神戸の同級生の58歳男性ですが足首の外側から股関節まで筋肉が痛みがはしり家の中でよくこけてしまうらしい。食事な時唾液が出すぎて堅い物はかみやすいのですが柔らかいものが飲みにくく、口の中に残ってしまうらしい。この頃特にひどくなってきたみたいです。神経内科を3件回ったのですが、パーキンソン病じゃないと言われたそうです.時々左手が震えたり歩いている時前につんのめったりまえのめりに走ってしまったりするそうです
4年前~徐々にひどくなっているみたいです。が、どこに行ったたらいいでしょうか?本当の親友なのでよろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

症状を聞く限りでは、まず「パーキンソン病」を疑いたいですが、パーキンソン病は高確率で認知症を併発するんで、その傾向があるかどうかですね。



あと考えられるのは「脳梗塞」ですね。こちらも似たような症状を発症する可能性があり、こっちは放置すると手遅れ一直線です。
http://johostroke.suffas.com/

いずれにせよ、脳外科系の精密検査が出来る病院で要再検査だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
認知症の傾向はないみたいです。それと脳,頚椎、腰のMRI.は異常なく
梗塞のあともないみたいです。それから血液検査も血圧も正常範囲だのことです。
神経内科の先生は鬱じゃないかといわれたみたいです。

お礼日時:2011/04/20 16:15

一過性の脳梗塞は頻発する場合があり、梗塞の跡も軽症の場合見逃すこともあります。

やはり↓当たりのサイトから行ける「その手の専門病院」にセカンドオピニオンを求めた方が良いかもしれません。脳梗塞で手遅れになると悲惨ですから、「そうでない」ということが確定するだけでも安心ではないかと。
http://no-kosoku.net/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/21 13:31

 まずは病名の診断を受けることです。

その結果であとの手続きが、異なるからです。

1. 介護保険法適用の場合
   介護保険法施行令(平成十年十二月二十四日政令第四百十二号)第二条(特定疾病)
  に定める疾病に該当する場合
    一  がん(医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがな
      い状態に至ったと判断したものに限る。)
    二  関節リウマチ
    三  筋萎縮性側索硬化症
    四  後縦靭帯骨化症
    五  骨折を伴う骨粗鬆症
    六  初老期における認知症
    七  進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
    八  脊髄小脳変性症
    九  脊柱管狭窄症
    十  早老症
    十一  多系統萎縮症
    十二  糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
    十三  脳血管疾患
    十四  閉塞性動脈硬化症
    十五  慢性閉塞性肺疾患
    十六  両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
   これらに該当する場合、介護保険法による「要介護状態」と認定される場合がありま
  す。

2. 身体障害者福祉法適用の場合
    身体障害者福祉法第四条(身体障害者)に定める別表
   (http://www.city.awara.lg.jp/page/fukushi/tetyou/ …)に
   掲げる身体上の障害がある十八歳以上の者
     この場合、申請により「身体障害者手帳の交付」を受けることができます。「身体障害者
    手帳の交付」を受けることで、いろいろな福祉サービスを受けることができます。

 まずは、主治医にご相談ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

知らない事をいろりろありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2011/04/21 13:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング