ある弁護士の活動を
主観的評価論を入れずに
客観的事実論で記述、公開した場合、

相手の意にそぐわない事実であれば
1.名誉毀損になる
2.営業妨害になる

でしょうか?

A 回答 (1件)

私人であろうと公人であろうと、なりえるでしょう。


判断は私人か公人かではなく、公益にあたるかどうかです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qセクハラに関しての弁護士相談を予約しました。既に一度、同じ案件で法テラスの無料相談も受けてます。

セクハラに関しての弁護士相談を予約しました。
既に一度、同じ案件で法テラスの無料相談も受けてます。
他の弁護士さんの考えも聞きたいと思い、別の弁護士事務所に相談予約をしました。
一回目の法テラスでは被災地特例法での無料相談でした。
できれば、他の弁護士さんに相談してきたとこは伏せたかったのですが、今回の場合は正直に2回目だと言わなければならないんでしょうか?

Aベストアンサー

以前は無料の法テラスにお願いしましたが、別の弁護士さんの意見なりアドバイスを受けたいので、今回このようにお願いした次第です”・・・と言っていいと思います。
別に伏せる理由もありませんし、こっちはお客なのですから堂々としていればいいです。
言った方が、お互いにやりやすい部分もあります。

Qなぜ名誉毀損は私人と公人で扱いが違うのですか?

なぜ名誉毀損は私人と公人で扱いが違うのですか?
ある人物の情報を媒体で流布する場合、それが公人であれば名誉毀損になりにくい
と聞いたのですが、しかし、それが私人だろうが公人だろうが
公益性って実際のところあまり変わらないですよね?(世間の知りたいって願望を満たすだけ)
逆に公人であることでショックを与えることも多いですよね?
なぜ名誉毀損になりにくいのですか??

Aベストアンサー

条文と比較しながら考えると分かりやすいと思います。

第二百三十条(名誉毀損) 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。
2 死者の名誉を毀損した者は、虚偽の事実を摘示することによってした場合でなければ、罰しない。

(公共の利害に関する場合の特例)
第二百三十条の二 前条第一項の行為が公共の利害に関する事実に係り、かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。
2 前項の規定の適用については、公訴が提起されるに至っていない人の犯罪行為に関する事実は、公共の利害に関する事実とみなす。
3 前条第一項の行為が公務員又は公選による公務員の候補者に関する事実に係る場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、これを罰しない。

このように230条の2では、(1)事実の公共性(2)公益目的(3)真実性の証明を要件として免責されることになっています。本条は表現の自由に配慮した規定です。とりわけ公人に対する批判は、国民にとって政治や社会のあり方を知るうえでの不可欠の情報であり、表現の自由として保護する必要性が高いので、3項にありますように、(1)と(2)の要件が満たされるものとされ、(3)だけを証明すれば免責されることになっています。公人の私的行為に対する批判もその者の適格性を判断する重要な資料になりますので、(1)事実の公共性の要件が満たされやすくなります。つまり、国民の知る権利や発言者の自己実現との関係で、表現内容の価値が高いので免責されやすくなります。

ちなみに私人であっても社会的に一定の影響力を持つ者に対する批判は、(1)事実の公共性の要件を満たす場合があります(最判昭和56.4.16)。

条文と比較しながら考えると分かりやすいと思います。

第二百三十条(名誉毀損) 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。
2 死者の名誉を毀損した者は、虚偽の事実を摘示することによってした場合でなければ、罰しない。

(公共の利害に関する場合の特例)
第二百三十条の二 前条第一項の行為が公共の利害に関する事実に係り、かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合には、事実の真否を判...続きを読む

Q相続の相談です。電話無料相談や区の無料弁護士さんからお話は聞いたのです

相続の相談です。電話無料相談や区の無料弁護士さんからお話は聞いたのですが、とても不安
なので、ここで質問させてください。
よろしくお願いします。

私の他の質問をみていただくとわかりやすいと思いますが。相続でもめています。


弁護士って必要でしょうか?
長女と、長男でもめておりますが。長女は自分は顧問弁護士がいてそれに相談してるから、関係ないといいます。では その顧問弁護士とお話がしたいとこちらがいうと、長男も弁護士をたてろ、その弁護士としか話さないといいます。
長男夫婦としては、裁判などしないで話し合いで解決したいのですが。
裁判にならないと、相手の弁護士と話せないのでしょうか。
長男も弁護士をたてなければいけないのでしょうか?
家裁で調停なのかな、と考えているのですが、これも弁護士必要なんでしょうか?

Aベストアンサー

相手が弁護士に本当に委任しているのならば、質問者はその顧問弁護士と交渉することとなります。
ただし、質問者に対して弁護士を立てることを強要することは出来ませんし、要求をのむ必要はありません。
長女の余りにも身勝手な主張を認める弁護士もいないでしょうし、ハッタリではありませんか?


>私の他の質問をみていただくとわかりやすいと思いますが

該当質問のURLを貼り付けておくとより有益な回答が得られると思いますよ。

Q閣僚等の靖国神社参拝における公人か私人かの件

閣僚等の靖国神社参拝で公人か私人かということが昔から問題になります。
私の考えは以下です。
1.人の思想及び信仰は自由である。
2.靖国神社も戦死した多数の人が神として祀られているとはいえ現在では一宗教の施設である。
3.勤務時間中の公務員(公人)は宗教活動を行ってはならない。(時間外は自由)
4.従って公人(勤務時間中)としての参拝は×、私人(勤務時間外)としての参拝は○
以上としか有り得ないと思いますが皆様はどう思われますか?

Aベストアンサー

私もそう思います。
公務時間中に参拝した、玉ぐし料等を公費で支払ったなら公による特定宗教への肩入れになり問題ですが、憲法に思想信条の自由がある以上、私用で参拝して、私費でお賽銭を出したって文句のつけようがない。
記帳に公職の肩書を書くのがどうかという点はありますが、肩書を利用するわけでもない。
他国でもやっていることですから、ことさらに周辺諸国が文句を言うのは政治的な理由としか思えず、内政干渉にあたると思う。

なお、町内会長をやっていますが、最近町内会費から氏子総代を出したり、奉賛会費を支出することが問題になりましたが、地域文化を守るためであって、特定宗教に対する保護ではないと答弁しました。
参拝はポケットマネーでやっていますが、肩書には**町内会長(特別公務員です)と記帳してきました。

Q弁護士協会の無料相談時間が20分とあったのですが、それ以後時間でどのぐらいの費用がかかるのでしょうか

弁護士協会の無料相談時間が20分とあったのですが、それ以後時間でどのぐらいの費用がかかるのでしょうか?

Aベストアンサー

無料相談は延長がありません。20分で打ち切りとなります。
それ以上の相談は、弁護士と個別に行うこととなります。
その場合は弁護士によって相談料が違いますが、30分につき5,000円程度かと思います。
詳細は、弁護士にお尋ねください。

Q「新客観的違法性論では責任無能力者に対し正当防衛は可能だが違法状態は否

「新客観的違法性論では責任無能力者に対し正当防衛は可能だが違法状態は否定」だと説明されていますが、「違法状態は否定」が理解できません。違法でないと正当防衛は成立しないと思うのです。一方、「違法性は一般人を基準とする」とあり、(正当防衛の対象となる侵害である)責任無能力者の行為も違法になるとなると思うのですが。

Aベストアンサー

簡単に言えば「人の行為」でないものを「状態」と呼んでいるだけです。個人的には「現象」とか呼ぶ方が分かりやすいと思います。
つまり、「違法状態を否定する」とは、人の行為については違法を観念できることを前提に「人の行為でないものには違法を観念できない」ということです。刑法的には違法な行為はあっても違法な状態(現象)はないということです。

違法性の実質の議論は、ざっくり言うと、法益侵害説と法規範違反説の争いです。つまり、違法とは「法益を侵害すること」なのか「法益を侵害してはいけないという規範に違反すること」なのかという議論なんです。そこで、法益侵害ということなら「客観的状態として法益を侵害している以上は人の行為だろうとそれ以外だろうと構わない」ので判断の「対象」は人の行為もそれ以外の現象もすべて含んだ客観的事実ということになります。これが客観的違法性論です。一方、規範に違反するということなら「規範に違反するというのは人間にしか当てはまらない」ということになります(人間以外は規範を理解できませんから)。つまり判断の「対象」は人の行為のみとなります。そこで、人の行為を対象にするとしてその判断「基準」は「主観も含める」と考えれば、主観的違法性論になりますし、あくまで主観面は無視して客観面のみを「基準」とする考えれば新客観的違法性論になります。
つまり、
人の行為を「対象」に主観面も「基準」にして判断するのが主観的違法性論。
人の行為を「対象」に客観面だけを「基準」にして判断するのが新客観的違法性論。
人の行為だけでなくあらゆる客観的事実を「対象」にする(判断「基準」は当然に客観的になる)のが客観的違法性論。
ということです。

簡単に言えば「人の行為」でないものを「状態」と呼んでいるだけです。個人的には「現象」とか呼ぶ方が分かりやすいと思います。
つまり、「違法状態を否定する」とは、人の行為については違法を観念できることを前提に「人の行為でないものには違法を観念できない」ということです。刑法的には違法な行為はあっても違法な状態(現象)はないということです。

違法性の実質の議論は、ざっくり言うと、法益侵害説と法規範違反説の争いです。つまり、違法とは「法益を侵害すること」なのか「法益を侵害してはいけな...続きを読む

Q私の依頼してる弁護士があてにならず どうしても納得できないので 他の無料相談弁護士に何か知恵があれば

私の依頼してる弁護士があてにならず
どうしても納得できないので
他の無料相談弁護士に何か知恵があればと電話をして最初は受付の女性が出てお話をしていましたが、受付の女性では対応ができなくなったのか、弁護士にかわってお話をしたのですが、
相談は離婚慰謝料問題になります。

その弁護士に依頼もしてないのに

相手の名前は?元旦那に公証役場でいくらもらったの?夫婦でいたのは何年など

私が話したい事を言うとそう言う事じゃなくと

本当に上から目線の弁護士で話してる間に何度電話を切ろうかとイライラしました。

何でもっと相手を訴えなかったの

あなたは何をしてたのと…

この弁護士にこちらの理由を伝えても毒舌で返してくると思ったので軽く離婚に至るまでは色々とありますよね。と軽く返しました

そしたらまた暴言。

私は精神病になり他にも病気になり今でも通院していて

離婚すると言ってもお金がなくやっとの思いで離婚することができました。

何で弁護士さんってこんな人ばかりなのでしょうか

相談をして体調が悪くなり何故

こんな嫌な思いをして色々言われて悔しくて仕方かありません。

依頼してた弁護士にも色々あり

電話相談した弁護士にも不快な気持ちになり

何か楽になれる方法などありますでしょうか?

私の依頼してる弁護士があてにならず
どうしても納得できないので
他の無料相談弁護士に何か知恵があればと電話をして最初は受付の女性が出てお話をしていましたが、受付の女性では対応ができなくなったのか、弁護士にかわってお話をしたのですが、
相談は離婚慰謝料問題になります。

その弁護士に依頼もしてないのに

相手の名前は?元旦那に公証役場でいくらもらったの?夫婦でいたのは何年など

私が話したい事を言うとそう言う事じゃなくと

本当に上から目線の弁護士で話してる間に何度電話を切ろうかとイラ...続きを読む

Aベストアンサー

それは大変でしたね。
現在は、どうですか

相談までは無料の弁護士
沢山いますから
実際に面談して
自分に合う弁護士を
選任しましょう。

いい弁護士さんは
依頼者の話を
よく聞いてくれますよ。

信頼関係が無いと
ダメですからね。
逆に、いい弁護士が
ついてくれると
何かと心強いですよ。

Q民事(私人間の事件)の弁護士を選ぶガイドブック本を探しています。

私人間の事件(いま、悩んでいるのは保険契約トラブルですが。。。)の弁護士を選ぶガイドブック本を探しています。
ビジネス関係の弁護士なら下記本があるようですが。

(記)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822244814/qid=1142339701/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/249-6527684-5605925

Aベストアンサー

弁護士会に相談するのが近道です。

http://www.nichibenren.or.jp/ja/legal_aid/

参考URL:http://www.nichibenren.or.jp/

Q相続の相談です。電話無料相談や区の無料弁護士さんからお話は聞いたのです

相続の相談です。電話無料相談や区の無料弁護士さんからお話は聞いたのですが、とても不安
なので、ここで質問させてください。

相続でもめています。
故人を長男夫婦で介護していました。

長女と遺産のことでトラブルです。プラスの財産は欲しいが、マイナスの遺産は払わないといってきました。弁護士さんはちゃんとした借用書があるから、正式ですと言われたのですが。
長女は私は保証人になってないし、ハンコもおしてないから関係ないといいます。
長女は顧問弁護士がいる、訴えてやると、脅すように何度もいってきます。
実際には、まだ何も訴えられていませんが。

プラスもマイナスも相続ですよね?
相続放棄しないって言っているに、つじつまがあわない?
あと、長女と長男がケンカした会話を録音していて、脅迫されたから、訴えてやると、何度もいってきます。これってどうなのでしょうか?


アドバイスよろしくお願いします。

私のほかの質問のよかったら相談にのってください。

Aベストアンサー

先ほどの質問で故人の貯金は数千円、株や土地などの財産はない。となってましたが、そうするとプラスは無いに等しく、マイナスは弁護士も認める借用書のある負債があるということですね。

となると単純相続すればマイナスの負債のみを相続することになりますから、常識で考えれば相続放棄です。

おそらく長女は故人の年金がどうのこうので、それがプラスと思っているのでしょう。

そしてそのプラスは貰って、負債は相続しない、など相続の基本を知らない愚かな話です。その顧問弁護士とやらはまともなのでしょうか。

長男さんはさっさと相続放棄されたら如何でしょうか?

後は長女とその顧問弁護士とで好きにしてもらえば宜しいのでは?

>長女と長男がケンカした会話を録音していて、脅迫されたから、訴えてやると、何度もいってきます。これってどうなのでしょうか?

訴えマニアのようですね。好きにさせれば宜しいでしょう。暴力を振るったならともかく口喧嘩なんて相手にされません。

「家庭に法は立ち入らず」と言いまして兄弟喧嘩に介入するほど警察や裁判所は暇ではありません。

先ほどの質問で故人の貯金は数千円、株や土地などの財産はない。となってましたが、そうするとプラスは無いに等しく、マイナスは弁護士も認める借用書のある負債があるということですね。

となると単純相続すればマイナスの負債のみを相続することになりますから、常識で考えれば相続放棄です。

おそらく長女は故人の年金がどうのこうので、それがプラスと思っているのでしょう。

そしてそのプラスは貰って、負債は相続しない、など相続の基本を知らない愚かな話です。その顧問弁護士とやらはまともなの...続きを読む

Q公人のプライバシー権の権利侵害と公人が主張できる権利範囲について教えて

公人のプライバシー権の権利侵害と公人が主張できる権利範囲について教えてください


1 公人がプライバシー権の侵害を主張できる権利範囲はどこからこどまでですか?

2 一般私人が公人によって侮辱罪・名誉棄損罪で告訴されることはありえますか?


よろしくご教示お願いします

Aベストアンサー

 判例として、夕刊和歌山時事事件(最高裁判所昭和44年6月25日判決)があります。
 理由から抜粋すると、
「刑法230条の2の規定は、人格権としての個人の名誉の保護と、憲法21条による正当な言論の保障との調和をはかつたものというべきであり、これら両者間の調和と均衡を考慮するならば、たとい刑法230条の2第1項にいう事実が真実であることの証明がない場合でも、行為者がその事実を真実であると誤信し、その誤信したことについて、確実な資料、根拠に照らし相当の理由があるときは、犯罪の故意がなく、名誉毀
損の罪は成立しないものと解するのが相当である。」
 とし、原審の被告人(新聞社経営者)を名誉毀損に問えないとしました。
 つまり、マスコミなりネット投稿者なり、私人が「確実な資料、根拠に照らし相当の理由」をもってそういった記事を書いた場合はセーフという判断がなされています。

参考URL:http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~suga/hanrei/14-3.html


人気Q&Aランキング