速度違反(ねずみ取り)に昨日捕まったのですが、速度の測定が、信用出来ないと言って、切符(19キロオーバー、減点1点反則金12000円)にサインをしないで、裁判すると言い、帰ってきました。その後警察から、調書を取りたいので出頭しろと、連絡が有りました。無視しているのですが、どのような対応をすれば良いでしょうか。裁判すると言えば、警察側も手間がかかるので、ほっておけば、そのうちあきらめるかと思っているのですが、甘いでしょうか?
ちなみに、
速度測定器で表示されている確認のサイン、拇印だけ押してきました。警察も「これはあなたが認めたと言うサインではないので、とりあえずサインしてくれ」と言われサインしました。今後の対応をどうするのがベストでしょうか。どうしても速度測定器に信憑性、正確性が無いと思うのですが・・・・

A 回答 (9件)

駐車違反の出頭と裁判を無視し続けて実刑を受けた人もいるので自分の言い分を言うだけでも出頭される事を勧めます。



あと裁判ざたになると時間は選んでもらえないので仕事に支障もでますし費用もかなりかかります。
裁判をやった人でこんなに手間とお金が掛かるなら罰金払っておけばよかったと言う人が大半らしいですね。
    • good
    • 0

1 速度測定器に信憑性、正確性がないという点について


   機器の設置方法等はそれぞれの取扱基準に従っているものと思われますので,まず警察側に問題はないと思われます。
2 出頭について
   是非出頭して自分の主張を述べることをお勧めします。正当な理由なく出頭を拒否していると 「逃亡のおそれあり」として逮捕されることもありますので,たかが交通違反と軽く思わないことです。放っておいても諦めるわけがなく,警察も検察もいわゆる「ゴネ得」は許さないという厳しい態度に出ることも予想されます。
3 今後の対応等について
   「19キロ超じゃなくせいぜい15キロ超位かな」という主張と,「制限速度を守っていて違反はしていない」という主張では,全く対応の仕方が違ってくるかと思います。まずは警察に出頭して自分の考えを述べること,そして機器の正確性等に疑問をお持ちならその際に警察官に機器の説明を求めること,それでも納得できなかったら検察でも同様の主張をして裁判で争うのもやむなしということになります。時間とお金に余裕があるのなら,納得いくまで裁判で争うのも一つの方法ですが,そこまでやってもし有罪判決を受けたとしても,「裁判制度がおかしい」などと裁判官に責任転嫁するような気もするのですが・・・
   
   
  
    • good
    • 0

貴殿もミスター大谷のように


持論を通し警察官に対し抗弁できるのならがんばりましょう!
しかし出頭無視はいかんぜよ・・・
逃亡の可能性⇒逮捕になりかねん

参考URL:http://www61.tok2.com/home/enshur1100rs/others/i …
    • good
    • 0

 出頭しないと最悪の場合、逮捕される(身柄を拘束され留置所に入れられる)可能性があるので、出頭した方が賢明かと思います。

(たとえ駐車違反でも再三の呼び出しに応じない場合には、見せしめ的に逮捕することもあるようです。)
 警察も仕事でいつもやってる事ですから、ほっとけばあきらめるということは無いでしょう。
 取り調べの時に自分の主張を言えば、その内容が裁判の時に使われる書類になりますので、取り調べに応じたからといって罪を認める訳ではありません。
 法律の本で読んだのですが、速度測定機の設置方法が適正では無かった事を立証して裁判に勝った例もありますので、納得いかないのならば徹底的にあらそうべきだと思います。
 ただし、単に主観的に「信用できない」というだけなのであれば、無理です。「速度測定機に信憑性、正確性が無い」というのならば、その具体的な証拠を示さなければ当然ながら裁判には勝てません。
いずれにせよ、警察側の非を立証しなければならない訳ですから、相当困難なことになるんじゃないかと思われます。
    • good
    • 0

まず、お聞きします。


あなたはその場所で制限速度以内で走行していたのですか?
それとも、制限速度は超えていたが、そんなに出していないということですか?
後者であれば、徹底的に抗戦して下さい。
前者であれば時間の無駄です。
裁判までいかなくて不起訴になったらラッキー程度のお考えなら、素直に反則金払ったほうが時間的にも精神的にも遥かに楽です。
反則金払わずに、裁判になって刑が確定したら前科者になるということもお忘れなく。

追伸
速度測定器よりも車のスピードメーターの方が遥かに誤差は大きいです。
    • good
    • 0

こんばんは



警察からの呼び出しは任意なので出頭するしないは
自由です。
次に検察庁から呼び出しの通知がきます、これも
任意なので断わることもできます。

あとは検察官があなたを起訴するか不起訴にするか判断
します、軽微な違反で起訴されることはあまりない
みたいですが、起訴されれば裁判になります。

ちなみみ不起訴になっても点数は加算されますよ!
    • good
    • 0

困った方ですね。

警察官は法律に基づき適切な職務行為を行っているだけです。

裁判をしたいというならそれでも結構ですが、過去の判例を見ての通りまずあなたが勝訴する可能性はありません。警察側も手間がかかるとは誰が言ったのでしょうか??別に手間などかかりませんよ。それよりもあなたが裁判に出頭しなければいけなくなりますが・・・何度も裁判を重ね時間がかかります、お金もかかります。出頭しなければまず敗訴です。

>どうしても速度測定器に信憑性、正確性が無いと思うのですが・・・・

測定器は日頃から何回もテストをし適正値をだしています。警察官の言うことには素直に従ったほうが良いですよ。
    • good
    • 0

私もいろいろと経験してます。


ここ数年は特に厳しいです。自宅に来たりしますヨ。
残念ながら今回は多分無理でしょう。

拇印は機械の数字を確認したという事でしょうが、そうなると自分が法定速度以内だった事を立証するか、機械の故障等を立証するかしかないのでは?
結構無理がありますネ。ていうか大変そうです。

「取調中にパンツの中盗み撮りするような奴らは信用できない!」「酒酔い運転で事故起こしてる!」等、問題をすり替えるか?(笑)
それで数ヶ月粘る事はできるかも。
頑張って下さい。
    • good
    • 0

心中ご察しいたします。

スピードを出していなかったにもかかわらず逮捕されたということですね。
そのような場合は徹底抗戦でかまいません。そのとき使った測定器を提出してもらい正確にスピードが測定できるものではなかったということを証明して下さい。できれば捕まったときに測定器の製造番号をメモしておけばよかったですね。
逮捕されたときにボイスレコーダーを使うことを警官に伝え、所属、部署、階級、名前を訊きき一切の会話内容を録音します。警官が威圧的な言葉を使用した際の証拠となります。同乗者がいたならその人にも法定速度以内で走行していたことの証人になってもらって下さい。
がんばってください。

この回答への補足

早々にお返事ありがとうございます。
一つお聞きしたいのですが、警察が調書を取りたいので出頭しろと、言っているのですが、無視すれば良いでしょうか?

補足日時:2003/09/30 22:30
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスピード違反の反則金

スピード違反の反則金の支払いについて
この前スピード違反で捕まられました
青切符と反則金振り込み用紙を貰いました
しかし期限が給料日の前なので払えません
期限過ぎたらもう逮捕されるのでしょうか

Aベストアンサー

すぐには逮捕されませんが、
期限より遅れると延滞利子加算されることあります。

※いつまで払わないでいると
起訴猶予取り消され、検察に回されて、
簡易裁判所で有罪罰金判決。
それも払わないでいると、
刑務所の労役場に閉じ込められて
罰金相当分(一日五千円見当)働かないと
家に帰れません\(^^;)..

Q■裁判検討: 速度超過違反の超過数値と警察官の対応について。

こんばんわ。

速度超過違反について、専門家または経験者の方にお尋ねしたいと思います。

先日、速度超過違反をしてしまいました。

その事で、略式裁判と正式裁判その他について知りたいです。

最初に、状況等を書きます。(情報が足りない場合は補足します。)


1.道路の法定速度は40kmです。

2.超過は35kmです。

3.自分で確認した車のスピードメータは60kmです。(アナログ式)


告知票・免許証保管証というものに、フルネームでサインを2箇所と、拇印
(右人差し指でした)を3箇所(内1箇所が割り印)をしました。

割り印部分を押す際に、35kmも超過していないので押せないと警察官に言いま
したが、これは納得するしないではないのでという事を言われたので押しまし
た。
また、その前に裁判所に行く事になるという事を伝えられたので、数値の異議
については裁判で行うのかと思ったせいもあります。

違反は違反なので、しっかりと反省をして今後安全運転を心がけるようにと思
っています。

また、法定速度40kmを超えていたのは確かなので、正確な速度超過分の反則金
(現状では罰金となっていますが)を払う意思はあります。

ただ、納得がいかないのは超過速度の数値がおかしいのと、誤解というのか、
騙してサイン等をさせてしまおうという点です。

費用や時間が割りに合わないなどを除き、正式裁判にした場合どうなる可能性
が高いか、またどういう手続きになるのかが知りたいです。

他にも、弁護士を雇う場合や警察から何か呼び出し等があった場合の注意点等
詳しく教えていただきたいです。

お手数ですが、専門家または経験者(速度の問題で正式裁判になった)の方が
いらっしゃいましたら、お手数ですが回答やアドバイスをいただければ幸いで
す。

※文字制限で書ききれない為、補足したいと思います。

こんばんわ。

速度超過違反について、専門家または経験者の方にお尋ねしたいと思います。

先日、速度超過違反をしてしまいました。

その事で、略式裁判と正式裁判その他について知りたいです。

最初に、状況等を書きます。(情報が足りない場合は補足します。)


1.道路の法定速度は40kmです。

2.超過は35kmです。

3.自分で確認した車のスピードメータは60kmです。(アナログ式)


告知票・免許証保管証というものに、フルネームでサインを2箇所と、拇印
(右人差し指でした)を...続きを読む

Aベストアンサー

それがいわゆるネズミ捕りの場合には、ほぼ勝ち目はゼロでしょうね。
何故なら彼らは速度判定機を使用しており、その数値を元に検挙しているからです。検挙時に速度判定機の数値を見せられませんでした?
一方あなたは車のスピードメーターの目視であり、しかもずっと見続けていた訳でもない(そんな事したら危険ですから当たり前ですけど)。
これを覆すのは至難の業ですよ。警察の検挙手順を指摘したとしても速度超過の罰金はそのままとなる可能性が高いです。数値に焦点をしぼってしまうとマイナス方向へ判決が流れるかも知れません。

具体的な流れについてはこちらが参考になるでしょう。
http://www2.biglobe.ne.jp/~quest/speed.html

Q32kmのスピード違反で青切符を切られたのですが、反則金を支払いたくないので放置しようと思ってます。

32kmのスピード違反で青切符を切られたのですが、反則金を支払いたくないので放置しようと思ってます。
そこで少し調べ、略式裁判だとほぼ起訴され、拒否すれば検察が起訴するか不起訴するかの選択になり、99.9%不起訴となるとありましたが、その拒否する意思を示すタイミングはどこにあるのでしょうか?
ずっと何もせず通知も放置してたら略式裁判になるのでしょうか?
反則金を支払わないための立ち回りを教えていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

不起訴になっても残念ながら点数は戻してくれません。

経験談だが、交通違反の際検察で不起訴になったので、不起訴を証明する書類を持って警察(運転免許試験場だったかな)に行って点数をゼロにしてくれと要求したが、数十分押し問答をしても無理だった。

点数が戻るならまだしも、戻らないことがわかっていたら検察に出向いたりする時間と交通費を考えれば反則金を納めておいた方がよかった、と思った。

Q交通事故被害者の警察出頭

車対車の衝突で、100対0で、被害者になりました。搭乗者は私と妻で、両方とも通院中です。
怪我は、二人とも、診断書上は、全治10日程度です。
警察署から、調書を取るため、出頭するように言われました。
今回、警察へ出頭し、診断書を出し、人身事故扱いにした場合、
今後、また、警察や検察、裁判所などに出頭しなければならない事などあるのでしょうか?
それとも、今回の出頭で終わるのでしょうか?
ケースバイケースですが、経験した方などのお話をお聞きできれば、助かります。

なお、出頭の交通費などは、相手の保険会社に掛け合ったんですが出ないそうです。
納得できませんが。

Aベストアンサー

経験談として書かせていただきます。

警察への出頭は、最低一回です。調書以外に実況見分がある場合に同一日であれば一日でしょうが、創でなければ2回程度行く必要があるかもしれません。

一般に交通事故で検察というと、刑事処分のことだと思いますが、あくまでも加害者側の処分であり、被害者が特別求めない限り、被害者の知らないところで行われることになるでしょう。被害者が求めても、発言などできるかはわかりません。

裁判所に行く必要があるのは、示談が成立しないときです。
したがって、あなたが満足できる賠償(物損の賠償・人身の賠償・休業損害の賠償・慰謝料・後遺障害慰謝料など)が受けられ、あなたが了承すれば、争いではないですので裁判にならないでしょう。

私は出頭のための交通費(ガソリン代や高速代)、車両の修理入庫のための交通費(ガソリン代)は貰いました。ただ通常認められないもののようですが、その他の細かい部分の賠償に含めて対応してもらいましたね。

ただ、私の場合には、治療が長引き、後遺障害も残りました。さらに個人事業主兼会社役員ということもあり、休業損害などで争いになることが予想されました。また、過失が0ですと、素人である被害者が交通事故のプロであり営利団体の職員である保険会社の職員などと交渉しなければなりません。正しい賠償なのかを判断するのも難しいですし、被害者が正当な賠償を求める場合でも、それなりの証拠や判例・法律知識が必要な場合があります。そこで私は、任意保険の弁護士特約を利用して、弁護士へ相談したところ、状況からして裁判をすべきとアドバイスを受けました。

弁護士特約を使えば、等級は下がらずに弁護士費用の負担をしてもらえます。通常考えられる弁護士費用であればまかなえる枠もあります。勝ち得た賠償金などから一切の天引きも無く入ってくることになると思います。ただ過失割合10:0と交渉してあっても、裁判となれば、保険会社が考える基準より高い基準での賠償となりやすいため、過失割合を改めて争点とすることもあるようです。ただ、被害者側も任意保険に入っていれば、自分の過失分による損害については、自分の保険会社が出してくれます。慰謝料は難しいかもしれませんがね。
私の裁判は半年以上経過しましたが、やっと終わりが見えそうなぐらいですね。

相手が円満に対応している間は対応してもらい、最終的に慰謝料などを含めた話になったときに対応できるように考えていれば良いとかも知れませんね。

経験談として書かせていただきます。

警察への出頭は、最低一回です。調書以外に実況見分がある場合に同一日であれば一日でしょうが、創でなければ2回程度行く必要があるかもしれません。

一般に交通事故で検察というと、刑事処分のことだと思いますが、あくまでも加害者側の処分であり、被害者が特別求めない限り、被害者の知らないところで行われることになるでしょう。被害者が求めても、発言などできるかはわかりません。

裁判所に行く必要があるのは、示談が成立しないときです。
したがって、あなたが満...続きを読む

Q行楽地へ行った際のスピード違反反則金について

昨日、友人と行楽地へ行きスピード違反で停められ、反則金を支払う事になりました。
標識の見落としで40キロ制限の所を57キロで走り、17キロオーバーで反則金は12000円でした。

行楽地へは片道4時間で、スピード違反したのは帰り道の事です。
運転手は私一人で、3年半ほど運転していますが、初の違反でした。(今まで無事故無違反でした)

そして、同乗者が2人居たのですが、その友人が反則金を割り勘にしようと言ってくれました。
自分のミスだから最初は断ったのですが、一人は帰りにガソリン代の割り勘代と一緒に、
もう一人は今は手持ちが無いから次回、とガソリン代だけくれました。
他の2人も免許を所持しており、自分が違反した時はもっとオーバーしてて高いだろうし、こういう時は連帯責任だから割り勘は当たり前、と言ってくれました。

ですが、帰宅後母に「アンタが悪いんだからもらうのはオカシイ」と言われました。
母は免許を持っていません。
逆に伯母には「こういう時は割り勘は当たり前でしょ~」と言われました。
伯母は免許を持っています。

今の所一人だけに割り勘代をもらい、もう一人からはまだもらっていないので、返金しようと思えばしやすい状況です。
こういう場合は好意に甘えて(?)頂いた方が良いのでしょうか?

また、「次回払う」と言ってくれた友人が本当は払いたくないのでは?と思い、悩んでいます。

助言お願いします。

昨日、友人と行楽地へ行きスピード違反で停められ、反則金を支払う事になりました。
標識の見落としで40キロ制限の所を57キロで走り、17キロオーバーで反則金は12000円でした。

行楽地へは片道4時間で、スピード違反したのは帰り道の事です。
運転手は私一人で、3年半ほど運転していますが、初の違反でした。(今まで無事故無違反でした)

そして、同乗者が2人居たのですが、その友人が反則金を割り勘にしようと言ってくれました。
自分のミスだから最初は断ったのですが、一人は帰りにガ...続きを読む

Aベストアンサー

この手の問題は、自分のところに選択権を置いておくから、悩んでしまうものなのです。
基本に立ち返って考えてみましょう。
違反をしたのは質問者さん自身ですし、友人達は速度違反を推奨していたわけではありません。

って事で、今回は片方の友人から預っている反則金の分割金を返済し、二人の友人にこう言いましょう。
「違反をしたのは私なので、責任は私が負います。」

この様にして、責任を全て一人でかぶってしまいましょう。
元々反則金は違反をした者が払うものなのでコレが一番自然です。

で、ここからその友人が如何するのかは、友人達が考える事です。
二人で考えて夕食を奢ってくれるとか、何かお詫びの商品を贈ってくれるとか、有ろうと無かろうとお任せにしましょう。
意外とその方が結果が良くなったりします。

現在の状況がどうなのかではなくて、本来はどうなのかを考えれば楽に判断できますよ。

Q 警察官の初動ミス&一般市民が犯人を出頭させてた。

今年の2月に14歳の女の子が家出をし、これ以上何かあったはと思い施設に入れました。

子供の携帯電話のCメールが鳴り出し、男性と思われる相手との連絡の結果を持って

枚岡警察 生活安全課 片桐が事情聴取しました。

娘の元に聞き取りをし、相手には何もしなかった。

今年7月同じ名前が出てきたので私が電話すると本人が出ました。

【うちの娘そっちに泊まったと言ってるが本当か?あんた年なんさい?27歳

警察に事情徴収1回も受け手ない?】と聞くと受けていないらしい。

27歳と14歳。しかも14歳の言動だけでその後何もしなかったと片桐は何と愚かでいょう。

事件があった場合未成年の言葉だけでその後何もしないのは、おかしいでしょう。

警察・27才の男には何か社会的制裁を与えられますか?

あと片桐に教えてもらった事なのですが成人の私が近くの高校生に声をかけカラオケBOX等に

入り対価のかからない関係なら罪にと問われないと・・・。

成人が未成年との関係をお金の対価だけで片付けてしまっていいのでしょうか

Aベストアンサー

コメントがあったので回答します。

27歳と14歳の恋愛は無理という根拠が条例であるなら、その条例を制定している役所に届けを出すべきでしょう。
警察はあくまでも刑事事件を取り締まる立場です。

本来なら警察も丁寧に説明して事情が事情なので介入すべきだとは思いますよ。
でも、杓子定規な警察ならではの対応で、民事不介入というよくあるパターンです。
そういった態度で幾つも事件が起きていますので、警察も司法も本当に考え方を変えてほしいものです。

あと、警察は法律の専門家ではないので説明義務無かった気がします。
法律は、弁護士ですね。

わいせつ行為があったとの事で既に事件化しているのなら、あとは娘さんを見守るしかありませんね。

アスペルガーや精神障害があってお辛いのは解りますが、それでも生きて行かなくてはなりません。
弱い部分があるからこそ支え合って生きねばなりません。

消えたいなどと悲しい事を言わないでください。
この世に無駄な人なんていません。
嫌と言われようがうるさいと罵られようが親は親です。
お子さんのために出来る限りの事をしなくてはなりませんよね?
生きていれば嫌な事も沢山ありますが、良い事もありますよ。

自分で手におえない事は他の人の助けを借りても良いのではないでしょうか?
住んでる地域や役場で相談に乗ってくれることもあります。
弁護士や専門家の助けを借りるのも手です。

負けないで!

コメントがあったので回答します。

27歳と14歳の恋愛は無理という根拠が条例であるなら、その条例を制定している役所に届けを出すべきでしょう。
警察はあくまでも刑事事件を取り締まる立場です。

本来なら警察も丁寧に説明して事情が事情なので介入すべきだとは思いますよ。
でも、杓子定規な警察ならではの対応で、民事不介入というよくあるパターンです。
そういった態度で幾つも事件が起きていますので、警察も司法も本当に考え方を変えてほしいものです。

あと、警察は法律の専門家ではないので説明義...続きを読む

Q【法律】スピード違反の反則金の支払いは交通法規には任意と記載されているので警察官にキップを切られて点

【法律】スピード違反の反則金の支払いは交通法規には任意と記載されているので警察官にキップを切られて点数を引かれるのは仕方がないが、銀行、郵便局にて反則金を支払うのは国民の義務ではなく任意の行為である。って本当ですか?

反則キップには1週間?10日だったかな?以内に支払わないと催促状が届くと脅しが書かれてますよね。

点数は引かれて運転免許証の更新期間は短くなって、交通講習を受けないといけないのは交通法規で義務だが反則金の支払いは任意であって支払うかは国民の自由意思である。本当かどうか教えてください。

支払わなくても良いものを警察に寄付をしていたという、あの免許更新時に警察OBの団体に寄付をしろと言ってくるあれと同じ警察への寄付ってノリの品物だったと知ってショックを受けてます。

なんで私が年収800万円の警察官に寄付しないといけないんだ。

警察の年間1000億円目標の交通罰金の予算は国民の寄付だったってオチですか?

法律上どうなっているのか詳しい解説をお願いします。

Aベストアンサー

寄付と言う言葉は正しくありません。行政制裁金で終わらせる、と言うのが正しいです。

日本国民は、というより日本の国内では、誰も勝手に自分の財産を処分されることはありません。これは基本的人権のもっとも根幹の部分のひとつです。
お金も当然ながら財産です。

財産を処分する、またはその一部を払え、と言う命令を出せるのは裁判所だけです。ここが重要です。

警察は交通違反を取り締まることができます。違反を見つけたら、捕まえて処分します。運転による違反は「刑法犯罪」ですから、本来は裁判所で裁いて罰金または刑務所などに行ってもらう必要があります。そして刑事裁判で有罪になれば、その人は前科者になります。

実際に戦後すぐは、こういう風にやっていたのですが、だんだん車が増えてきて、摘発される運転手が増えるとこれが膨大な数になっていきます。これに反発したのが当時のタクシー業界で「このままでは、日本は前科者だらけになってしまう」と反発しました。

そこで、外国の例をみて、行政制裁金制度を導入したのです。
この制裁金制度がいわゆる青切符になります。違反を摘発された後、青切符と反則金納付書をもらいます。「自分はたしかにこの違反をした、認めるからこれで終わりにしたい」と思うなら、自発的に反則金を払います。強制はされていません。ですから寄付ではなく、自発的に「違反を認めて、払う」のです。

でも中には、俺はやっていない、とか、取り締まりが不当だ、という理由で払わない人もいます。そういう場合は裁判で争うことになるのですが、とても膨大な数ですので、ほとんど検察で不起訴になってしまうようです。

ちなみに、今の反則金制度について国会で答弁されたことがあります。昭和の終わりごろでしたが、警察庁長官の答弁によると、95%程度が反則金を支払っていて、だから「取り締まり方法は適当である」という結論になっている、と答弁されています。

その答弁を聞いて以来、私は一切、反則金を払わないようにしています。でも裁判になったことは1度もありません。

寄付と言う言葉は正しくありません。行政制裁金で終わらせる、と言うのが正しいです。

日本国民は、というより日本の国内では、誰も勝手に自分の財産を処分されることはありません。これは基本的人権のもっとも根幹の部分のひとつです。
お金も当然ながら財産です。

財産を処分する、またはその一部を払え、と言う命令を出せるのは裁判所だけです。ここが重要です。

警察は交通違反を取り締まることができます。違反を見つけたら、捕まえて処分します。運転による違反は「刑法犯罪」ですから、本来は裁判所で裁...続きを読む

Q裁判当日に出頭できず答弁書だけでもと思うのですが

賃貸の明渡請求裁判の出頭期日を一週間間違えてしまい当日に間に合わない場合、
その旨を電話で知らせた上、答弁書をFAXで送ってなんとかなるでしょうか?
答弁書は定型の書類で簡単なものなので記載済みです。

Aベストアンサー

○答弁書をFAXで送ってなんとかなるでしょうか?

なります。
被告が最初にすべき口頭弁論期日に出頭せず、又は出頭したが本案の弁論をしないときは、裁判所は被告が提出した答弁書に記載した事項を陳述したものとみなして、出頭した原告に弁論をさせることができる(民訴法158条)
これを擬制陳述といいます。

○ 答弁書は定型の書類で簡単なものなので記載済みです

答弁書に原告の請求を争う意思が表明されておれば、通常は、次回の口頭弁論期日が指定されることになります。
答弁書の陳述が擬制されるだけですから、答弁書で原告の請求を認めたり、請求原因を争わないと表明すると書くと、即負けてしまいますから、争う意思を表明しておくことが大切です。書き方がよくわからない場合は請求の趣旨に対しては「原告の請求を棄却する。訴訟費用は原告の負担とする。との裁判を求める。」と答弁し、請求原因については「追って準備書面で認否する。」とでも書いておかれたらいいと思います。「初回は擬制陳述の扱いにしてください。」と書いておかれるのが親切です。
答弁書の提出期限をすぎても、あきらめないで提出してください。受け付けられます。
遠隔地の地裁の場合は、答弁書で移送申立をすることを検討してください(本案について答弁した答弁書が擬制陳述されると移送申立はできなくなることに注意が必要です。)。続行期日について電話会議システムの利用を希望しておかれる手もあります。
地方裁判所の場合は擬制陳述が認められるのは、初回に限られます。
簡易裁判所においては、続行期日でも擬制陳述とすることができる(民訴法277条)とされているので、簡易裁判所では、2回目以降の期日でも、準備書面を擬制陳述の扱いにしてもらうことも可能です。

○本気で争うのであれば、費用はかかりますが、弁護士に依頼されることを強くお勧めします。日本の法廷ではもちろん「日本語のような言葉」が使われていますが、私に言わせるとあれは日本語というより「法廷語」なので、弁護士という通訳もなしに素人が闘うことにはかなり無理があることを覚悟する必要があります。もちろん原告にとって元々筋が悪い訴訟では、本人訴訟でも十分勝てる場合もありますが、少しきわどい事件では本人訴訟は極めてハイリスクです。法廷では、本人訴訟でやられている本人が、何が起こっているかも理解できないうちに負けてしまっているのをよく見かけます。既に勝負がついていることに気づかず言い続けている本人を見るととても痛々しく感じます。法テラスを利用されるとかなりリーズナブルな費用で弁護士に依頼できるので、弁護士への依頼を検討されることをお勧めします。

○答弁書をFAXで送ってなんとかなるでしょうか?

なります。
被告が最初にすべき口頭弁論期日に出頭せず、又は出頭したが本案の弁論をしないときは、裁判所は被告が提出した答弁書に記載した事項を陳述したものとみなして、出頭した原告に弁論をさせることができる(民訴法158条)
これを擬制陳述といいます。

○ 答弁書は定型の書類で簡単なものなので記載済みです

答弁書に原告の請求を争う意思が表明されておれば、通常は、次回の口頭弁論期日が指定されることになります。
答弁書の陳述が擬制されるだけで...続きを読む

Qスピード違反の反則金について。

お恥ずかしい話ですが、9月21日に主人がスピード違反(15000円)をしました。
その翌日か翌々日には支払いをしたようです。(おそらく領収書はダッシュボードで見かけました。)
ですが今日、15800円で請求が来ており支払ったのにこういうことはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

20km以上25km未満の速度超過の場合、違反切符(青切符)が切られると同時に、反則金仮納付書が渡されます。

>その翌日か翌々日には支払いをしたようです。(おそらく領収書はダッシュボードで見かけました。)

渡された反則金仮納付書を使えば、その日のうちに、郵便局、銀行などで反則金を納付する事が可能です。

>ですが今日、15800円で請求が来ており支払ったのにこういうことはあるのでしょうか?

仮納付書の納付期限が切れても納付しない場合、期限切れから2週間後くらいに、納付命令書と一緒に、郵送料として800円が足された本納付書が郵送されて来ます。

仮納付書の控え、納付命令書、本納付書には、違反の日付や、識別の為の固有の番号が書いてある筈なので、同じ日付、同じ番号なのか確認して下さい(10年以上違反をやってないので当方の知識が古いです。今の書類には日付や番号が書いてないかも知れません)

日付や番号が違った場合は「違反を2回やっただけ」です。

仮納付書の控えに銀行または郵便局の受領印が押されてない場合、ご主人は「払ってないのに、払ったと嘘を言っているだけ」だと思います。

仮納付書の控えに銀行または郵便局の受領印が押されていて、仮納付書の控えと、本納付書の違反の日付や番号が同じと言う場合、何らかの手違いで仮納付したのに仮納付してない事になっていると思うので、仮納付書の控え、命令書、本納付書の3点を揃えて、警察署などにお問合せ下さい。

20km以上25km未満の速度超過の場合、違反切符(青切符)が切られると同時に、反則金仮納付書が渡されます。

>その翌日か翌々日には支払いをしたようです。(おそらく領収書はダッシュボードで見かけました。)

渡された反則金仮納付書を使えば、その日のうちに、郵便局、銀行などで反則金を納付する事が可能です。

>ですが今日、15800円で請求が来ており支払ったのにこういうことはあるのでしょうか?

仮納付書の納付期限が切れても納付しない場合、期限切れから2週間後くらいに、納付命令書と一緒に、郵送料...続きを読む

Q警察に「裁判所から連絡がくるかも」と言われたのですが…

今日、後輩が登校するとき、自転車で人にぶつかってしまったそうなんです。
で、相手がひざをすりむいてしまったらしいです。
後輩は謝って、でも遅刻しそうとのことだったので謝った後はすぐに移動したらしいんです。
そしたら駐輪所のところで怪我をさせてしまった人に出くわして、交番に連れて行かれたとのこと…
そこで住所や学校や連絡先などを聞かれ、現場にいってどういうふうにぶつかったのかなどを聞かれたそうです。
それも終わり、もう解放ってなったときに警察から、
「もしかしたら裁判所から連絡がくるかもしれないんで」
って言われたそうなのですが…

裁判所から連絡がくるっていうことは、訴訟ってことなんでしょうか?
このことで裁判とか起こせるものなのですか?
また、もしそうなったら今後、どうなるのでしょうか…

教えてください↓

Aベストアンサー

本題については#1,2に適当な回答があるのでそれ以外の話。

自転車の人身事故は「業務上過失致死傷罪にはなりません」。自転車の運転は通常は「業務」に該当しないからです。本件では、相手が怪我をしということなので、過失の程度により、過失傷害罪または重過失致傷罪のどちらかになります。
また傷害罪にもなりません(「障」害罪なんてのは存在すらしません)。なぜなら、わざとぶつけたわけではないからです。
なお、#4の回答は基本的には民事の話ですが、警察は民事に関わる話はしません。ですから本件においてはあくまでも「少年事件として家庭裁判所に送致するので後で家庭裁判所から何か言ってくるかもしれない」という話です。

そういうことで、#1と#2の回答がもっとも適切です。


人気Q&Aランキング