看護学科の大学に通っている1年生です。
医療統計学の講義が始まりましたが、難しくて授業についていけません。
分からないところは、講義の後しっかり聞きに言っているのですが、教科書が堅苦しすぎていろいろと困るところが出てきてます。
なので、なにか参考書を買おうと思います。
初心者が読みやすい医療統計学の本を教えてください。
よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

自分で問題を解きながら学ぶのだったら,



医系の統計入門(森北出版)
http://www.morikita.co.jp/shoshi/ISBN978-4-627-0 …

計算はソフトにまかせて,分析事例を学びたいのだったら

数学を使わない医療福祉系の統計学 (共立出版)
http://www.kyoritsu-pub.co.jp/texthp/igaku/01746 …

となるでしょうか。

いずれも学生向け,初心者向けです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
せっかくお勧めしていただいたのですが、基礎の基礎から学びたかったので別のを探してみようと思います

お礼日時:2011/04/24 22:32

 統計の初心者ですが、この悩みは納得します。

教科書を使った授業は、統計学ではなくて、数学。そして、学生は、数学が苦手。
 記述統計学と推測統計学を、明確に区別してください。これをごちゃ混ぜだと、難しい、と沈没します。手前みそですが、私の過去の回答にあると想います。
 大学では、肝心な「なぜ統計が必要か」「なぜ検定をしなければならないのか」は教えずに、分かったような顔をして難しく教えるので、誰もがツマヅキマス。

 しかし、「習うより慣れろ」で、今では困りません。
1)全部理解しようとせず、自分で理解できる範囲でしか使わないから。
2)必要に迫られたら、やれるようになる。
3)ワザワザ難し方法をとらない(教える方は、難しく教えてくれます)
 

 読みやすいのは、石村貞夫「マンガ統計手法入門」ISBN 4-88231-007-4 C1041 1300円です。

 さて、統計学というより、初心者が行き詰る検定の卒業試験問題を書いておきます。
 「検定の結果、両群に差が無い」という記述は、誤りである。その理由を述べよ。
この問題で満点なら、初心者卒業。多変量解析のような難しいことはできなくても、日常や学術論文の80%はカバーできます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
おすすめしていただいた本を読んでみたのですが、残念ながら自分には合いそうにありませんでした

お礼日時:2011/04/24 22:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医療翻訳に進む人のバックグラウンド

文系出身、医療関係はおろか、製薬会社での仕事経験もまったくない、ただの一般企業事務職の者です。 
英語もちょこっと仕事で使うこともあるかどうか・・せいぜい勤務先のイントラが英語表記なのでそれを読むくらいしかしていません。会議資料の翻訳もやったことはあるけどたいした高度な内容じゃなかったような・・。

TOEIC900点超えるようになってから、翻訳学校の医療翻訳コースの説明会にいくつか参加しました。当日会場に集まったのは、元看護師、製薬会社勤務OL、海外の大学で解剖学を勉強していた新卒者、などで、私のような経験ゼロの者はほとんどおりませんでした。

ところで、説明会での学校スタッフや講師というものは、じつに甘い言葉をささやいてきます。

「医療のバックグラウンドは必要ありませんよ」
「それだけ英語力おありなら、あとは医療知識を勉強すればいいんです」

・・・・転職しようと思えばおよそどんな職種でも(ただの事務職でさえ)「前職で経験何年ありますか?」といわれる世の中なのに、翻訳に限ってバックグラウンドなしで医療翻訳に進める人なんているんでしょうか?

それに「あとは医療知識を勉強すればいい」って・・・・・確かに私は人体の構造と機能には興味ありますがだからといって・・・ねぇ・・・・・文系で医療の経験ゼロの者が翻訳の仕事に耐えうるだけの医療知識を身につけるのは無理なのではないでしょうか?

というわけで入学を迷っています。

文系出身、医療関係はおろか、製薬会社での仕事経験もまったくない、ただの一般企業事務職の者です。 
英語もちょこっと仕事で使うこともあるかどうか・・せいぜい勤務先のイントラが英語表記なのでそれを読むくらいしかしていません。会議資料の翻訳もやったことはあるけどたいした高度な内容じゃなかったような・・。

TOEIC900点超えるようになってから、翻訳学校の医療翻訳コースの説明会にいくつか参加しました。当日会場に集まったのは、元看護師、製薬会社勤務OL、海外の大学で解剖学を勉強してい...続きを読む

Aベストアンサー

背中を押してほしいという前提でしたら、
可能なら電話でいろいろ質問してみたり、学校の授業を見学したり(1クラスの生徒数が20人もいるのでは少人数並みの質疑応答なども含めての学習は無理と思います)、見学できなくてもたとえば昼時、生徒の様子や職員や建物内の雰囲気をみるのはどうでしょうか。

医療知識については、基礎医学以外なら、たとえば、メルクなどで基本的なところはつくかと思います。
日英対訳情報がありますので、一度見て見られると良いと思います。http://www.msd.co.jp/merckmanual/index.html

ただ、学校をでても、仕事を取るには、翻訳会社のトライアルテストを受けてパスし、仕事を回してもらう必要があります。どのサイトか忘れましたが学校をでても2割くらいの人しかパスしないそうですし、実力やビジネスセンスがないと、毎月仕事がくるというわけでもないようです。

以上、単なる印象で話しましたので、本サイトや他の質問サイトの学校関係のカテも含めて質問されると翻訳のプロなどから良い回答が得られると思います。

Q記述統計学と推計統計学について

今統計学について勉強しているのですが記述統計学と推計統計学の違いがいまいちわかりません。
調べてみると以下のようなページをみつけたのですがやはりわかりません。ご存知の方ご教授お願いします。

http://digitalword.seesaa.net/article/36622474.html

Aベストアンサー

大学などで「記述統計学と推測統計学の違いを述べよ」という問題が試験に出るのでなければ、別に両者を明確に区別する必要なんてないと思いますよ。

一応、簡単にいえば記述統計学というのは複雑で大量のデータを整理すること。例えば、単純集計で表にまとめたり、そのデータを適切にグラフで表現するなどですね。

推測統計学(推計統計学)は標本値から母数を推定すること。原則として我々は母数をすることができないので、標本値から母数を推定することしかできません。その推定の「確からしさ」を考えるのが推測統計学です。

ちなみに、例えば、1人の身長データさえ母数を測定するのは不可能です。なぜなら、測定に伴う誤差(例えば測定誤差)が伴うからです。

母数を推定するというと、もっぱら何万人もいる人の集団のデータなんて想像してしまいがちですが、ただ1つの正確な観測値を得るのさえ我々にはできないんです(というのが統計学の考え方)。

Q医療専門用語の翻訳 英語堪能の方宜しくお願い致します。

医療文献を翻訳しております。
以下の病名を翻訳可能の方ぜひともお願い致します。

病名=”残遺型統合失調症”

統合失調症は”schizophrenia"と理解できるのですが、
”残遺型統合失調症”は専門用語で私の辞書には
記載がありませんでした。
医療用語専門知識堪能の方ぜひともお願い申し上げます。

Aベストアンサー

residual schizophrenia
ではありませんか?

参考URL:http://www.isiyaku.info/word/zanitougou.htm

Q統計数理研究所の公開講座(統計学概論)

知人が、統計数理研究所の公開講座に申し込もうかどうか悩んでいて、質問を受けました。
なんでも、社会調査(アンケート)の分析をしたいのだが、統計学が苦手なので困っていたところ、
統計数理研究所が公開講座を開いていることがわかったのだとか。でも、一体どの位のレベルのものなのかがわからず、受講を迷っているようです。

受講したい講座は統計学概論だそうで、HPを見たところ「大学文系」レベルとありましたが、それってどのくらいのことなのでしょうか。
社会統計学をちょっとかじったことがある私でも、内容がわからないので彼女に回答をしかねています。
もし、この講座を受講された方がいらっしゃいましたら、どんなことをするのか、お教えください。

Aベストアンサー

受講対象者の数学レベルは、大学文系程度とありますが、大学文系でも数学を勉強した文系の人と全く勉強していない文系の人がいますからこの表現だと難しいですね。
数学が不得意な私が表現するならば・・・。ルート、Σ、分数の計算、数式の変換などが必要です。
だからルート?!全く受け付けない!と言う人は少し難しいと思います。そうで無い方は、学びたい気持ちさえあれば全く問題なく学べると思います。
私は先ほど書いたように数学が得意ではないので、講座の途中数式が出来てきて、変換する課程が出ていないとその場ではついていけなくなってしまうことはありましたが、後で自宅で勉強すれば大丈夫です。ただ理系出身者の話を聞くと、簡単な数式だと言うからうらやましいですよね。

Q歯科医療事務の募集なぜ少ないの?

街にはたくさん、歯医者さんがあるのに、どうして歯科医療事務のお仕事募集は少ないのでしょう?
衛生士、助手はいっぱい募集してますよね。
せっかく資格をとったから、使いたいのに。。
教えて下さい。

Aベストアンサー

これは歯科に限らず開業医全般に言えることだと思いますよ。
理由は経費節減なのか別の理由があるかは知りませんが
事務関係は奥さんが担当してることが多いみたいからです。
特に歯科は医療業務の中でも自営業色が濃いので、
一般事務はバイトに任せて会計は医師本人か奥さんが処理している
ようですよ。歯科医師に脱税が多いのもこれが原因なんでしょうかね。

中には歯科衛生士の資格も奥さんだけが所有していてあとは
バイトの助手でまかなうというところも知っています。
もとめると扱う患者数が少ないのと予約制ということもあり、
あまり労力を必要としないということでしょうね。

Q統計学における「統計的有意性」

ある書物の中で、統計学における「統計的有意性」に関する批判が有りましたが、何しろ統計学を学んでいないので良く分かりません。誰か「統計的有意性」の意味を教えて下さい。

Aベストアンサー

「統計的」という形容詞は.いくつかの意味が有るので.ここでは省略します。
統計学での「有意性の有無」について.答えます。

一般に使われる統計では「危険率0.05(危険率5%)」という条件がつきます。これは.「1/20の確率で結果が間違う」という意味です。まれに危険率1%の場合が有ります。これは.1/100の確率で間違う(10000回行ったらば100回間違う)ことを意味します。
この「間違う」場合には.次の2通りの場合が有ります。
1.有意さがあるにもかかわらず.有意さがないものとして取り扱う。
2.有意さがないにもかかわらず.有意さがあるものとして取り扱う。
この曖昧さが常に統計では付きまといます。

統計処理の内容によって多少変化しますが.「有意さがある」場合は.2つの集団を比較して.標準偏差の2倍の差が有ったときや.ある事象の発生確率が2倍差が有ったときにです(20回やって1回しか間違わない場合)。
一方.「有意さがない」場合は.すべでの集団の構成する対照を誤差0で測定して.差がなかった場合です。
両者の間.つまり.標準偏差の2倍程度以下(具体的に数値は統計処理方法で多少変化します)の差が有った場合には.統計では「有意さがあるかどうかわからない」状態であり.「有意さが有るとは言えない」と表記します(20回やって.1回を越えて間違う)。「有意さがない」場合では有りません。

標準偏差は.いろいろな数値はある値を中心として適当にバラついて存在します。このばらつきの状態を示す数値です。

「統計的」という形容詞は.いくつかの意味が有るので.ここでは省略します。
統計学での「有意性の有無」について.答えます。

一般に使われる統計では「危険率0.05(危険率5%)」という条件がつきます。これは.「1/20の確率で結果が間違う」という意味です。まれに危険率1%の場合が有ります。これは.1/100の確率で間違う(10000回行ったらば100回間違う)ことを意味します。
この「間違う」場合には.次の2通りの場合が有ります。
1.有意さがあるにもかかわらず.有意さが...続きを読む

Q【至急】好条件すぎる医療事務の募集(正社員)で

今就活中なのですが、とても好条件の医療事務の募集があります。

★未経験OK
★初任給20万~
★交通費全額支給・各種社会保険完備・昇給1回・賞与2回・退職金制度あり
★週休2日と半休で実働週30時間

私の地域の医療事務の募集では、お給料の平均は15万位です。
勿論探せば17万・18万などもありますが大体が経験者や資格を持っている人の募集です。
13万なども最近よく見るようになったのに、休日や待遇の面でも今まで探してきて医療事務でこんな好条件の募集は見たことがありません。

凄く惹かれてはいるのですが、どうしても引っかかることがあります。
それはこのクリニックが去年の12月に1回、今年に入ってから3~4回募集が出ていることです。
こんなに好条件ですが何回も募集が出る・・・これは何かこの職場に問題があると思った方が良いでしょうか?
初めて見たときは逆に好条件すぎて避けたのですが、これだけ出ていると神様が行けと言っているのか?と思い応募してみようかなぁとも思い始めています。

こうゆう所に面接に行ったことがある方・働いているという方のお話や、皆さんのご意見をお聞きしたいです。
どうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m

今就活中なのですが、とても好条件の医療事務の募集があります。

★未経験OK
★初任給20万~
★交通費全額支給・各種社会保険完備・昇給1回・賞与2回・退職金制度あり
★週休2日と半休で実働週30時間

私の地域の医療事務の募集では、お給料の平均は15万位です。
勿論探せば17万・18万などもありますが大体が経験者や資格を持っている人の募集です。
13万なども最近よく見るようになったのに、休日や待遇の面でも今まで探してきて医療事務でこんな好条件の募集は見たことがありません。

凄く惹かれてはいるのですが...続きを読む

Aベストアンサー

いちお医療系の職場で働いてます~。
ウチの職場も事務さんそれくらいの待遇で募集してまして、
4月にお一方採用されたのですが、3日で逃げられました(泣)
朝、置き手紙だけあった(笑)


まあウチの職場も悪いのですが、とにかく忙しくて患者さんも多いし。
前任者の転勤も迫ってたしで…
3日間一緒に仕事して、明日から一人で頼むわ…
みたいな感じだったようで…

事務さんの事だからって、私ら他のスタッフもノータッチだったので…


きついのは確かかと思いますので、面接でよくお話しを聞かれるのがよかろうかと存じます~。

Q統計できると有利?統計学は必要

無職のため時間があり統計学の勉強をしています。長野県に住んでます。
ハローワークの求人を見ても統計で県内で検索しても一件も出てこないし、いままでいろいろな求人情報を見ても統計必須の職はみたことがないです。それでも統計を学ぶ必要があるんでしょうか。
学者になる予定はありません。県内でマーケティングの求人はほとんどなしです。あってもどうせ経験者のみなんで、経験ない自分には縁がないです。仕事でも今まで一度も使ったことないし、必要に迫られたこともないです。
統計学を習得すべきかどうか悩んでます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

統計は、直感で理解できない事象を理解するようにするための道具なので、必要ない人は必要ないと思います。

上級職だとか計画する立場の人は、何するにしても統計 (数字) に対する理解がないとお話しになりませんけど、監督職程度なら必要ないですね。

就職に有利かどうかは、あなたがどの程度の職を求めてるのかにも依るでしょう。

どっちにしても大切なのは理解であって、長時間勉強するようなものではないと思います。出来る人は学校で習った程度の知識で十分。後は実戦です。

誰かに統計を学べといわれたのなら、その周辺的な情報を全部出してもらわないとなんともいえませんけどね。

Q公共職業訓練校の募集について(医療事務)

現在失業給付の申請をしたところで、
調べているうちに「公共職業訓練コース」というものがあるのを知りました。

以前から興味があった「医療事務」系のコースもあるようで
受講を希望しております。

以下のページでコースの検索をすると、今現在募集中の学校(3月スタート)は1校しか見つかりませんでした。
?http://course.ehdo.go.jp/CO1101.asp?

今度は募集終了で検索をしてみたところ、2月中に現在開講中のコースが終了する学校がいくつか見つかりました。

このような現在コース中の学校というのは、
今の期間が終われば、また新規に募集がかかるものなのでしょうか?
それとも常に募集しているとは限らないのでしょうか?

また、全コースがこちらに記載されているのでしょうか?
ハローワークに行けば、他にも募集中の学校があったりしますか?

詳細はハローワークで聞いてみたいと思いますが、
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

三度めの登場です。すみません。

これらの短期委託訓練は、国(厚生労働省)からの予算及び実施要領による指導によって行われるもので、ご存じのとおり、平成21年度国家予算が成立していない段階では、まだその金額、方針が来ませんので、4月生募集の準備及び年間計画の策定にかかることができないのです。

従って、普通であれば、県や市は7月生募集が最短となるでしょう。機構の方が独立行政法人ですので、普通の役所より様々な手続きの制約が少なく、恐らく少し早いかもしれませんが、これは今はわかりません。

ちなみに、各機関で似たようなコース設定を行うことはあり得ます。ただし、出願条件が違ったり(母子家庭の母親限定とか、中高年限定とか)することもあり得ます。

いずれにせよ、質問者さんが出願資格のある希望コースが早い時期に必ずあるという保証はありませんので、すぐにでも通いたいということであれば、有料になりますが、民間専門学校に直接通うという選択肢もあると思います。

Q統計学と計量経済学の参考書

大学の学部は法学部に通っていて経済学をはじめたのですが、統計学や計量経済学などの専門分野が分かりません!
何か、よい参考書はないでしょうか

Aベストアンサー

初学者でしたら、統計は
『入門経済のための統計学』(加納悟・浅子和美著,日本評論社)
計量は
『計量経済学』(山本拓著,新世社)
『計量経済学』(蓑谷千凰彦著,東洋経済新報社)
などがお勧めです。


人気Q&Aランキング