山岳怪談作家の安曇潤平氏の文庫本「赤いヤッケの男」

http://www.amazon.co.jp/%E8%B5%A4%E3%81%84%E3%83 …

は、怪談として読むのは前提ですが、設定や描写にムリがあり「胡散臭い」感じを受けます。所詮は、素人がネットなどで得た情報を怪談風にまとめただけの様子です。

【質問】安曇潤平氏の作風や詰めは、胡散臭いと感じますか?(当然に、反論もOKです。むしろ、いいところを教えてください。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「数々の顔を持つ日本の山にまつわる怪談奇談を集めた本である。


作者自らが体験した話もあるし、山仲間や、あるいは一杯やりながら
山小屋のオヤジから聞いた話もある。
怪談というと、身の毛もよだつ話を想像しがちだが、不思議なことに
山の怪談には、聞き終わって心が温かくなる話も意外と多い。
この本にもそんなホロリとさせる話もいくつか載っている。
この本を手に取り、そして数々の不思議な話を読んだ後に、
みなさんが日本の山を、今よりもっと好きになってくれれば幸いである」

http://www.amazon.co.jp/%E8%B5%A4%E3%81%84%E3%83 …

と、あるように基本は山で一杯やりながらの与太話ですから、
胡散臭いもなにもそれ以前の話と思いますが。

要はそういうのを面白いと感じられる人が読めばいいだけかと。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

●八号道標では現場を覗き込んでから服装確認しているが、遭難者がだれであれ、救出または収容が必要
●ヘリでの遺体回収が手際よく1時間かかっている
●アタックザックでは、大町ではなく松本で1泊している
●赤いヤッケの男では、吹雪の中の足音が聞こえる
●急行アルプスではクロユリの季節がヘン
●鏡では、わざわざトイレに行くのも不自然
●追悼山行でも、吹雪の中の足音が聞こえる
●J岳駐車場では、付近にクライミングゲレンデはないがヘルメット幽霊がでる
●カラビナには、イニシャルが刻まれるが劣化防止でそんなことはしない
●もうひとりの客では、白馬駅から大町温泉までバスで行く
●残雪のK沢岳では樹林帯のテンバに都合よく落雷する
●クライマーズセンスでは、「一緒に山行することはほとんどないが、年に何回かは丹沢や秩父に行く」って、どんだけ行けば「かなり」同行するのか
●同、新穂高から涸沢に入り、奥穂北穂のピークハントをしてから滝谷を攻める予定で、中止後は上高地へ下山
●銀のライターでは「スリップこそしなかったが、数え切れないほど転倒した」はムリ
●霧の梯子では、水田の傍らの湧水を補給も、下界から補給するはずで、そんな怪しい水は飲まない
●猿ぼぼでは、「チョコレートをお湯に溶かして飲む」が普通はココアかコーヒーでムリ
●牧美温泉では、ライトバンに明示してあるのに「どうやら宿の車らしい」とある
・・・と、一箇所の矛盾やムリが全体のウソ臭く感じられる作風です。即ち、充分な推敲ができておらず一読してゾクゾクしたら捨てる本でした。(2度と購入しない最低の怪談)

お礼日時:2011/04/20 08:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q実話怪談の本について

自分は実話怪談が好きで、その手の本をいろいろ探しています。
今まで読んだのは新耳袋全巻と怖い本などです。
最近は加門七海さんの怪談徒然草を読んで面白かったと思いました。
そこでおすすめの実話怪談の本があれば教えていただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

加門七海さんの、怪談実話集の他の本は、読まれましたか?
「怪のはなし」集英社
心霊関係の人にインタビューした、
「心霊づきあい 11人の作法」メディアファクトリー
は、稲川淳二さんや新倉イワオさんのお話もあって楽しいです。

この他集英社のWEB文芸サイトレンザブローでも連載をされています。
怪談集ではなく、加門さんが家を探す話なのですが、
そういう話は当然出てきます。

他の方は、北野誠さんの「続おまえら行くな。」 マイクロマガジン社 も怖くて面白かったです。
ただ、とても怖くて図書館から借りてから早々に返すまで、夜電気が消せなくなりました。

すでに読まれていたら、すみません。

参考URL:http://renzaburo.jp/keisai_list_r/index.html

Q松本清張の「作家の手帳」

松本清張の「作家の手帳」が収録されている文庫名と出版社名をご存じの方、教えてください。
検索してみたのですが、へたなせいか、みつけることができませんでした。

Aベストアンサー

文藝春秋から1981年に「作家の手帳」で出版されましたが、文庫では出てなさそうです。
これも既に絶版ですので、古本で探すしかないようですね。
参考URLで探すと何件か見つかりますよ。

参考URL:http://sgenji.jp/

Q京都の怪談

京都に昔から伝わる怪談教えてください。

できれば、歴史系の怪談がよいです。

幽霊が飴を買って、赤ん坊を育てたような。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

京都に伝わる歴史系の怪談というと、以下のものを聞いた事があります。幽霊以外もあります。

・貴船神社、丑の刻参り
・宇治の橋姫
・謡曲「通小町」 小野小町、深草少将 幽霊伝説
・一条戻橋 渡辺綱 鬼女伝説

下記サイトにもいろいろ載ってました。
「京都冥所図絵」
http://www.ne.jp/asahi/meitei/pedantry/field/frame.html

参考までに、どうぞ。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/meitei/pedantry/field/frame.html

Q「小栗虫太郎」という作家について

先日、立風書房から出版されている「暗黒のメルヘン」という本を読みました。その中に収められている一篇の、小栗虫太郎の「白蟻」という作品についての質問です。
ところが、途中途中に「×」や「○」で読めない箇所や「(以下601字削除)」といった記述があり、少々分かりにくく感じました。編者(渋沢龍彦氏)の解説にも何も書いてありません。恐らく差別的であったりして削除されたのではないかとは思いますが、その経緯についてご存知の方、教えて下さい。
また、全文が読める本等もあればその情報もお願いします。

Aベストアンサー

青空文庫にその本がカタログされています。読んでないので「X」などがあるかどうか知りませんが、参考までに。

小栗虫太郎
書籍名 : 白蟻
底本 : 「小栗虫太郎傑作選II 白蟻」現代教養文庫、社会思想社
1976(昭和51)年9月30日発行
底本の親本 :
入力者名 : 酔尻焼猿人

参考URL:http://www.aozora.gr.jp/

Q怪談好きの方、教えてください

私は怪談を読むのが好きです。愛読書は講談社KK文庫から出ている「学校の怪談」シリーズ、映像化もされている「新耳袋」シリーズ、スーファミソフト「学校であった怖い話」などです。
そこで質問ですが、「学校の怪談」シリーズで元ネタとなっている書物についてお聞きします。
「不思議な世界を考える会会報」や、「民話と文学の会会報」、「世間話研究会」、「研究収録おおつま」などの文献を読んでみたいのですが、どうすれば手に入るのでしょうか。購入できなくても、図書館などで読むだけで結構なので、ご存知の方は回答をよろしくお願いします。

それから、蛇足になりますが、もしお勧めの怪談集がありましたら併せて教えてください。

Aベストアンサー

 こんばんは。

○民話と文学の会の「会報」は、ちょっと見つからなかったんですが、下記の雑誌を出しています。
 『季刊民話』(1975年冬~1976年秋)年4回。
 それを解題して、
 『民話と文学』(1977年3月~至現在)年2回。

○世間話研究会は、こんな雑誌を出しています。
 『世間話研究』(1989年3月31日~)年1回。

○不思議な世界を考える会は、やはり「会報」は見つかりませんでした。こんな本を出してます。
 『怪異百物語』1~5(ポプラ社)。

○研究収録おおつま、は、国立国会図書館の蔵書検索でもヒットしませんでした。題名から考えるに、大妻女子大学あたりの研究紀要(学部とか大学院で出してる学術雑誌)ではないかと思うんですが……。

