ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

水20gに塩化ナトリウム5gを溶かしたら濃度はいくらか
また、塩化ナトリウム1M溶液200mlを作るには先ほどの溶液何gを水で薄めて200mlにすればよいか
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

この問題を解くのに、比重(密度)は全く関係ありません。

また、希薄溶液でもないのに勝手に1[ml]を1[g]などとしてはいけません。

「水20gに塩化ナトリウム5gを溶かしたら濃度」は、[%]でいえば、

(塩化ナトリウムの質量[g])/(溶液の質量[g])×100
=(塩化ナトリウムの質量[g])/(塩化ナトリウムの質量[g]+水の質量[g])×100
だから、

5[g]/(5[g]+20[g])×100=5/25×100=20[%]

です。

また、「塩化ナトリウム1M溶液」というのは、塩化ナトリウム1[mol]=58.5[g]を溶かして1000[ml]=1[L]にした溶液です。
200[ml]なら、

58.5[g]×200[ml]/1000[ml]=11.7[g]

の塩化ナトリウムが必要です。

これを、先の20[%]溶液 x[g]で作るとすれば、その中に含まれる塩化ナトリウムの量は、

x[g]×20/100=0.2x[g]

なので、これが11.7[g]になればよい。
よって、

0.2x=11.7

x=11.7/0.2=58.5[g]

で、20[%]溶液 58.5[g]を水で薄めて200[ml]にすればよい。


ちなみに、20[℃]で、
塩化ナトリウム20[%]水溶液の密度は、1.148[g/ml]、
1[M]溶液の濃度は、5.63[%]、密度は、1.038[g/ml]ほどです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも有難うございました。わかりやすく説明していただき助かります。

お礼日時:2011/04/21 23:52

この問題は重量%とモル濃度の違いを試したものです。


違いを理解して、違いをなくしてあげれば解けます。(単位を統一)
またこの手の問題では、比重が与えられていないときは1ml=1gになります。

一般に「濃度」と単に出てくるときは重量濃度を指します。
塩÷塩水×100(%)です。
=5÷25×100
=20%(こたえ)

一方、「モル濃度」とは一般に体積モル濃度を指し、
塩水1L中の塩のモル数でmol/LやMで表します。
さて、モルの計算は如何でしょう。
NaClの式量は23+35.5=58.5(つまり1モルで58.5グラム)

ここで1M溶液1リットルについて考えましょう。
1Mは塩水1L中に塩が1モル溶けているのだから
1モルを重さに置き換えると58.5g
(つまり塩水1L中に塩58.5g溶けている)
58.5÷1000×100
=5.85%
(万が一、比重Dがあるときは、58.5÷(1000×D)×100になる)

これで単位が統一できたのでこの問題は、
5.85%の食塩水200g(正しくはml)作るには20%の食塩水をどれだけ使いますかになる。
後はやってください。
58.5g(答え)
    • good
    • 0

> 水20gに塩化ナトリウム5gを溶かしたら濃度はいくらか



質量パーセント濃度
 =溶質の質量/溶液の質量
 =5g/(20g+5g)
 =0.2
 =20%

> 塩化ナトリウム1M溶液200mlを作るには先ほどの溶液何gを水で薄めて200mlにすればよいか

塩化ナトリウム1M溶液200mLに含まれる塩化ナトリウムの質量
 =(58.5g/mol)・(1mol/L)・0.2L
 =11.7g
 >5g
 =先ほどの溶液に含まれる塩化ナトリウムの質量
よって20%塩化ナトリウム水溶液25gをどのように薄めても、塩化ナトリウム1M溶液200mLは作れない。
    • good
    • 0

こんにちは。



>水20gに塩化ナトリウム5gを溶かしたら濃度はいくらか

塩化ナトリウムが5g、水が20gなのですから、
5÷20=0.4モル%となります。

>塩化ナトリウム1M溶液200mlを作るには先ほどの溶液何gを水で薄めて200mlにすればよいか

1M溶液200mlとは、早い話が1モルの塩化ナトリウムが200mlの水に溶けてる状態です。塩化ナトリウムの分子量は59ですので、59÷5×20を計算すれば答えが出てくるはずです。

勉強がんばってください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q(1)20グラムの塩化ナトリウムを用いて、20パーセントの塩化ナトリウム水溶液を作るに

(1)20グラムの塩化ナトリウムを用いて、20パーセントの塩化ナトリウム水溶液を作るには、何グラムの水を溶かせばいいか?

(2) (1)でつくった水溶液に5.0パーセントの塩化ナトリウム水溶液200グラムを加えると、何パーセントの塩化ナトリウム水溶液になるか。

Aベストアンサー

(1)20%というのは溶液全体の20%が塩化ナトリウムということです。
従って、80gの水を加えると溶液全体が100gになるので、濃度が
20%になります。
(2)(1)の溶液には20gの食塩が入っています。
200gで5%の水溶液には10gの塩化ナトリウムが入っています。
混ぜると溶液全体の質量が300gになり、塩化ナトリウムは30gに
なります。従って、濃度は10%です。

Q塩化水素と水酸化ナトリウムが反応して、58.5gの塩化ナトリウムを作る

塩化水素と水酸化ナトリウムが反応して、58.5gの塩化ナトリウムを作るには、塩化水素と水酸化ナトリウムはそれぞれ何g必要か?
お解りの方がおられましたら、ぜひ教えてください。
どうぞ、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.塩化ナトリウムの式量を調べる。
2. 58.5gをその式量にグラムを付けた質量で除す。
3. 2.で塩化物イオン、ナトリウムイオンの物質量(モル数)が分ったので、その物質量(モル数)と塩化水素の分子量、水酸化ナトリウムの式量をそれぞれ乗ずる。

おしまい。

Q塩化ナトリウムと重曹で塩化水素ってできる?

硫酸水素ナトリウムと塩化ナトリウムを混合し水とともに加熱すると塩化水素が発生するそうですが、
炭酸水素ナトリウムと塩化ナトリウムを混合し水とともに加熱すると塩化水素は発生しますか?

式としてはこんな感じ・・・
NaCl+NaHCo3 →Na2Co3+HCl

Aベストアンサー

高校で化学を教えているものですが、恥ずかしながら「わかりません」

ただし、「加熱」が通常の加熱ではなくかなりの高温を要することは推測できます。

>硫酸水素ナトリウムと塩化ナトリウムを混合し水とともに加熱すると塩化水素が発生するそうですが
これはどこからの情報でしょうか?
この反応には300~400℃くらいの加熱が必要ではないでしょうか?
通常は液体に対して、100℃以上の加熱をすることはまずありません。

>炭酸水素ナトリウムと塩化ナトリウムを混合し水とともに加熱すると塩化水素は発生しますか?
炭酸ナトリウムに塩酸を加えると二酸化炭素が発生するのはご存じですね。
Na2CO3 + 2HCl → 2NaCl + H2O + CO2
通常は上記の反応なのです。
全ての化学反応は平衡反応なので、わずかですが逆反応があります。
温度や圧力の工夫、生成物の除去などで目的の物を得る方法があります。
確率は0ではありませんが、プロ野球で100打数100安打くらいのものでしょう。

Q塩分濃度2%の食塩水200gと 塩分濃度5%の食塩水300gを混ぜ合わせると何%の食塩水が出来るか。

塩分濃度2%の食塩水200gと
塩分濃度5%の食塩水300gを混ぜ合わせると何%の食塩水が出来るか。

という問題があって 解くと
答えが3.8%の食塩水になりました

合ってますでしょうか?
確認お願いします(。> <。)

Aベストアンサー

合ってます。

塩分濃度2%の食塩水200g:塩は4g
塩分濃度5%の食塩水300g:塩は15g

合計で塩が19g溶けている食塩水500g だから
19/500=0.038=3.8%

Q塩化ナトリウムの精製

 今回濃塩酸と濃硫酸から塩化水素ガスを発生させ、その塩化水素ガスを飽和食塩水に当てて塩化ナトリウムを析出させました。 
 このときなぜ塩化水素ガスを飽和食塩水に当てることで塩化ナトリウムが析出する理由がわかりません。教えてください。

Aベストアンサー

NaCl ⇔ Na+ + Cl-
飽和水溶液では、平衡状態、溶けていく量と析出する量が一緒。[Na+]×[Cl-]=一定・・・溶解度積
 HCl ⇔ H+ + Cl-
では、平衡は右に偏っている。
 HCl → H+ + Cl-
だとすると、(1)式の右の[Cl-]が増えると・・・

 これを共通イオン効果による再結晶。

Q[問] 水酸化ナトリウムと塩化ナトリウムの混合物4.0gをとって

識者の皆様こんにちは。ちょっとお伺いしたいのですが
以下の解き方で正解でしょうか?

[問] 水酸化ナトリウムと塩化ナトリウムの混合物4.0gをとって水を加え両方共完全に溶かして500mlの水溶液にした。この水溶液30.0mlを採り、0.20mol/Lの塩酸で中和した所、24.0mlを要した。
(1) 塩酸12mlを滴下した時、水溶液中のH+、OH-、Cl-の物質量の関係はどのようになっているか?
(ア) Cl- > H+ > OH-
(イ) Cl- > OH- > H+
(ウ) Cl- = H+ > OH-
(エ) OH- = Cl- > H+
(オ) OH- > Cl- = H+
(カ) OH- > H+ > Cl-

[(1)の解]
NaOH=40、NaCl=58.5より夫々
4.0/40=0.1mol、4.0/58.5≒0.0684molで
OH-は0.1mol、Cl-は0.0684mol
これを溶かした水溶液30.0mlを採った時その中には
OH-は
0.1×(30/500)=0.006mol
Cl-は
0.0684×(30/500)=0.0041mol

そして、この塩酸12ml分には
H+=0.20×0.012=0.0024mol
Cl-=0.20×0.012=0.0024mol

よって
OH-=0.006-0.0024=0.0036mol
Cl-=0.0041+0.0024=0.0065mol
H+={1.0×10^(-14)}/0.0036≒0mol(∵水のイオン積)

従って
Cl- > OH- > H+

答え (イ)

識者の皆様こんにちは。ちょっとお伺いしたいのですが
以下の解き方で正解でしょうか?

[問] 水酸化ナトリウムと塩化ナトリウムの混合物4.0gをとって水を加え両方共完全に溶かして500mlの水溶液にした。この水溶液30.0mlを採り、0.20mol/Lの塩酸で中和した所、24.0mlを要した。
(1) 塩酸12mlを滴下した時、水溶液中のH+、OH-、Cl-の物質量の関係はどのようになっているか?
(ア) Cl- > H+ > OH-
(イ) Cl- > OH- > H+
(ウ) Cl- = H+ > OH-
(エ) OH- = Cl- > H+
(オ) OH- > Cl- = H+
(カ) OH- > H+ > Cl-
...続きを読む

Aベストアンサー

間違えました。
x=0.0024でした。
間違っておいてなんですが、タイプミスだってわかりませんか?
少しは頭を使ってください。
イヤミで言っているのではないと信じていますが、これだけ一生懸命答えてそんな返事が返ってくるとちょっとショックです。

Q中2で習う範囲での回答お願いします 分子を作るのは大体気体ですか? 塩化ナトリウムは塩素+ナトリウム

中2で習う範囲での回答お願いします

分子を作るのは大体気体ですか?

塩化ナトリウムは塩素+ナトリウムなのに純粋な物質なのはなぜですか?

純粋な物質の反対は何ですか?

Aベストアンサー

>中2で習う範囲での回答お願いします
既に回答されている方いるのですが、化学の基礎的な定義のような問題(質問)は、曖昧に運用されている部分が多く簡単に説明するのが難しいです。

>分子を作るのは大体気体ですか?
分子は原子が結びついて出来ています。その分子が気体となることはできます。
ですが、気体になる温度が、分子が分解する温度以下のこともあり、
温度だけではなく圧力も関わってきます。
また、希ガス元素の、He,Ne,Ar等は一つの原子だけで気体分子となり、一原子分子と呼ばれます。

