答えと解き方を教えてください

∫cos3xsinxdx の求め方を教えてください。

ちなみに上端はπで 下端は6/πです。

お願いします。

A 回答 (5件)

♯2じゃなくて、♯1+♯3のようだが。

    • good
    • 0

#2です。



三角関数の積和公式より
cos(3x)sin(x)=(1/2)sin(4x)-(1/2)sin(2x)
なので

定積分=∫[π/6,π] cos(3x)sin(x)dx
=[-(1/8)cos(4x)+(1/4)cos(2x)] [x:π/6,π]
=-(1/8){1-cos(2π/3)}+(1/4){1-cos(π/3)}
=-(1/8){1+(1/2)}+(1/4){1-(1/2)}
= …
というように計算すればいいですね。

別解
3倍角の公式
cos(3x)=4(cos x)^3 -3cos x
を利用して
定積分=∫[π/6,π] cos(3x)sin(x)dx
 =∫[π/6,π] {-4(cos x)^3*(cos x)'dx-∫[π/6,π] {-3(cos x)*(cos x)'dx
= [-(cos x)^4] [x:π/6,π]+[(3/2)(cos x)^2] [x:π/6,π]

=-1/16
    • good
    • 0

cos の三倍角公式を使って、y = cos x で置換積分すると、



∫[π/6 から π まで] cos(3x) sin(x) dx
= ∫[(√3)/2 から -1 まで] (3y - 4y^3) dy

となります。多項式の積分は、できますか?
    • good
    • 0

「cos3x」は cos(3x) ですか? それとも (cos x)^3 (3乗) ですか?



後者なら、
∫(cos x)^3 *(-cos x)' dx =-(1/4)(cos x)^4 +C …(1)

>上端はπで 下端は6/πです。
下端は(π/6)では無いですか?

そうなら、定積分は
∫[π/6,π] (cos x)^3 *(-cos x)' dx =-(1/4)(cos π)^4 +(1/4)(cos(π/6))^4
=-(1/4)(-1)^4 +(1/4)(√3/2)^4
=-(1/4)+(1/4)(9/16)
=-7/64

この回答への補足

3はxの係数の3です。
なので三乗ではないです。

わかりにくくてすみません。。。


あと下端はπ/6であってました><



ミスすみませんでした。

補足日時:2011/04/20 22:28
    • good
    • 0

積--->和の公式を使って


∫cos3xsinxdx
=(1/2)∫(sin4x-sin2x)dx
=(1/2)[-(1/4)cos4x+(1/2)cos2x]
これにπ,π/6を代入してみてください
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q積分公式の記述での使い方

記述式の問題で積分公式(インテグラル無しで面積を求められるやつです)を使っても減点はないでしょうか。


例えば、こんな感じで

積分公式よりS=~



積分公式は教科書に載っていないので、こういう使い方が受験に通じるのか不安です。回答お願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ。

確かに「積分公式」ってなんのことでしょうか?
それも「インテグラル無しで面積を求められるやつ」とは・・・?

もしかして、次のような式のことですか?
∫[α→β] (x-α)(x-β) dx= -1/6* (β-α)^3

いずれにしても、
>積分公式よりS=~
といった表現では通用しません。
すでに、ここの質問でも通用していないくらいですから。

単に積分の計算であれば、とくに明記せずに用いてもいいと思います。
この式自体を示せと言われれば、きちんと計算しないといけません。

Q複素積分について ∫[-∞→∞]cos(px)/(1+x^2)dxを複素積分で求める時、 一旦cos

複素積分について
∫[-∞→∞]cos(px)/(1+x^2)dxを複素積分で求める時、
一旦cos(px)をexp(ipz)として、∮exp(ipz)/(1+z^2)dzを考えていき、最後その実部を解としますが、cosのまま計算しないのは何故でしょうか。

cosのまま考えてもみましたが、∮cos(pz)/(1+z^2)dz=∫[-R→R]cos(px)/(1+x^2)dx+∫[半円]cos(pz)/(1+z^2)dzとして考えると、∮cos(pz)/(1+z^2)dz=π(exp(-p)+exp(p))となって余分なπexp(p)という項が出て来て計算が合わなくて困っています。

分かる方がいらっしゃいましたら回答よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

>∮cos(pz)/(1+z^2)dz=∫[-R→R]cos(px)/(1+x^2)dx+∫[半円]cos(pz)/(1+z^2)dzとして考えると
この2項目が"0"に収束すると考えたのでしょうか?
しません。2項目は収束しますが別の値に収束します。
少し考えてみるとわかりますが半円上でcos(pz)の値は半径を大きくすると絶対値は極端に大きくなります絶対値の大きさだけを見るとその大きくなる速さはzの絶対値よりもはるかに速く大きくなります。(pの値によりますが)
ですからcos(pz)/(1+z^2)の積分した値が"0"になるという考えがそもそも間違っているのです。むしろ発散するかもしれないと考える方が普通です。

Q数IIIの積分法なんですが置換積分と部分積分法の公式のどっちを使って問題と

数IIIの積分法なんですが置換積分と部分積分法の公式のどっちを使って問題とくかわかりません。問題のどの部分を見てどちらの公式を使うか教えて下さい。

Aベストアンサー

まず置換積分できるか調べましょう.このためには被積分関数を二つの関数の積と考え,一方の関数が他方の関数の原始関数の関数になっていれば置換積分が使えます.すなわち,被積分関数を f(x)g(x) と表したとき,G'(x)=g(x) である G(x) を用いて f(x)=h(G(x)) となる関数 h(u) が見つかれば
∫f(x)g(x)dx = ∫h(G(x))G'(x)dx = ∫h(u)du
です.例えば
(log 2x)/(x log x^2) = h(log x){log x}'
h(u) = (u + log 2) / 2 u = 1/2 + (log 2)/2u
だから
∫(log 2x)/(x log x^2)dx = (1/2){log x + (log 2)log(log x)} + C
となります.
置換積分がダメそうなら部分積分できるか調べましょう.概してこちらの方が調べるのが面倒です(とくに漸化式を使う場合).

Q定積分∫[0~π/2]log{a^2(cos x)^2+b^2(sin

定積分∫[0~π/2]log{a^2(cos x)^2+b^2(sin x)^2}dxの回答をわかりやすく教えてください。お願いしますm(__)m

Aベストアンサー

定積分∫[0~π/2]log{a^2(cos x)^2+b^2(sin x)^2}dx  (a>0,b>0)

与式=∫[0~π/2]log{(a^2(cos x)^2)(1+(b/a)^2・(tanx)^2)}dx
  =∫[0~π/2]log(a^2(cos x)^2)dx+∫[0~π/2]log((1+(b/a)^2・(tanx)^2)dx
  =2∫[0~π/2]log(a)dx+2∫[0~π/2]log(cos x)dx+∫[0~π/2]log(1+(b/a)^2・(tanx)^2)dx
  =πlog(a)-πlog(2)+∫[0~∞]log(1+(b/a)^2・t^2)/(1+t^2)dt
  =πlog(a)-πlog(2)+πlog(1+(b/a))
  =π(log(a)-log(2)+log(a+b)-log(a))
  =πlog{(a+b)/2}

・・・としてみたものの、ちと難しい。3項目の積分は多分(留数の定理・・?)を使って積分値を計算出来るとは思うが・・・?
一応公式集に3項目の定積分の値があったので利用した。

定積分∫[0~π/2]log{a^2(cos x)^2+b^2(sin x)^2}dx  (a>0,b>0)

与式=∫[0~π/2]log{(a^2(cos x)^2)(1+(b/a)^2・(tanx)^2)}dx
  =∫[0~π/2]log(a^2(cos x)^2)dx+∫[0~π/2]log((1+(b/a)^2・(tanx)^2)dx
  =2∫[0~π/2]log(a)dx+2∫[0~π/2]log(cos x)dx+∫[0~π/2]log(1+(b/a)^2・(tanx)^2)dx
  =πlog(a)-πlog(2)+∫[0~∞]log(1+(b/a)^2・t^2)/(1+t^2)dt
  =πlog(a)-πlog(2)+πlog(1+(b/a))
  =π(log(a)-log(2)+log(a+b)-log(a))
  =πlog{(a+b)/2}

・・・としてみたものの、ちと難...続きを読む

Q分点座標が±0.5のGauss-Legendre積分公式を知りませんか。

高精度化が必要な数値計算をやっています。
特に、数値積分の高精度化が必要なため、Gauss-Legendre積分公式の使用を考えています。
ただし、解く方程式が積分方程式であるなどの理由からそのままでは使用できません。
使用するためには、Gauss-Legendre積分公式の分点座標が区間の中心である必要があります。
例えば、分点数が2の場合、通常は座標x=±0.57735...重みw=1ですが、これを座標x=±0.5とできるような積分公式はないでしょうか?

Aベストアンサー

ううむ。これだけじゃ回答しようがないと思うなあ。

 ガウス・ルジャンドルの数値積分というのは、f(x)を-1~1の区間で積分するときに、n次ルジャンドル関数の零点にあたるxでf(x)をサンプリングして重み付きの和を取るんでした。無論、積分区間内に特異点があったりしたら使えません。一般に積分範囲が x=a~b である場合には
x=((b-a)t+a+b)/2
と変数変換すれば、t=-1~1のtに関する積分になる。そしてdx/dt = (b-a)/2という因子を掛け算しておけば良いですね。n次のガウス・ルジャンドル法は、高々n次の多項式で近似できるf(x)を扱う場合に旨く行きます。

 さて、ご質問は、おそらく積分範囲 x=-1~1に対してガウス・ルジャンドルの数値積分を使いたいけれど、次数を2にして、分点、すなわちサンプリングする点を±0.5だけにしたい、という注文です。たぶん、±0.5における被積分関数f(x)の値なら簡単に求められる、というのでしょう。
 もちろん、適当な一次式ではない関数g(たとえば3次関数)を用いて
x=g(t)
という変数変換でx=±0.5をt=±0.57.... に移し同時にx=±1をt=±1に移す、ということ自体は簡単です。するとf(g(t))と
dx/dt = g'(t)
の積を被積分関数としてt=-1~1について積分することになります。この場合、被積分関数 f(g(t)) g'(t) がtの2次多項式で近似できるんでないと、2次のガウス・ルジャンドル法を使って精度が出るという保証はありません。
 高精度の数値積分をやりたいと仰っている割に、f(x)が高々低次の多項式で近似してしまえるんだったら、何もガウス・ルジャンドル法に拘る必要はないんで、例えばニュートン・コーツ型の数値積分、すなわち分点を等間隔に取る方法でも十分じゃないの?と思うんですが、どうなんでしょうね。

 或いは分点の数をもっと増やして良い、というのだったら、代わりに例えば-1~-0.5, -0.5~0.5, 0.5~1の3つの区間に分けてそれぞれ積分するのでも良い。被積分関数の傾きが急な部分でサンプリングを細かくしてやるというのも精度が出ますし、その代わりに適当な変数変換をして等間隔サンプリングしたり、ガウス・ルジャンドル法を使ったり…いろんな処方が考えられます。

 ですから、「±0.5」と限定なさる理由をもう少し明確に補足して戴くか、具体的に被積分関数をupして戴かないと、ろくな回答にならないと思います。

ううむ。これだけじゃ回答しようがないと思うなあ。

 ガウス・ルジャンドルの数値積分というのは、f(x)を-1~1の区間で積分するときに、n次ルジャンドル関数の零点にあたるxでf(x)をサンプリングして重み付きの和を取るんでした。無論、積分区間内に特異点があったりしたら使えません。一般に積分範囲が x=a~b である場合には
x=((b-a)t+a+b)/2
と変数変換すれば、t=-1~1のtに関する積分になる。そしてdx/dt = (b-a)/2という因子を掛け算しておけば良いですね。n次のガウス・ルジャンドル法は、高々n次の...続きを読む

Q∫(x/3+8)^3dxの不定積分を求めたいんですが、解き方がわかりま

∫(x/3+8)^3dxの不定積分を求めたいんですが、解き方がわかりません。教えて下さい。因みに答えは3/4((x/3)+8)^4です

Aベストアンサー

(x/3 + 8)^3 を二項展開してから不定積分して
間違いえないほどの計算力がある人なら、
y = x/3 + 8 に気づかないとは、思い難い。
対偶をとれば、三乗を展開すべきかどうか
解るね?

Q数学II「微分・積分」で面積を求める公式

6分の1の公式や3分の1の公式みたいに、積分を利用せずに面積を求められる公式って他にありませんか?

Aベストアンサー

(1)や(2)は高校数学のレベルで十分理解できると思います。
これらは,数値積分と呼ばれるもので,近似的に積分(求積)を実現しています。
参考になれば良いのですが。

(1)台形法
(2)シンプソン法
(3)ルンゲ・クッタ法

Q∫(a,b)αf(x)dx=α∫(a,b)f(x)dxという定積分の性質の証明について

aからbまでのf(x)の定積分を∫(a,b)f(x)dxと表します。

不足和・過剰和から始まって定積分を定義した後の、「f(x)が区間[a,b]でリーマン積分可能で、αが定数ならば、∫(a,b)αf(x)dx=α∫(a,b)f(x)dx」という定積分の性質の証明についてですが、大学初年級の理工学部向けの教科書・参考書ではこの定理の証明はたいてい「容易なので省略する」となっており、私が見た中で唯一証明してあるのは「微分積分学1」(三村征雄、岩波全書)です。

この本(235ページ)によると、α≧0、α≦0の二つの場合に分けています。α≧0の場合は容易ですが、α≦0のときにはsup(-f(x))=-inff(x)であることを示してからひとつの補題を証明し、その後に上の証明に取り掛かっています。これによると、この定理は、どうも「容易なので省略する」とはいえないような気がします。

そこでお尋ねですが、
1 αの場合分けをしないなどして、定積分の定義から容易に、それこそ2,3行ぐらいで証明する手法はありますか?
(ただし、f(x)が連続関数であるときの定理∫(a,b)f(x)dx=F(b)-F(a)(F(x)はf(x)の原始関数)というルートは使わないものとします。)

2 もし、容易でないにもかかわらず証明を省略する場合は紙数の都合によるのでしょうか?

3 初学者には容易ではないのに、著者がそう判断してしまっているということはありえますか?

以上、よろしくお願いいたします。

aからbまでのf(x)の定積分を∫(a,b)f(x)dxと表します。

不足和・過剰和から始まって定積分を定義した後の、「f(x)が区間[a,b]でリーマン積分可能で、αが定数ならば、∫(a,b)αf(x)dx=α∫(a,b)f(x)dx」という定積分の性質の証明についてですが、大学初年級の理工学部向けの教科書・参考書ではこの定理の証明はたいてい「容易なので省略する」となっており、私が見た中で唯一証明してあるのは「微分積分学1」(三村征雄、岩波全書)です。

この本(235ページ)によると、α≧0、α≦0の二つの場合に分けています。α≧0の...続きを読む

Aベストアンサー

細かい議論までは、追っていませんが、リーマン積分の定義が分かっていれば、「自明」じゃないですかね。
リーマン積分というのは、上積分の下限と下積分の上限が一致する時に、この値を∫(a,b)f(x)dxのように書くという感じで定義されてましたよね。(ちゃんとした定義は教科書を見てください)

∫(a,b)αf(x)dxというものを考えたとしても、上限や下限の値がα倍されるだけですので、両者が一致する事に代わりはないし、値自体もα倍される、つまり、α∫(a,b)f(x)dxに等しくなりますよね。(αが負の場合には、負の数を掛けたのだから上限と下限がひっくり返る、みたいな微妙な違いはありますが、何かが大きく変わる訳ではない)

Q積分の公式の導出について

積分の公式の導出について

∫{(ax+b)^n}dxの積分公式は、(((ax+b)^n+1)/a(n+1))
なのですが、どのようにすれば導出できるのでしょうか?

ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ax+b=s とおくと ds/dx=a つまり dx=ds/a
従って 与式=∫s^n/a ds
あとは積分してsを元に戻すだけです。

Q∫0~1xdx=[1/2x^2]0から1=1/2 不定積分・定積分は?

次のような式があります。

∫0~1xdx=[1/2x^2]0~1=1/2

※∫の範囲?はここでは記述できないため、上記のように書いています。
そこで、
1)不定積分は[1/2x^2]0~1、定積分は1/2であるということで間違いないでしょうか?
2)この式では∫0~1xdxを積分すると1/2になるという説明でおかしくないでしょうか?
ご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

>1)不定積分は[1/2x^2]0~1、定積分は1/2であるということで間違いないでしょうか?
「(1/2)x^2」は原始関数といいます。原始関数に任意定数Cを加えたものが不定積分結果になります。
「1/2」は定積分を計算した結果です。
不定積分は積分範囲の無い積分「∫xdx」のことを不定積分と言います。
定積分は積分範囲を指定した積分「∫[0→1] xdx」のことを定積分といいます。積分結果は本来、不定積分や定積分とはいいません。

>2)この式では∫0~1xdxを積分すると1/2になるという説明でおかしくないでしょうか?
「xを0から1まで積分すると1/2になる。」
「定積分∫[0→1] xdxの積分結果(積分値)は1/2になる。」
といった説明で良いでしょう。


人気Q&Aランキング