私はサッカーも野球も詳しくないのですが、脇谷選手が落球をごまかした件で問題になっていますね。しかし、サッカーだってファールをもらう演技をしたり、演技がうまい人だっていますが、それほど問題にはなっていなかったと思います。むしろテクニックとして認められていた気もします。

ここで質問ですが、サッカーでファールをもらう演技が許されて、野球で落球をごまかすことが許されない理由は何ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

許されないことじゃないと思います。

ミスジャッジはよくあることです。脇谷はノーコメントが出来ないからあんな風に誤魔化しただけ。プロの世界で厳しい競争の中生きてんだから、逆に脇谷らしい。言葉のむずかしいところ、正しい返答なんてないんじゃないですか。審判だって人間、100%の判断なんてありえない。ストライク、ボールで試合が決まることもある、高校野球なんてタイミングだけでアウトなんてよくあること。キャッチャーがボールおとしてもアウト!キャッチャーも知らん顔、プロ野球も決して美しいスポーツじゃない。デッドボールに怒って全員で乱闘殴り合い、コーチが審判に暴行、大観衆の前で平然とこちらの方がよほど人間性を疑う、ファンあってのプロスポーツだが所詮は個人の生活の為の仕事。あらゆるスポーツのなかでもプロの野球、サッカー、相撲は日本では興行見世物だ、ファンは自分に出来ない事を選手に置き換えて楽しんでる娯楽だ。人が審判、採点するスポーツはある意味真の結果ではない部分があるのが当然。今回のプレー、発言に対して批判これは日本人の特徴なのかもしれませんね!逆に阪神の金本だったら?もちろん金本ならもっとうまく言うでしょうけど。脇谷も言葉の怖さに驚いてると思いますよ。おもしろかったのはその後の同時セーフ!真弓監督も行くなら退場ぐらい覚悟で行けばよかったのに、普通ならぶつかっただけで退場ですけど審判も気がひけたんでしょうね!回答にならなかったかも知れませんが人間が判定するから面白い野球がある。サッカーの演技は腹がたちますが審判もひいきが露骨だし。とにかくいい3連戦でした両チームとも日本に元気をこれからもがんばってください。脇谷よこんどはファインプレーで!
    • good
    • 0

サッカーでファールをもらう演技は大問題ですよ。

許されません。
それはさておき。

「テレビの映りが悪い」を批判する人は、
「おっしゃる通り落球でしたごめんなさい」でも批判すると思う。

「テレビの映りが悪い」も「落球でしたごめんなさい」も許せん、
ノーコメントがいちばんいい、という理屈(感情)は、いまいち理解できない。
    • good
    • 0

サッカーでも(条件によりますが)ファールをもらう演技は許されてませんよ。


相手選手との接触による転倒を模擬して審判を欺く行為は、シミュレーションというファールになります。

野球で落球をごまかすことは許されてます。
審判がアウトといえばアウトですし、セーフといえばセーフなんです。
内野ゴロでどう見えてもアウトのタイミングで、一塁コーチが両手を広げる場面がよくありますが、
審判がつられてセーフとコールするのを誘っています。
プロ野球選手は勝ってなんぼ、負けると生活できなくなります。

今回、問題になっているのは1.土山審判の誤審と2.巨人の脇谷選手が試合後にしたとされる発言です。
1.に関しては沼沢球団本部長が野球機構へ審判の技術向上に関する要望書を提出しています。
2.に関しては、・・・どうなるんでしょうね。

なんにせよ、川藤さんが良いことおっしゃてました。
「いつか、審判で勝てる日もあるわい」。
私もそう思います。
    • good
    • 0

日本人は野球に対して必要以上に神聖で清廉なものを要求しすぎる国民だからでしょう。


FAなどもまるで義理人情の世界の観点で批判する人が多く、それは国民性だと言われますが、Jリーグでは出番が少ないからとすぐに移籍を直訴する選手がゴロゴロいるのですから国民性の問題ではないでしょう。

「テレビの映りが悪い」は単なるジョークみたいなものです。落球と認めれば誤審だと批判するのと同じですし、脇谷本人は笑ってごまかすしかありません。そこで出た軽口なのでしょう。批判されるべきはヘボ審判なのであって、脇谷を批判しても今後の改善にはつながりません。そこを勘違いしている人が多くて驚きました。

今年から審判がセパで統合されたため、甲子園や東京ドームの雰囲気になれていない元パリーグ審判の判定が問題になることも増えるかも知れませんね。
    • good
    • 0

うまく演技して審判だけは誤魔化せたのに


視聴者は誤魔化せなくて問題にするなと言うのが無理かと。
まぁアンチ巨人ですけど別にプレーも審判の判定も
まったくw普通でよくあることですけどねw
野球・サッカー・その他のスポーツの違いでなく
純粋にその後の発言でしょう・・・
どのようなスポーツであれ視聴者・観客を
馬鹿にするような「発言」は許されないのでは
ないでしょうか?
    • good
    • 0

当日、1塁アルプス席で観戦してました。



しっかり見ていれば落球がわかる角度だったのですが、当然「捕るだろう」と思ってましたので、落球の瞬間は見逃してました。

真弓監督の抗議が長いので、携帯のワンセグでテレビ中継のVTRを確認し、落球が分かりました。

現在のルールではホームラン以外はビデオ判定が導入されていませんので、審判がアウトと判定した限りは、結果は覆りません。

落球が認められていれば、あの試合の結果も変わっていた訳ですが、脇谷選手のプレーや発言について「ずるい」という感情はありません。
※当方、熱狂的な阪神ファンです。

プロなら「捕った」ふりをするのは当然ですし、落球を認める必要もありません。
サッカーでも野球でも、それもプロとしてのテクニックのひとつです。

引退後、インタビューされれば、その時認めればいいことです。

原監督が、「追い風がきた」と誤審を認める様な発言をしてますので、それで十分じゃないですか。

審判も1軍の試合に出場するまでに、かなりの期間を有すると聞いています。
土山審判もこれを機会に、更なる技術向上に努めてもらえればいいです。
    • good
    • 0

サッカーは演劇なですか?野球はマジックショーですか?どちらも許してはならない行為だとおもいます。

それを、許している審判も観客もおかしい!携帯メールで勝ち負けをやりとりしただけで、解雇処分された、プロの選手「力士」がいるじゃないですか。それなのに、映りがわるかったなんて、盗人猛々しいとはこの事でしょう!見てなければ、うまくやればOK?これがプロスポーツなんですか?日本人は秩序を守るすばらしい国民だと胸を張って言えるのですかね。
    • good
    • 0

まず問題になっているのは、試合後の脇谷選手の発言で「VTR?テレビの映りが悪いのでは?」の発言が問題になっているのです。


野球でも完全にアウトなのにセーフとコーチがやっているという人がいますが、選手は完全にアウトの時にセーフとはジェスチャーをやりません!

また、タッチプレーやストライク、ボールの判定も140KM前後の速さで動いてるものだから、誤審も仕方ないと思うけど…
今回のはそれほど際どいプレーではなかったように思います。
そもそも、脇谷選手がヘタクソだから問題が起きたようなものですね。

サッカーで嘘のアピールをしますが、個人的には好きではないのでアピールプレイはテクニックとは認めていません。

野球で許されない理由は?
どのスポーツでもファンとしてそのようなものは、面白くないと思います。
逆にサッカー以外で演技してでもというプレーが思いつきません。

人間のやる事だから誤審はしかたないですが、あの発言は彼の株を下げただけですね。
彼は「落球しました」と言う必要はないが、あのような発言をせずに「ノーコメント」などで濁すべきだったと思います。記事にされるのがわかるのだから考えて発言すべきです。
人気球団の選手で子供のファンも観ていたのだから、スポーツマンシップを信じている子供たちをがっかりさせないで欲しいですね。
    • good
    • 0

ごまかしたとか、嘘をついたとかはもうこの際どうでも良いよ。

今更判定が覆る訳でもないし、でもその後の脇谷のコメントがいただけない。火に油を注ぐ結果となったわけで、落球していた事実はどうしても曲げられない訳で、だからこんな時はノーコメントを貫くべきだし、テレビの写りが悪いなどと言い訳はもうええっちゅうねん。
その事と落球をごまかし結果的には嘘をついたことも一緒になって、脇谷のスポーツマンらしからぬところにみんな怒っているんだと思う。
    • good
    • 0

たまたま巨人―阪神戦だったから、ファンはもとよりマスコミも騒いでるんじゃないでしょうか。

個人的にはどちらのファンでもないので、ニュースでしか見てませんが。

プロ野球のミスジャッジとしては大きい方だと思いますが、サッカーのみならずスポーツのミスジャッジもファクターの一つだと思います。
ただ、本当であれば審判団が集まって協議してもよかったのかな?と、思わなくはないです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q御坊・穏坊について調べてます。

葬祭について感心があり、宗教民俗学のテーマである「御坊」「穏坊」「三味聖」について調べてます。参考文献・著書について、或いは、文学作品で、「御坊」「穏坊」が登場する小説を知りませんか?

Aベストアンサー

『三昧聖の研究』(細川涼一編:戎光祥出版社)
http://www.ebisukosyo.co.jp/books/history_sanmai.html
『葬と供養』(五来重:東方出版)
http://www.amazon.co.jp/%E8%91%AC%E3%81%A8%E4%BE%9B%E9%A4%8A-%E4%BA%94%E6%9D%A5-%E9%87%8D/dp/4885913004
(『葬と供養』は品切れの可能性もあります。宗教書を専門に扱う古書店なら入手可能かもしれません)

Q野球もサッカーも 世界戦しか盛り上がらないと現実。 Jリーグめプロ野球もダメだし。

野球もサッカーも 世界戦しか盛り上がらないと現実。
Jリーグめプロ野球もダメだし。

Aベストアンサー

カバディがある!

Q脇谷は今?

脇谷は今どうしてるのでしょうか?調子が悪いのでしょうか?怪我でもしているのでしょうか?
 ゴンザレスが怪我して二軍行きになったので、現在巨人の一軍には生粋の二塁手がいない状態です。やっと脇谷が一軍にあがれると思ったのですが、かわりに登録されたのは深町。脇谷は今調子悪いのでしょうか?

Aベストアンサー

本日、亀井選手に代わって1軍登録昇格するようですよ。

http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200704/bt2007040701.html

セントラルのサイトでは、昨日の分までの公示になっていますが巨人はナイターですし、7日分も夕方ぐらい?には公示になると思います。


http://www.npb.or.jp/CGI/cl/kiroku_put.cgi?key=new&type=3

http://www.sponichi.co.jp/baseball/special/2007npb/04-kouji/20070401top.html

Q大学野球、社会人野球で選手の成長をより楽しめるのはどちらだと思いますか? 私は大学野球だと思います。

大学野球、社会人野球で選手の成長をより楽しめるのはどちらだと思いますか? 私は大学野球だと思います。
大学の年齢が恐らく一番伸び盛りだと思うからです。
もちろん大学卒業して社会人でかなり伸びる選手も中にはいますが。
社会人は大卒が多いですが、高卒も中にはいて高卒4年目までは大学のそれぞれの学年と同年齢ですけどね(回り道がない限り)。

Aベストアンサー

どちらでも 本人次第で楽しめると思いますよ。

プロを目指すなら また考え方も違うのでしょうけど。

人それぞれじゃないでしょうか。

Qドラゴンズドグマ 穏れ山・神殿について

やっとクエスト【決戦】までたどり着きました。
ところで、早急にお願いしたい質問があります。
それは、ある攻略本によると、ドラゴン討伐前後で地形が変化するみたいなのですが、地形が変化するのはドラゴンのいる穏れ山だけでしょうか。
それとも、穏れ山・神殿のほうも行き来できなくなってしまうのでしょうか。
アドバイスどうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

地形が変化するのはけがれ山のみで神殿はそのままです。

変化前のけがれ山にあるアイテムは【決戦】のクエスト中にしか拾えませんが
完全にこの場所限定のアイテムはありませんし
アイテムがある場所では多少余裕があるので
集めるのは簡単です。

Q野球選手とサッカー選手どちらが儲かる?

野球選手とサッカー選手はどちらの方が稼いでいるのですか?
私は野球選手の方がもらっているような気がするんだけれど、
彼はサッカー選手だといいます。
本当のところどのくらいもらっていて、
どちらの方が稼いでいるのでしょう?

くだらない質問ですみません。

Aベストアンサー

ヨーロッパでプレーしている代表エースクラスで且つ超人気なサッカー選手の場合(ジダンとかベッカムクラス)年俸は10~15億で2、3人もいない。超がつかないけど人気選手で5~10億クラスで、これは10人ぐらい?
一方メジャーの野球選手の場合、20億クラスで10人ぐらい、10億以上でたくさん。
ただまぁこれは野球とサッカーの比較というよりはアメリカとヨーロッパの比較でしかありません。ビジネスの世界でも似たようなもんです。これがアメリカンドリームというだけの話。

ちなみに平均年俸で見るなら
メジャーのそれは2億5千万前後、日本のプロ野球(1軍)は5700万前後。2軍も含むと3000万前後。Jリーグは2000万前後。ヨーロッパのそれは市場がでかすぎてよくわかりません。
http://www.jc-i.jp/ranking.htm
http://www.sponichi.co.jp/baseball/kokai/2001/kyudan-nenpo.htm

こうやって比較すれば国内では野球の方が圧倒的に上でしょう。サッカーの場合、まだ日本では放映権が多額でやりとりされるような市場もありませんし。またJリーグはその方向を目指してもいませんし。

ただ野球は極東と米国大陸の一部でしか行われていない超マイナースポーツですので、世界的に広く行われているサッカーとはそもそも比較するのは難しいです。例えば日本国内でしか行われていない大相撲(野球)と世界的に広く行われているボクシング(サッカー)では果たしてどちらが儲かるかというようなもんで。
裾野の広さでは圧倒的にサッカーが上。ということはつまりこれはどういう利点があるかというと、競技経験者がコーチやあるいはそれ以外の関わる仕事に就くのが実に容易ということです。そういった全体での市場規模は比較する以前のレベルで圧倒的にサッカーが上(日本国内に限定して言えば今の段階では野球もサッカーもどっこいどっこいでしょうが、Jリーグの100年構想に比べてみれば野球のそれは非常にお粗末というかかけらもありませんのでいずれ比較対象にならなくなるでしょうねぇ)ですので総額で動いているお金の量は圧倒的な差がつくとも言えます。

ヨーロッパでプレーしている代表エースクラスで且つ超人気なサッカー選手の場合(ジダンとかベッカムクラス)年俸は10~15億で2、3人もいない。超がつかないけど人気選手で5~10億クラスで、これは10人ぐらい?
一方メジャーの野球選手の場合、20億クラスで10人ぐらい、10億以上でたくさん。
ただまぁこれは野球とサッカーの比較というよりはアメリカとヨーロッパの比較でしかありません。ビジネスの世界でも似たようなもんです。これがアメリカンドリームというだけの話。

ちなみに平均年俸で見るなら
メ...続きを読む

Q「鬼」(穏爾)の正体は???

我が国最初の漢和辞典とも言うべき『和名類聚抄』は
二十四部、百二十八類に細分化された百科辞典の要素も兼ね備えたものです。


「鬼」について
“鬼は物に隠れて顕はるることを欲せざる故に俗に呼びて穏と云うなり”
という解説です。

その和名は「於爾」(おに)であり、かつ、その「於」は「穏」(おん)が訛って発音されたものだとしています。
十世紀では「おに」と称されるものの原型は「おんに」であり、その言葉を漢字の「鬼」に当てはめた、と言っているわけです。
つまり元々は「穏爾」⇒「於爾」⇒「鬼」と変化していったのです。
何とも分かったようで分からない「解釈」です。

オニの正体とは、一体何なのでしょうか?

良く分からない処が「おに」の「オニ」たる由縁なのかも…。(笑)

Aベストアンサー

 鬼は隠が変化したもので、隠れて人の目に見えないもの、死者の霊魂や精霊と言われるが(『和名類聚抄』)が、日本の鬼は、非常に多様な現れ方をしており、ある特定のイメージで語ることは困難である。馬場あき子氏は、説話などに出てくる日本の鬼について五種類に分類している。一は日本民俗学上の鬼で祖霊や地霊、二は山岳修行系の鬼で山伏系の鬼、例えば天狗、三は仏教系の鬼え、邪鬼・夜叉・羅刹等、四は人鬼系の鬼で盗賊や凶悪な無用者の系譜。五は怨恨や憤怒によって鬼に変身する変身譚系の鬼である。

 中国における『鬼』は死人の魂を言う。『鬼は帰なり』と説明され、使者の魂の帰ってきた姿のことである。死者を意味するこの中国の『鬼』が六世紀後半の頃に日本に入り、日本の固有の『オニ』と重なり『鬼(オニ)』になったのだと馬場あき子氏は述べている。『鬼』以前の『オニ』がどのようなものかよく分からないが、一の話はある程度『オニ』の姿を現している。特に『目一つ』というのは注目される。柳田國男氏は『一つ目小僧』で、かつて神のしるしとして片目、片足を潰す習慣があったことを述べているが、このように『一つ目』の鬼を、片目という神のしるしを帯びた神の眷属とみる味方や、あるいは『一つ目』を『山神』の姿とする説(五来重)もある。いずれにしろ、一つ目の鬼は、死霊というより民俗的な神の姿を彷彿とさせる『オニ』であろう。『日本書紀』には、この他、まつろわぬ『邪(あ)しき神』を『邪しき鬼(もの)』としており、得体の知れぬ『カミ』や『モノ』が鬼として観念されていたことが分かる。

 二の『日本霊異記』の鬼の話は、まさに中国の『鬼』の観念による死霊である。髪の毛が残っているというところがリアルだが、二本の角が生えた虎皮の褌をはいているような、我々にとっては鬼の固定的なイメージになっていない。角と虎皮のイメージは、『艮(うしとら)』の方角を鬼門とする習慣によって生まれたものであると言われている。説話の人を食べる凶暴な鬼のイメージは、死霊や邪しき『カミ』『モノ』から、仏教系の獄鬼や怪獣、妖怪等の想像上の変形を受けて次第に成立したものだろう。平安から中世の説話に東条する多くの鬼は、怨霊の化身であったり、人を食べる恐ろしい存在であるが、都人が闇に感じていた恐怖をどのように造形したかが、これら鬼のイメージによって窺うことができよう。説話上の有名な鬼である大江山の酒呑童子は、源頼光に退治されるが、酒呑童子は都から姫たちをさらっては食べていた。『伊勢物語』第六段に、夜女を連れて逃げる途中に鬼に女を一口に食われてしまう話がある。ここから危機に会うことを『鬼一口』というようになるが、まさに説話には『鬼一口』型の話が多い。しかし、鬼の昔話には、『こぶとり爺さん』や『一寸法師』の鬼のように結果的に福をもたらすイメージをもっていたことも付け加えておかなければいけないだろう。

 鬼とは、安定した秩序を指向するこちら側の世界を侵犯する異界の存在ということができよう。鬼のイメージが多様なのは、社会やその時代によって異界のイメージが多様であるからだ。異界が不服従の地域であれば鬼はまつろわぬ反乱者であり、法を犯す者であれば盗賊となり、山という異界に住み不思議な能力を持つ者であれば鍛冶屋のような職能者もまた鬼の系譜に重ねられた。異界を幻想上のものと考えれば、死霊や人間の怨霊の化身、地獄の羅刹、夜叉、山に住む妖怪等と、とめどなく鬼のイメージは広がっていく。『鬼一口』の話が多いのは、戦乱や災害、飢饉等の社会不安の中で頻出する人の死や行方不明を、異界がこの世に現出する現象と解釈したものとかんがえられる。人を食べる凄惨な場面は、まさに異界で人の体が消えていくことのリアルな実演であり、それをこの世に侵犯した鬼が演じてしまうのだろう。鬼は、異界の神の使いなのであり、人間を向こうの世界に拉致することもあれば、昔話のように福を残して去ることもあるのである。その意味では、鬼は禍も福ももたらす神なのである。

 鬼は隠が変化したもので、隠れて人の目に見えないもの、死者の霊魂や精霊と言われるが(『和名類聚抄』)が、日本の鬼は、非常に多様な現れ方をしており、ある特定のイメージで語ることは困難である。馬場あき子氏は、説話などに出てくる日本の鬼について五種類に分類している。一は日本民俗学上の鬼で祖霊や地霊、二は山岳修行系の鬼で山伏系の鬼、例えば天狗、三は仏教系の鬼え、邪鬼・夜叉・羅刹等、四は人鬼系の鬼で盗賊や凶悪な無用者の系譜。五は怨恨や憤怒によって鬼に変身する変身譚系の鬼である。

...続きを読む

Q昔の野球選手と現代の野球選手の違い

 以前から考えていたのですが、昔の野球選手は本当に人間でしょうか?。
 特に投手です。稲尾・金田などの名投手の成績を見ると先発50試登板は当たり前20勝は普通で30勝をしなければタイトルが取れないという時代がありましたよね。
 しかし、現代では投手の肩・ひじに与える影響が考慮され、球数制限が重視され中継ぎ・抑え投手の存在が勝敗に大きく影響を与えますよね。
 この差は一体何なんでしょうか?。
 親父に聞くと、「根性が違う」と言います。確かにそれもあるでしょう。しかし、根性だけでは人間の体がコントロールできるわけではないはずです。かつての横浜のエース「権藤」は「権藤・権藤・雨・権藤」という流行言葉が出たほどの無茶なローテーションから故障し短い選手生活になりましたよね。
 近年はバッターでは歴代成績に並ぶ・越す成績が出る事が目立ちますが(イチロー・青木・ローズ・カブレラ。大リーグでもボンズ・イチロー)、投手に置いてはその傾向が見られません(速球記録は日米近年出ていますが)。単純にボールの素材などから、打高投低だからなんでしょうか?。
 私の個人的見解としては、まだ野球文化が成熟しておらず今でいう高校野球みたいなものだったのではないかと思います。今では全国区のスポーツですが、その頃はプレイヤーも少なく切磋琢磨できる環境がなく、才能だけでプレーする選手が多かった故に一部の抜き出た選手が多いように思います。だから手を抜いてもそうそう打たれることも無かった。しかし、この考えは自分で検証すると説得力がありません。今の高校野球では十分に切磋琢磨できる選手人口がありますしね・・・。
 誰か教えてください。

 以前から考えていたのですが、昔の野球選手は本当に人間でしょうか?。
 特に投手です。稲尾・金田などの名投手の成績を見ると先発50試登板は当たり前20勝は普通で30勝をしなければタイトルが取れないという時代がありましたよね。
 しかし、現代では投手の肩・ひじに与える影響が考慮され、球数制限が重視され中継ぎ・抑え投手の存在が勝敗に大きく影響を与えますよね。
 この差は一体何なんでしょうか?。
 親父に聞くと、「根性が違う」と言います。確かにそれもあるでしょう。しかし、根性だ...続きを読む

Aベストアンサー

「根性が違う」いいなあ(笑)。まあ一方的に間違いとも言いませんよ。最近の選手は「食べる物がないほどの貧乏」とか「両親もいない10人の幼い弟たちを食べさせねば」みたいな悲哀はないので、多少は違うかもしれません。でもおっしゃるように「野球人口は減っているものの、全体がレベルアップしたが故に選手の実力に大きな差が生じにくくなった」が正しいでしょう。

それから昔の大選手たちを美化しすぎる傾向はありますね。でもそれは相撲界の双葉山やサッカー界のペレ、プロレスの力道山、空手のマス大山などのように、スポーツ界全体に言える事なので仕方ないかもしれません。「あの人が現代の試合に出ても全勝できる」とか「楽々30勝はできる」などは時代が違うので全然、意味のない論議です。ああいった人たちは「あの頃抜きん出てた大選手」だったわけで、それはオリンピックの記録の変遷を見ても明らかです。

だって当たり前ですよね、オリンピックの陸上や水泳などは明らかに昔より現代の方が記録が向上してるのに、日本のプロ野球だけが昭和20~30年代の投手は150~160キロの速球を投げ、現代の投手は140キロ台しか投げられない、なんてことはあり得ないんですよ。

ですがちょっと興味深い話がありましたので、参考まで。

1.ナイター照明の違い。当時、球場のナイター設備が現代より暗くボールが見づらかった。よってナイターだとボールが今より速く見えた。

2.走塁や中継プレーの差、フォームによる球種を見抜くなどといった事がなかったので、その点でも昔の投手が有利。

3.ストライクゾーンが今より高めに広く、投げ方そのものが違う。

http://f55.aaa.livedoor.jp/~amaxanou/kyusoku1omote.htm

でもいつの時代でも酒の肴に「今の○×と昔の▽△が対決したら・・・」という話は尽きませんね。

「根性が違う」いいなあ(笑)。まあ一方的に間違いとも言いませんよ。最近の選手は「食べる物がないほどの貧乏」とか「両親もいない10人の幼い弟たちを食べさせねば」みたいな悲哀はないので、多少は違うかもしれません。でもおっしゃるように「野球人口は減っているものの、全体がレベルアップしたが故に選手の実力に大きな差が生じにくくなった」が正しいでしょう。

それから昔の大選手たちを美化しすぎる傾向はありますね。でもそれは相撲界の双葉山やサッカー界のペレ、プロレスの力道山、空手のマス大...続きを読む

Q巨人の脇谷のことで!

落球したが素早く拾い上げて直接取ったとアピールし、一塁塁審の土山の判断ミスでアウトになった という事実である ここで問題にしたのは、脇谷が名門巨人軍の二塁手だと言うこと、過去の選手でこんなズルをする選手は巨人には居ないと信ずるが さらに、目の前にいたセンター長野、ライト高橋由伸である 見て見ぬふりで引き上げてきた ベンチの原監督は3人に事実を確かめたのか疑問だ もし、これらが単に勝てばいいのだ!というのだったら、最近の巨人戦にお客が減る原因はここにあると思いませんか 選手や監督コーチは、一言、悪口を言っただけで、退場になります 土山剛弘というレベルの低い審判(アンパンヤに非ずジャイパンヤ)は1年研修、このケースを問題外とした責任審判の杉永球審も30試合出場停止にすべき 巨人軍も巨人軍らしく、態度を改めるまで、脇谷を2軍に落とすべし・・・あの試合は、こんなバカなことが無くても、巨人の楽勝だったことは、多くの虎ファンだって分かっているはずです

Aベストアンサー

角界なんか、八百長の疑い掛けられただけで引退だよ。あれだけはっきりした映像の証拠があるんだから脇谷も審判もクビだね。

Qプロ野球選手で小中学校で肘を剥離骨折して プロ野球選手になった人いますか? 小中学校で肘剥離骨折する

プロ野球選手で小中学校で肘を剥離骨折して
プロ野球選手になった人いますか?

小中学校で肘剥離骨折するとプロ野球選手(ピッチャー)は諦めたほうがいいですか?

Aベストアンサー

おそらく問題ありません

ひじが伸びない
腕があまりまがらない
腕があまりあがらなくても
プロ野球は目指せます
なってる人もいます

問題ありません


人気Q&Aランキング

おすすめ情報