先日、BSプレミアムの城特集で、宇和島城を中心とした五芒星の5つの頂点の位置に城を守るための神社が5つある、と言っていました。

あとでゆっくり調べようと思ってメモしなかったのですが、検索しても関連したような記事がうまくヒットしません。

それぞれ実際どれくらいの距離にあるのか位置を確認してみたいと思っているのですが、その5つの神社の名前をご存知の方はいらっしゃいませんでしょうか?

A 回答 (1件)

その番組は見ていませんが、宇和島で有名な寺社仏閣といえば


 多賀神社
 龍光院
 宇和津彦神社
 三島神社
 和霊神社
の5つかな?

当時の城は出丸として寺社を用意してあるのが普通なので、城の周囲には必ず城を取り囲むように大きめの寺社があるものですし、この5つは五芒星とはあまり言いにくい位置関係にあるので、違うかもしれませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなって申し訳ありません!
回答がなかなかつかなったので、諦めてしまっていました。ごめんなさい。
ペンタグラムにならないようですが、いただいた5つの寺社を自分でもgoogle mapでこれから調べてみようと思います。
ありがとうございました!

お礼日時:2011/05/10 18:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q神社のお参りの仕方  手水の作法について

明日神社にお参りに行こうと思っているのですが、手水での作法で質問したいことがあります。

手水のときに、右手をゆすぎ、左手をゆすいだあと、左手に水をためて口をすすぐとのことですが、すすいだ後の水はどうすればよいのでしょうか。吐き出すのも汚いように思いますし、左手にすすいだ水を吐いたら穢れてしまうように思います。普通に地面に吐き捨てるべきでしょうか。だとしたら、石段の上に吐き捨てては駄目だとかいう作法はあるのですか。水のたまっているところに吐くのは最もよくないことですし。

細かいことかもしれませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 設備の整った神社では水盤の周囲に堀が刻んであって、水が流れています。このような神社では、そこに流してください。
 水盤の周囲を砂利で敷き詰め、水が流れている場合は、少量の水を口に含み、砂利の上に流しましょう。

これらの設備が無いか、水が流れていない場合は形式だけにします。
 杓から直接ではなく、右手で杓を持って左掌に水を受けて口に入れます。
 形式だけ整える場合は水に唇をつけるだけで含みません。そのまま流す所作だけ(軽く顔を横に背ける)をして終えます。
 口をすすぐとは嗽ではなく、ごく僅か口に含んで流すだけです(念のため)

手水の基本的な全体の流れは参考URL参照。

参考URL:http://jinja.jp/faq/answer/11-01.html

Q【姫路城の鬼門、裏鬼門の謎】普通は鬼門は北東、裏鬼門は南西にあるはずなんですが姫路城の鬼門が姫路城の

【姫路城の鬼門、裏鬼門の謎】普通は鬼門は北東、裏鬼門は南西にあるはずなんですが姫路城の鬼門が姫路城の北東になく南にあるのはなぜですか?

おかしくないですか?

Aベストアンサー

「姫路城の鬼門」を門か何かだと思っておられるのでしょうか?
鬼門は書かれているように北東の方角を指す(として日本では使用されている)言葉です。つまり「姫路城の鬼門」は「姫路城の北東」と言ってるのと同じです。あなたの質問は「姫路城の北東が南にあるのはなぜですか?」ということになり、質問がオカシイということになります。

ちなみに鬼門の由来は、むかーしの中国の書籍に北東の門に捕まえた鬼を縛ってまとめているところがあるって記述からで、なのでその門を鬼門と呼ぶってところから、北東の方角を鬼門(の方角)と呼ぶようになりました。それが日本では、鬼の門って怖いねーって感じのイメージ先行で、とりあえず北東は鬼門で怖いねー、じゃあ反対側も裏鬼門で怖いねーって感じでしょう。ちなみに裏鬼門なんてのは日本と、もしかしたら風水くらいで言われる程度のニセ情報も良いところの話なのですが、どうせそんなのはどうでも良いのでしょう。

Qおじいちゃんの神社お参り

こんにちは。私は今年34になる男です。最近好きでいろんな神社やらお寺をお参りすることがあり、ふと思った疑問について質問させて下さい。

それは私の祖父の神社へのお参りの作法についてです。
もう亡くなりましたが、私の祖父(明治43生まれだったかと)は、一般的に正式と言われる「二礼二拍手一礼」とは全く異なる作法でお参りをしていました。
そのやり方は、次の通り。

1.鐘を鳴らす
2.2回拍手
3,1礼(と、ともにお祈り)
4.2回拍手
5.1礼

毎日のように近所の神社(八幡さんと氏神さん)へ犬の散歩と共に出かけ、それについていっていた幼い私は、いつのまにかその作法がしっかりと身についていました。うろ覚えなのですが、この作法について私が尋ねたとき、「まず神様を(鐘の音)起こして、”私がお参りしますよ”と伝え(拍手)、願って、ありがとうの拍手を最後にする」という理屈を教えられ、妙に納得した覚えがあります。
作法のことですし、もう少し私の祖父に関することをお伝えしますと、
・姫路出身(祖父、私とも)
・本家は商家(祖父の兄が継いでます。祖父は結婚までそこにいました)
・戦争では満州にも行っていたようです(中尉だったかと)
というところです。

このやり方が正しいかどうかを問い糾すというよりは、「私も一般のやり方とちがうお参りの仕方をする」とか「私の~も似たようなことしてた」など皆さんのいろんなお話が聞けたら面白いな、と思っています。もちろん「それは~という礼儀にのっとったもの」といったお答えも戴けると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

こんにちは。私は今年34になる男です。最近好きでいろんな神社やらお寺をお参りすることがあり、ふと思った疑問について質問させて下さい。

それは私の祖父の神社へのお参りの作法についてです。
もう亡くなりましたが、私の祖父(明治43生まれだったかと)は、一般的に正式と言われる「二礼二拍手一礼」とは全く異なる作法でお参りをしていました。
そのやり方は、次の通り。

1.鐘を鳴らす
2.2回拍手
3,1礼(と、ともにお祈り)
4.2回拍手
5.1礼

毎日のように近所の神社(八幡さんと氏...続きを読む

Aベストアンサー

http://www.ichigayahachiman.or.jp/shinto/sahou.html

参考URLにあるように、神道と言っても、流派が分かれていて、それぞれ、お参りの仕方は、違うようですね。

普通、眼にする作法は、標準的な作法というべきなのかもしれませんね。

ちなみに、仏教でも、その宗旨に拘れば、各宗派で、まったく違うほど、ならばらです。

おじいちゃんの納得される方法で、お参りされれば、良いとおもいますが。。。

参考URL:http://www.ichigayahachiman.or.jp/shinto/sahou.html

Q姫路城を見に行ったのですが、赤で囲ったところにある棒のようなものをとこ

姫路城を見に行ったのですが、赤で囲ったところにある棒のようなものをところどころに見つけました。
そこでこの棒?が何のためにあるのか知りたいと思いました。
わかる方がいらっしゃいましたらぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

窓に溜まる雨水の排水パイプです。
http://www.himeji.jp/himeji_jyo/010.htm

Q神社参拝作法通り参拝していますか?

先日、今までできなかった事が出来るようになった事に対する感謝の気持ちから、近所の神社に参拝しました。
なぜか、いつからか、出来るだけ、神社に行く機会があった時はお願いごとばかりではなく感謝の参拝をしようと思っています。
以前から気になっていたのですが、
参拝する所に参拝作法について説明が書いてあります。2礼2拍手等。拍手は小さくしていますが、礼の部分がどうしても恥かしくて今まで、作法どおり参拝した事はありません。
おじいさんおばあさん方はきちんとされてます。
やはり神様に失礼?
神社に立ち寄る気持ちが大切?
参拝に気持ちがこもっていればよい?
作法どおりでない参拝についてどう思いますか?

Aベストアンサー

手水舎で、手を清める事は出来ますが、
口をすすぐ事がどうも出来ないです。
水道があればします。
手水舎が見当たらない神社がありますので、
そのまま拝礼しますが、
作法通りにお参りできます。

混雑している時は、丁寧にゆっくり出来ないですね。

感謝・祈願など、言葉は浮かびますが、
観光などで出掛けてお参りする時
願い事をするのも、申し訳ないな~と感じてしまうので、
”又お参り出来る機会をください”と、
お願いします。

>>神社に立ち寄る気持ちが大切?
>>参拝に気持ちがこもっていればよい?

神仏へ畏敬の念、信心などによって、いずれでも
仕方がないかなと、感じはします。
個人的にはその拝礼の儀は、守った方が良いと思います。
大して難しい技をする訳ではないですから。

参拝して気が重くなるのでは残念な事です。

礼の部分が恥ずかしい・・何となくわかります。
私は、作法と言うより、”こんにちわ”と言う感じで
お辞儀をして慣れるようにしました。

Q兵庫県の出石城近くの城

兵庫県の出石城址へ行った時に貰ったパンフレットに中村城と記載されていたので行きました。伊福部神社から石段を登った先の愛宕神社にあるような表記でしたが、現地にも何の説明もありませんでした。どなたか築城者やこの城の歴史をご存知な方いらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

出石町の歴史も懸命にいろいろと調べて見ましたが、・・・・
此隅山城、山名は詳細にありますが、
明確には回答できません。^_^;

中村城は、山城であって竪堀・横堀を駆使した長大な城らしい。

一度訪れましたが、そういうことも感じませんでした、残念。

どうでしょう、出石町観光協会にお尋ねされてみては
info@izushi.co.jp 
ただ、愛宕神社の由緒も不明とのことですから期待は出来ないかも。

Q夜に神社にお参りしてはいけませんでしょうか。

毎週、土日の早朝に散歩を兼ねて近所の神社にお参りに行きます。

平日は仕事のために夜に散歩をするのですが夜に神社にお参りしても良いのでしょうか?

Aベストアンサー

神仏への参拝を夜行なうのは良くないと言われていますし、その様な場所へ夕暮れ以降の時間に立ち入ることは、悪鬼羅刹を呼び込むことになるという類の説が根強くあります。

古人の言には理があるものです。

Q月山富田城vs豊後の岡城

月山富田城と豊後の岡城だったら、どちらのほうがより堅牢の城だと思いますか?

Aベストアンサー

love_pet2 さん、こんばんわ。

私も岡城です。月山富田城は落城しましたが、岡城は島津氏のすさまじい攻撃を受けても落城しませんでした。
詳細は下記URLを参照してください。



岡城

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E5%9F%8E_(%E8%B1%8A%E5%BE%8C%E5%9B%BD)


月山富田城
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%88%E5%B1%B1%E5%AF%8C%E7%94%B0%E5%9F%8E

Q神社のお参りについて

お世話になります。
最近神社参りが趣味になっているのですが、神社をたくさんお参りしないほうがいいとか、稲荷神社は鳥居をくぐらないほうがいいなどと聞くのですが実際のところどうなのでしょうか?
神社に行くと落ち着くし癒しを求めてお参りするのですが沢山の神社に行かないほうが良いのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

私は神社の写真を撮るのが趣味なので、一日に幾つもの神社を訪れます。
肝心なのはお願い事をしない事。
先輩などにお願い事をする場合、何人もの人に同じお願いをすると「自分だけじゃ頼りにならないのか」とへそを曲げてしまう事がありますが、その辺から発生した謂れなのでしょう。
神社を訪れたら「お邪魔します」「お陰様です」など感謝すれば良いのです。
呼吸は吸ってばかりでは、二酸化炭素で肺が一杯になってしまいます。吐き出したあとに新鮮な空気が自然に入ってくるのと同じく、感謝の言葉を出した後の空になった身体に、神気が自然に入ってくる。
そんな心構えでよいでしょう。そうすれば複数の神社でも構いません。

鳥居をくぐらないという事は、家に窓から入るのと同じです。また、神域に穢れたまま入るのと同じで、相手にとって大変失礼な事です。
稲荷に参るなという説は、多くの稲荷が本来の神様でなく、眷属の狐を祀ってしまっているからです。キチンと祭神を祀っている稲荷なら大丈夫です。

但し、荒れている神社や祭礼がちゃんとされていないなど、放置されている神社は出来るだけ避けましょう。ちゃんと大切にされている神社なら稲荷でも大丈夫です。

私は神社の写真を撮るのが趣味なので、一日に幾つもの神社を訪れます。
肝心なのはお願い事をしない事。
先輩などにお願い事をする場合、何人もの人に同じお願いをすると「自分だけじゃ頼りにならないのか」とへそを曲げてしまう事がありますが、その辺から発生した謂れなのでしょう。
神社を訪れたら「お邪魔します」「お陰様です」など感謝すれば良いのです。
呼吸は吸ってばかりでは、二酸化炭素で肺が一杯になってしまいます。吐き出したあとに新鮮な空気が自然に入ってくるのと同じく、感謝の言葉を出し...続きを読む

Q「伏見城」=「伏見桃山城」?

鳥居元忠が戦ったと言われる伏見城とは
「伏見桃山城」の事でしょうか?

今度京都へ行くので、鳥居元忠が戦った伏見城へ行きたいです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

先の回答者さんがおっしゃる通り、伏見城跡は、明治天皇の御陵になっていて、現在の伏見桃山城は、ディズニーランドのシンデレラ城と同じ感覚で建てられた遊園地のシンボル的模擬天守です。

ありし日の伏見城に興味がおありでしたら、京阪電車の伏見桃山駅または近鉄電車の桃山御陵駅からすぐの御香宮神社へどうぞ。

神社の表門が伏見城の大手門で、拝殿は伏見城の車寄せでした。
桃山建築の特徴を今に伝える美しい建て物ですよ。

あと、鳥居元忠さんにこだわるのであれば、三十三間堂の北隣りにある養源院へ行かれたらどうですか?
ここの本堂の天井は、あの関ヶ原の時に、鳥居元忠が300人の城兵とともに切腹して果てた天守の床を天井板として使用しており、彼らの血で染まっている事から「血天井」と呼ばれています。

鳥居さんの姿がくっきりと、そのまま天井に残っています。

昨年の大河で話題になった、淀殿が父・浅井長政のために建てたお寺で、後に江が再建したお寺です。


人気Q&Aランキング