現在、父が一人暮らしをしています。住んでいる家は自分で建てたのですが、土地は借地権がついていて、毎月地主に賃料を支払っています。

父は高齢で、おそらく18年後の更新時には亡くなっている可能性が高いです。
息子である私も別の場所に住んでおりますので、その土地を引き継いで住むつもりはありません。

そこで、父の死後、土地の借地権をどうしようかと考えていますが、、、

もうそこには自分は住まないということをふまえると、

1)借地権を地主へ返却する
2)借地権を地主に売却する
3)父の死後、誰も住んでないが、賃料を払い続ける
4)借地にマンション等をたてて、他人に貸す

という選択肢かなと思っています。

個人的には、2)が一番いいなと思ってるのですが、
地主に借地権を売りたいと言った場合、地主がそれを認めなければ、売ることはできないのでしょうか?
1)のように無料で返却してしまうにしても、土地を更地に戻したるする費用がかかりますし、
地主にしても賃料が入らなくなるから拒否するかもしれません。

1)にしても2)にしても、地主が認めてくれないとどうにもならないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

借地権になっているか?


上物を保存登記しているだけの場合が多い
更地で借りたのだから更地にして返すだけ
名義変更料・契約更新料・登記料等
地主が変更更新を認めるか否かが
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうなんですか、、、ある書籍に地主に買ってもらう方法があるとあったので。。

お礼日時:2011/04/21 17:17

借地権が売れるのは、その土地を借りたい人がおる場合だけです。



地主は自分の土地を借りる必要がないのですから、借地権を買う理由がありません。
お父様が借地をする必要がなくなれば、お父様あるいは、その財産の相続人が、借地後に建てた物を取り除いてから、地主に返却する必要があります。
お父様の死語、法定相続人が相続放棄をすると、借地権も消滅しますが、上物を取り除く義務も免れることができます。

借地を返却する時には、上物は却ってお荷物になりますね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新しい賃貸マンションの防音壁、床って信用出来るのでしょうか。 分譲賃貸かはわかりません。

新しい賃貸マンションの防音壁、床って信用出来るのでしょうか。
分譲賃貸かはわかりません。

Aベストアンサー

そりゃ程度問題と、低音はどうしたって伝達する。
なにか部屋の中で音だすことするならば、部屋の中に置く防音部屋を別に設置しましょう。

Q定期借地権と普通借地権と旧借地法の違い

住宅ローンについて教えてください。
ある銀行では、定期借地権または普通借地権の物件購入では
住宅ローンが組めないとのこと。
旧借地法(借地権残り○○年)の物件は
この条件に当てはまってしまいますか?
ご回答、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

定期借地権物件は、普通は担保評価が難しく
提携銀行と住宅金融推進機構? (公庫)の
融資しか認めないものが多いのは事実。

さて中古物件の定期借地権の場合は、ほとんどの
銀行が担保価値を評価できす、公庫の中古ローンしか
道はないです。

さて
>旧借地法(借地権残り○○年)の物件は
>この条件に当てはまってしまいますか?

旧法の借地権は地主の更新拒絶が実質上ありません。
ただし、建物が古かったりすると建替え工事や
建替え承諾料、地代の値上げなどはありえます。

借地権の場合、賃借権のケースがほとんどで
それに抵当権が打てないのです。
借地権とは、建物の保存登記、表示登記で
まもられる権利なのです。

普通は家屋の抵当権で融資しますが、建物が古いと
銀行は抵当権を打つ意味がない。
ですから、借地の権利金部分の購入はキャッシュで
するしかないと思います。

Qマンションの床に防音効果のある施工など出来ますか。

マンションの床に防音効果のある施工など出来ますか。

いま、マンション住まいです。
いろいろ不具合があり、そろそろ引越しを考えています。

一戸建てにするかマンションにするか、迷っています。

子供が、まだ1才くらいなのでマンションにすると下の階の住人に迷惑がかかるのではないかと心配しています。
子供がドタバタと走り回るからです。

1階なら問題ないのですが、そううまい具合に1階の部屋が空いているかどうか分かりませんし。

そうなると、騒音対策として床に防音効果のある施工など出来るのでしょうか。

実際、子供の騒音でトラブルが発生することも多いと聞いています。

それなら、いっそ一戸建てにしたほうがいいかとも思いますが、これにも問題があり、一戸建てだとどうしても2階建てになります。
1階部分には、大概部屋は和室が一室あるだけです。
あとの洋室などは、すべて2階にあります。
そうなると、毎日階段の上り下りで大変です。
元気なら問題ないのですが、いま体調がいまいちで、毎日の上り下りは正直しんどいです。

平屋建てなら問題ないのですが、注文住宅でもなければ平屋は無理ではないでしょうか。

質問は、マンション住まいだとして、床に防音効果のある施工が出来るかどうかです。
それで、子供の騒音対策になるかどうかです。

よろしくお願いします。

マンションの床に防音効果のある施工など出来ますか。

いま、マンション住まいです。
いろいろ不具合があり、そろそろ引越しを考えています。

一戸建てにするかマンションにするか、迷っています。

子供が、まだ1才くらいなのでマンションにすると下の階の住人に迷惑がかかるのではないかと心配しています。
子供がドタバタと走り回るからです。

1階なら問題ないのですが、そううまい具合に1階の部屋が空いているかどうか分かりませんし。

そうなると、騒音対策として床に防音効果のある施工など出来るの...続きを読む

Aベストアンサー

マンションか戸建てかをお子さんの騒音だけで決める事が妥当なのか疑問に思います。
そもそも家の中で走り回らないというのはしつけの問題とも思いますので。
あるいはマンションの一室のみ防音対策をして幼児期の遊び場にし、その他では走らないと言うメリハリをつけたしつけをして、のりきるという方向もあると思います。

平屋の規格住宅はないわけではありませんし、HMより割安の工務店で平屋、あるいは子供室や予備室のみ2階の家を建てることもありと思います。
マンションは防音だけではなく、集合住宅の縛りはいろいろとあり、気を使う場面もあるかと思います。
戸建ての方が庭もあるし、お子さんの子育てにはいいという理由で戸建てになさるのならわかります。
でも本当はマンションの方が質問者さんの価値観に合っているのに、お子さんの幼児期せいぜい2~3年の事で諦める事はないと私は思います。

もちろん、マンションの1階の物件を探すと言う方法もあるでしょう。
平屋の建てられる土地(建ぺい率と予算)を探すのとどちらが難しいかとも思います。
ご質問の趣旨とずれてしまいまいました。
失礼しました。

マンションか戸建てかをお子さんの騒音だけで決める事が妥当なのか疑問に思います。
そもそも家の中で走り回らないというのはしつけの問題とも思いますので。
あるいはマンションの一室のみ防音対策をして幼児期の遊び場にし、その他では走らないと言うメリハリをつけたしつけをして、のりきるという方向もあると思います。

平屋の規格住宅はないわけではありませんし、HMより割安の工務店で平屋、あるいは子供室や予備室のみ2階の家を建てることもありと思います。
マンションは防音だけではなく、集合住宅の...続きを読む

Q 借地権契約についてなんですが、他界した父と亡くなった地主との借地権契

 借地権契約についてなんですが、他界した父と亡くなった地主との借地権契約の有効期限前(残り10年以上)に地主から、一方的に土地を売却し、今後の契約に関しては不動産屋(土地購入者)と交わしてほしいとの一方的通知でした。 現在、借地上にある建物は、亡くなった父の名義から子供の名義に変更となってます。 以上の背景から、現在の契約は継続履行できるのでしょうか。 また、新規契約を拒否した場合、強制退去等の法律的措置があり得るのでしょうか。 よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

借地契約書の内容、借地契約の時期、売却された経緯、相続の経緯、利用状況などによって回答は一つではありません。

一般的に借地の上の建物が登記されている場合、借地権が存続している間に借地が第三者に売却されても、借地権は継続する(借地権は第三者に対抗できる)と言うのが基本です。
しかし、本当の売却なのか…例えば借地権の契約以前に登記された抵当権者の抵当権の実行であったら?建物が日常的に利用されていないものなら?建物が居住用でなかったら?旧法に於いて建物が朽廃していたら?など(他にもありますが)、その状況によって借地権が継続するかどうかは確実な事が言えません。

登記簿と借地契約書を見ると、専門家であればおおよその所が回答できますので、もし弁護士にご相談されるか、まだ費用が捻出できないなら、行政の窓口でご相談ください。賃貸借に関する相談窓口があるので、どのように行動すべきかのヒントは貰えると思います。

Qマンションの床とカーペットの間に敷く防音効果のある素材って。

こんばんは(#^.^#)

近日中に賃貸マンションに引っ越すことになりました。
ウチにはペット(コーギー犬)と1歳児がいるため、下の階の住人さんに
対しての騒音を出してしまわないか気にしております。

そこで、床とカーペットの間に防音効果のある素材でも挟んで敷いたら
良いのではないかと考えましたが、そのような物は売ってるのでしょうか?

また、私の考え以外で「こうしたら少し音が響かなくなるよ」と言うようなアドバイスがあれば教えてください。

Aベストアンサー

楽天などで「防音カーペット」で検索すると、何種類か出てきます。
私も以前、数点取り寄せて確認しました。
防音性が高いと言われているのが「静音ライト」というものです。
その店ではさらにその下にひく遮音シートも売っています。
我が家の場合は騒音の心配はあまりなかったので、
見た目の良いサンゲツのものにしました。
防音をするかしないかでは、した方がずっといいですが、
跳びはねる、駆け回る音を防いではくれません。
階下の方がよく言われるのは「駆け始める」のは仕方ないと思える。
でも「駆けまわらせる」「飛び跳ねる」はしないようにしてほしいだそうです。
引っ越しのご挨拶と、その後の確認に伺がうと、
階下の方の気持ちも違ってくると思います。
いずれにしても、お引っ越しおめでとうございます。
良い生活になるといいですね。(^^)

Q借地権のある土地、住む人が居なくなった場合は?

借地権の付いた土地に自宅を建てて、43年ほど住んでいます。
わたしが生まれる前から住んでおり、むかしは父と母、祖父と祖母、私、弟がみんなで暮らしていました。祖父も祖母も亡くなり、私も弟も結婚して出て行き、先月まで父と母が2人で暮らしていました。

ところが先月に母が急死してしまったため、借地権の名義人だった母から相続を受けることになりました。

現在は、父が一人で住んでいますが、高齢です。現在、借地権の契約は3年前に更新したばかりで契約終了まであと17年もあります。さすがにそのときまでに父が存命かどうかあやしいです。
わたしや弟も別の場所で暮らしており、その借地権の土地に住むということは100%ありません。

もし父が亡くなってしまった場合、借地権の土地はどうしたらいいのでしょうか?
無人の家のまま地代だけ払い続けていても、火事になったりしたら大変です。かといって、すぐに契約を解除したいと言ったら、建物を壊して更地に戻せと言われると思います。そうなると金銭的にきびしいのです。
それでも、借金をしてでも、不要な借地権は地主に返してしまった方がいいのでしょうか?

ちなみに、場所は駅から遠く、住宅地ですので売りに出したとしても買い手はつかないと思います。

借地権の付いた土地に自宅を建てて、43年ほど住んでいます。
わたしが生まれる前から住んでおり、むかしは父と母、祖父と祖母、私、弟がみんなで暮らしていました。祖父も祖母も亡くなり、私も弟も結婚して出て行き、先月まで父と母が2人で暮らしていました。

ところが先月に母が急死してしまったため、借地権の名義人だった母から相続を受けることになりました。

現在は、父が一人で住んでいますが、高齢です。現在、借地権の契約は3年前に更新したばかりで契約終了まであと17年もあります。さすがにその...続きを読む

Aベストアンサー

管理のことを考えると、不要になったら建物を解体して更地に戻し、契約を解除するのがよろしいでしょう
契約解除には事前通知が必要ですので、解除を申し入れ、どの程度の解体整地をするかの合意を得てから解体整地を行うのがよろしいでしょう

返還に伴う補償を言う回答がつくかも知れませんが、それにはとらわれない方がよろしいです

Qマンションの床の防音

本格的な防音マンションに引っ越す予定です。設備もよく、24時間演奏できます。気に入ってはいるのですが、地下がスタジオで、どうしてもこの音(特にドラムやベース)が入ってきます(その分家賃も引かれてはいますが)。生活するうえでは問題ない程度ですが、レコーディングもしたいのでなるだけ下の音を減らしたいのです。

そこで防音カーペットをしこうと思いましたが、どうやらこれらの品は、足音などを軽減するためのものみたいです。

下からの音を軽減するにはどんな素材をしけばいいでしょうか?詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

>LL-30のカーペットとかは無意味でしょうか?
効果がないとは言いませんが、実感できる効果があるかどうかは非常に疑問です。
LL-30というのはそもそも床で発生して階下への衝撃音を和らげるための物です。
これに対して聞こえているのは”下から発生した上に行く””音”(衝撃音ではない)ですから、目的が異なります。

もちろん重量則で遮音効果が増すため、幾らかの軽減にはなるでしょう。ただドラムやベースとなると、重低音なので抑制はもともと非常に難しいですから、効果は極めて限定的でしょう。

測定器で測れば違いは出ると思いますが、人間が聞いてハッキリ効果がでるかどうかは現状のレベルと状況次第ですね。
効果が感じられる可能性もありますが、ほとんど違いを感じることの出来ない程度しか効果がない可能性もあります。

既にもっとも遮音効果の高いコンクリートがあり、それを抜けてくる音ですからねぇ。今更わずかな重量を増しても効果があるのかは?です。

Q借地に家を建てて、40年になります、 借地権を売買する場合、借地権の価

借地に家を建てて、40年になります、 借地権を売買する場合、借地権の価格はどのくらいになりますでしょうか?横浜市で50坪です、参考まででかまいません、よろしくお願い致します

Aベストアンサー

借地権割合というものがあり、一般的に住宅地で50~60%、商業地で70~80%です。
借地権割合が60%とすると、その土地が坪100万円が相場なら借地権は60万円ということになります。
先の方の回答に、地主の承諾がないと借地権の売買はできない、とありますが、一般的には地主の承諾を得るために「承諾料」が必要です。

土地の相場、借地権割合の相場、承諾料の相場がありますから、いずれにしても不動産屋で相談したほうがいいです。

Q先日マンションのピアノの防音について伺った者です。 隣上下の方にはピアノの搬入、演奏を承諾していただ

先日マンションのピアノの防音について伺った者です。
隣上下の方にはピアノの搬入、演奏を承諾していただきました。

床の防音について質問なのですが、防音防振対策はピアノの下部のみでも部屋全体でも効果はあまり変わらないのでしょうか?

防音シート、防振ゴムマット、静床ライト(カーペットです)を部屋全体に敷き詰めようと思っていたのですが、防音グッズ販売店のブログを見ていてもピアノの下部のみしか対策していない例がかなりあるので、部屋全体にやるのってあまり意味ないのかな?と。

もしくは、防音シートと静床ライトは部屋全体で防振マットはピアノの下だけでもいいよーなど、おすすめのやり方があれば教えてください、

Aベストアンサー

床については遮音マット全面敷詰めで壁遮音シートと接続。
ピアノ足に防振処理でしょう。
遮音マットだけじゃ殺風景なので少々毛足のある
カーペット敷けば吸音効果も期待できると思います。

Q父に固定資産税だけ払ってもらい、地代は受取っていません。父に借地権はあるのでしょうか

はじめて質問します。よろしくお願いします。
内容が若干複雑になりましたが、質問は、タイトルどおりです。
<背景>
1985年家購入。(母方の)祖父が土地7割、父が土地3割、家全部。
        固定資産税は全部(土地&建物)父が払っている。
1997年母死去。
1999年祖父と父は離縁した。祖父は賃貸マンションに移り住む。父は祖父の所有している土地7割分相当の賃貸料として月8万円を祖父に支払っていた。
2001年父が再婚した。
2002年祖父死去。月8万円の支払いをやめた。
2003年祖父の土地7割を私が相続する。
 その後、現在まで父は固定資産税だけ払って家に住んでいます。
<質問>
 ネット等で調べたら、固定資産税以下の支払いでは地代を払っているとはみなされないとありました。父には借地権があるのでしょうか?
<理由>
 私が土地7割を相続した理由は、弟が知的障害者であり、将来困ったときに助けるためでした。しかし、父は再婚してから弟(当時20歳ぐらい)を自立させることを目的に家を追い出し、集団の寮生活をさせています。父は弟とは週1回程度会っていて、それ以外は夫婦で老後の余生を楽しんでいるようです。
父は弟には土地7割分のお金があるのだから父が先に亡くなった場合の遺産は、土地3割分は私(弟用)、その他は義母にと考えているようです。父は義母を家に住まわしてくれと条件提示しています。父と私の意見が分かれ、結論として土地と家を売って土地7割分(祖父の相続分)の金額を払ってくれることになっています。しかし、その後何も言わず、実父と義母はずっと住んでいます。地代分をもらうために賃貸契約を結ぶと少なくとも30年以上住むことを認めてしまうことになります。
父に借地権がなければ、現状を維持しておきたいと思っています。
父に借地権があれば、地代をもらうか、売却を進めたいと考えています。
そこで、父に借地権があるのかどうかを明確にしておきたいのです。

はじめて質問します。よろしくお願いします。
内容が若干複雑になりましたが、質問は、タイトルどおりです。
<背景>
1985年家購入。(母方の)祖父が土地7割、父が土地3割、家全部。
        固定資産税は全部(土地&建物)父が払っている。
1997年母死去。
1999年祖父と父は離縁した。祖父は賃貸マンションに移り住む。父は祖父の所有している土地7割分相当の賃貸料として月8万円を祖父に支払っていた。
2001年父が再婚した。
2002年祖父死去。月8万円の支払いをやめた。
2003年祖父の土地7...続きを読む

Aベストアンサー

使用貸借契約は原則無料の契約ですが、必要経費は借り手負担とすることから税金などの低料金の支払いは必要経費を負担しただけであり有料の賃貸契約ではないと見なされることがありますので、一見使用貸借と見なされそうですが、違うと思います。

なぜなら最初の契約で借地契約がなされているからです。借地契約は相続されます。このため賃料が支払われなくなった時点でどういう扱いがあったかによって変わります。
その当時合意により借地契約を解除して、新たに使用貸借契約を結んだと考えられるような状況があれば使用貸借の扱いになると思われますが、借地契約の変更について何もしてなさそうなので、最初の借地契約がそのまま続いていると考えられるからです。
つまり、現状を整理すると、地代未払い状態ですが、未だ借地契約は続いていると考えられます。

ただし、状況によっては、地代の未払いではなく、地代の値下げに応じたと見なされる可能性もあります。または地代分を子供から父への贈与と見なされる可能性もあります。

でも基本的には地代の未払いだと思いますので、地代を請求することは可能です。未払い分も時効になっていなければ、請求できるでしょう。
逆に売却などは地代の件がはっきりしないと怖くてほとんどの人が手を出せないでしょう。地代の値下げが認められると考えられると地代が入ってこないことになりますので。まずは、地代未払い問題を解決することが必要です。これには地代の請求や、借地契約の合意解除、地代未払いを理由とした借地契約の解除等の方法があります。

使用貸借契約は原則無料の契約ですが、必要経費は借り手負担とすることから税金などの低料金の支払いは必要経費を負担しただけであり有料の賃貸契約ではないと見なされることがありますので、一見使用貸借と見なされそうですが、違うと思います。

なぜなら最初の契約で借地契約がなされているからです。借地契約は相続されます。このため賃料が支払われなくなった時点でどういう扱いがあったかによって変わります。
その当時合意により借地契約を解除して、新たに使用貸借契約を結んだと考えられるような状況...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報