>塩化ナトリウムは塩素+ナトリウムなのに純粋な物質なのはなぜですか?
塩化ナトリウムは塩素とナトリウムの化合物ですが、塩化ナトリウムとして純物質でもあります。
純物質は、ある一定の性質を持つ物質を純物質と呼び塩化ナトリウム等の化合物も含まれます。

これに対して、混合物というのがあり、例えば水に塩化ナトリウムを混ぜた食塩水は混合物になります。
水と食塩の配合によって性質が異なり、簡単には舐めてみると、塩化ナトリウム量が少ないと少し塩っぱい、多いと塩辛い、と性質に差が出てきます。

純物質は、化合物でも一定の性質を持つ物質というのですが、
純粋な物質となると意味が変わる可能性が出てきますね。

空気中の酸素や窒素は、どちらも2つの酸素原子O2、窒素原子N2から出来ている純物質で、
二つの原子が共有結合という化学結合で結びついているのですが化合物とは呼ばずに特に単体と言います。

でも、空気中の二酸化炭素CO2は化合物で純物質と言えるのですが、元素的に純”粋な”物質とは言い切れなくなってきます。
ここらあたりになると文脈や慣用的、歴史的にその物質がどう呼ばれているのか、色々なことが関わってくるので、用語の使い方が難しくなりますね。

>中2で習う範囲での回答お願いします
既に回答されている方いるのですが、化学の基礎的な定義のような問題(質問)は、曖昧に運用されている部分が多く簡単に説明するのが難しいです。

>分子を作るのは大体気体ですか?
分子は原子が結びついて出来ています。その分子が気体となることはできます。
ですが、気体になる温度が、分子が分解する温度以下のこともあり、
温度だけではなく圧力も関わってきます。
また、希ガス元素の、He,Ne,Ar等は一つの原子だけで気体分子となり、一原子分子と呼ばれます。

>塩化ナト...続きを読む

Q塩化ナトリウム5gを水に溶かし100mlとした溶液(A液)がある。これ

塩化ナトリウム5gを水に溶かし100mlとした溶液(A液)がある。これを用いて0.1%(W/V)希釈液1000mlをつくるのに必要なA液の液量はいくらか。

上記の問題の解き方と回答が分かる方、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

元の溶液(A)は濃度が5g/0.1L、だから50g/L。
目的の溶液は1g/1L。
だから溶質1.0gが欲しいので、50g/Lで割ると、1/50 (L)、20mL。

Q私は多汗症で悩んでいます!!! そこで、色々調べたところ 塩化ナトリウムと水で制汗剤が 作れるとあり

私は多汗症で悩んでいます!!!
そこで、色々調べたところ
塩化ナトリウムと水で制汗剤が
作れるとありました!
また、効果がいいとあり気になりました!

しかし!

塩化ナトリウムをなかなか購入出来なくて
知り合いが
『塩化ナトリウムと食塩(細かめ)は変わらないから
代用できるんじゃない??』

と言いました!

塩化ナトリウムの代わりに細かめの食塩で
制汗剤は作れますか??

Aベストアンサー

塩化ナトリウム液ではなく、塩化アルミニウム液の間違いですね。
病院で処方してもらいましょう。

Q塩化ナトリウムとブドウ糖の混合液の濃度

20%の塩化ナトリウム水溶液200gと5%のブドウ糖600gを混ぜると5%の質量パーセント濃度になるらしいのですが、これは何故でしょう?混合液の場合、大きいほうの濃度が適用されるのだろうか?

Aベストアンサー

塩化ナトリウムとブドウ糖を混ぜるとからさと甘さが中和されるからです。

塩化ナトリウムの質量=200×0.2=40(g)
ブドウ糖の質量=600×006=30(g)
よって、溶質の質量は70(g)です。

これに対し、溶液の質量は200+600=800(g)
ですので、中学校レベルでは質量パーセント濃度は
(70/800)×100=8.75(%)となります。

しかしながら、甘辛中和係数をかけると、
溶質の量は、(40-30)×4=40(g)になりますので、
(40/800)×100=5(%) となります。

しかし、この理論はとても難しいので私とこの問題を教えてくれた人の
二人しか理解できないでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報