本を読んでいて、世界総生産に対して総金融資産の比率がとても高いことに疑問を持ちました。


特に、アメリカなどでは2000年前半にGDP比で900%を超えてしまったというほど。

素人(教育学専門の学生)としては、GDPよりも多いということが何故起こるのか、イメージがつきません。

教えて下さると幸いです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 実体経済との乖離ですね。



 実体経済=総生産に対して、金融資産が多すぎる状態をバブル経済と言います。

 世界の実体経済は、年率3%位しか増えませんが、発展性のある企業の株は、一年で倍になりますし度経済成長が高いとなれば、土地が不足すると見込んで、地価はあっという間に跳ね上がります。土地を債券化していれば、債券はあっという間に値上がりです。

 そのような心理要因で、金融資産は急激に増えます。

 もしこの状態が健全なら、対GDP比で900%にもなる金融資産に4%の利益を支払うことが出来るはずで(この頃のアメリカの金利は4%を超えていた)、実体経済が、生産高の36%を金利としての生産物を金融資産の持ち主に対して提供して、残りの64%で健全な再生産が維持できなければなりません。

 誰が考えても不可能な状態です。

 ですから、バブル状態の金融資産がはじけて、金融資産がGDPの300%程度に減少するか、実体経済の方が大幅なインフレで、3倍くらいの金額になって、ばらんすするかのどちらかです。

 GDP比で900%を超えていたアメリカは、世界バブルの崩壊の引き金を引くこととなりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実物経済とわけて考えなければならない訳ですね。
よくわかりました。
ありがとうございます!!

お礼日時:2011/04/23 22:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QGNP(国民総生産)とGDP(国内総生産)の違いを分かりやすく教えてくださいませんか?

GNP(国民総生産)とGDP(国内総生産)の違いを分かりやすく教えてくださいませんか?

又この数値で何が具体的に分かるのでしょうか?

Aベストアンサー

多くの企業が海外進出をしているので、海外で働いている日本人が沢山います。また、日本で働いている外国人も沢山います。


海外で働いている日本人も含めて日本人が生産した経済的な価値の総額を国民総生産GNPと呼びます。これは日本国民の生産額ですから日本で働く外国人の生産額は含みません。

私の職場の近くには大手食品メーカーの缶詰工場があり、ここではペルー人が大勢働いています。ペルー人は日本国民ではありませんから、その大手食品メーカーの生産高のうちペルー人従業員の給与分はGNPには含まれません。

私の義兄はアメリカへ5年間単身赴任していました。義兄は日本国民ですから、アメリカで稼いだ給与は国民総生産に含まれます。


外国人も含めて日本国内で生産された生産額の合計を国内総生産と呼びます。

上記の食品メーカーの工場は日本国内にありますから、ペルー人従業員の給与は国内総生産に含まれます。
しかし、義兄が働いていたのはアメリカであって国内ではありませんからその期間中に生産したものは国内総生産には含まれません。





第二次世界大戦により日本全体が疲弊しました。もともと資源が少ない島国が、アメリカ大陸の資源を持つアメリカ合衆国と戦ったわけですから、消耗戦になると日本は資源を使い果たしてしまうほかなかったのです。
戦争の是非はともかくとして、戦後の復興期には日本人で海外に行く人は、外国で稼いだお金を日本に住む家族に送金し、家族を養うためでした。ですから日本人が海外で稼いだお金は日本国を豊かにするためのお金でした。同時期に海外から日本へ来た外国人は、日本でもうけたお金を自国へ持ち帰り、自国に住む家族が豊かな生活をするために使いました。ですから日本に住む外国人が生産した価値は日本を豊かにするためには使われませんでした。
ですからこの時代には国民総生産が日本国の豊かさを示す指標でした。


高度成長期になると、「JAPAN as No1」などという本が書かれるようになると、日本は先進国の仲間入りをしました。自動車やパソコン、家電製品などを海外に輸出して稼ぐようになりました。すると日本人だけでは人手が足りなくなり、外国人労働者を雇うようになりました。外国人労働者は自分が稼いだお金を自国に送金して家族を養っています。しかし、その労働者が生産した自動車や家電製品などは日本国民の生活を豊かにしたり、海外に輸出してお金を稼ぎ、そのお金で日本人の生活を豊かにしています。とすると、日本の豊かさを表す指標を考える時に、外国人労働者が日本で生産した生産額を含めた方が、現在の日本の豊かさを的確に表すと考えられます。
また、日本企業が海外に進出して工場を作った場合海外工場で働く日本人が生産した製品はその国の国民生活を豊かにするために使われます。とすると、海外で働く日本人の生産額は、日本の豊かさよりもその国の豊かさを示す指標に含めた方がより的確であると考えられます。
これを表すのが国内総生産です。


そういうわけで、国民総生産も国内総生産も国の豊かさを示す指標なのですが、戦後から高度成長期頃までは国民総生産の方が日本の豊かさをうまく表していたのですが、高度成長期を経た現在では国内総生産の方が日本の豊かさをより的確に表していると考えられます。
そういうわけで、昔はGNPが使われていましたが、今はGDPが使われているのです。

