ニーチェの「ツァラトゥストラ」を読みたいと思っているのですが、ネットで調べると種類が

沢山ありどれが良いのか見当がつきませんので、難解ではなく、読みやすいお進めの

本を教えてください。

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

邦訳としては手塚富雄氏の訳になる中公文庫版の「ツァラトゥストラ」と同じく中公バックス版「ニーチェ」が読みやすいと思われます。


 参考文献としてはM.ハイデガーの「ニーチェ」が良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考にさせて頂きます。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/25 13:00

Cyototu大先生の仰ることをせんじ詰めれば、ニーチェを読みたければ解説者や翻訳者にたよるのではく、ニーチェの使ったドイツ語をまずものにしてから、ニーチェ自身が書いたことをそのまま読めっちゅうことですね。



レヴィ・ストロースを読みたければフランス語を理解してから読めば理想的だし、ドフトエフスキーを楽しみたけりゃあまずロシア語を征服してから楽しむのが最高ですね。

さはさりながら、そこまで時間が無い人が手っ取り早くツァラトゥストラを読みたい場合は、口語体で訳されている岩波文庫の「ツァラトゥストラはこう言った」が良いのじゃないかね。

若い時に読んだのは文語体の「ツァラトゥストラかく語りき」(新潮文庫)でしたが、二三年前に口語体の方を読んだときに口語体の方が楽だったです。

ニーチェが好きなら色々なバージョンで読み比べてみるのがお勧めです。

「つまみ食い」でも、それがきっかけでニーチェが好きなることもあるから、良いのじゃあないかな。
「つまみ食い」だと昨年あたり沢山売れた「超訳ニーチェの言葉」ってのがあります。
これはニーチェの言葉そのものと思っちゃいけませんが、ビールのつまみには良いのではないでしょうか。
先生には隠れて読みましょう。


生きているうちに原文のドイツ語で読んでみたいと思っています。読んだふりをするだけかな(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/25 12:59

難解も何もありません。

解説や抜粋ででなく、ニーチェの書いた本の翻訳を直接読みましょう。翻訳に優劣はあるでしょうが、まともなドイツ文学者の翻訳ならどの翻訳でも意味は通じると思います。

絶対に解説書や抜粋を読まないように。また、ニーチェの本を読むときに翻訳者の解説などを読まずに、いきなりニーチェの書いた物を読むように。さもないと、貴方は何処にでもいるニーチェの生かじり人間になってしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/25 12:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング