忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

中2のコの家庭教師をしている大学生です。
成績は中の下くらいコ(公立中)で、文章題が苦手だとは前から聞いていたのですが、先々週、先週、今日と、同じ問題を3回続けて教えても自力では説けるようになりませんでした。

苦手なのは連立方程式の速さの問題です(例えば…Aさんが家から1800メートル離れた駅に行きました。最初は分速60メートルの速さで歩きましたが、途中から分速120メートルの速さで走ったところ、駅まで20分で着きました。歩いた距離をx、走った距離をyとして連立方程式を作って求めなさい…というようなものです)。

「勉強はこのように教えるとよい」というような本を読んで、その情報を元に、問題文を音読させたり、書き写させたり、問題の図を書かせたりしています。隣で「xかyのどっちかにするんだよね」「分母が違うから通分つるんだよね」などアドバイスをすると何とか解けるのですが、宿題で出すと出来ないようです(怠けているわけではありません。他の英単語暗記の宿題などはきちんとやっています)一人だと、図は書けるのですが、式を作れません。また「こういう式を作るんだよね」と説明しても、いまひとつ分かっていないようです。

仕方がないので、今日は2学期の内容(一次関数の概念)の説明をメインに教えましたが、今後はどのように対応するのがよいでしょうか。今後も毎回必ず文章題を扱おうとは思うのですが。数をこなせば慣れるというものでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

こんばんわ~



一回苦手意識を本人が持ってしまうと
本人自身もなかなかそこから抜け出すのが
難しかったりするのですよね… ホントに…

その子の場合文章題から式を作るのも苦手そうですが
「分母が違うから通分するんだよね」って事は
文章題で式を立ててからの、連立方程式の計算も
苦手なのかしら…
もしそうだとしたら、計算問題を数多くこなして
計算問題で自信をつける事からはじめるのも
一案かもしれませんね…
(以前の教え子で、計算問題でいい点を取ったら
楽しくなったらしくて、文章題にも興味を持った
子がいました。)

あと、文章題から図示させるのと結果的に同じ事
なのですが、他に私が教え子にした事のある方法は

1.3種類のカードを準備(色が違うとか形を変える)
2.文章題にでてくる数字や文字を「速さ」「距離」
  「時間」をそれぞれ違うカードに書かせます。
  (例えば、速さは青いカードとか…)
3.そのカードを文章題にあわせて図示と同じように
  組み立てて下さい。
  (例えば、1800mはどれとどれを組み合わせたら
   出来るか?)そして式に持っていって下さい。

※もし速さを青いカードと決めたら
 毎回同じにしてあげてくださいね
※私の場合は、カードを作る所から一緒にやり、かつ
 これが数学の勉強だと言わずに始めました。
 (人にもよると思うけど)これで興味を持って
 くれるなら、kizakurakarenさんの教え子さんにも
 使えるのではないかなと思います。

#教え子の為に一生懸命考えてあげてるのが見えて
 きて、とてもほほえましいですね!
 いい先生なんだろうなぁ…きっと!

よい結果になるとよいですね~(^o^)/ でわでわ
    • good
    • 2
この回答へのお礼

す、すごい!(+_+)
色別カード素晴らしいですね。移動・組み合わせも自由自在だし。
ぜひ取り入れてみたいと思います。

親御さんから「文章題がダメなんです」と聞いていたので、とにかく文章題!とやっていましたが、計算をこなすことも必要そうですね。

大変勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/01 01:28

私は家庭教師派遣会社で勤務しているます。

生徒さんが中の下の成績というと、だいたい五教科で230/500点ぐらいなのかな、多分。

まあそれはさておき、結論から言って、その成績で文章題を解かせるようにするのは無理です。もっと正確に言うと「文章題の式を出せるようにするのは無理です」。が、文章題の答えを出せるようにするのは簡単です。学校の試験では式を出せないとはずれですが、入試は答えが出せれば当たりです。だからは私はこう教えます。

「分速60mだから、(A君と仮定する)一分走ると60m、二分走ると120m・・・、かたや(B君と仮定する)分速120mだから、一分走ると120m、二分走ると240m・・・」

何故、こんな面倒なことをするのかというと、「式を立てることに拒否反応がある」からなのです。だから、この解き方で答えを出すと、確かに時間はかかりますが、確実に答えを導き出せて、かつ入試で五点ゲットできるので、他の同じレベルの子より五点入試で差をつけられるのです。230点レベルの子で文章題を解ける子はそうはいません。五点余分に取れば、それだけマージンを稼げます。

あなたは、おそらく大学生で、高校も進学校なので、出来ない子の気持ちというのがあまり理解できていないのではないかと思います。「なんでこんなのがわからないんだろう?」と思ったことはないですか?だいたい家庭教師を希望する子の成績を統計すると、おおむね180~200/500点ぐらいの成績の子が多いものです。

あなたは「オーバーコーチング」(教えすぎ)をしているのだと思います。点を取ることに中心をおくと、どうしても必要最小限のことしか教えられないはずなのに、知らず知らずのうちに高度なことを教えているのだと思いますよ。成績の悪い子は先生の中で枠を作ってあげて、「これだけ覚えろ、他は(君では無理だから)覚えなくていい!」みたいなノリで教えて下さい。

関数も無理です。まずは小四~五の分数・小数の掛け算・割り算をおさえさせて、理科の一分野の計算が解けるようにする土壌を作りましょう。計算問題が解けれるようにすれば、そのくらいの成績の子でも十分成績が上がります。「理科のために分数・小数を解けるようにする!」というのが常套手段です。先生があまり手広く教えすぎないようにしましょう。

目標は英語30、数学30、国語30、理科50、社会80のつもりで家庭教師しましょう!公立高校はトータル成績ですから!
    • good
    • 4
この回答へのお礼

1学期末テストでいうと5教科で260点です。英国数が60、理科が50、社会が30です。英語でいうと、最初はI-my-meとか、数字の1から10が書けませんでした。数学は計算問題はできるんですが(テストも大概点を取れてます)、文章題、図形などができないようです。暗記と論理的思考が苦手なのかなと思っています。私は進学校出身ではありませんが、生徒を見ていると思いもしなかったようなことを把握できていないようです。

関数は、結構いい反応に見えましたが。「1分間に10リットルの水をバスタブに注ぐ」「1分間に20リットルの水をバスタブに注ぐ」「あらかじめ15リットルの水が貯まっているバスタブに、毎分20リットルの水を注ぐ」…などの式、グラフが一人で書けました。

理科1分野の計算というと、力学のことでしょうか?

全教科をまんべんなく上げようと思っていましたが、「公立高校はトータルの成績」というのは目からウロコです。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/02 20:56

ほかのかたのすばらしい回答の足元にもおよびませんが、ヒントにならないかなぁと思って書かせていただきます。


我が家には中学3年の子がいて、この子が文章題大嫌い、
”比”は小学校でつまづいてるし、ひどいものです。
(食塩水は教育課程からはずれたといって大喜びしています)

私も速さに関連する問題は嫌いでした。
難しいことは考えないことにしました。
速さはなぁんだ?車の運転席にある速度計、見たこと、ある?(車の中で実物を見せるといいです)
あそこに「km/h」と書いてあるよね。
あのkmはキロメートル、距離、
/(パーと読む)、これは割り算の横棒と同じ、
hは、hourの略で時間。
速さは、長さ/時間
速さの問題が出たら、まずこれを書いておくと解法の手がかりになる。
距離とか時間はキロメートル、メートルとか○時間、○分、○秒とあるので単位をそろえることもだいじであることも言っておく。

さて、問題。
問題文って、抽象的です。
AさんとかBさんとかではなくて、
身近なおとうさんとかおかあさんとか、
場所も身近な名前を使って数字だけ同じにします。
「そんなに距離はない!」とかツッコミ入れられます(笑)
結構、楽しくなるはず。

文章題は根気よく問題を読むことですねー。
「うわっ!文章題だ!やだ!」と思ってしまうんですよね。私もそうだったなぁ(^ ^;;
    • good
    • 1
この回答へのお礼

単位の書き方、とても勉強になりました。
「時速○キロ」とか書くより簡単だし、そのほうがよさそうですよね。

1学期末テストで回答欄が白紙の問題だったので教えているんですが、その問題では「Kさん(数学の先生の名前)がW中学校(その子の学校名)からS駅(実際の最寄り駅)まで行きました」というものでした。先生も工夫されているんだなあと感心しました。
話は変わりますが、今の教科書ってすばらしいですね。図は豊富だし、10年前に私が使ってたものとは全然違います。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/02 01:54

再び#4です。



昨日は時間が無くて、具体的なことが書けず
すみませんでしたm(__)m

「問題」
Aさんが家から1800メートル離れた駅に行きました。最初は分速60メートルの速さで歩きましたが、途中から分速120メートルの速さで走ったところ、駅まで20分で着きました。歩いた距離をx、走った距離をyとして連立方程式を作って求めなさい

を解くとして、jun1038のおっしゃるように
二つのわからない文字がある場合には
二つの式がいるよ、ということを伝えて
おくことは、重要ポイントですよね。
それを踏まえて、図を二つ書いてみたらどうでしょう?
色々なデータがひとつの図の中にあると
結構混乱しますので、先の良く見える図を作ります。

「距離について」
      距離:1800m
家__________________駅
 距離:x m  |距離:y m             

「時間について」
       時間:20分 
家__________________駅
 距離:x m  |距離:y m    
   速さ:60m   速さ:120m

「距離」の図では、要素はすべて「距離」
なので「1800mをxとyを使ってどうやって
あらわしたらよいか?」を考えさせれば
よいと思います。
「時間」の図では、要素が3つありますので
「木の下で・・(笑)」の出番です。
全部で20分かかりますので歩きにかかった時間
走るのにかかった時間の式を立てて
足すと20になることをまず確認させさせます。

歩きのほうを昨日の図の中に入れると・・・

  x
______
? × 60

になりますので、?を調べるためには
?以外の図ををそのまま式にすればよいので
(これがこの図のいいところですね(^^) )
 x
____
 60

となります。
ひとつやってみるともうひとつもできると思うので
一人でやってみるようにさせます。
式を立てる前に数値の単位が
そろっているかどうかを必ず確認させるようにします。
時と分になっていたりKmとmになって
いたりすることがときどきありますので。

このような手順だとわかりやすいかなと
私なりの案ですが、いつまでも「木の下・・・」
というわけにも行きませんので(笑)
問題に慣れてきたら、「木の下」のかわりに
距離=時間×速さ
で考えていけるようにしてあげるといいですよね。

教えることは本当に難しいですよね。
子どものことを思いながら、何とかよりよく
と悩んでいらっしゃる姿勢は、ホントに
ご立派だと思います。
きっとその気持ちは通じると思います。
お互いがんばりましょう(^o^)丿
    • good
    • 2
この回答へのお礼

図を2つ書くというのは新発想ですね!
ぜひやってみます。

PCで入力するのは大変だったでしょう。
わざわざありがとうございました。

お礼日時:2003/10/02 01:48

ん~、速さ・食塩水で躓いちゃった子でしょうか?



私もそのような中学生を指導したことがあります。ちょうど2年生頃になると速さと絡めた問題も結構出てくるんですよねえ・・・。私は小学生の問題集まで戻りました。小5くらいの算数の問題集で単位を復習し、分数の計算は小学生用の計算の問題集で復習して、速さと食塩水について中学受験用(小6生)の1行文章題で集中的にやって、やっと中学の問題集に入れました・・・。

でも、後半は「小数の計算を教えて」という風に自分から言うことが出来て、「とうとうこの子も分からないところが分かるようになったのね・・・(涙)」と嬉しかったです。

XとかYとかはできるだけ使わない方がいいですよ。私も○とか△とか☆なんかを多用してました。平均点を取れるようになったときの喜びはひとしおでした。頑張ってください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

食塩水ですか。
今まで扱ったことはないですが、これは一度チェックしておくべきですね。

中学受験用の一行文章題はよさそうですね。
「私も文章題できるんだ」と自信をつけてほしいです。

>「小数の計算を教えて」という風に自分から言うことが出来て
自分が分からないところを把握するのが、伸びる第一歩ですよね。
とは言え、小数の計算からやり直しですか。
私の生徒もそういう可能性あるのかしら…。

経験談をありがとうございました。

お礼日時:2003/10/02 01:47

こんばんは。


一応教職に身を置く者ですが、
あくまで、「私だったらこうしてみる」といった
アドバイスくらいしかできません。
数学の教え方の系統的な方法論を勉強していないので。
自信がなくてすみません。

>苦手なのは連立方程式の速さの問題です(例えば…Aさんが家から1800メートル離れた駅に行きました。最初は分速60メートルの速さで歩きましたが、途中から分速120メートルの速さで走ったところ、駅まで20分で着きました。歩いた距離をx、走った距離をyとして連立方程式を作って求めなさい…というようなものです)。

これを例にしてみます。

(1)問題を解く「基礎の基礎」を確実にしておく。
この問題では、
(等速運動の場合ですが)
速さ=距離/時間,距離=速さ×時間,時間=距離/時間
を、そのイメージとともにしっかり覚えさせる。
式の変形が確実にできることもトレーニングが必要です。
そういう子なら、上の3つの式は全部覚えなくても、
どれか1つでも構いませんが。

(2)問題を解くための「便利な基礎知識」を
教えてあげる。
この問題では、
「この問題だけじゃなくってぇ、普通さぁ
 分からない数がxとyみたいに2つあるときには、
 方程式は1つじゃ解けなくて、
 最低2つ必要なんだよね。
 だから、何とかして式を2つ作る必要があるんだ。
 これは、どの問題でもそうだから覚えておいて。」
みたいなもんでしょうか。それと、
「式が2つできたら、どっちかを変形して
 例えば、yイコールなんたらかんたら の形にして、
 もう1つの式に代入してやれば
 xだけの式になるじゃん。あとは、落ち着いて
 式の変形で余分なものをどんどん消していけば
 できるよね。
 こんな感じの問題ではたいてい同じように
 解けるからこういうやり方をよく覚えておいて。」
てなもんでしょうか。

(3)物理的な次元に気をつけて、
「等式」を見つけさせる。
例えば、時間=時間 距離=距離 のような。
この問題では、
全体の距離と、全体の時間が分かっているので、
それぞれについて、問題中の数値を使って
等式ができないか検討することになるわけです。
「それじゃぁ 何とか式を2つ作ってみようね。
 何と何がイコールで結べるかよく考えてみよう。
 xもyも距離だよね。で、
 全体の距離も分かっているよね。ということは・・。
 それと、「距離」以外にイコールの式が
 できそうなものは 何かあるかな。
 全体の「時間」の「20分」が使えそうだけど、
 どうやったらいいかな。」
という感じかな。

(4)一回できたら、極めてよく似た問題で何回も
「反復練習」する。
何となく理解できても、
定着がないとすぐ忘れてしまいます。
逆に、同じような問題を何回もやって「パターン」
が身につけば、より分かったような気分になり、
自信も深まります。
この問題では、
距離や時間や速さの数値をわずかに変えただけの
同じ問題を、1週間後ではなく、最初の問題が解けたら
その直後に2・3回繰り返してやって(まさにドリル)、
しっかり定着させることが大切だと思います。

自信も無いのに、えらそうにすみません。
どれも皆、kizakurakarenさんがすでに
熱心になさっていることかも知れませんね。

何らかのヒントに、少しでもなったら幸いです。

では。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

現役の先生からお話を聞かせていただけるなんて、感激です。

>「この問題だけじゃなくってぇ、普通さぁ
 分からない数がxとyみたいに2つあるときには、
 方程式は1つじゃ解けなくて、
 最低2つ必要なんだよね。
 だから、何とかして式を2つ作る必要があるんだ。
 これは、どの問題でもそうだから覚えておいて」

これは非常に大事なポイントだと思います。次回、必ず言います!

あらゆる等式を把握させるのは効果的ですね。

同じような問題は授業でやっているのですが(高速道路で80キロ、一般道路で40キロなど、問題集はたくさんあるので)、一人だとできない(やらない)んですよね。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/01 01:25

#1さんと被りますが、数式がただの記号の羅列にしか見えてないのでしょう(つまり、「ギリシャ語のように」というやつです)。

またそれに加えて、方程式というものを全く理解できていない可能性があります。数式から逆に文章を起こせないようなら、まず間違いないでしょう。その場合「音読させる云々」はまったく効果がありません。それはあくまで、文章を正しく把握するための方法だからです。

じゃどうすればいいの?という具体的な指導方法は分かりません。一度、小学校レベルまでさかのぼって教えるのはどうでしょうか。私の世代は、小学校でも□(四角)を使って方程式を立てて解いてましたので、小学生向けの算数の指導書が参考になるかと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

あー、確かに「xがね…」とか言うとなんとなくイヤそうな感じを見せるときがあります。

数式から逆に文章を起こすというのはよさそうですね。
来週試してみようと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/01 00:33

私も中学生を教えています。


文章題が苦手なのは国語力に欠けるからだと
思っています。
文自体をうまく理解することができない
場合が多々あります。(堅苦しい言葉で
書かれていることが多いですよね)
ですから、問題文を読むときには
わかりやすい言い方に直して部分ごとに
理解できているか確認しながら一緒に読みます。
読みながら図に表したり、読んだところまでで
わかっている状況を、数字や表や式にしながら
文の解読を少しずつ進めます。
どこがわからないのかを、こちらが確認しながら
上手くその方向にいけるように誘導します。
その作業を根気よく続けると、読みながら
頭の中でまとめる訓練ができてくると思います。

今、進めているあたりだと、時間と距離の問題や
食塩水の濃度、割引を使った問題、比を利用した
問題が彼らにとっては難しいようですね。
例にあげられた時間と距離、速さの問題では、
3つの関係がどうなっているかを
理解するところがカギになると思います。
先日、生徒が面白いことを教えてくれました。

    き(距離)
_____________

じ(時間) × は(速さ)

「木の下でじいさん、ばあさん、けんかした」
3つの関係をこのように覚えるそうです(笑)
距離や速さの問題が出ると真っ先にこれを
まず本人がノートに書きます。
文の中の数字や記号をその中に書き込んでいく
というやり方で解いていこうとします。
自分の時にはどんな風に覚えていたか
忘れてしまいましたが、こんな面白いものも
好きになるきっかけになるかもしれません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

私もこないだ生徒から「木の下のじいさん」聞きました。
ものすごくびっくりしました(^_^;)

問題文を全部読んで、最後にまとめて式を作らせるのではなく、
その都度作るというのがよさそうですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/01 00:30

まず図を書かせるのは大切です。


数直線みたいなやつです。参考書によくのっている。
まずあれがかけるようにします。

Aさんが家から1800メートル離れた駅に行きました。最初は分速60メートルの速さで歩きましたが、途中から分速120メートルの速さで走ったところ、駅まで20分で着きました。歩いた距離をx、走った距離をyとして連立方程式を作って求めなさい…というようなものです

この場合だと
「家から途中まで」と「途中から駅まで」と
「家から駅まで」の
速さ、時間、距離をそれぞれつくります。
そのとき、距離はXとYでつくりますよね。
この情報を表に書かせるというのも手です。

それで、「家から途中まで」+「途中から駅まで」
        =「家から駅まで」
というのを作るんだよ、と教えます。
そのときのコツは、その式の中に単位を
書かせることです。
たとえば
Xm+Ym=20分とは
ならないんだよ、という感じで。
全部同じ単位でそろえるんだよ、と。

わたしはいつもそんな感じです。

値段と個数の問題はもっと簡単なんですけどね。

あと、XとYは直接はでてこないから
ストーリーを式にしてれば
勝手に出てくるしくみに
なっているんだよ、文章問題は。
というようなこともいいます。

どうでしょうか…。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

 |ーーーーーーー 20分、1800メートル ーーーーーーー|
 |                          |
<家>→ 分速60メートル →|→ 分速120メートル →<駅>
       xメートル        yメートル

という図は書かせてましたが、「家から途中まで」「途中から駅まで」「家から駅まで」でそれぞれ速さ、時間、距離を把握させるということはしていませんでした。問題を解くのに直接は関係のない事柄でも、まずは全部書くようにしようと思います。

やはり、私も「速さ」の問題だから混乱してしまうのだと思います。「大人のチケットが○円で、子どものチケットが△円で~」というような問題はできるようです。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/01 00:26

まずは、やるきがあるか、無いかが重要ですね。


私もいま中学二年を担当していますが、できない子はやれないと思い込んで、とかないってのが多いです。

解き方ですが、まずは変数は何を何と置くか決めます。
次に、文章のはじめから式を建てていきます。
この歳の生徒は、文章全体を理解して一気に式を建てようとしたらして、つまずきます。
故に、文章をはじめからちょっとずつ読んで、”ここまででこの式がたつね”といった調子でちょっとづつ薦めていきます。
このように教えてきました。
分かりにくいかもしれませんが…
    • good
    • 2
この回答へのお礼

言われてみれば、「なんか難しそう」と見えるものは「わからない」と投げ出してしまうような傾向があると思います。英語の訳もできるのに、「ここの訳できる?」と聞くと大概「わかんない」と言われます。たぶん、自分の考えていることに自信がないのでしょうね。

「わからない」というのは「本当に理解できていない」のでなく「自信のなさ」の表現と捉えると、私もやりやすいかなと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/01 00:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q算数の文章題ができない子に、どう教えれば?

小5の子なのですが、算数の文章題が全くできません。
分からないところを聞いてみると、
「どんなときにどの記号(+-×÷)を使えばいいかよくわからない」
といいます。
そもそも文章から問題のイメージができないようで、
割合の問題や速さの問題なども解けません。
計算問題など機械的にやるものは速く正確に解けるのですが・・・

今後算数をどう教えたら良いか、困っています。
どうかご意見をお聞かせください。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
程度がわかりませんから一般的なお話をします。参考にしてください。

・文章題を声に出して読ませてみてください。

・すらすら読めたら質問します。読み間違いをしているうちはだめです。
「何をしている問題か」「誰が何をしたのか」「何を尋ねているか」など。問題を解く方法に直接関係しない当たり前のことから聞きます。すると、それまで以上に真剣に読むはずです。
ここで、あわてず待つことが大切です。しびれを切らしてヒントを言ったり書いてある場所を教えると自分で考えなくなります。ポイントを自分で発見できるようにします。ここでは、”教えない”のが大切です。

・様子を図や絵にします。
考え方のイメージを表す練習です。はじめは、ポイントがずれたところを詳しい絵にしたがります(例えば木の本数なら木をリアルに書いたりすること)。が、だんだん解き方の本質をうまく図にし始めます。ここでも、違っていてもあまりヒントをあげません。

・式にします。

まず、簡単な問題でされるといかがでしょう。例えば3年生位でやるようなものならやりやすいはずです。5年生のものを突然させると何度も書き直しをすることになってイヤになってしまいます。

また、多くの回答者が書かれている国語の文章読解のことですが、算数の文章題の読み取りにはかなり違いがあります。共通しますが一致しません。ですから、国語をやっても算数の文章題がすぐにできるわけではありません。

>割合の問題や速さの問題なども解けません。

もしこれらが難しいだけなら中学生になってもさほど困りません。例えば、中学生では、100円のX割(10X)が理解できればまず大丈夫です。2割が100円の品物(100÷0.2)というのはほとんど使いません。

>今後算数をどう教えたら良いか、困っています。
参考URLをご覧ください。これは効果的な本ですよ。

参考URL:http://www.bk1.jp/review/0000177605?partnerid=p-1583163702866&volno=0000

こんにちは。
程度がわかりませんから一般的なお話をします。参考にしてください。

・文章題を声に出して読ませてみてください。

・すらすら読めたら質問します。読み間違いをしているうちはだめです。
「何をしている問題か」「誰が何をしたのか」「何を尋ねているか」など。問題を解く方法に直接関係しない当たり前のことから聞きます。すると、それまで以上に真剣に読むはずです。
ここで、あわてず待つことが大切です。しびれを切らしてヒントを言ったり書いてある場所を教えると自分で考えなくなり...続きを読む

Q学習障害でしょうか?数学ができない中学生です。

中学1年の娘がいます。上に高校生が二人います。

幼稚園の頃から、周りの子と比べてかなり幼いこどもでした。

小学校に入ってからは、勉強面で遅れが気になるようになりました。

特に算数が苦手で、低学年の頃でもテストで50点以下。

他の科目がよくできて算数のみが特に悪いという訳ではなく、全体的にできない…といったかんじです。成績は3段階でオール2。算数は1がついたことがあります。

勉強が苦手なので、高校受験で苦労するだろうと思い、中学受験をし偏差値は40ちょいの私立中になんとか進学しました。点数はほんとにギリギリだったと思われます。

算数と国語で受験したのですが、とにかく算数ができない。

基本的な問題だけだったので、過去問から対策をし、個別塾に自習をしに毎日通いました。

本人も希望していた女子校だったので、その時は嫌がらずに行っていました。

塾に通ったのは一年、受験対策は半年です。

中学に入学してからも、1時間の通学も嫌がらず、お友達もそれなりに数人はいるようで、学校には楽しんで通っています。

先日、面談があり父親が行ってきました。

私は現在父親の介護のためかなり遠方の実家に帰っています。末期ガンで余命宣告されている状況(1~2ヶ月)なのでこのまま亡くなるまで実家にいることになります。ちなみに一人っ子のため私以外に介護できる人はいません。

その面談で、中1の現段階で、ほとんどの科目で平均点取れていない状況のままだと高校には上がれない…。授業中も集中力がない。

友達関係も自分で殻を作ってしまいシャットアウトしてしまっている、自分に自信を持てていない…と。


数学がとにかくできなくて、例えば5X+6=16 という問題だと 5X=16-6 まではできます。そのあとの5X=10 からが何度教えても X=10-5 としてしまいます。

教えてすぐはできるのですが、次の日には同じ間違いをします。

また、文章問題も問題の意図しているところを理解できていません。


頭が悪く覚えられないだけなのか、学習障害があるのか‥。

学習障害なら私達親の対処の仕方を変えないといけませんよね。

今は父親は特に頭ごなしに怒り、娘に対してものすごくバカにします。

担任は若い女の先生であまり頼れそうにありません。

中学1年の娘がいます。上に高校生が二人います。

幼稚園の頃から、周りの子と比べてかなり幼いこどもでした。

小学校に入ってからは、勉強面で遅れが気になるようになりました。

特に算数が苦手で、低学年の頃でもテストで50点以下。

他の科目がよくできて算数のみが特に悪いという訳ではなく、全体的にできない…といったかんじです。成績は3段階でオール2。算数は1がついたことがあります。

勉強が苦手なので、高校受験で苦労するだろうと思い、中学受験をし偏差値は40ちょいの私立中になんと...続きを読む

Aベストアンサー

 こんばんは。状況を丁寧に説明していただき恐縮です。
「国語」の問題。これは取っ掛かりの糸口が「子ども達と遊ぶ」との中にありました。
 恐らく、娘さんは「言葉を紡ぐ能力」を十分に秘めていると考えられます。けれどそれを「どの様な形で示せば良いのか」との方法を思いつかないだけではないでしょうか。
 「子ども達と遊ぶことが好き」ならば、「読み聞かせ」をしてはどうでしょう。短い物語の情景や内容を「相手に具体的な形で想像させる」作業ですから、読み手には「物語の梗概や展開」をコンパクトにまとめる作業が求められます。そしてそこに書かれている「台詞」と「台詞を引き出す背景や切っ掛け」をどの様に異なる口調やテンポ・リズム・アクセントで表現するかによって、人物像や心情を作ることにもつながります。
 この作業を文字に置き換えるのが作文です。テーマや課題に沿って、「なぜ~なのか」との問いを立て、それに対応する説明を試み、そして「~だから」と結ぶ。こうした作業を短いものから始め、徐々にその紙幅を増やしていく形です。
 文章を書く時に留意する点は簡潔に書くことであり、それは主語と述語の関係を明確にする、そのために一つのセンテンスを短くする、形容詞や副詞の掛かりと受けの関係を明確にする、などのポイントもあります。
 児童向けの作品や絵本は、最小限の言葉で最大限のイメージを掻き立てるにはもってこいのテクストともいえます。
 そして最初から「読み聞かせ」をするには難しいかなとも感じられましたので、森繁久弥さんの最後の仕事となった『葉っぱのフレディ』の録音CDとオリジナルの本をプレゼントしてみて下さい。最初は本だけを読んでみる。次にCDを聴いてみる。そして「本」で印象に残った言葉と「CD」で印象に残った言葉を比較してみる。
 すると「何のどこが違うのか」を自分で知る手掛かりとなります。そして「自分が読むとしたらどの様に読むか」をイメージして、「実際に」読んでみる。
 CDは朗読も生業の一つとしていた職人の仕事ですから、読み方に工夫があるはずです。そしてその背景には「作品をどう読めば相手に印象的に伝えることができるか」との問題があり、それに対する答えが「工夫」として表現技法に活かされます。一ヶ所の突破口を見つけることができれば、そこから国語学習には様々な転用もできます。論旨展開や表記の言い換え、文脈の追い方やそのための論理構築と幅を広げていくことが可能です。
 ただ一つだけ心してかからねばならないこととして「自分も子ども達と一緒になって遊ばない」との距離感を保つことが大切です。大学生がボランティアとして子供と接している時には常に「子供一人一人の状況」を観察して注意を払っている部分にありますから、そうした部分を学ばせることも大切ですね。

 こんばんは。状況を丁寧に説明していただき恐縮です。
「国語」の問題。これは取っ掛かりの糸口が「子ども達と遊ぶ」との中にありました。
 恐らく、娘さんは「言葉を紡ぐ能力」を十分に秘めていると考えられます。けれどそれを「どの様な形で示せば良いのか」との方法を思いつかないだけではないでしょうか。
 「子ども達と遊ぶことが好き」ならば、「読み聞かせ」をしてはどうでしょう。短い物語の情景や内容を「相手に具体的な形で想像させる」作業ですから、読み手には「物語の梗概や展開」をコンパクトに...続きを読む

Qいい数学の先生ってどんな教え方をする先生でしょうか?

こんばんは。

いい数学の先生ってどんな教え方をする先生だと思いますか?

抽象的な質問ですみません。
例えば、
・公式はたくさん覚えるべきだ、と主張する先生
・とにかく問題はたくさんとくべきだという方針の先生
のような感じで答えていただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

『良い選手は良い監督になれない』では無いかなぁと思います。
中には王監督のように良い選手でありよい監督である事もありますよ。
ではその差は何か?と考える…

理論的な頭からすれば数学の目標はいち早く答えにたどり着く事かと思うんです。
そうなると途中の計算式や考え方ではなく、『こう言う問題はこう考えてこう答える』
これがマニュアル化してしまう可能性があるんですね。
ですから『わけ解らないまま答える』という事が大いにありうるんです…

確かに、実際の数学の試験では問題解決の方針を考えている余裕が無い事が多いです。
ですが、どう考えるのかどういうものかを、しっかり教える先生が良い先生かと思うんです。

私は数学が大好きで理系大学に入り、朝な夕な家庭教師をしていました。
私が良い教師であるかは、生徒にきかなければわからないでしょう。
ですが少なくとも、中学高校時代の数学教諭と比較して『解りやすい』とは言わていましたね。

何のためらいも無く公式を言う、『ここまで教えなさい』という事が頭から離れない教師と
自由奔放に以下に数学って面白いんだよを主張する私では比べてはいけないのでしょうけれど…
例えば2次関数
私は家庭教師時代とにかくグラフを書かせる事に徹しました。
展開や因数分解などしない、とにかく式からグラフを書かせるんです…
公式はその後でした。
式の変形は公式は必要ないんですね。きちんとどういうものかを見せる事により
計算結果が雰囲気で正誤判定ができるようになりました。
パズルのようなものです。算数は平気なのに数学になったと慌てるから駄目
算数と同じようにじっくり解るように教えれば、後は生徒に任せていても実に速く解けるようになるんですね。
待て!と言ってもどんどん次から次へ進んでしまう…
『良い点数を取らせる事』よりも『数学は楽しい』と言ってもらえる事を目指すのが良い先生かなぁなんて我ながら思いました…

と言いつつも、いまだに忘れない言葉があります。
『紫蘭先生のおかげで点数がが25倍になった!』
普段出来てもせいぜい一問、4点だった生徒が100点満点を取ったんだな…
あの時は驚いて次の瞬間、自分の事のように泣いてしまった…

もし宝くじで3億円当たったら家を建てて、その一室でもう一度、家庭教師をしたいなぁなんて思う紫蘭でした…
箇条書きになっていませんでしたね失礼しました…

・数学のイメージをきちんとつけてくれる先生
・数学は実は楽しいという事を気づかせる先生
と言う所でしょうか…

『良い選手は良い監督になれない』では無いかなぁと思います。
中には王監督のように良い選手でありよい監督である事もありますよ。
ではその差は何か?と考える…

理論的な頭からすれば数学の目標はいち早く答えにたどり着く事かと思うんです。
そうなると途中の計算式や考え方ではなく、『こう言う問題はこう考えてこう答える』
これがマニュアル化してしまう可能性があるんですね。
ですから『わけ解らないまま答える』という事が大いにありうるんです…

確かに、実際の数学の試験では問題解決の方針...続きを読む

Q中学の勉強の仕方、理科と社会に限って教えて下さい!

中学の勉強の仕方、理科と社会に限って教えて下さい!
今度中2になる娘の母親です。
5科目のうち、特に理科と社会が嫌い&苦手です。
もちろんテスト範囲は教えて頂けるのですが、ポイントを絞りきれないというか、暗記しきれず点数につながりません。
ノートまとめは得意な方ですが、何か結果、理解につながる良い勉強方法やお勧め参考書などありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

私は中学のとき社会がかなり苦手でした。中1のとき30~50くらい。中3には80越えをコンスタントに出せるようになりました。


以下私の勉強方法です。

社会は暗記だけで8割取れます。なのでわからないことや忘れてしまった内容を教科書で調べたり、じっくり考えてひねり出す行為は時間の無駄です。即答えを見て下さい。もちろんノートに1つ1つまとめるのなんて本当に時間の無駄です。最悪と言ってもいい勉強方法ですね。なぜならノートにまとめる行為をするとたった1回それを書いただけなのに覚えた気になってしまうことが何より危ない。教科書をただ模写しただけ。ノートまとめがうまい、これはきれいに様々な色ペンを駆使して作っているのでしょうか?効果ははっきり言って薄いです。


私は問題集などにまず答えを全て書きます。もしくは解答の冊子の方を初めから使います。これをテスト範囲などに合わせて初めから読みます。例えば問題集の1~10ページまでがテスト範囲になる場合、問題を読んですぐ答えを読む。というのを10ページまでやり、また1ページに戻り同じように繰り返します。ノートにまとめる時間があればこれを5周以上することが可能です。単調な作業に思えますが効果は絶大です。7周くらいしてくるとだいたい答えが即答できてきます。10周もすれば『3ページ目の5番目のやつはあの問題で、、答えはあれ』というよに問題を見なくても問題と答えをセットで覚えているはずです。


高速反復。飽きるほどの繰り返しこそ暗記の王道であり最短ルートです。自信持ってオススメします。必ず高得点につながります。10周してから答え見ずにやってみればどれだけ覚えられたかわかるはずです。そしてそれが本人の大きな自信につながると思います。

私は中学のとき社会がかなり苦手でした。中1のとき30~50くらい。中3には80越えをコンスタントに出せるようになりました。


以下私の勉強方法です。

社会は暗記だけで8割取れます。なのでわからないことや忘れてしまった内容を教科書で調べたり、じっくり考えてひねり出す行為は時間の無駄です。即答えを見て下さい。もちろんノートに1つ1つまとめるのなんて本当に時間の無駄です。最悪と言ってもいい勉強方法ですね。なぜならノートにまとめる行為をするとたった1回それを書いただけなのに覚えた気になっ...続きを読む

Q中学の数学が全くわからないorz

いま中学3年生なのですが、1年生のときから数学は大きくても25~6点台しか取れないほど数学が大の苦手です。

そんな私でも数学が楽しく理解できる、そういった勉強方などを教えていただけたらと思っております。

どうか心優しい方、こんな無知の私にお教え下さい!

Aベストアンサー

こんにちは。

数学のテストでそこそこの点数を取れても、大人になってからは、生活や仕事で数学を活かせない人がほとんどです。
つまり、あなたの実力は、70点ぐらい取れる人と大して変わらないという見方もできます。

なぜ数学を活かせないかというと、マニュアルどおりに教科書と授業だけで、受け身で勉強しているからなんです。
数学を理解するには、ときに「寄り道」が必要です。

たとえば、私は小学校のときに算数の読み物を読んで、それには、4÷7のこたえが4/7になるということを図で説明しているページがありました。
帯グラフみたいな図です。
1個1個目盛りを数えて確認すると、たしかに4/7になっていました。
私は大変驚きました。

小学校5~6年の時には、家にあった百科事典に数学のことが書かれていたのを読みましたが、それには
(a+b)^2 = a^2 + 2ab + b^2
(a+b)(a-b) = a^2 - b^2
という不思議な式が書かれていました。
本当なのかどうか、aとbに色々な数を入れて実験しました。
何を入れても、 = の左と右は同じ計算結果になります。
これにも大変驚きました。

驚くと覚えるんです。
たぶん、25点ぐらいしか取れていないのは、驚くべきところで驚いていない、あるいは、色々と「実験」をした経験がないのだと思います。

あと、計算ミスというものがあります。
九九の中の1つを忘れても致命傷になる場合がありますが、私の場合は引き算に傷がありました。
13-8=7 だったかな?
そう間違える癖があることを自分で発見し、自分で「やばい」と思い、自分で対策をしました。

以上のことに共通して言えるのは、(多少はほかの人からアドバイスされるにしても)基本的には自分でやるということです。
人から言われて勉強することほど嫌なことはありません。
言われる前にやりましょう。
そして、「寄り道」と「実験」は、今から夏休みの終わりまでならできます。
そうすることにより、自分が得意な単元を1つずつ増やしましょう。

こんにちは。

数学のテストでそこそこの点数を取れても、大人になってからは、生活や仕事で数学を活かせない人がほとんどです。
つまり、あなたの実力は、70点ぐらい取れる人と大して変わらないという見方もできます。

なぜ数学を活かせないかというと、マニュアルどおりに教科書と授業だけで、受け身で勉強しているからなんです。
数学を理解するには、ときに「寄り道」が必要です。

たとえば、私は小学校のときに算数の読み物を読んで、それには、4÷7のこたえが4/7になるということを図で説明している...続きを読む

Qこの成績で偏差値63の公立高校は無理?

通塾してない中2の娘は、偏差値63の公立進学校を志望しています。
中1、3学期の、成績表は5教科23。9教科39でした。
定期テストは学年230名の中学校で平均40番でした。
得意科目は、英、数。やや点を取れない科目は理、社で、
この2教科が、学年順位を下げています。

2年1学期の定期テストは、5教科計206点、学年順位43番。
2年夏休み明け実力は、5教科計194点、学年順位38番でした。

2年1学期に受けた塾の模試は偏差値59でした。

質問は、これから塾に行き頑張るとして
偏差値63の公立高校は、可能性があるかというものです。
言い訳のようですが、塾に行き効率の良い学習指導を受ければ
私は、少しは競争もあるし成績がわずかながら上向くのではと思うのです。
でも塾に行ったからといって上がるわけは無く
塾+本人の努力とやる気だと思いますが。

偏差値59ぐらいの子が偏差値を63まで上げるのは
奇跡に近いと言われました。
やはりそうなのでしょうか?
最初から、無理なのでしょうか?
やはり偏差値63の公立の進学校に行く人は、
最初から、偏差値65ぐらいある人ばかりなのですか?
アドバイス、よろしくお願いします。

通塾してない中2の娘は、偏差値63の公立進学校を志望しています。
中1、3学期の、成績表は5教科23。9教科39でした。
定期テストは学年230名の中学校で平均40番でした。
得意科目は、英、数。やや点を取れない科目は理、社で、
この2教科が、学年順位を下げています。

2年1学期の定期テストは、5教科計206点、学年順位43番。
2年夏休み明け実力は、5教科計194点、学年順位38番でした。

2年1学期に受けた塾の模試は偏差値59でした。

質問は、これから塾に行き頑...続きを読む

Aベストアンサー

ウチの子(現高三)と同じ状況ですね。
ウチの子は、中三の春60ぐらいから、63の公立に行きました。
校内の成績は、9教科36~39ぐらい
220人中良いときで30番台後半、悪いときで60番ぐらい。5教科平均点は、400~420点でした。

どのデーターを取ってもほぼ同じですね。

>偏差値59ぐらいの子が偏差値を63まで上げるのは奇跡に近いと言われました。

ウチも中三春の時点で同じ事言われました。
子供の高校の同級生の話を聞くと、得点率90%は当たり前、5教科満点という強者も結構います。
ここで、偏差値の話から
偏差値65以上の上位7%に成績表の5が付きます。
偏差値63は、上位9.7%(22/223)
偏差値59は、上位18.5%(42/223)
となります。結構当たってますね。
つまり、63まで上げるということは、
学内で、22番以内に入るということです。
中間期末は、範囲も少ないので、突如ランクインすることもありますが、常時20番前後が出れば、偏差値63ぐらいなったと言って良いでしょう。

もし、受験直前まで偏差値63までたどり着かなかった場合、志望校の志願倍率などみて受験を決めたら良いと思います。1.1倍ぐらいなら、60ぐらいでも充分合格できると思います。(ウチの子の時はコレだった)
1.3倍だったら60では先ず無理だと思います。

普通、志願倍率が教育委員会から、HPに発表になってからも志願先を変更できると思います。(地域によって違うかも)

成績上位(43/223)から、22番ぐらいに上げるのは、『相手も頑張っている』ゾーンなので、結構努力が必要です。(それでも絶対ではない)

いずれにせよやる前にあきらめるより、直前まで頑張る事を小生は薦めます。

ウチの子(現高三)と同じ状況ですね。
ウチの子は、中三の春60ぐらいから、63の公立に行きました。
校内の成績は、9教科36~39ぐらい
220人中良いときで30番台後半、悪いときで60番ぐらい。5教科平均点は、400~420点でした。

どのデーターを取ってもほぼ同じですね。

>偏差値59ぐらいの子が偏差値を63まで上げるのは奇跡に近いと言われました。

ウチも中三春の時点で同じ事言われました。
子供の高校の同級生の話を聞くと、得点率90%は当たり前、5教科満点という強者...続きを読む

Q5年生 割合の問題を教えてください

小学5年生の子どもに割合をうまく教えられず困っています。

例)あゆみさんのクラスでは風邪で9人休みました。
これはクラスの30パーセントにあたります。
クラスの人数は何人でしょう?

あとで算数の教科書を見たら、
(もとにする量)=(くらべる量)÷(割合)を使って解くことになるようです。
しかし、この式でなぜ解けるのかが教えられません。
中学生だと、(割合)=(くらべる量)÷(もとにする量)から、式を変形させればいいと教えられるのですが…
本人は、(割合)=(くらべる量)÷(もとにする量)については理解できています。

ちなみに私は、(もとにする量)=(くらべる量)÷(割合)なんて覚えていないので、いきなり質問されて頭の中でX×0.3=9という式をつくり、X=9÷0.3と変形させてからでないと解けませんでした。

Aベストアンサー

割合の公式は3つ
(1)比べる量=もとにする量×割合
(2)割合=比べる量÷もとにする量
(3)もとにする量=比べる量÷割合
一方、小2、小3で出てくる計算式では
(1)全体の量=1あたり量×○つ分
(2)○つ分=全体の量÷1あたり量
(3)1あたり量=全体の量÷○つ分
(例)1人に飴を3個ずつ5人に配ると、全部で15個必要です。
前者の割合の式3つと、後者の計算式3つは実は原則は同じです。
割合では、もとにする量を1と見ます。比べる量は、後者では全体の量。割合は、倍と同じ仲間ですから易しく言えば○つ分ということです。したがって、
 もとにする量(1あたり量)を○、比べる量(全体の量)を□、割合(○つ分)を△とおけば、いかなる場合も、3つの数量の関係は、以下のようになります。
(1)□=○×△
(2)△=□÷○
(3)○=□÷△
これは、割合だけでなく、速さの問題などいろんな場面で使えます。つまり、掛け算割り算を習った段階で、この原理原則は、すでに小3で完成されているわけです。あとは数値が、大きくなったり、小数になったり、分数になったり、倍や%が出てきたりするだけのことです。ですから、算数における飛び級などもありうるわけです。

割合の公式は3つ
(1)比べる量=もとにする量×割合
(2)割合=比べる量÷もとにする量
(3)もとにする量=比べる量÷割合
一方、小2、小3で出てくる計算式では
(1)全体の量=1あたり量×○つ分
(2)○つ分=全体の量÷1あたり量
(3)1あたり量=全体の量÷○つ分
(例)1人に飴を3個ずつ5人に配ると、全部で15個必要です。
前者の割合の式3つと、後者の計算式3つは実は原則は同じです。
割合では、もとにする量を1と見ます。比べる量は、後者では全体の量。割合は、倍と同じ仲間ですから易しく言えば○つ...続きを読む

Q小学6年生算数の比の文章問題がわからないです

小学6年生算数の比の文章問題がわからないです。
問題 あるクラスの男子と女子の人数の比は6:5で、全体の人数は33人です。女子の人数は何人ですか。女子の人数をXとして式を作り、答えを求めましょう。
上記の問題を子供に教えようとしましたがどうも説明できませんでした。

Aベストアンサー

6:5ですから全体は11になります。全体と女子の比は11:5となるので、
11:5=33:Xです。
内項の積と外項の積は同じなので、
11X=5×33
11X=165
X=15
となります。
まあ、それよりも簡単なのは、33×5/11=15となるのですけど。

Q理解力のない友達と話すとイライラしてしまいます。

理解力がかなり乏しく、話しているとイライラしてしまう友達がいます。
イライラする事で、強い口調で訂正してしまったりする事がありますが、
理解力のなさは相手の能力の問題でしょうし(治せない本人の素質といいますか)
これって友達として成り立っていないという事でしょうか・・?

どのくらい理解力がないかというと、
・全ての会話に主語をつけないと、誰が、どうしたという部分がわからなくなる。
・1から10まで、ひとつひとつ段階を追って説明しないと、状況理解ができない。
のです。
また、語彙力や、知識も乏しい事が理解力のなさに拍車をかけていると思います。

よくIQが20以上離れていると会話が成り立たないといいますが、それに近いですか?
IQ高いほうが低いほうに噛み砕いて説明するべきと言っている人を見かけたことがありますが、
噛み砕いて話すために一つのエピソードを語るのに3倍近い労力を使うので、
いつもしゃべりつかれてしまいます。

ちなみに、その友達の事は好きですし、友達として付き合っていきたいです。
でも、話すといつも私が、だからーそうじゃなくって!と言ってしまう事が多いんです。
全て丁寧に噛み砕いて話すと、ここまで話してるんだから理解できるでしょうという気持ちになって、
疲れてしまって会話が面白くなくなったり。(会話ってテンポが必要ですから・・)
お互いを思いやる気持ちはあれど、楽しくいられないなら友達として成り立たないのかな。。

みなさまの経験談あれば教えて下さい。また、このような友達と上手く付き合っていく方法を教えて下さい。

理解力がかなり乏しく、話しているとイライラしてしまう友達がいます。
イライラする事で、強い口調で訂正してしまったりする事がありますが、
理解力のなさは相手の能力の問題でしょうし(治せない本人の素質といいますか)
これって友達として成り立っていないという事でしょうか・・?

どのくらい理解力がないかというと、
・全ての会話に主語をつけないと、誰が、どうしたという部分がわからなくなる。
・1から10まで、ひとつひとつ段階を追って説明しないと、状況理解ができない。
のです。
また、語彙力...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。女性です。

質問者さんの気持ち分かります(笑)
大変ですよね~
「だからそうじゃなくて」と何回言ったか。
私自身、他の人と話していてもちゃんと通じるし、なるべく細かく話すようにはしているのですが…
流石に、私にはその友達ほど「全てに主語」をつけるくらいの友達はいませんが、複数人と話していて「だからそうじゃなくて」と説明することが多々ある人がいます。

伝達能力がないから、と言われればそれまでかもしれませんが、他の人とも話していてもそうなるのですから、伝える側の努力だけではなく、理解する側もどうにかする努力はして欲しいと思います。
一番困るのは本人なんですし、どうにかしやすいのも本人なんですから。(病気かなにかでそうなのであれば仕方ないのですが、単に勉強不足だったり集中してなかったりといった本人がどうにかできることを放置しておくのは問題が違うと思いますので)

それで、私が思うそうなる原因は、いくつかあると思っています。

その友達は、質問者さんじゃない他の人との会話ではどうなのでしょうか?
全員にそのような状態が起こるのであれば、友達自身の問題だとは思いますが、一人でもそうでない場合、何かしらこちら側にも理由があって、通じないのだと思います。
例えば「口調」
ゆっくり話せば理解できるけど、そうでない場合、頭の中がついていかない。
「内容」
特に女性とかだと、話題・話のポイントがポンポン飛びます。
話している本人には自覚がないけれど、一つのことを話すのに、様々な情報が混ざって分かりづらくなっていることがあります。
友達というのは男性でしょうか?
もしそうなら、男性の「会話の仕方」と女性の「会話の仕方」が違うので、話していても着目・気にする部分が違うので、主語を使わないと「頭の中で思い浮かべるもの」が違ってくるので、通じにくくなります。
また、男性脳は同時に複数のことを処理することが難しい(女性より苦手)とのこと。
シンプル・単純な話を一つ一つ積み重ねていくような会話だと大丈夫かもしれません。
そういう意味では、友達は男性的な会話の仕方の傾向が強いのかも。
それだと女性的同士の話の仕方では難しいと思います。

誰と話しても同じようになる場合。
「聞いていない部分がある」
一つ前のことについて考えていたりして、次の言葉を聞いていない。
これはあるでしょう。
「発想が変わっている」
これもあるかもしれません。
周りが当たり前のように結びつける対象と、友達が結びつける対象が、そもそも違う。
話のポイントがずれているんですよね。
“イヤイヤ、注目して欲しいのはそこじゃないから”ってところに注目する。
これは仕方ないですね。
「文章の最初を忘れてしまう」
短期記憶がうまくできないのかも。
文章を短くすることで対処できるかも。

あ、あと、多分IQはあるかもしれません。
前に聞いたのでは、とても高いIQの人は、普通の人と会話してもつまらない?疲れるみたいです。
普通の人って「あれ何だっけ」とか忘れることあるでしょ?
IQが高い人からすれば「なんで忘れるんだろう?」となり、「普通(その人の中で)覚えてるでしょ?聞いたんだから。」とか「理解できるでしょ?丁寧に説明したんだから」となるみたいです。
だから、そういう高いIQの人達の集まりがあるとのこと。
必然的に同じ高いIQ同士で結婚することが多いとのこと。
きっと、これと同じような感じかもしれません。

友達を続けるなら、なるべく短文で丁寧に話していくしかないんじゃないでしょうか?
多少の改善はあるかもしれませんが、劇的に変わることはありませんし、友達は友達のままです。
イライラしそうな時は距離を取り「友達の個性」として、笑いにできる余裕のときに会っては?
程よく距離をとることも人付き合いには大切だと思いますよ?
私は職場の同僚で仕事の話をしなくてはいけない相手だったので、皆との会議は大変でした(汗)

がんばってくださいね!

こんにちは。女性です。

質問者さんの気持ち分かります(笑)
大変ですよね~
「だからそうじゃなくて」と何回言ったか。
私自身、他の人と話していてもちゃんと通じるし、なるべく細かく話すようにはしているのですが…
流石に、私にはその友達ほど「全てに主語」をつけるくらいの友達はいませんが、複数人と話していて「だからそうじゃなくて」と説明することが多々ある人がいます。

伝達能力がないから、と言われればそれまでかもしれませんが、他の人とも話していてもそうなるのですから、伝える側の努...続きを読む

Q中学生 国語の文章問題の解き方のコツ教えて!

国語の文章問題の解き方のコツ教えてください!
私は答えを探すのに時間がかかってしまいます。
コツっていうか、みなさんはどんなふうにといてますか?

私は、文章全部読んで
次に問題読んで
もっかい文章読みながら
その問題の鍵となる部分に線を引いて
少し考えてといてます。
文章読むスピードが遅いんだと思うんですが、早く読むと 内容が全然頭に入ってきません!

Aベストアンサー

良い子は早く寝るのだ。おっちゃんは子供じゃないから夜更かしして……かあちゃんに叱られる始末だ。
国語の文章問題の解き方は、論説文と物語文とで分かれる。今回は論説文について考えよう。
論説文は、要するに「筆者は何が言いたいか」を突きとめればいい。そのためにこそ、読解するのである。次の(1)~(3)の手順を踏む。

(1) まず、問題を先に読む。先に文章全部読むのは、残念な子(アホな子)だ。
とは言っても、問題は細かくいろいろなことを要求して来るので、問題をすべて頭に入れてから文章を読むのは、なかなか無理である。だいたいでいいから、問題をひととおり読む。

(2) 次に文章を全部読む。このとき、線を引きながら読む。波線または直線である。

波線
指示代名詞、接続詞に波線を引く。これは文法の品詞分類が目的じゃなくて、文章全体の中で文や段落がどうつながっているかを知るためである。この段落でいうと、「これ」に波線を引くわけだ。指示語的な語句、接続語的な語句にも波線を引く。例を挙げると、「というわけで」は文法的には接続詞ではないが、接続語的な語句といえる。

直線
「たぶんここが筆者の言いたいポイントかも」と思われるところに、線を引いておく。

(3) もっかい問題を読んで、それに対応する文章の部分を読み、解いていく。
波線を引いた語句が、それぞれどこを指しているか、あるいは、どことどう接続しているかを考えると、役に立つ。「どう接続しているか」には、逆接、言い換え、具体例、理由、結論などがある。
文章全体の中で文や段落がどうつながっているかが分かれば、話の流れが見えて来て、筆者が結局何を言いたいかを把握できる。

ちなみに、物語文の読解は「追体験」が大切である。「登場人物(または筆者)はどう感じたか」を、読者が追体験する、すなわち相手の気持ちになって考えてみるのである。

良い子は早く寝るのだ。おっちゃんは子供じゃないから夜更かしして……かあちゃんに叱られる始末だ。
国語の文章問題の解き方は、論説文と物語文とで分かれる。今回は論説文について考えよう。
論説文は、要するに「筆者は何が言いたいか」を突きとめればいい。そのためにこそ、読解するのである。次の(1)~(3)の手順を踏む。

(1) まず、問題を先に読む。先に文章全部読むのは、残念な子(アホな子)だ。
とは言っても、問題は細かくいろいろなことを要求して来るので、問題をすべて頭に入れてから文章を読む...続きを読む


人気Q&Aランキング