れるかな?

ラインは、これだと太すぎるという方もおられますし、何が釣れるかわからないので細いのはちょっと不安だという方もおられますね。

私は、初めてでしたら1号以上でいいとおもいます。軽量ジグやバイブレーションプラグも投げられるのでより万能なので。。シーバス・タチウヲ・ヒラメ・アオリイカなどいろいろ狙えるのでは?それと、タックル周り(リール・ロッド)のトラブルを防ぐには太いほうがいいと言えます。とりあえず、いきなり、ええかっこせずにより精密に釣りをやられるようになったら細糸に替えてみてはいかがですかね? 逆にそうじゃないルアーがもったいないし。

あくまでも私見ですが、
PE1.2号はいいとおもいます。私ならリーダーは4号かな。

ラインのバランスでは、16lbライン+12lbリーダーですね。
問題はないとおもいます。

リーダーに4号や5号という意見はありですね。リーダーの方が太くで強いものを使うのが普通。魚やネズレで切れないとかキャスト切れを防ぐ目的です。逆にリーダーを弱くしたらリーダー部分でかならず切れるという利点もあります。しかし、たぶん結節部分が弱いので結節部分で切れるかな?

ラインは、これだと太すぎるという方もおられますし、何が釣れるかわからないので細いのはちょっと不安だという方もおられますね。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報