街路樹の根元の土の入っている小さなスペースを、少しいい土に改良して、
花の苗や宿根草、ハーブ(観賞用)などを植えたいと思っています。

現状では誰も手をつけていないスペースで、
土は固く、雑草がちょこちょこ生えている程度です。
どのように改良すれば、長く花を楽しめるでしょうか?

腐葉土を混ぜたりしても、もとの土の状態が悪ければ、
大規模に土を入れ替えたりしないと植物はうまく育たないものでしょうか。



花が大好きなのですがアパートに引っ越したため庭がなく寂しい思いをしています(;_;)
ご近所の街路樹の根元はクロッカスやカキツバタが芽を出していて、素敵だなぁと思います。
ちょうど家のアパートの前だけ、誰も手をつけていないようなので、緑化に挑戦しようと思い立ちました。
アドバイスいただけましたら嬉しいです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>もとの土の状態が悪ければ、大規模に土を入れ替えたりしないと植物はうまく育たないものでしょうか



街路樹が育っている場所なのですから大丈夫。普通に植えればちゃんと育つはずです。
土が固いということなので、ご自身でも書かれているように、腐葉土か堆肥を混ぜ込みましょう。街路樹の根っこを痛めないように注意して、草花1株あたり縦横20cm、深さ20cm位まで掘って混ぜ込めれば最高です。混ぜ込む腐葉土や堆肥の量は、掘った土の2-3割くらいが良いと思います。
そして植え付けの際は、元の地面より少し高くなるように土を盛って苗を植えると水はけが良くなるのでおススメです。

また、植物によって適した土質は確かにありますが、あまり気にせず、お好きな苗を植えて大丈夫です。たいていは適応してちゃんと育ちますから。
しいて言えば、植物には酸性土壌を好むもの(or耐えるもの)と嫌うものがあって、例えばハーブ類は酸性土壌を嫌うものが多いので、可能なら腐葉土や堆肥と一緒に少量の苦土石灰を混ぜてやれば育ちが良くなります。でも、気にせずそのまま植えても十分育つと思います。
    • good
    • 0

>街路樹の根元に花やハーブを植えるための土壌改良


街路樹の根元の土の入っている小さなスペースを、少しいい土に改良して、
花の苗や宿根草、ハーブ(観賞用)などを植えたいと思っています。

      ↓
良いアイデア・楽しみなプランだと思います。
ただし、万一の為、後のトラブル防止に

◇その街路樹を管理されている市町村の窓口を調べ了解と確認を得ておく。
<たとえば市民生活課・公園課・環境事業課>

◇街路樹の樹種や根張り状況と植えられる草花やハーブの相性のチェック。
園芸店や図書で土壌(PH度)や方位(日照)・水遣りや肥料の影響をチェック。
あまり、土壌の適性が違ったり、根を張る物やでは樹木or草花・ハーブに適さないケースもあります。

◇支障が無い、またはトラブル防止の為には、プランターやコンテナ・鉢や発泡スチロールの箱等ではダメなんですか・・・美観や置き場所やお好きな草花・ハーブの条件は、そんな利用や場所を時々見掛けますが、それなら制約条件が少なくなり、色々と工夫をしたりアイデアを楽しむのも良いと思います。


musasabi33様に於かれましては、皆様からの情報・アイデア・アドバイスを参考にされ、ぜひ、ご希望の草花・ハーブの栽培や観賞が出来れば良いですね・・・
そしてキレイなお好きな花や香りに包まれる事を、心より祈念申し上げております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

思いつかなかったことまで沢山教えて下さり、ありがとうございます。
種類によっては木の根元に鉢を置いて育ててもいいかなと思いました。

この辺りは緑化や花を植える運動が盛んで、
皆が好き好きに、歩道脇や街路樹に花や野菜まで植えている地域ですので、
あんまり外れたような事をしなければ、植える事を咎められる事は無いと思います。

むしろ既に植わっている木との相性を考えるということには、全く気が付きませんでした。
よくよく調べてみたいと思います。

どうもありがとうございました!

お礼日時:2011/04/21 12:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの街路樹の名前を教えてください

小さな白い花が特徴的なこの低木。
街路樹として歩道沿いにまとまって植えられていました。
高さは50センチくらいです。

Aベストアンサー

おはようございます。

アベリアです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%99%E3%83%AA%E3%82%A2

Q土壌改良にはあと何が必要ですか?柑橘系を植えます

鶏糞40lにピートモス160l赤玉土30l腐葉土30lバーミュユライト40l野菜の土220lを2m四方深さ50cmに敷き詰めました。

柑橘系を植える為には何か欠けているものはありますか?

何分素人なので優しく教えて下さい(汗)

また、鶏糞のガスが抜ける春まで待った方が良いと言う貴重な意見を頂きました。

苗は来週か再来週に届くのですが、、、何か解決策はありませんか?

イチかバチか植えてみる以外にないのでしょうか?

Aベストアンサー

特に柑橘系だからだといって足りないものは無いような気がしますけど、気になる点があります。
2m四方に掘った土はどうしましたか?苗木を植えてからかぶせる予定ですか?

>鶏糞40lにピートモス160l赤玉土30l腐葉土30lバーミュユライト40l野菜の土220lを2m四方深さ50cmに敷き詰めました。

敷き詰めるよりも掘った土と混ぜ合わせたほうがいいですね。特に鶏糞は完熟していればいいですが、そうでないと苗木の根をいためてしまいます。出来れば鶏糞よりは牛糞のほうが木には優しいですね。
完熟鶏糞ならばすべてを土と混ぜて苗木の根に触れないように入れ、根の周りは土だけの方が木は喜びます。

>イチかバチか植えてみる以外にないのでしょうか?

2m四方というとかなり大きな木でしょうか?苗木というより成木に近いならば穴の深さが必要です。質問文には「苗」とありますので、混ぜた土+15cm+根の高さ位の深さがいいでしょう。これはあくまで完熟鶏糞の場合です。未熟の場合は、鶏糞はやめたほうが賢明です。

Q大阪の街路樹。名前がわからないのです。。

先日、大阪の上町で大通りの街路樹に
赤い実がたわわに実っていました。
あまりにもおいしそうだったので
思わず友人とパクパクたべてしまいました。

木の高さは2~3mくらい。
実はすっぱくておいしかったです。

こんな手がかりしかないのですが
なんという木なのでしょうか??

ご存知の方は教えてください!!

Aベストアンサー

今頃なっている赤い実というと、「やまもも」では?

参考URL:http://www.takeda-seika.co.jp/yamamomo.html

Q百合を植えるのに良い土壌改良や肥料は?

関東ですが、庭にカサブランカの球根を植える予定です。
深く植えたほうが良いと聞いたので、バーク堆肥やピートモスの
ようなものを園芸店で買ってきて、盛り土してから植えようかと考えました。
カサブランカの花を咲かせたいのですが、何を買ってきて土壌改良や
盛土するとよいのでしょうか?

Aベストアンサー

 百合の球根を植えるのに、1月はぎりぎりというところでしょうか(通常は11月か、遅くとも12月)。でもまだ大丈夫だと思います。
 百合の場合、一番大切なのは風通し(ウイルス発生を抑えるため)と品種に合った日当たりです。カサブランカの場合はあまりかんかん照りではない方がむしろ良いので、日本の庭ならば、平均的な環境でまず大丈夫だと思います。
 庭植えならば少なくとも30cmの深さに植えたいところ。バーク堆肥や腐葉土(細菌のない上質のもの)を混ぜるのはもちろん良いことですが、ぜひやりたいのは球根の上部(下ではなく)に緩行性の肥料をすきこんでやることです。百合は球根より上の「上根」から養分を吸収しますので、そうすると翌年、もっと良くなります。
 芽が出て、伸び始めたら(5~6月頃)、アブラムシがいないかどうか毎日チェックし、いたら必ず退治(薬よりつぶすのが確実です)してください。そうしないと、必ずと言ってよいほどウィルスにやられます。

Q魔女の宅急便に出てきた、街路樹の白い帯は何か

魔女の宅急便で、飛行船が突風で飛ばされるのをテレビでみてトンボを助けに行こうとキキが家から道に飛び出したシーン(だと思う。自信はないです)で、街路樹の一部が白く帯状に塗られていたのですが、これは何か意味のあるものなのでしょうか。
見た感じでは高さが1mぐらいのところに、幅が30~80cmぐらい、ぐるっと一周、塗られていたと思われます。

こんなものを今まで見たことがありません。
ヨーロッパではよくあるものなのでしょうか。
教えてください、お願いします。

Aベストアンサー

ヨーロッパは知らないのですが,中国では街路樹の下1mくらいが全部白く塗られています.
これは夜間ライトに白く反射して,路肩がわかりやすいようになっています.
街灯の少ないところでは非常に有効です.
おそらくお尋ねのシーンの街路樹も,同じような理由で白く塗られているのだと思います.

Q花壇をふかふかの土にしたい (川砂の土壌改良)

タイトルのとおりですが、二年前から花壇の土壌改良をしています。
新築した際、業者が川砂を入れた土地です。

まずは石などの異物を取り除き、そこに花と野菜の培養土(30リットル、800円位のもの)、バーク堆肥を何度か入れました。しかし、団粒構造の土とは程遠く、なかなか良い土になりません。

今後、どのようにして、花壇の土壌改良をしたらよいのか、悩んでいます。
家族が嫌がるので、臭いがするものはなるべく入れたくありませんが、やはり牛ふん堆肥などが必要でしょうか?

お礼が遅れると思いますが、よきアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

>>新築した際、業者が川砂を入れた土地です

川砂だと粒子が粗く、どんなに頑張ってもふかふかの土にはなりません。
ふかふかの土と川砂ではそもそもの成分が違います。ふかふかの土は大抵は火山灰が堆積してできた土で、岩が風化、破砕されてできた川砂とは性質が違います。川砂主体でも改良すれば花は育つはずですから、無理に同じものを目指す必要はないと思います(どうしてもふかふかの土が欲しい場合は、砂を入れ替えるしかありません)。

砂だと排水性や通気性が良い代わりに、保水性や保肥性が悪いのでそれを補ってやる必要があります。そのために粘土やシルト(粒子の細かい土。砂(粒子が粗い)と粘土(粒子が細かい)の中間)を適度に追加すると効果があります。

ただし、単に粘土やシルト(普通の土に十分含まれる)を入れるだけだと、砂の隙間に細かい土が入り込んで締まってしまい、更に困った事になりかねません。ここで必要なのが、両者をつなぐ役割をする堆肥です。適度な隙間をつくりつつ、含まれる腐植が砂とシルトや粘土を適度に結び付けます。堆肥の中でも植物質を主体にしたバーク堆肥や腐葉土が適任ですが、植物質を多く含む牛糞堆肥(完熟のもの)でも良いと思います。

粘土、シルト源としては普通の土でOKです。園芸店で赤土や黒土を購入しても良いでしょう。ただし、あまり大量に投入せず、少量で止めておく方が良いと思います。少量でも効果はあります。
明言はできませんが、1平方mあたり土3-4kgも混ぜれば十分でしょう。堆肥は土の倍、6-8kgくらい入れた方が良いと思います。好みでゼオライトなどを少量(1-2kg)入れても良いでしょう。

なお、堆肥の投入は1回だけではなく毎年続けましょう。投入した堆肥は土壌微生物に分解されてなくなってゆくからです。その過程で土壌改良が進むので、適量を継続的に補給することが大切です。

>>新築した際、業者が川砂を入れた土地です

川砂だと粒子が粗く、どんなに頑張ってもふかふかの土にはなりません。
ふかふかの土と川砂ではそもそもの成分が違います。ふかふかの土は大抵は火山灰が堆積してできた土で、岩が風化、破砕されてできた川砂とは性質が違います。川砂主体でも改良すれば花は育つはずですから、無理に同じものを目指す必要はないと思います(どうしてもふかふかの土が欲しい場合は、砂を入れ替えるしかありません)。

砂だと排水性や通気性が良い代わりに、保水性や保肥性が悪いのでそ...続きを読む

Q街路樹に掛けられたプレートはいったい何か教えて下さいませ。

街路樹に掛けられたプレートはいったい何か教えて下さいませ。

港区綱町三井?楽部の横の坂(綱坂の一本西側)を上がる途中の街路樹に「三田綱町3」や「芝52-34」などの標記のプレート(写真)がかかっていました。街路樹なんかに良く掛けられていますが、これっていったいなんですか???

Aベストアンサー

区役所の道路課(区道の場合)、東京都の道路建設事務所(都道の場合)、国道事務所(国道の場合)などが街路樹管理のために取り付けた標章です。
実際にはすべての街路樹に台帳上では番号が設定されていますが、実際にはその樹木に特定した作業が行われないと標章の取り付けはしません。街路全体を剪定するような場合は付けられないことが多いです(標章も無料ではありませんから)。特定樹木に対して作業を行う場合には、その証拠として標章を取り付けて作業前と作業後の写真を撮影しています。

なお、管理が重複する区間では(路線番号が重複する区間)では、複数の管理番号もありますから、国道事務所と道路建設事務所で別の番号の標章を設置することもあります。

Q木の根元に花を植えるとき

庭に木を植えようと思っています。
ご近所のお宅を見ると木の根元にお花を植えてたりして、とってもかわいいのですが・・・ 
植え替えるときに木の根元を傷めてしまったりしないのでしょうか?手で引っこ抜いて、途中で切れたり抜けない根っこはそのまま・・・なのでしょうか?
あるいは植え替えないのでしょうか?宿根草ならそのままでいいのですか?

あと気をつけるポイントなどなにかありましたらお願いします。わからないことばかりですみません。

Aベストアンサー

2番です。関係情報を
>木の根もとの乾燥を防ぐため
これは園芸品種草類でやるものではないです(木を守るか.草を守るかの判断を迷うときがある。雑草ならば無条件に木を選択できますから)。木をうえたらば.根元から30cm程度話して.土の堤防をトーナツ状につくります。ドーナツの中に降った雨が流れ図に土の中に染み込むようにして間奏を防ぎます。2-5年縦は.根が半径1m以上横に広がりますから必要なくなりますが。

木の場合葉がしおれてきたら水をまきます。注意点として.水を流さないこと(ドーナツの中に水をためる)。必ず染み込ませること。夏は.日が差している(=朝露が乾く間では可)期間の水撒きは原則として避けてください。木がゆだって枯れます。
冬は主に凍結による下ん層です。凍結するふかさよりも深く根が張るまでは.敷き藁・盛り土などで根の周りの凍結による間奏を防いでク多彩・。

日本の温暖気候の場合には雨水を有効利用(干す威力)することを考えてください。

Q街路樹の根は地下に伸びすぎたりしないのですか?

街路樹の根は地下に伸びすぎたりしないのですか?
また街路樹はあのわずかなスペースに根をはって大きくなっているのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

庭木の施肥は普通樹冠の枝先の真下に円環状に施します。太い根では肥料を吸収せず先端の細い根で吸収します。樹は樹冠を支えるためほぼ枝の先と同程度まで根を伸ばしています。街路樹の周りの舗装部分の穴だけでは水分の補給は圧倒的に不足です。肥料はある程度大目に施しているのかも知れませんがこれが根の先端に届くには時間が必要です。根元にしか肥料が無いのであれば根が周囲には伸びきれない状況です。台風で街路樹が倒れやすいのは当然です。木にとっては大変な虐めなのです。透水性のアスファルトも開発されているのですが高価なので余り普及していないようです。

Q家庭菜園:土壌改良(土が固い)

家庭菜園です。
色々調べたのですが、経験者の方のアドバイスがいただきたく
こちらに投稿させていただきました。
案がございましたら教えてください。

貸し農園で60平米の土地を借りています。
1年間、放置されていた土地であったことと、
もとは田んぼであった土地ということで、
雨の日は土がドロドロに(長靴が半分埋まるほど)まどろみ、
晴れの日は地割れする程、カチカチです。

今年の夏は、苦土石灰と醗酵牛ふんをまき
十分な夏野菜の収穫はできました。

ただ、もう少し土壌改良をしたいのですが、
あまり知識がなく園芸の本とにらめっこの毎日です。

まず、私の畑のケースで「堆肥」もしくは「腐葉土」での土壌改良をするということは
合っていますでしょうか?
醗酵牛ふんではなく「牛ふん堆肥」を選ぶということでしょうか。
実家が田んぼをやっているので藁がたくさんあるのですが、
干し藁をたくさんすきこむのはどうでしょうか?

冬に向けて、大根、白菜、水菜、にんじんなども植えたいと思い、
なんとか粘土質の土壌が少しでも良くなればと模索しております。
アドバイスをいただけると幸いです。

よろしくお願い致します。

家庭菜園です。
色々調べたのですが、経験者の方のアドバイスがいただきたく
こちらに投稿させていただきました。
案がございましたら教えてください。

貸し農園で60平米の土地を借りています。
1年間、放置されていた土地であったことと、
もとは田んぼであった土地ということで、
雨の日は土がドロドロに(長靴が半分埋まるほど)まどろみ、
晴れの日は地割れする程、カチカチです。

今年の夏は、苦土石灰と醗酵牛ふんをまき
十分な夏野菜の収穫はできました。

ただ、もう少し土壌改良をしたいのですが、
あ...続きを読む

Aベストアンサー

粘土質土壌だと牛ふん堆肥は含まれている粘性物質の影響で大量投入すると保水性が高くなりすぎ水はけが悪くなります。
どちらかと言えば腐葉土がお勧めです。

砂の投入も水はけの改善には効果がありますが60平米だと3立米ほど入れないと効果が見えてこないでしょう。

有機物を鋤き込む事が一番の解決策だと思います。
経費をかけずに土壌改良するには実家の藁ですが、藁は落ち葉やバーク堆肥より保水性が大きく粘度質土壌の改善には効果が低いと思われます。

粘土質土壌の物理的改善なら籾殻を使われたらどうですか。
生でも良いですが出来れば燻炭にした籾殻が良いです。
1年は表面にマルチの代わりに使い、収穫後に鋤き込む事を毎年繰り返していけば良くなっていくと思います。

土壌改良で一番良いと思うのは落ち葉や笹です。
粉砕して鋤き込めばかなり効果が出ると思います。
施用方法は先ほどと同じように1年目はマルチ代わり・・・です。

製材等の木屑・おがくずは含まれている樹脂が植物の生育を阻害しますから使われるなら充分雨に晒された物が良いです。

元が田んぼであったと言う事や、ぬかるむと言われておられるのですから栽培する畝は高くしないといけないです。

粘土質土壌だと牛ふん堆肥は含まれている粘性物質の影響で大量投入すると保水性が高くなりすぎ水はけが悪くなります。
どちらかと言えば腐葉土がお勧めです。

砂の投入も水はけの改善には効果がありますが60平米だと3立米ほど入れないと効果が見えてこないでしょう。

有機物を鋤き込む事が一番の解決策だと思います。
経費をかけずに土壌改良するには実家の藁ですが、藁は落ち葉やバーク堆肥より保水性が大きく粘度質土壌の改善には効果が低いと思われます。

粘土質土壌の物理的改善なら籾殻を使われたらど...続きを読む


人気Q&Aランキング