強いストレス下でも自己をコントロールして、挑戦意欲を高める人材育成法を研究しています。
優秀な軍人は、戦闘下で究極のストレス状況に置かれながら、それを強さや挑戦意欲に変えて戦います。ハイパーレスキュー隊員も同様かと思います。
どのような訓練を行なえば、あのような精神構造が生まれるのでしょうか。
参考図書についても教えていただければ幸いです。

A 回答 (3件)

こんにちは



> 強いストレス下でも自己をコントロールして、挑戦意欲を高める
> 人材育成法を研究しています。

ほう、なるほど。


> どのような訓練を行なえば、あのような精神構造が生まれるので
> しょうか。

戦場で体験するストレスと、一般社会(ビジネスの場など)でのそれ、
とでは ちょっと意味合いが違うと思うんで、軍隊での教育や訓練が
はたして一般社会で参考になるか? が 何とも難しいところですが・・・。

どちらかと言えば"士官(幹部)"よりも"一般兵(社員)"向けの教育・
訓練内容が、ご希望に近いかもしれませんね。

と申しますのも、現代軍隊においては統合戦、機動戦、情報戦の比
率がだんだん大きくなってきているので、それまでの軍人に必要と
されたアグレッシブさ、より 的確に情報をよんだり、調整力があったり
、と 特に士官に関しては、 むしろそちらの能力のほうが評価される様
になってきているので。


> 参考図書についても教えていただければ幸いです。

参考図書じゃなくて、もろ"訓練"なのですが、前者(一般兵向け)の
ものであれば・・・

「韓国海兵隊式訓練研修」
http://www.g-kmc.com/index.html

これは、結構ハードみたいっすよ!(笑


後者(士官)向けですと、参考図書は・・・

「リーダーシップ 新装版―アメリカ海軍士官候補生読本-」
生産性出版/アメリカ海軍協会 著/武田 文男、野中 郁次郎 訳
/ISBN-10: 4820119168

「アメリカ海兵隊式 最強の組織」
ダン キャリソン 、ロッド ウォルシュ 著/小幡 照雄 訳/日経BP社
/ISBN-10: 4822241459

というところでしょうかね?

個々のパーソナルスキル(メンタル面も含め)アップ、というよりも
チームワークとかリーダーシップから見た、モチベーションアップの
ノウハウ、ってな感じですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございました。
お客様からの依頼で調べていたのですが、リストアップしていただいた書籍の
内容が、求めている解に近いような気がします。助かりました。
早速、購入してみます。

お礼日時:2011/04/22 22:12

NO,1です。



>使命感でしょうか。
>それとも、過酷な訓練を受けていくうちに感覚が麻痺してくるのでしょうか。

やはり使命感でしょうね。一番最初に思いつくアメリカなんかはモロ愛国心が強いですから、特殊部隊で任務を遂行することが自信と誇りに成るのでしょう。

感覚が麻痺するようでは過酷な状況下で適切な判断が出来ませんから。
先に上げた内容の訓練はそれに耐えられない者をふるいに掛ける訓練の一環です。

心身疲労の極限状態でもパニックに成らず的確な行動ができるのが特殊部隊です。

いうなれば、極限状態が普通の状態。と言うような身体構造にするのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考になりました。

お礼日時:2011/04/22 22:04

具体的な例を書くことが多すぎて表現し切れませんが、軍の特殊部隊なのでは体力・精神疲労の限界の状態に追いやって訓練します。


例えば、20から50Kgの荷物を背負い20から50Km位を休憩なし24時間でも歩かされます。
出発前に距離や目的地を教えられなかったり、途中で変更されたりします。
また、夜間に全く知らない土地で地図とコンパスを渡され、指定時間内に目的にまでたどり着ける様にする訓練もあります。

こうやって書くと大したことなさそうですが、これは、序の口です。
実際自衛隊でこのような訓練をされた方の話では、歩きながらでも寝れる状態だったり、あの山を越えると家に帰れるという錯覚に陥るそうです。
こんな感じの訓練は小手調べ状態。

ステップアップすると、この疲労状態の中で的確な行動・指揮能力が試されます。

当然最後は実地訓練ですが、予定通りに進められるわけがありません。教官たちがあのてこの手で、不利な状況に追い込んでいくわけです。

実際にそのような状況に耐えられたものだけが生き残って、タフな体力と精神力を得ることになります。

参考本ですが・・・・
個人的には軍事関係で、特殊部隊の活動や訓練みたいな本がいいと思います。
持っている本を探しましたが良い例が見つかりませんでした。

この回答への補足

早速ご回答いただいてありがとうございます。書籍は探してみます。
一つお聞きしたいのですが、そのような強いストレスにさらされながら、それを乗り越え、特殊部隊の隊員として生命の危険にさらされても任務を全うすることを支えているのは、使命感でしょうか。
それとも、過酷な訓練を受けていくうちに感覚が麻痺してくるのでしょうか。
どのようにお考えになりますか。

補足日時:2011/04/22 10:01
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「戦艦大和」・「戦艦武蔵」という新鋭巨大艦を帝国海軍が保有していたこと

「戦艦大和」・「戦艦武蔵」という新鋭巨大艦を帝国海軍が保有していたことを国民は、昭和20年9月の帝国議会で初めて知ったと思うのですが、私の理解は正しいでしょうか。
もし、そうであるのなら、戦時中にその存在を公表しなかったのはなぜですか。
初めての海戦までは敵国に知られたくないので秘密にするのは分かるのですが、マリアナ沖海戦以降も秘密にしておく理由が分かりません。
艦名は発表しなくてもよいですが、
世界一の新鋭巨大戦艦「大和」「武蔵」を保有しているということを国民に知らせた方が、戦意を高揚できると思うのですが・・・。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは


> 国民は、昭和20年9月の帝国議会で初めて知ったと思うのですが、
> 私の理解は正しいでしょうか。

帝国議会、というのは初耳でしたが、軍艦大和及び武蔵の存在、及び
そのそれぞれの最後について、一般の国民に初めて公表されたのは
20年9月29日付の新聞報道(新聞名は不明)だったと思います。

その約1年後くらいだと思うのですが、大和の最後の副長で、数少ない
生存者の一人でもあった"能村次郎海軍大佐"の証言による、さらに
詳しい"大和の最後の模様"についてのインタビュー記事が、朝日新聞
に載った事があったと思います。


> 戦時中にその存在を公表しなかったのはなぜですか。

そもそもは、存在自体を秘匿する事が目的ではなく、あくまでもその
性能(特に戦闘能力)が外部に漏れることを、当時の帝国海軍として
は恐れていたと思われます。

とりわけ大和型戦艦については、他には類を見ない大口径の主砲(46cm)
をはじめとした、あらたな装備が満載された新型艦でしたので、戦術
上の観点から「秘」とすべき事項が極めて多かっただろうと想像します

故に部分的に「秘」とするよりも全体的に「秘」としてしまう、つまり
"存在そのものを「秘」としてしまう"ほうが、徹底した保秘になると
判断したのではないでしょうか?


> 艦名は発表しなくてもよいですが、世界一の新鋭巨大戦艦「大和」
> 「武蔵」を保有しているということを国民に知らせた方が、戦意を
> 高揚できると思うのですが・・・。

なるほど、まぁ確かに・・・(^_^)

海軍は一生懸命(その存在を)秘匿し続けていたのにもかかわらず、
流石にそうそう隠し通せるワケにもいかず、それぞれの建艦の地
(呉、長崎)の近隣住民、及び瀬戸内沿岸の漁民達の間では
「なんだか とてつもなくでかい軍艦を造っているらしい」とか
「夜明けに、沖合をいく 小山(こやま)のような フネを見た」とか
目撃談がたくさんあり、一部の地域では、当然それなりの噂となり、
静かに盛り上がっていたようですね。(^^ゞ

こんにちは


> 国民は、昭和20年9月の帝国議会で初めて知ったと思うのですが、
> 私の理解は正しいでしょうか。

帝国議会、というのは初耳でしたが、軍艦大和及び武蔵の存在、及び
そのそれぞれの最後について、一般の国民に初めて公表されたのは
20年9月29日付の新聞報道(新聞名は不明)だったと思います。

その約1年後くらいだと思うのですが、大和の最後の副長で、数少ない
生存者の一人でもあった"能村次郎海軍大佐"の証言による、さらに
詳しい"大和の最後の模様"についてのインタビュー記事が、朝日...続きを読む

Q人材育成

沖縄ITアイランド構成実現のための人材育成をどのようにすればよいのでしょうか。レポートにまとめて出さなくてはならないので教えてください。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

うーーん。レポートですか。
このコーナーはこの手の回答を貰うのは難しいですよ。

まず、貴方の見解を書いて、それについての意見を貰った方がいいですね。

Q戦艦(旧帝国海軍)VS護衛艦(自衛隊) 

あまり詳しくない分野なので教えてください。

昔の戦艦って巨大な図体と大きな主砲を持っていて、いかにも勇ましいのですが、自衛隊の護衛艦は、それに比べて小さいし見た目には強そうに見えません。

素人の単純な考えだと、大きな船に多くの武器を積んだ方がいかにも強い感じがするのですが、どうなんでしょうか?
なぜ現在では大きな戦艦が無くなったのでしょうか?
詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

>同じミサイルを積むにしても、戦艦クラスに積んでいたほうが有利のような気がするのですが・・・

コストとして、小型艦10隻に10発積むのと、大型艦1隻に100発積むのとの違いになります。おなじ100発なら、別々に使えた方が便利でしょう。大型艦1隻が修理、というとき、全ての武器が使えなくなりますから。
大砲の弾は、発射装置によって射程が決まるのですが、ミサイルは自身に推進エンジンが積んであるので小型艦であっても長距離攻撃ができるし、敵に襲われても「数」的に1隻残っていれば任務は遂行できます。

ところで、「真珠湾」の米軍は、すでに奇襲を知っていて、それからの戦闘で主力になるであろう空母は全部隠して、シンボル的な旧式戦艦(だけでなく、兵士や住民の命も)を攻撃させた(暗号がバレているのを知られたら変更されて次の解読が面倒だから、奇襲は成功させておかなくてはいけない)、ということですので、すでに空母主体は進んでいました。日本軍も、大和・武蔵に続く「信濃」は空母に設計変更しました。

なお「護衛艦」は名目として「護衛」が任務ですから、戦闘の主役ではない、ということになっています。

>同じミサイルを積むにしても、戦艦クラスに積んでいたほうが有利のような気がするのですが・・・

コストとして、小型艦10隻に10発積むのと、大型艦1隻に100発積むのとの違いになります。おなじ100発なら、別々に使えた方が便利でしょう。大型艦1隻が修理、というとき、全ての武器が使えなくなりますから。
大砲の弾は、発射装置によって射程が決まるのですが、ミサイルは自身に推進エンジンが積んであるので小型艦であっても長距離攻撃ができるし、敵に襲われても「数」的に1隻残っていれば任...続きを読む

Q創造的人材の育成のために

日本の教育システムに問題があるという人がいます。
日本の教育は「学歴」や「お受験」を意識した勉強を軸に行われていて
将来の役に立つ「学力」や「創造力」得るためには、もっと知的好奇心を
かき立てるモノが必要だという人がいました。
日本には革新的な創造をする人物が少ないとも聞きました。
では日本の教育を具体的にどう変えることが求められているのでしょうか?

ヨーロッパでは大学費用無償化されていたり
アメリカでは大学の7割は日本で言うところのAO型の入試方式であると聞きました。
さらに塾や予備校も欧米では少ないと聞いたんですけど
このような違いは創造的な人物を育てるために影響してるんでしょうか??

日本の教育システムを中心にご意見いただければ
ありがたいです。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

まず、日本の教育の歴史を卑下する必要はないと思います。鎖国で西欧文明との断絶もありましたが、明治維新以降の発展の速度ははやかっと言えないでしょうか。
このような小さな国でありながらノーベル賞授賞者が多いのは評価できると思います。 日本には「読み書きソロバン」の伝統があったので教育水準が高いと説く立場もあります。
このような環境で、つい最近まで世界第二位の経済大国の地位にあったのも、やはり日本の実力だと思います。
ただし、厳しい見方もあります。日本をリードしてきた、東京大学、京都大学の世界での評価は、さほど高くありません。 東京大学、京都大学の学生は日本ではエリートと言われますが、世界には、こういうレベルの人間は山ほど存在するということです。
経済の後退、少子高齢化は日本が経験したことのなかった問題なので、どう対応するのか、安心できません。
イギリスの栄光は過去のもののように語られますが、実は現在でも厳然たるちからを持っています(『英連邦』という最新の文献が参考になります)。
日本の将来は予断をゆるさぬ状況にあるように感ずることもあります。

まず、日本の教育の歴史を卑下する必要はないと思います。鎖国で西欧文明との断絶もありましたが、明治維新以降の発展の速度ははやかっと言えないでしょうか。
このような小さな国でありながらノーベル賞授賞者が多いのは評価できると思います。 日本には「読み書きソロバン」の伝統があったので教育水準が高いと説く立場もあります。
このような環境で、つい最近まで世界第二位の経済大国の地位にあったのも、やはり日本の実力だと思います。
ただし、厳しい見方もあります。日本をリードしてきた、東...続きを読む

Q海軍航空隊の英雄の源田実が戦艦大和の温存が失敗だったと戦後に言ったけど

http://www.daitouryu.com/iyashi/kinen/kinen04.html
これって現代の海上自衛隊の虎の子のイージス艦じゃないですか?
数が限られている特殊な兵器と、それを操る、容易に育成できない練度の高い隊員に依存してしまったら
船も軍人も被弾していなくなって替りを補充しないといけない実戦に耐えられないのでは?
なぜ同じ失敗を繰り返すのでしょう?

Aベストアンサー

海軍の仕事は戦うだけではありません。
 高い費用をかけた戦力ですから、おっしゃるとおり実戦一回でほとんど使い物にならなくなります。
 なので平時から相手に手を出させないために、力を見せつけることで圧力をかける必要があります。

 最近、北朝鮮へ空母が派遣されたように、要は相手に”いつでも反撃できる”状況を見せつけるのが目的(だからマスコミにも知らされ、煽る。)。北朝鮮を廃墟にするだけなら別に空母はいりません。アメリカ本土からのミサイル数発で事足りる。
 ただ戦争は政治の延長にありますから、ただ勝てば万事おしまいというわけにはいかない。完全な勝利というのは、相手が敗北を認めない限り続くので、そういった連中には、持てる戦力を明示してやる必要がある。それが軍艦や艦隊の仕事の一つ。

 さらには継戦能力を考えると、いかにも補充がきかない高級艦は、造り始めてから一、二年はかかり人員の配置にも手間がかかることを考えれば虎の子とは言えますが、結局は政治の一手段にすぎませんから、場合によっては沈没覚悟で出撃ということもあり得ます。(レイテ戦の小沢艦隊が囮だったことは、よく知られているはず。)
 さらにイージス艦は、いってみれば武器を載せた浮かぶプラットフォームになっていますから、被弾しても電源が失われなければ、他艦や本土のデータセンターと連動することで、戦力として稼働し続けます。まあ、もともと浮かび続けるという考えが戦後、世界中からなくなりましたが。

 もう一つ、実戦ではこちらが一方的に撃破されるということは普通あり得ません。(その時のために、情報を集め続け、対抗策を立案し続けるのも軍の重要な仕事。)仮に艦隊がいきなり機能不全を起こしても、他の軍種で反撃ができれば、政治的にはなんとかなる。
 (冷戦期のスイス連邦の戦略は「侵略軍に対する反対勢力が領内に展開するまで、全員で持ちこたえる」というものでした。)

 ですから戦前・戦中の失敗は、力に頼りすぎて政治力もあると考えた軍の失敗と言えます。(海軍は海が守備範囲だったのを忘れていた。政治はそれらを統合して運用するためのしくみ。)

海軍の仕事は戦うだけではありません。
 高い費用をかけた戦力ですから、おっしゃるとおり実戦一回でほとんど使い物にならなくなります。
 なので平時から相手に手を出させないために、力を見せつけることで圧力をかける必要があります。

 最近、北朝鮮へ空母が派遣されたように、要は相手に”いつでも反撃できる”状況を見せつけるのが目的(だからマスコミにも知らされ、煽る。)。北朝鮮を廃墟にするだけなら別に空母はいりません。アメリカ本土からのミサイル数発で事足りる。
 ただ戦争は政治の延長にあり...続きを読む

Q日本人材育成協会について

チラシ広告に労務管理士資格認定講座の受講募集が掲載されていました。
興味があるのですが、主催は日本人材育成協会(本部:大阪)となっています。
日本人材育成協会の名前は聞いたことがありませんが、どのような協会なのでしょうか。
信用できる団体ですか。
経験またはご存知の方は教えてください。

Aベストアンサー

民間資格です。

参考URL:http://www.aichi-sr.com/r11a.htm

Qどうして戦艦はなくなったのでしょう?

現在、日本は元より、世界の先進国の海軍の艦艇に「戦艦」と呼ばれる艦種を見かけません。
どうして戦艦はなくなってしまったのでしょう?

もちろん、海戦において、もはや時代遅れになったことは先の大戦が実証しています。
でも、洋上砲台として敵の沿岸の都市や軍事基地を砲撃する点においては、最も効果があると思うのですが。
巡航ミサイルによる攻撃では費用対効果も低いし、広範囲にダメージを与えられない。
海兵隊の上陸支援や、港湾施設の破壊といった限定的使用であれば、まだまだ戦艦も捨てたものではないと思います。

どうして各国の海軍から戦艦がなくなってしまったのか、教えてください。

Aベストアンサー

確かに「洋上砲台」として使う場面がまったく存在しないということはないかもしれないし実際アメリカ軍はそのようにも使いましたけど....

結果的には「運用コストが大きいしぶっちゃけ『役に立つ場面がない』ので使えない」んですよ. 例に挙げた「限定的使用」の場面でも「海兵隊の上陸支援」なら攻撃ヘリの方がより近くから支援できるし, 「港湾施設の破壊」なんて攻撃機飛ばした方が楽 (巡航ミサイルを使っていいなら戦艦である必要はない. 艦砲を叩き込むならそこまで接近しなきゃならないので航空優性を持っていてほしいし, 航空優性を持っているなら攻撃機の方がやっぱりピンポイントに爆弾を落とせる).

Qこの問題を解いてください‼︎ 途中式も教えてください‼︎

この問題を解いてください‼︎
途中式も教えてください‼︎

Aベストアンサー

積分は微分の逆演算だよ
(x³)' = 3x² だから 3x²を積分するとx³。つまりx²を積分するとx³/3。
∫ρAx²dx = ρAx³/3 + c (cは積分定数)

これを0~Lまで定積分すればcは消える
M=ρA・L³/3 - ρA・0³/3
=ρA・L³/3

Q戦艦大和より前に46センチ砲を搭載した軍艦があった?

私は旧日本海軍・戦艦大和の46センチ主砲が、唯一で世界最大だと思っていた。
ところが、戦艦大和より前に46センチ砲を搭載した軍艦があったと聞いた。
いったいどんな軍艦だったのか?

Aベストアンサー

ANo.#1、#3の補足。

ご質問をよくある「『大和』と同クラスの主砲を搭載した軍艦」という意味合いと解釈して、46cm砲を同クラスの18inch砲として回答しましたが、『大和』の主砲は正味の46cm(=460mm≒18.1inch)、『フューリアス』の主砲は18inch(=45.72cm)です。

そういう意味では、46cm砲搭載艦としては『大和』が最初です。

Q私は28歳、男、一回東大院試に挑戦しましたが、不合格になりました。今年の8月また挑戦したいけれども、

私は28歳、男、一回東大院試に挑戦しましたが、不合格になりました。今年の8月また挑戦したいけれども、すごく自分の年齢が気になるので、東大生ずっと天才と呼ばれて、若くて頭が良い人の代名詞であるから、東大の大学院って私みたい20代後半の方がいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

大卒後 社会に1度出てだいぶ経ってから 
また院に行く人もいるみたいですね
歳を気にしていたら 勉強になりませんよ・・


人気Q&Aランキング

おすすめ情報