今働いている会社Bから毎年もらっている労働条件通知書は「嘱託雇用契約書・労働条件通知書」という題目です。
内容は正社員とほとんど同じで保険もすべてあり、退職金も支給と記載されて会社の方も当然承知しています。なぜ嘱託かについては
「グループ会社Aからの移籍で給与がAの場合、Bより高額であるため規則通りだと名目上支払えないので給与をそのままの金額で支払うため嘱託とした。」と聞きました。
私の場合、定年後の嘱託ではありません。
気になるのはBの就業規則では嘱託社員へは退職金は支払わないとなっている点です。通知書と口頭では支払うとなっていますが大丈夫でしょうか?グループといってもAとBはまったく別会社です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

またややこしいですね。



「グループ会社Aからの移籍で給与がAの場合、Bより高額であるため規則通りだと名目上支払えないので給与をそのままの金額で支払うため嘱託とした。」と聞きました。

言う通りなら給与面は良いのですが、契約の毎年更新(?)が気になります。

ご心配の退職金は、(就業規則より)契約が優先でしょう。

それでも、やはり毎年契約が更新され、なおかつ、労働条件が維持向上して行くのか不安定さを感じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。確かに不安はあります。もうこの形態で4回目の更新で問題は今のところはないですが・・・・・・・。

お礼日時:2011/04/23 07:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング