Thunderbirdを使い始めて結構経ちますが、
最近気がついた点があります。

署名編集で署名を付けておりますが、
最初に"--"と入れております。
これは署名の合図だと認識しております。

そこで、質問内容です。
返信及び転送時には適切に"--"が挿入されておりますが、
新規作成時には"--"が2行に渡って挿入されます。
(要は2個ダブっちゃっている状態)

これは仕様なのでしょうか?
メールマナーとして、返信及び転送時には"--"は必要ないものなのでしょうか?

現在、新規メール作成時には1個の"--"を消しながらやっているのですが、
気になって仕方がないので質問いたします。

以上、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

#1です。



>推奨設定とカスタム設定の"--"仕様が違うのは意図的なものでしょうか??

引用文の下に入れるのが、多分、仕様上の標準なのではないかと思います。

http://www.vi2tto.jp/entry/20101110123.php
上のGmail当たりでも、
--------------
返信文章
-----------
元文章の引用文
-----------
署名
--------------
が基本仕様のようです。

ですから、意図的というか基本に忠実なのだと思いますが、確かに馴染めないですから、質問者さんのような順番にされている方が多いと思います。
QuickTextで自動挿入があればよいのですがないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々のご回答、ありがとうございます。

質問内容が感覚的なものであり、私の表現力不足により
伝わりにくかった点が多々あったように思います。
しかし、丁寧に対応して頂きました。

解決には至らなかったものの、満足のいく返答が頂けました。
すっぱりと諦めて、どうにか対応して参ります。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2011/04/20 17:50

2個付くのは仕様ではないと思います。


ハイフォンは、本文と書名を区別するための記号ですが、今はあまり使われないようです。
Thunderbirdは世界の標準に準拠の真面目な仕様の設計ですから、機能としてあるようです。

で、署名の挿入位置の設定が、現在は、返信部の下(引用部の上)になっていませんか?
この場合は、返信転送にハイフォンが付かないので、わざわざ署名の作成で追加されたのではないですか?

推奨の[引用部の下]に署名挿入の設定だと、返信転送メールでは、署名自体にハイフォンを入れなくてもハイフォンが自動で付くのです。従って、新規作成の時も1つの行だけです。

署名が引用文の下というのは、余り使われないと思いますから、現在の署名の利用方法でしたら、新規作成で削除するしかないと思います。

それか、テンプレートフォルダに新規の書式を保存しておいて毎回使うとか、拡張機能のQuickTextなどでハイフォンを含む署名を作成し、それを新規でも、返信・転送でも、手動で追加する方法になると思います。
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/07/22/Q …

この回答への補足

hinagohng様
ご返答ありがとうございます。

署名挿入位置を推奨設定の引用部の下に設定をしたところ、
返信及び転送時に私の意図する署名となりました。
(先述の設定のままですと"--"が2重となりましたので、署名編集欄で"--"を削除致しました)

しかし、返信及び転送時に一番下に署名が来るとメールが見にくいような気がします。
やはり返信部の下に設定した方がスマートなメール作成ができそうです。
(推奨設定とカスタム設定の"--"仕様が違うのは意図的なものでしょうか??)

少しすっきりすることができましたが、従来通りの返信部の下に署名挿入で
使用していこうと思っております。

テンプレで登録し、毎回手動で挿入する方法ですが、忘れてしまう場合もある
と思いますので、今回は見合わせたいと思います。
可能性を示して頂き、ありがとうございます。

補足日時:2011/04/20 16:20
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング