ラテン語で【月夜の奇跡】を教えて下さい。

ラテン語和訳サイトなど調べましたが解りませんでした

出来ましたらカタカナ表記も併せて頂けたら幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

#1です



>miraculum in nocte illustre luna

このままでもいいですが illustri とする方が多いようです。

読み方は「ローマ字式」でよいです。厳密には長音と単音の区別がありますが、一般の仮名表記は必ずしも守られでおらず、厳密さを要求されるときでなければかまわないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えて頂き
本当に感謝ですm(_ _)m

お礼日時:2011/04/22 01:37

「月夜の」は機械的翻訳では難しいでしょうね。



miraculum illustre luna / illustre luna miraculum

miraculum ad lunam

以上は「月に照らされた奇跡」

miraculum in nocte illustre luna

「月に照らされた夜の奇跡」


「月夜」というのが短く表せないため、どこかを削るか長たらしくなるか、です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々な文例を教えていただき
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/22 00:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラテン語の素読

ラテン語の素読に適した本を教えてください。

それから、古典ラテン語や中世のラテン語があるようですが、どの時代のラテン語がおすすめでしょうか?

Aベストアンサー

ぜひ古典ラテン語の詩(韻文)に挑戦してみてください。

Vergil"Aeneis" Ovid"Metamorphoses"など叙事詩の韻律で書かれたものが手始めにはよいのでは。

Loeb Classical Libraryが入手し易く、英訳も付いています。

またstorm50さんが挙げておられる「楽しく学ぶラテン語」(大学書林)のシリーズには別に(1)の初心者向けのほうがあって、様々な作家の原典から抜き出した例文が対訳・長音記号付きで載っています。

この本は例文それぞれに出典が明記してあるというのが良いところです。お好みの作家・作品を見つけ出す参考になると思います。

Qフランス語、イタリア語、スペイン語、ラテン語、オランダ語、ギリシャ語などに詳しい方へ・・

下の単語の、書きと読みを教えていただけませんか?

かなりありますので、できうる限りでかまいません。
よろしくお願いいたします。

2空
3黄昏、夕焼け
4月、月明かり
5闇、日陰、暗さ(心の暗い部分)
6花、木
7刹那
8永遠、無限、終わり無い、永劫
9黎明、朝焼け、暁
10幻、幻想、白昼夢
11使徒、使者
13霧、霞
14化身
15雨
17聖なる、聖域、聖地
18流れ

Aベストアンサー

直接の回答ではないのですが…。

その言葉が英語にできれば、このサイトが結構便利だと思います。
http://babelfish.altavista.com/
英語から、中国語、オランダ語、フランス語、ドイツ語、ギリシア語、イタリア語、日本語、韓国語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語へ変換できますから。

ちなみに、ご質問の一部をフランス語とイタリア語で(日本語:フランス語//イタリア語)。
空:Ciel // Cielo
黄昏:Crepuscule // Dusk
月:lune // luna
闇:Obscurite // Nerezza
花:Fleur // Fiore
刹那:Moment // Momento
永遠:Eternite // Eternity
黎明:Aube // Alba
幻:Vision // Visione
使徒:Apotre // Apostle
霧:Brouillard // Nebbia
化身:Incarnation // Incarnation
雨:Pluie // Pioggia
聖なる:Saint // san
流れ:Ecoulement // Flusso
(フランス語のアクサンは省かせていただきました。)

直接の回答ではないのですが…。

その言葉が英語にできれば、このサイトが結構便利だと思います。
http://babelfish.altavista.com/
英語から、中国語、オランダ語、フランス語、ドイツ語、ギリシア語、イタリア語、日本語、韓国語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語へ変換できますから。

ちなみに、ご質問の一部をフランス語とイタリア語で(日本語:フランス語//イタリア語)。
空:Ciel // Cielo
黄昏:Crepuscule // Dusk
月:lune // luna
闇:Obscurite // Nerezza
花:Fleur // Fiore
刹那...続きを読む

Qラテン語の辞典

現在ラテン語の辞典として田中のを用いているのですが、中世ラテン語や学術ラテン語がほぼ全然掲載されていません。古典ラテン語の語彙以外の語彙を手広く収録した羅語辞典か、中世ラテン語・神学ラテン語・学術ラテン語等に特化した辞典か、できれば前者、ご紹介していただけないでしょうか。日本語・英語・ドイツ語ならどれでもかまいません。購入媒体もamazonその他お教えください。
自分で見つけた限りでは学習者向けlangenscheidtの1000ページ超のが情報量が多そうなのですが、未見なので購入に踏み切れません。この辞典などご存知の方、内容についてお教えください。

Aベストアンサー

LangensceidtのGrosses Schulwoerterbuchは持っていて損は無いと思います。持っているのは旧版ですが、新版がまもなく出るようですね。ハードカバーは外して装丁し直すと早く手に馴染みます。

Langenscheidtにかぎらずドイツ語圏で発行されたラテン語辞書は比較的中世ラテン語にも目配りされているという評判は聞いたことがあります。ただし筆者自身はラテン語は古典期の著作以外ほとんど読まないので判断できません。お含みください。

ところで新しい語彙を収録する辞書の説明にNeo-Latinという文字を見かけることがありますが、近世以降の学術用語ではなく「スーパーマーケット」「インターネット」といった現代的な語彙を意味している場合が多々あります。統合されたヨーロッパの共通語としてラテン語を復権させようという動きと繋がっているのでしょう。

神学ラテン語から中世、近代の学術用語までを網羅した辞書というのは無理かもしれません。特化するには地理的にも時間的にも対象が広すぎます。神学なら神学の専門辞書、という形で探された方がよいかもしれません。イギリスで書かれたラテン語を専門に扱った辞書すらあります。

LangensceidtのGrosses Schulwoerterbuchは持っていて損は無いと思います。持っているのは旧版ですが、新版がまもなく出るようですね。ハードカバーは外して装丁し直すと早く手に馴染みます。

Langenscheidtにかぎらずドイツ語圏で発行されたラテン語辞書は比較的中世ラテン語にも目配りされているという評判は聞いたことがあります。ただし筆者自身はラテン語は古典期の著作以外ほとんど読まないので判断できません。お含みください。

ところで新しい語彙を収録する辞書の説明にNeo-Latinという文字を見か...続きを読む

Q【ロシア語】увидеть(など)の目的語に、対格か、前置詞+前置格を取るパターンの違いについて

1.Однажды вечером, я увидел на жене новое платье.
(あるとき、晩に、私は妻が新しいドレスを着ているのを見つけた。)

2.Но когда я увидел новую книгу, я все-таки купил её.
(しかし、新しい本を見つけると、私はやはりそれを買ってしまった。)

---

上記の文章が参考書にありました。
両方とも動詞にувидетьの使われている文章がありますが、目的語が対格(новую книгу)か、前置詞+前置格(на жене)かの2パターンがあります。
どういった場合に、このパターンは使い分けられるのでしょうか?

似たような単語のсмотретьに、
Смотрите на улице.「通りを見なさい」や、Я смотрела балет.といった使い方が書籍の中で散見されましたので、文章的に、1の文は「私」が「妻」を、2の文では「私」が「新しい本」を見つけておりますが、対象が人物か・物か…という違いではなさそうだと感じています。
また、妻がドレスを…という、「~が」という使いかただから、というのも上の使い方から、違うと判断できます。

考えられることといえば、
「新しい本」は主語から近くあり、「妻」は、離れた位置に居る違い…でしょうか。
でも、文章から察することは難しいです。

明確な使い分けがどうしても解らないため、何かヒントをいただけると幸いです。

1.Однажды вечером, я увидел на жене новое платье.
(あるとき、晩に、私は妻が新しいドレスを着ているのを見つけた。)

2.Но когда я увидел новую книгу, я все-таки купил её.
(しかし、新しい本を見つけると、私はやはりそれを買ってしまった。)

---

上記の文章が参考書にありました。
両方とも動詞にувидетьの使われている文章がありますが、目的語が対格(новую книгу)か、前置詞+前置格(на жене)かの2パターンがあります。
どういった場合に、このパターンは使い分...続きを読む

Aベストアンサー

видетьの目的格はкого,чтоですよね。
наを付けたとき「на+対格」で「~の方」を見る。という意味になります。手元にあるものはнаを付けず、方向性を示すような遠くにあるものはнаをつけます。あなたの推測通りです。
しかし前置格ではありません。対格です。対格なんです。
「しかしこの文は前置格だろう」というかもしれませんがこれは「手段・道具」の「на」なんです。

よく「汽車で(汽車によって)」行く。というような表現は
поиздом という造格で表現しますが、他に
на поизде という前置格を付けることによって「汽車で」という表現を表すことができます。(細かいスペルは気にしない)

この「на жене」の場合も「妻によって新しい服を着られている」つまり「妻が新しい服を着ている」ということになるんです。

「на улице」に関しては慣用表現なので覚えておいてください。
これは「通り」という意味より「外」という意味合いが強いです。
「Смотрите на улице」は家の中の窓から「外を見てごらん」というような感じで訳します。(もちろん通りを見ろ、という意味もある)

つまり前置格をとるのではないんです。たまたま前置格がきたんです。
さっき言ったように普通は「на+対格」なんです。(普通は何も付けない)

ここはとても難しいと思います。あなたが「ベギラマ」を使えるレベルでなければ飛ばしてくれても結構です。

видетьの目的格はкого,чтоですよね。
наを付けたとき「на+対格」で「~の方」を見る。という意味になります。手元にあるものはнаを付けず、方向性を示すような遠くにあるものはнаをつけます。あなたの推測通りです。
しかし前置格ではありません。対格です。対格なんです。
「しかしこの文は前置格だろう」というかもしれませんがこれは「手段・道具」の「на」なんです。

よく「汽車で(汽車によって)」行く。というような表現は
поиздом という造格で表現しますが、他に
на поизде という前置格を付け...続きを読む

Qラテン語学習者に質問

私の憶測ですが、日本でラテン語を学習する人はみんな英語を一定レベル習得し、約半数の人は フランス語またはイタリア語も既に学習されているかと思います。
そこでラテン語学習の経験のある方に質問します。
ラテン語の学習にはどんな参考書を使いましたか?
また、ラテン語学習前に英語以外で学ばれた外国語はありますか?

Aベストアンサー

>ラテン語の学習にはどんな参考書を使いましたか?

独習者のための楽しいラテン語
ラテン語4週間
ラテン語のはなし

学習したといっても初歩の初歩です。

フランス語を勉強しようとしたこともありますが
ラテン語より難しいと思いました。

>また、ラテン語学習前に英語以外で学ばれた外国語はありますか?

ラテン語系ではないですがドイツ語です。
何故か、フランス語などにはない格変化があります。

Q【ロシア語】「ラテン文字でなくキリル文字で書いてください」といった、ロシア語の表現をお教えください

ロシア語のメールを、キリル文字ではなくローマ文字(ラテン文字?abcd...です)で送ってくる方がいます。
(W institute u nas,k sojaleniju,ne prepodajut japonskii. Poetomu ja uchu sama,no eto slojno. このような感じです)

私のロシア語レベルは、Web辞書と格闘しなければ解らない実力でしかありません。
ラテン文字表記だと、元の正確な単語が解らないため、その方に、「キリル文字でメールを書いてくれませんか」とお願いしたく思っています。

しかし、私自身、まだまだロシア語を十分に使いこなせないため、もし詳しい方いらっしゃいましたら、どのように言ったら良いかをご教授いただけますと助かります。
(受動態などはまだ未学習ですので、表現できないのです…)

------------
このような文章を考えております
Простите.
Мне ещё нельзя прочитать 「ラテン文字で書かれたロシア語の文章」
Писите пожалуйста кириллицой.
------------


ちなみに相手のメールアカウントは[yandex.ru]です。
そちらに、日本語とキリル文字の混ざったメールを送ると文字化けしたりするのでしょうか?
(私はgmailを使っていますが、相手からのメールは文字化けしません)
ロシアのPC環境が良く解らないため、もし精通されている方いらっしゃいましたら、お教えくださると嬉しいです。

また、相手は日本語を同じくラテン文字で書いてきたことがあるのですが、ロシア人の日本語初学者には、日本語をひらがな・漢字で表記するよりも、ローマ字であらわしたほうが解り易いのでしょうか?

質問が多岐で申し訳ありません、一部で構いませんのでもし解る方いらっしゃいましたらご教授お願い致します。

ロシア語のメールを、キリル文字ではなくローマ文字(ラテン文字?abcd...です)で送ってくる方がいます。
(W institute u nas,k sojaleniju,ne prepodajut japonskii. Poetomu ja uchu sama,no eto slojno. このような感じです)

私のロシア語レベルは、Web辞書と格闘しなければ解らない実力でしかありません。
ラテン文字表記だと、元の正確な単語が解らないため、その方に、「キリル文字でメールを書いてくれませんか」とお願いしたく思っています。

しかし、私自身、まだまだロシア語を十分に使いこ...続きを読む

Aベストアンサー

ラテン文字で書かれたロシア語の文章

русские предложения, написанные в латинице
Russian sentences written in the latin alphabet

написанный は написать の被動形動詞過去で「~された、~されている」というように過去の動作が現在に及んでいるようなときに使います。完了体動詞から作られます。書き言葉的ですが関係詞と受動態よりは短くてすみます。

またあるいは не латинизируйте「ローマ字化しないでください」と書けると思います。

Qラテン語について。

最近ラテン語に興味を持ち始め
独学でもしようかなと思っているのですが
分かりやすくラテン語を学べるサイトや
翻訳(ラテン語→英語・英語→ラテン語)サイトなどをご存知の方はいますでしょうか?

Aベストアンサー

学習のガイドとしては参考に挙げたサイトがお勧めです。

翻訳サイト、といいますか辞書代わりに単語が引けるようなものならウェブ上に多数存在します。
http://www.freedict.com/onldict/lat.html などがそうです。

但し、この種の辞書は文法の基礎知識がなくては使えません。"luceat"という単語の意味が知りたくて、そのままの語形で入力しても「該当なし」です。この場合、紙の辞書の場合と同様"luceat"の意味を知るにはその1人称単数現在の形である"luceo"という語形を導き出す必要があります。

英語の辞書だって"shines"のように3単現の"-s"の付いた形や現在分詞(-ing)の形をいちいち載せてはいませんよね。英語の辞書だと動詞はその「原形」を見つけないといけません。「知識がないと使えない」というのはそういう意味です。

そういった決まりごとを覚えるのが最初ちょっと大変かもしれないけれど、フランス語だってドイツ語にだってほとんどのヨーロッパ語には最初に覚えないといけない語形変化の膨大な規則があります。ラテン語は古風なだけにきっちりしていて例外が少なく覚え易いと思いますよ。

参考URL:http://www.kitashirakawa.jp/~taro/indexj.html

学習のガイドとしては参考に挙げたサイトがお勧めです。

翻訳サイト、といいますか辞書代わりに単語が引けるようなものならウェブ上に多数存在します。
http://www.freedict.com/onldict/lat.html などがそうです。

但し、この種の辞書は文法の基礎知識がなくては使えません。"luceat"という単語の意味が知りたくて、そのままの語形で入力しても「該当なし」です。この場合、紙の辞書の場合と同様"luceat"の意味を知るにはその1人称単数現在の形である"luceo"という語形を導き出す必要があります。

英...続きを読む

Qラテン語の和訳の添削をお願いします

1, Servus ab oppido venit.「男奴隷が町からやってくる」
2, Multi viri circum reginam pulchram stant.「多くの男たちが美しき女王の周りに立つ」
3, Filius cum magistro ante portam stat.「男が牧師と共に門の前に立つ」
4, De epistulis domini multa narratis.「主人の複数の手紙から、あなた方はたくさんを語る」
5, Viri boni pro patria fortiter pugnant.「善良なる男たちは祖国のために勇敢に戦う」
6, Ex libris; ex officio; ab officio; pro bono publico; pro forma; in memoriam; in propria persona.「~の蔵書、職権により、職務により、善良なる公の前に、形に応じて、記憶の中を、固有の人物へ」

4番と6番が自信ありません。
4番のmultaが何に掛るのかが分からず、「たくさんを語る」にしてみました。
6番は動詞が無かったのとセミコロンが多いのとで意味不明でした。
お願いします。

1, Servus ab oppido venit.「男奴隷が町からやってくる」
2, Multi viri circum reginam pulchram stant.「多くの男たちが美しき女王の周りに立つ」
3, Filius cum magistro ante portam stat.「男が牧師と共に門の前に立つ」
4, De epistulis domini multa narratis.「主人の複数の手紙から、あなた方はたくさんを語る」
5, Viri boni pro patria fortiter pugnant.「善良なる男たちは祖国のために勇敢に戦う」
6, Ex libris; ex officio; ab officio; pro bono publico; pro forma; in memoriam; in propria pe...続きを読む

Aベストアンサー

1「来る」か「来た」かは文面だけからは判断できません。現在形は e が短くウェニット、完了形は e が長くウェーニットです。

3 filius は「息子」、magister は master, leader, teacher など状況に応じていろいろに訳せます。

4 de は「~について」、multa は multum(形容詞中性形の名詞用法の複数)「多くのこと」。narratis の目的語です。「たくさんを語る」は日本語として据わりが悪いので「主人の手紙についてあなた方は多くを語る」。

6は文ではなく、前置詞句をいくつか並べただけでしょう。ex libris は英語など現代語では「~の蔵書」という意味で使いますが本来の意味は「本(複数)から」という意味でしかありません。この後に所有者の属格を付けて「××の本から」。本にこのように記すと「(この本は)××の(複数の)本(の中)から(取り出した一冊である)」ということになり、「~の蔵書」という表示になります。
pro bono publico は publico は形容詞で前の bono (bonum 善) にかかり、「公共の善のために」が原義。
in memoriam は in が対格を支配しているので「記憶の中へ」が原義。後ろに属格を従えて「××の記憶(××を記憶すること)の中へ」から「××を記念して」ということになります。
in propria persona で in は奪格を支配するので「~(の中)で」、proprius は one's own のような意味で「(その人)自身の PERSONA で」。persona は character, mask, person ということで結局「自分自身で」ということです。

1「来る」か「来た」かは文面だけからは判断できません。現在形は e が短くウェニット、完了形は e が長くウェーニットです。

3 filius は「息子」、magister は master, leader, teacher など状況に応じていろいろに訳せます。

4 de は「~について」、multa は multum(形容詞中性形の名詞用法の複数)「多くのこと」。narratis の目的語です。「たくさんを語る」は日本語として据わりが悪いので「主人の手紙についてあなた方は多くを語る」。

6は文ではなく、前置詞句をいくつか並べただけでしょう。e...続きを読む

Qラテン語について‥

私が入る予定の高校はラテン語も習うのですが、ラテン語って難しいでしょうか?
知り合いが「ラテン語はフランス語並みに難しい」と言ってたので少し不安になってきました‥。
一応イタリア語も身に付けてるのですが、ラテン語はイタリア語と似てるのでしょうか?
御回答宜しくお願いします!

Aベストアンサー

知り合いの方の「フランス語並み」という表現がよくわかりませんが、同じラテン語から派生したという意味では、フランス語、イタリア語、スペイン語などと似ているといえば似ています。

まず、発音は古典語ですので、それほど気にしなくてもいいです。いちおう音読などもしたほうがいいと思うのですが、読み方はほとんどローマ字読みと思っていいです。

文法は、名詞に格変化があるところが、現在のドイツ語に似ています。6格あるのですがそのうちのAblativ(奪格)というのが少々厄介です。

動詞は、6つの時制があり、それぞれ主語の人称と数によって変化します。また、変化のパターンが4つ(5つと数えてもいいが)あります。

(人称、指示、不定)代名詞や形容詞も性数格変化します。

変化は多いですが、表をみながら覚えればそれほど大変ではありません。むしろ、2,3年目からならう構文のほうがやっかいかもしれません。規則どおり考えていけば、必ず解ける代数のようなものだと思ってもいいかもしれません。

「高校」というのは、日本の高校ですか?
もし、外国でしたら、ラテン語をその国の言葉に訳すのが大変かもしれません。

しかし、だいたいのテキストが古典の美しい文章ですので、しっかり勉強すれば必ず得るところがあると思います。がんばってください

知り合いの方の「フランス語並み」という表現がよくわかりませんが、同じラテン語から派生したという意味では、フランス語、イタリア語、スペイン語などと似ているといえば似ています。

まず、発音は古典語ですので、それほど気にしなくてもいいです。いちおう音読などもしたほうがいいと思うのですが、読み方はほとんどローマ字読みと思っていいです。

文法は、名詞に格変化があるところが、現在のドイツ語に似ています。6格あるのですがそのうちのAblativ(奪格)というのが少々厄介です。

動詞は、6...続きを読む

Qラテン語の和訳お願いします。

以下のラテン文の和訳をお願いします。

1.Graecia patria audacium nautarum et prudentium mercatorum erat.

2.Dolor gravis plerumque brevis est.

調音が上手く出せなくて読みづらいかと思いますが。。。わかる範囲でお願いします。

Aベストアンサー

1ギリシアは大胆な船乗り達と先見の明のある商人達の故郷であった。

2深い悲しみはたいてい短いものだ。


長音符(のことと思いますが)は綴りの一部ではないので不要です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報