8月に出産を控え、現在派遣の仕事をしておりますが103万円以内の収入に抑えて仕事をした場合の「所得税」と「住民税」について教えて下さい。

昨年の課税所得合計は240万程でした。

今年の1月~7月までの給与総額を103万円以内に収めたとした場合、住民税の支払は必要ですか?
また、すでに収めている「所得税」に関しては確定申告をすれば還付されるのでしょうか?

また、派遣の契約が出産手当金が発生する日までにしていただいている為「産前・産後」の出産手当金も貰えるはずとなっております。

この出産手当金は非課税所得となるようですが(サイトなどで調べました)、この出産手当金を今年の所得に換算した場合は103万以上となってしまいますが・・・大丈夫なのでしょうか?

税金関係に全く詳しくない為、教えていただきますようお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

住民税 高い」に関するQ&A: 住民税が高い

A 回答 (3件)

はじめまして。



所得税と住民税について、ざっくりと説明します。

■所得税
名前の通り「所得」にかかる税金です。
1年間(1月~12月)の所得の約10%の金額です。

所得とは:収入-控除(こうじょ)=所得 です。
     給料明細に書いてある収入とは違います。
控除とは:所得が低くなると所得税も安くなりますよね?
     控除は税金を割安にする「割引オプション」みたいな感じです。
     自分に当てはまる控除があれば税金が安くなります。

■住民税
前年度の所得から算出します。
毎年6月に納付用紙が送られてきます。

例えば、2009年は高収入。2010年は無職になったとします。

・2009年:所得税=高い 住民税=2008年度の所得税に応じた金額
・2010年:所得税=なし 住民税=高い(2009年度から計算)

と、住民税は1年遅れて請求されます。
この例だと、2010年は苦しいですね。


所得税・住民税どちらも、基本的に会社が支払い手続きをしてくれてるので、「これだけ払った!」という感覚がないのが怖いところです。

以上をふまえて。
=================

> 今年の1月~7月までの給与総額を103万円以内に収めたとした場合、住民税の支払は必要ですか?

はい。支払いは必要です。

年間所得103万円以下=所得税0円
年間所得100万円以下=住民税0円です。

所得税と住民税で控除の金額が若干違うからです。
(本当、ややこしいです!)
http://www.keisanhouhou.com/expression/046.html

ですので、所得税も払いたくない!のなら1月~7月の所得を100万円以下に抑えるべきです。
ちなみに、上記の方法で所得税を0円になるのは再来年度です。
来年は去年と同じような所得税を払わなくてはいけないのでご注意を!

あと、金額計算は「給与総額」ではなく、交通費を引いて計算してくださいね。

=================

> すでに収めている「所得税」に関しては確定申告をすれば還付されるのでしょうか?

はい。5年前までさかのぼることができます。

ちなみに、こういうのは「確定申告」ではなく「還付申告」といいます。
確定申告とは、基本的に税金を払う行為です。年間の所得が【確定】したので【申告】するから確定申告です。
還付されるのが注目されすぎてますが、本来はこういうものです。
還付申告は、還付のみを行う手続きです。

=================

> 出産手当金を今年の所得に換算した場合は103万以上となってしまいますが・・・大丈夫なのでしょうか?

出産手当金は「非課税所得」です。課税対象ではありません。
税金の計算に加えなくて大丈夫ですよ。


冒頭で「所得=収入-控除(こうじょ)」と申しましたが、
さらに正確に書くと、「収入」ではなく「課税所得」です。

「課税所得」と「非課税所得」という種類に別れるのです。
名前のとおり、税金がかかる所得か、否か、です。

「非課税所得」で分かりやすいのは、「交通費」です。

交通費は本来会社が払うべきものを「立て替えてる」状態ですよね。
でも給料と一緒に混じってるから給料明細には記載されます。

10,000円交通費を立て替えたのに、10%税金がかかって9000円しか戻ってこなかったらどう思います?「おかしい!」ですよね。
そういう矛盾をなくすために、「非課税所得」という分類ができました。
同じく、出産手当金も今まで保険金をキッチリ払ってきたのに、
そこから支給されたものまで課税するのは変だ!という理由で非課税です。


一見ややこしいですが、成り立ちを考えると案外簡単ですよ。


============
なんか恐ろしく長文になりました。。。汗
これは胎教に悪いかも・・・。笑
元気な赤ちゃん産んでくださいね^^
    • good
    • 0

給与所得(会社に雇用されていて、お給料という形でしか収入がない場合)しかない場合。



>今年の1月~7月までの給与総額を103万円以内に収めたとした場合、住民税の支払は必要ですか?
収入は1月から12月の1年間の収入になるので、8月から一切の収入がなければ、翌年の住民税は発生しません。

>また、すでに収めている「所得税」に関しては確定申告をすれば還付されるのでしょうか?
給与所得なら、昨年の12月に年末調整しているはずですので、多めに払っていれば昨年12月分の給与で還付されているはずです。

給与所得にもかかわらず、確定申告をする必要があったのであれば、
今年の確定申告で申告して課税額の確定をし支払います、

こちら参考に(タックスアンサー)
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/ …

>この出産手当金は非課税所得となるようですが(サイトなどで調べました)、この出産手当金を今年の所得に換算した場合は103万以上となってしまいますが・・・大丈夫なのでしょうか?
非課税所得なのですから、税金のかからない所得という意味です。
    • good
    • 0

所得税は、年末調整で、調整が行われますが、県市民税は、年末調整された数字が基数となって課税されます。

つまり、昨年度実績が本年度の県市民税になります。
貴方の場合、来年度も同じような県市民税が課税されます。再来年度は、8月以降無収入で、103万以内の年収であれば、来年末の、夫の年末調整に申告できます。
出産手当金は非課税です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング