帰還率βの逆数らしいのですが、そのように定義される理由等が判りません。ぐぐってみましたが、今ひとつわかりませんでした。説明頂くか、掲載されているURLを教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

A#1,2に付け加えると,


> 普通のゲインと同じですね
多入力の加減算器では普通のゲインと帰還率βは異なります.
また,T型帰還では帰還率βの計算は面倒になります.
更に,ここの「図3. 双方向電流源」のように正帰還併用だとノイズゲインの計算は面倒です.
http://www.analog.com/static/imported-files/jp/a …

ここには普通のゲインは変えずにノイズゲインを大きくして安定なアンプを作る手法が紹介されています.
http://focus.tij.co.jp/jp/lit/an/jaja130/jaja130 …
    • good
    • 0

>普通のゲインと同じですね


ノイズ源のところを信号源に置き換えると非反転増幅回路と同じになりますね。1/β= 1 + R2/R1 ですから、信号のゲインと同じです。

今は電圧ノイズしか考えていませんが、オペアンプのノイズには、バイアス電流がランダムに変化する電流ノイズもあります。この他に、帰還抵抗の熱雑音も加わります。オペアンプ回路のノイズについては以下の解説が詳しいです。

ノイズとオペアンプ回路 http://www.analog.com/static/imported-files/jp/a …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

URLの紹介ありがとうございます。
内容を順次確認していますが、式(4)のZfはどこから来たのでしょうか?

お礼日時:2011/04/24 04:43

ノイズゲインとは、オペアンプの入力換算ノイズに対する電圧利得のことです。


添付図のように、オペアンプの入力端子に振幅 Vn のノイズ源がついているとき、それが増幅されて Vout に出てきますが、その比 Vout/Vn をノイズゲインと言います。実際には、オペアンプのノイズは内部の至る所で発生していて、それが増幅されて出力に出てくるのですが、それを、ノイズのないオペアンプの入力端子に1つのノイズ源だけがついているとしたのが添付図の回路です。

ノイズゲインの計算方法は添付図に書いてありますが、正確な式は
   ノイズゲイン = 1/( 1/Ao + β )
です。オペアンプのオープンループ利得 Ao が非常に大きく、帰還率の逆数1/βより充分大きい場合は、Ao >> 1/β ということですが、この両辺の逆数をとると、大小の符号が逆になって 1/Ao << β となるので、上式の 1/Ao は無視できて、ノイズゲインは 1/β と近似できます。

オープンループ利得 Ao は周波数によって変わるので、ノイズゲインも周波数依存があります。
「オペアンプのノイズゲインとは?」の回答画像1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
よく見ると、普通のゲインと同じですね。ノイズゲインの本質的な現象ももっと勉強せねばなりません。

お礼日時:2011/04/21 01:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q真空管アンプのハムノイズ除去しかた。

真空管アンプ300B(シングル)の前段管6SN7GTです。300BのFにハムバランサーを使っていますが、ハムノイズが取りきれません。Fの電源は整流し直流です。
その他の箇所からハムノイズの発生する可能性のある場所を教えた下さい。
アンプは基盤です。

Aベストアンサー

もちろんヒーターからの発生の可能性はあります。でも一番多いのは入力段でしょう。
入力のグリッドで拾ったノイズは、その後の増幅で数十倍になりますから、耳に聞こえるということでは最も影響が大です。これに比べると出力管自体の増幅はわずかなのでもっと影響は小さくなります。

入力段で一番可能性の高いのはグリッド抵抗の周辺です。
まず入力抵抗は必要以上に大きくないでしょうか。これが大きいとノイズを拾いやすくなります。
次に入力コネクターとグリッドの間の配線でノイズを拾っている可能性はないでしょうか。その配線を少しふご化してみてノイズが変化するようならばこれが怪しいですね。
あとはNFBをかけているのならば、NFBをもう少し大きくしてみたらいかがでしょうか。
これはこの手のアンプでは嫌われることも多いのですが、一方ノイズはこれで明らかに減少します。

もしこれが嫌ならば回路の定数を変更して全体のゲインを減らすことです。大型のスピーカーならばそれほど大きなゲインは不要ですね。入力ボリュームが3時くらいで通常聴取音量くらいになれば十分だと思います。
ゲインを落とせばノイズは比例して減ります。

最後はアースポイントの変更ですね。
通常アースポイントは一点アースで、トランスの近くか入力付近だと思います。これを試行錯誤的に変更するとノイズのへる場合があります。

以上思いつくところはこんな感じですね。

本当はオシロスコープをつないでノイズを表示させながら上記の調整をするとよくわかるのですが、普通はそれも無理でしょうから、静かな環境であなたの耳でよく聞いて丹念に追い込めば結構効果は出ると思いますよ。

もちろんヒーターからの発生の可能性はあります。でも一番多いのは入力段でしょう。
入力のグリッドで拾ったノイズは、その後の増幅で数十倍になりますから、耳に聞こえるということでは最も影響が大です。これに比べると出力管自体の増幅はわずかなのでもっと影響は小さくなります。

入力段で一番可能性の高いのはグリッド抵抗の周辺です。
まず入力抵抗は必要以上に大きくないでしょうか。これが大きいとノイズを拾いやすくなります。
次に入力コネクターとグリッドの間の配線でノイズを拾っている可能性はない...続きを読む

Qオペアンプについて教えてください! 閉ループは負帰還をかけた回路だと思うのですが、負帰還をかけると周

オペアンプについて教えてください!

閉ループは負帰還をかけた回路だと思うのですが、負帰還をかけると周波数が低い時のゲインが上がるのはなぜですか?

お願いします

Aベストアンサー

何か勘違いされてるようですね。

 OPアンプは負帰還を掛けないときの低い周波数、例えば10Hzあたりのゲインはだいたい100dBかそれ以上あります。それを負帰還によって20dBとか40dBというような任意の低いゲインにして使います。

 負帰還によってゲインが下がる分をゲインの安定性や周波数特性を高い方へ伸ばせるというご利益があります。

Qシンセからハムノイズが

最近突然、セッティングも変えていまいのに、エフェクターラックに治まっているシンセからハムノイズが出るようになりました。

エフェクターはミキサーに立ち上げてあります。
ミキサーに何も繋がなければノイズは出ていません。

試しにそのシンセをラックから完全に浮かした状態にするとノイズは治まります。
その他にもノイズのでているシンセがあります。
そちらも浮かした状態にするとノイズは治まります。

どこかでループしているのだと思いますが良く分かりません。
極性は合わせてあります。


Q)原因を見つけ、最も確実に、簡単に改善する方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

すみません、自信はないのですが自分の体験談です。

1.ラックの裏側で、長さが余ったACケーブルを束ねていたら、それが原因でハムが出ていた(束ね方や、束ねる場所を変えて解決)

2.エフェクターなどのACアダプターが別の機器に近づきすぎていたのが原因でハムが出ていた(ACアダプターの位置を変えて解決)

以上です。

Qオペアンプのボルテージフォロアの帰還抵抗

オペアンプでボルテージフォロアを組む場合、教科書ではVoutと-入力を短絡すればいいと書いてあるのですが、あるアンプの回路をみたら短絡ではなく10kオームになっていました。
先輩に聞いたら発振防止のために入れるらしいですが、なぜ10kオームなのかという理由はわかりませんでした。
抵抗を入れるのはどういう場合なのでしょうか。
抵抗を入れる場合は定数をどうやって決めるのでしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

短絡でなく10kオームとなっているのは、+入力から見た信号源インピーダンスと-入力から見た信号源インピーダンスの差を小さくし、出力のDCオフセットとDCドリフトを小さくするためでしょう(バイアス電流の影響)。

ただし、ここに10kオームを入れると、高い周波数でのフィードバック位相が-入力の容量の影響で遅れますので、発振しやすくなります。
この場合、10kオームとパラレルにコンデンサを入れることもあります(位相補償)。

Q高級レコードプレイヤー、久々つないだらすごいハムノイズで・・

いろいろ質問ついでm(_ _)m

自称オーディオマニアですが(^^;
引越しのたびに白い目で見られていたLPディスク群とレコードプレイヤーですが、どうやら再ブーム?らしく、いよいよ堂々再登場セッティングの日は近いですが(^^/、先日アンプphone入力に仮つなぎしたらブーンとハムノイズ状態。
保管状態は大事にきちんとしてきましたが、プリメインアンプのほうは長年常用、ヘビーユーズでボリュームガリがでるような年季モノになっています。

まず・・どっちの具合が悪いのでしょうか?
どこからチェックしていくかアドバイスくださいませm(_ _)m

Aベストアンサー

ありきたりの部分はチェック済みのようなので
可能性のある部分だけを思いつくままに回答します。

各接点部分の汚れは大丈夫でしょうか?
カートリッジの端子、シェルの端子、シェルリードチップ
アームコネクターの接点は金メッキになっています。
見た目では汚れに気が付かないこともありますので念のため綿棒で擦ってみてください。
シェルリードは脱着しなおすだけで改善するかもしれません。

プレーヤーからの出力ケーブルの引き回しに問題はないでしょうか?
アンプ他の機器の電源ケーブルに近接するようであるとハム音が出ます。

~プレーヤーの電源を入れて・・・・・・・ ハム音高まる~
プレーヤー内で断線しているかもしれません。
プレーヤー内部には露出した銅線部分があるので酸化している可能性もあります。

~アース線アンプにつないでもそもそもアンプから先アース線接続なしでかっても使ってて問題なしですから~
プレーヤー → アンプ間のアース線接続はやっておいたほうが無難の類です。
接続をしなくてもノイズとは無縁の場合もあります。
アンプから先とは?大地アース?
これは昔から議論百出で賛否が分かれていました。
現在では弊害面が多く否定的な意見が多いです。
そこで登場した仮想アースアイテムも効果は眉唾モノです。
業者はいろいろと理屈を並べて必須アイテムであると強調しますが
何も知らないマニアから集金するためだけに存在します。

ありきたりの部分はチェック済みのようなので
可能性のある部分だけを思いつくままに回答します。

各接点部分の汚れは大丈夫でしょうか?
カートリッジの端子、シェルの端子、シェルリードチップ
アームコネクターの接点は金メッキになっています。
見た目では汚れに気が付かないこともありますので念のため綿棒で擦ってみてください。
シェルリードは脱着しなおすだけで改善するかもしれません。

プレーヤーからの出力ケーブルの引き回しに問題はないでしょうか?
アンプ他の機器の電源ケーブルに近接するよう...続きを読む

Qオペアンプ回路を組んでみました。非常に基本的な非反転増幅回路で帰還抵抗

オペアンプ回路を組んでみました。非常に基本的な非反転増幅回路で帰還抵抗には250kΩ、
マイナス端子からGNDに1kΩがつながっています。電源は9Vの単電源で入力は1/2Vccのバイアスを乗せています。
ここで質問なのですが入力をGNDに短絡するとサーというヒスノイズが非常に目立ちます。
(エレキギターのブースターとして使うのですがギターのボリウムを絞ると入力がGNDに短絡状態になります)
このノイズは消すことは不可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

ボリュームを絞ったときにだけノイズが出るのは、ボリュームを絞ったときにオペアンプが発振しているからではないでしょうか。ANo.2さんの回答のように、入力と 0.1uF の間に 1kΩ の抵抗を入れると発振止めになる(ノイズが消える)場合があります。ここ(http://www.zea.jp/audio/hamp/hamp_01.htm)の回路は両電源の非反転ヘッドホンアンプ(低域ブースト付)ですが、配線の引き回しによっては、ボリュームを絞ったときに異常発振するため、それを防ぐために R1 を入れています。

使用しているオペアンプは何でしょうか。電圧利得が250倍と大きいので、オペアンプの入力オフセット電圧が最大で ±10mV あると、出力電圧に最大 ±2.5V のオフセット電圧が乗ります(出力電圧は 2V から 7.5V を中心に振れる)。最悪の場合、出力信号の振幅が 1V 以上になると波形がクリップする可能性があるので、オフセット電圧の小さいオペアンプを使ったほうがいいと思います。

Qノートパソコンのハムノイズ(?)を除去する方法

Q:電源ケーブルを接続したまま、私がパソコンを触らない状態でもノイズを無くす方法はありますか?

ー現象ー
①:ノートパソコン(2009年製)を電源ケーブルで接続するとマイクからノイズが発生する。
②:①の状態でパソコンに肌で触れるとノイズが無くなる。
③:①の状態でPCとUSB接続されたiPhoneに触れるとノイズが無くなる。
④:①の状態でUSB接続されたiPhoneケーブルのプラグ部分を、人肌に接続(接触)させるとノイズが無くなる。
⑤:①の状態で電源ケーブルに触れてもノイズは軽減しない。

上記の状態が発生します。

対処法をインターネットで探したのですが、フェライトコアというものを見つけました。
しかし、⑤の状況から対処できるかどうかが心配です。

やはり、④のように私とパソコンをUSB接続させるしか無いのでしょうか?
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

電源ラインを通した「コモンノイズ」ですね。アースから浮いているパソコンの電源の電源周波数の変動が、やはり浮いているマイク回路の「アース」に乗って、マイク回路全体が変動している状態でしょう。
あなたがパソコンに触ると、あなたがパソコンの「アース」になってパソコンの「変動」が小さくなるのでしょう。

マイクをつないだ回路の電源コンセント、あるいはパソコンの電源コンセントの差し込みを逆にしてみるのが一つ。(多分パソコンは「AC/DCアダプター」経由なのでこれでは解決しないでしょう)

根本対策は、マイク回路をしっかりアースすることです。マイク回路の「シャーシ」なり「信号接続ラインのマイナス側」(RCA端子なら外側のシールド部分)を、しっかりとした「アース」につなぐことです。部屋のコンセントにエアコンや電子レンジ用の「アース」端子があればそこにつないでみる。もしなければ、少なくともオーディオ関係の機器同士のアースを一つにつなぐ、など。

だめもとで、パソコンのアース(USB端子外側)とマイク回路のアースをつなぐこともトライしてみたらよいかもしれません。ノイスは、何が起こっているか、何が対策になるか、ある意味で「トライ・アンド・エラー」ですから。

電源ラインを通した「コモンノイズ」ですね。アースから浮いているパソコンの電源の電源周波数の変動が、やはり浮いているマイク回路の「アース」に乗って、マイク回路全体が変動している状態でしょう。
あなたがパソコンに触ると、あなたがパソコンの「アース」になってパソコンの「変動」が小さくなるのでしょう。

マイクをつないだ回路の電源コンセント、あるいはパソコンの電源コンセントの差し込みを逆にしてみるのが一つ。(多分パソコンは「AC/DCアダプター」経由なのでこれでは解決しないでしょう)

根...続きを読む

Qオペアンプを用いたフィルタ回路のカットオフ周波数の定義

題のとおりなのですが、ある参考書を読んでいたら、出ていたのですがいまいちよくわかりません。
おねがいします。

Aベストアンサー

>オペアンプを用いたフィルタ回路のカットオフ周波数の定義は何ですか?という事をしりたいのですが・・・

オペアンプを用いたフィルタ回路でカットオフ周波数が出てくるのは、LPF( Low Pass Filter = ローパスフィルタ = 低い周波数成分だけ通過させるフィルタ )と、HPF( High Pass Filter = ハイパスフィルタ = 高い周波数成分だけ通過させるフィルタ )の2種類だけです。それぞれのフィルタでのカットオフ周波数の意味は以下の通りです。

【 LPFの場合 】
入力信号の振幅を Vin、フィルタを通った後の出力信号の振幅を Vout としたとき、入力信号が直流の場合
   Vout/Vin = A
であったとします(入力に ある電圧の直流をかけると、フィルタの出力にはそのA倍の電圧が出てくる)。入力信号が直流でなく交流の場合、このフィルタは低い周波数にか通さない、逆に言えば、高い周波数の信号を小さくする性質があるので、入力信号の周波数が高くなるほど、フィルタを通った出力信号は弱まります。入力信号の周波数を大きくしていったとき
   Vout/Vin = A/√2
となるような周波数をカットオフ周波数と言います。大雑把に言うと、カットオフ周波数が fc [Hz] のLPFは、直流から周波数が fc [Hz] の範囲の信号に対しては、増幅率が A ですが、それより周波数が高くなると、増幅率が A より小さくなって減衰させる働きがあります。つまり、LPF は高い周波数成分をカットする働きがあり、どの周波数以上をカットするかという周波数のことをカットオフ周波数と言います。

【 HPFの場合 】
入力信号の振幅を Vin、フィルタを通った後の出力信号の振幅を Vout としたとき、非常に高い周波数の入力信号に対して
   Vout/Vin = A
であったとします。入力信号の周波数をそれより低くしていくと、このフィルタは高い周波数しか通さない、つまり、低い周波数の信号を小さくする性質があるので、入力信号の周波数が低くなるほど、フィルタを通った出力信号は弱まります。入力信号の周波数を小さくしていったとき
   Vout/Vin = A/√2
となるような周波数をカットオフ周波数と言います。大雑把に言うと、カットオフ周波数が fc [Hz] のHPFは、周波数が fc [Hz] より高い信号に対しては、増幅率が A ですが、それより周波数が低くなると、増幅率が A より小さくなって減衰させる働きがあります。つまり、HPF は低い周波数成分をカットする働きがあり、どの周波数以下をカットするかという周波数のことをカットオフ周波数と言います(HPF は直流信号を通しません)。

>オペアンプを用いたフィルタ回路のカットオフ周波数の定義は何ですか?という事をしりたいのですが・・・

オペアンプを用いたフィルタ回路でカットオフ周波数が出てくるのは、LPF( Low Pass Filter = ローパスフィルタ = 低い周波数成分だけ通過させるフィルタ )と、HPF( High Pass Filter = ハイパスフィルタ = 高い周波数成分だけ通過させるフィルタ )の2種類だけです。それぞれのフィルタでのカットオフ周波数の意味は以下の通りです。

【 LPFの場合 】
入力信号の振幅を Vin、フィルタを通っ...続きを読む

QAC電源を分岐した際のハムノイズについて

楽器用のエフェクターを複数所有しているのですが、電源アダプターを台数分所有しておらず、また特殊な仕様(AC/ACアダプター)で、大型な為、分配するケーブルやボックスを作成して接続したところ、アンプから「ブーン」という低周波のノイズ(冷蔵庫や水槽のエアーポンプのような)が出てしまい困っています。
それぞれにACアダプターを個別に接続すると、全くノイズは出ないようなのですが、AC電源を分配する事自体に無理があるのでしょうか? お解かりになる方がいらっしゃいましたらご教授いただけると助かります。

使用機材・アダプターは以下のようになります。
・エフェクター BOSS社製 SE-50(AC12V/1A)、CL-50(AC12V/450mA)、GE-21(12V/480mA)
・アダプター BOSS社製 BRB-100(AC12V/1.5A) 、社外品(AC12V/2A)

社外品(AC12V/2A)のアダプタに3台(SE-50/CL-50/GE-21)を接続した状態がノイズが最大のようで、容量の問題かと思い、SE-50(1A)を外し2台(CL-50/GE-2 計930mA)にしてみましたが、ノイズのレベルは若干下がるものの、消えませんでした。
またBRB-100(AC12V/1.5A)のアダプタに2台(CL-50/GE-21 計930mA)を接続した状態でも同様のノイズとなりました。
社外品(AC12V/2A)のアダプタに1台(SE-50/1A)、純正品BRB-100(AC12V/1.5A)のアダプタに1台(CL-50/450mA)の状態では全くノイズが出ませんでした。

電源の分配方法は1つのDCコネクタに3組のケーブルを付け、その先にDCプラグを付けたもの。
1つのDCコネクタから数珠繋ぎに3つのコネクタを付け、その先をDCプラグで接続したもの。
また、上記それぞれを厚手のアルミケースに入れたもの等を試してみましたが、結果は変わりませんでした。

また、ネットで色々と調べ、ノイズフィルター入りのOAタップにACアダプタを接続したり、アンプ部とエフェクター部を別々の部屋の電源から取ってみたり、手持ちのフェライトコアを何種類か電源ケーブルに付けてみたりしましたが、全く効果がありませんでした。

よくあるDCのパワーサプライのように、ACを分岐・分配させる事は根本的に無理なのでしょうか?

楽器用のエフェクターを複数所有しているのですが、電源アダプターを台数分所有しておらず、また特殊な仕様(AC/ACアダプター)で、大型な為、分配するケーブルやボックスを作成して接続したところ、アンプから「ブーン」という低周波のノイズ(冷蔵庫や水槽のエアーポンプのような)が出てしまい困っています。
それぞれにACアダプターを個別に接続すると、全くノイズは出ないようなのですが、AC電源を分配する事自体に無理があるのでしょうか? お解かりになる方がいらっしゃいましたらご教授いただけると助か...続きを読む

Aベストアンサー

今晩は。

残念ながら ACを分岐・分配させる事は原理的に 無理があります。

こちら(http://yahoo.jp/box/Kw66Et)に説明のための簡単な回路とシミュレーション結果を載せましたのでその回路で説明します。

まず、破線で囲んだのがそれぞれのユニットと仮定します。お使いのエフェクタにはそれぞれ内部にACを整流するために図で示したようなダイオード整流回路があります。実際の使用においてはそれぞれのユニットの整流後のGND、ここではGND_1とGND_2は接続されてショートされます。図ではGND_1とGND_2はまだショートしてありません。
 AC電源V1を図のように接続した場合のそれぞれのユニットのDC電圧波形とGND_1に対するGND_2の電圧のシミュレーション結果を見てください。GND_2が変動してるのがわかります。本来GND_1とGND_2は同じ電位でなければならないのに変動してしまってます。
 もし、GN_1とGND_2をつなげばGNDラインには大きなハム成分の電流が流れてしまいます。結論としてはAC電源は並列には繋げないということになります。

今晩は。

残念ながら ACを分岐・分配させる事は原理的に 無理があります。

こちら(http://yahoo.jp/box/Kw66Et)に説明のための簡単な回路とシミュレーション結果を載せましたのでその回路で説明します。

まず、破線で囲んだのがそれぞれのユニットと仮定します。お使いのエフェクタにはそれぞれ内部にACを整流するために図で示したようなダイオード整流回路があります。実際の使用においてはそれぞれのユニットの整流後のGND、ここではGND_1とGND_2は接続されてショートされます。図...続きを読む

Qβ-壊変及びβ+壊変について詳しく述べた情報源を紹介してください また、高校物理で習ったβ壊変は、β

β-壊変及びβ+壊変について詳しく述べた情報源を紹介してください

また、高校物理で習ったβ壊変は、β-壊変のことを指しますよね?

Aベストアンサー

どの程度詳しく知りたいのでしょうか?
概要なら、こんなサイト。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BE%E5%B0%84%E6%80%A7%E5%B4%A9%E5%A3%8A
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%BF%E5%B4%A9%E5%A3%8A
http://eman-physics.net/elementary/beta.html
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=08-01-01-06

もっと詳しく知りたければ、原子物理、原子核物理、素粒子物理などの本を購入ください。

>高校物理で習ったβ壊変は、β-壊変のことを指しますよね?

だと思います。高校物理レベルでは「反物質」は習わないと思いますので。
↓ 反物質
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8D%E7%89%A9%E8%B3%AA

>昔の高校生って、β-壊変とβ+壊変を習っていたのでしょうか?

昔も同じだと思います。

どの程度詳しく知りたいのでしょうか?
概要なら、こんなサイト。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BE%E5%B0%84%E6%80%A7%E5%B4%A9%E5%A3%8A
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%BF%E5%B4%A9%E5%A3%8A
http://eman-physics.net/elementary/beta.html
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=08-01-01-06

もっと詳しく知りたければ、原子物理、原子核物理、素粒子物理などの本を購入ください。

>高校物理で習ったβ壊変は、β-壊変のことを指しますよね?

だと...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報