 上記2件は、かなり学術色の強い専門雑誌のようです。
 怪談だけじゃないようですし。

 「会報」ですが、こういう会の場合、会員だけに配布されることが多いですので、上記の雑誌から会の住所などを調べて、連絡をとってみては如何でしょう。

 ご要望通りの回答でなくて申し訳ありません。

 怪談集なら、
 『現代民話考』松谷みよ子 立風書房 第1期1~12 第2期1~3。なお第1期はちくま文庫にも入ってます。
 怪談ばかりじゃないけど、非常に多く入っています。「現代」と題するように、松谷さんが、各地をまわって集めた話です。「テレビ・ラジオの怪談」とか「汽車の話」というふうに。1冊に1テーマです。
 これはお薦め。

 それから『あの世からのことづて 私の遠野物語』松谷みよ子 ちくま文庫。
 やはり彼女があつめた話。2頁くらいの短い話。怖くて、憐れで……。いい話ばかりです。

 松谷さんばかりになったけど、いいんだからしかたない。ぞ~っとして、あとでじわ~っと切なく(あるいは暖かく)なります。

 ご参考になれば。

 こんばんは。

○民話と文学の会の「会報」は、ちょっと見つからなかったんですが、下記の雑誌を出しています。
 『季刊民話』(1975年冬~1976年秋)年4回。
 それを解題して、
 『民話と文学』(1977年3月~至現在)年2回。

○世間話研究会は、こんな雑誌を出しています。
 『世間話研究』(1989年3月31日~)年1回。

○不思議な世界を考える会は、やはり「会報」は見つかりませんでした。こんな本を出してます。
 『怪異百物語』1~5(ポプラ社)。

○研究収録おおつま、は、国立国会図書...続きを読む

Q宮沢賢治の詩「隅田川」についての質問です。 http://www.ih

宮沢賢治の詩「隅田川」についての質問です。 http://www.ihatov.cc/bn_mi/741_d.htm このサイトにある 「泥洲」 この漢字はなんと読むのでしょうか? また 「酔はずさびしく」 この部分はどのように読むのですか?教えてください

Aベストアンサー

こんばんは。

「泥洲」は、「どろす」だと私も思います。
ただ、『宮沢賢治 文語詩の森 第二集』(柏書房)という本にこの詩の評釈が載っているのですが、その「語注」では、「でいす」という読みが示されています。(同書p.190)
しかし、「でいす」ではいわゆる「重箱読み」になってしまいますし、やはり私としては「どろす」読むのが自然だろうと考えています。

あと「酔はずさびしく」は、他の方もご指摘のとおり「よわずさびしく」でしょうね。

ところで、下のNO.1の回答の方が述べられているとおり、たしかにこの作品は、滝廉太郎の「花」を連想させるところがありますね。

Q大阪の伝承、怪談について

今度、大学の課題で大阪の怪談や伝承について調べることになったのですが、私は大の怪談嫌いで、本当に怖い話を読むことができません。

そこで、大阪のもので怪談要素(軽い)のある伝承など知っている方がいれば教えていただきたいです。
それについて調べてまとめようと思っています。

苦手すぎて手当たり次第に調べて本当に怖い話を読んでしまうのが怖くて…

そこまできついものでなければ頑張るので、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

安倍晴明は?葛の葉、おさん狐(悪口の女狐の語源)などの狐の話も多いですね。住吉大社は一寸法師が有名ですね。
 怪談というよりもどちらかといえば昔話の気質が強いけどね。有名なので被る可能性もありますが
 しかし怖い話が苦手なのに履修とは大変ですね、頑張ってください

Q「以上以下」と「以外」の「以」の意味の違い

たとえば
「5以上」「5以下」の場合、5を含みますが
「5以外」の場合、5は含まれませんよね。

この場合、「以」の意味合いはどうなのでしょうか。
「外」に意味があるのでしょうか。

Aベストアンサー

> 「外」に意味があるのでしょうか。

そのとおりです。
「以」にはいくつかの意味がありますが、「以上・以下」の場合も「以外」の場合も「以」の字の用法は同じです。【より】【から】です。

「外」の字にもいくつかの意味がありますが、ここで用いられているのは、【ある範囲のそと】です。「5以外」と書いて、【5を含む範囲よりそと】【5を含む範囲からそと】ということです。5を含む範囲とは5自身しかありませんが、熟語になった結果として、5は含まれないことになります。

一方、「上」の字は【場所・地位・順序・時間・年齢・価値・等級などの高いこと・早いこと・前方にあるもの。また、そのもの。】として用いられています。「範囲」ではありません。「ある起点よりの方向」を示し、その限界はありませんから、範囲ではないのです。「5以上」と書いて、【5より上のもの】【5から上のもの】です。5を起点としてそれから上のものですから、5を含むことになります。
「下」についても同じです。

以上のような説明で、「以」の意味は同じであることが、お分かりいただけたでしょうか。

> 「外」に意味があるのでしょうか。

そのとおりです。
「以」にはいくつかの意味がありますが、「以上・以下」の場合も「以外」の場合も「以」の字の用法は同じです。【より】【から】です。

「外」の字にもいくつかの意味がありますが、ここで用いられているのは、【ある範囲のそと】です。「5以外」と書いて、【5を含む範囲よりそと】【5を含む範囲からそと】ということです。5を含む範囲とは5自身しかありませんが、熟語になった結果として、5は含まれないことになります。

一方、「上」の字は【場...続きを読む

Q怪談を語れる有名人、教えて下さい

怪談で有名なのは稲川淳二、つまみ枝豆、釈由美子、真鍋かをり。
それ以外に「この人が怪談を語っていた!」
「心霊体験を語っていた!」という情報があったら教えて下さい!
芸能人、スポーツ選手、アナウンサーなど、有名人なら誰でもけっこうです。

Aベストアンサー

よく、「笑っていいとも!増刊号」で、収録後に怪談話をしてますよね。

以前それを見てて、今でも忘れられない話をしたのが、ココリコの田中さんでした。
結構、普段おどおどしてるイメージがあるのでちょっと意外ですよね。
でも、すごく怖かったです。
あれは、話が怖かっただけじゃなくて、怪談を話すときのコツをちゃんをつかんでる感じでした。

Q漢詩の形式に「絶句」や「律詩」がありますが、4行の物を「絶句」、8行の

漢詩の形式に「絶句」や「律詩」がありますが、4行の物を「絶句」、8行の物を「律詩」と呼ぶのはなぜなのでしょうか?

杜甫の詩に「絶句」というものがありますが、これとは関係しているのでしょうか?


ご存知の方、よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

「律」というのは「きまり」という意味があります。
律詩では、それぞれの句の声調(平仄)の配置が一定の法則に適っている必要があります。
平仄については割愛させてもらいますが、つまり律詩とはこの「きまり」が守られた漢詩のことをいうわけですね。

絶句についてはそれらしい解説が見つからなかったため、半ば私見になりますが。
絶句ではそれぞれの句が、起句(第一句)、承句(第二句)、転句(第三句)、結句(第四句)と呼ばれ役割が決められています。
律詩の場合では奇数句と偶数句が一組になり聯(れん)といわれ、この聯が基本単位であるため、一句ごとに役割が振られていることはありません。
つまり絶句の詩では律詩と違い一句ごとに役割が決められて、「句」ごとに構成が「絶」たれているため、絶句と呼ばれるのではないかと思います。

杜甫の『絶句』については、絶句という形態や呼び名が作られた後に作成された詩ですし、内容とも関わり合いがあるわけでもないため、そのまま詩の形態のことを題にしているだけかと。

ご参考になれば幸いです。


人気Q&Aランキング