多くの企業が海外進出をしているので、海外で働いている日本人が沢山います。また、日本で働いている外国人も沢山います。


海外で働いている日本人も含めて日本人が生産した経済的な価値の総額を国民総生産GNPと呼びます。これは日本国民の生産額ですから日本で働く外国人の生産額は含みません。

私の職場の近くには大手食品メーカーの缶詰工場があり、ここではペルー人が大勢働いています。ペルー人は日本国民ではありませんから、その大手食品メーカーの生産高のうちペルー人従業員の給与分はGNPには含...続きを読む

Q中国の債務総規模対GDP比205%

http://www.epochtimes.jp/jp/2013/05/html/d61466.html

これは日本が非難されるロジックと同様ですか?そうなると中国のほうが圧倒的な債務超過になると思うのですが。。。

Aベストアンサー

いや、そうじゃないです。ただちに債務超過という訳ではない。GDPはフローの統計値であって、ストックの統計値ではありません。記事が指摘しているのは、債務の増加率が急激すぎて、財政規律として収拾がつかなくなるといった事態なのです。債務の返済資金は基本的に税収ですから、GDPの伸び率より債務増大が大きければ、いつまで経っても元金が減らないことになります。GDPがいくら成長しても、それ以上に債務が増え続ければ、いつか破綻してしまうといったこと。借り換え可能な内は自転車操業で経済は回るけど、貸し手側がこれ以上は貸せないとなったら、たちどころに首が回らなくなる。そういった懸念は日本にだってあります。外国のことをとやかく言っている場合じゃない。圧倒的かどうかは余り関係がなくて、債務危機といったことは資金調達が難しくなって、債務の返済が不可能になるといったことなのです。そうなる前に政府支出の緊縮や増税といった政策が打ち出される筈ですが、そうなれば倒産ラッシュの懸念も生じ、経済に大打撃となるでしょう。

QGDP(国内総生産)って、海外で商品を販売して生み出した付加価値ふくむ?

GDP(国内総生産)は、「一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額。」とあります(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%86%85%E7%B7%8F%E7%94%9F%E7%94%A3)
が、日本企業が海外で商品を販売し生み出した付加価値などは含まないのでしょうか?
日本企業の多くは海外で大きく利益を上げていますが、もしそれらを含んでいないのなら、GDPは日本経済の指標になんかならないと思うのですが。

また、GDPの定義である付加価値の総額の”付加価値”には企業が生み出す付加価値も含まれている(というかそれがほとんどなんですかね?)と思いますが、企業が生み出す付加価値は
売上高から、商品仕入や原材料仕入れ、外注加工費などの「外部購入費用」を差し引いて計算したらよろしいのでしょうか?
(http://www.jusnet.co.jp/business/kessan39_2.html)
これでいいのなら、企業の売上高には海外での売上も含まれていますので、生み出される付加価値には海外で上げた付加価値も含まれることになります。

GDP(国内総生産)は、「一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額。」とあります(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%86%85%E7%B7%8F%E7%94%9F%E7%94%A3)
が、日本企業が海外で商品を販売し生み出した付加価値などは含まないのでしょうか?
日本企業の多くは海外で大きく利益を上げていますが、もしそれらを含んでいないのなら、GDPは日本経済の指標になんかならないと思うのですが。

また、GDPの定義である付加価値の総額の”付加価値”には企業が生み出す付加価値も含まれている(とい...続きを読む

Aベストアンサー

 引き続きお答えします。
(1)国内総生産=属地的概念=日本の領土内でどれだけ付加価値が生産されたかを表す統計数値
(2)国民総生産=属人的概念=日本人(国籍ではない。日本に居住している人)の生産要素(労働、資本等)がどれだけ付加価値を生産したかを表す統計数値
(3)付加価値=生産に寄与した生産要素に寄与の度合いに応じて配分される。
このような基礎的理論を勉強してください。
 トヨタがアメリカの工場で生産した付加価値はまずアメリカの工場で働いている労働者(ほとんどがアメリカ人)に賃金として支払われます。少なくともこの分は日本の経済には寄与しないことはお分りだと思います。日本が投資した資本に対し、付加価値の中からは配当や利子が支払われるならその分が国民総生産に算入されます。

Q国民総生産・国民総資産

国民総生産って、具体的にどうやって算出するのでしょうか?600兆円くらいだそうですが、見当もつきません。
また、一般家庭でもそうだと思いますが、資産(社会資本)というのが蓄積されていくと思うのです。毎年赤字(国債発行)でも国の資産はこのくらいあるんだぞという「国民総資産」という概念はあるのでしょうか?しばらく戦争もないし、災害といってもたかがしれているので、我が国は資産という点では随分豊になったのではないでしょうか。

Aベストアンサー

経済指標の中心的なものです。検索エンジンにかければ多数ヒットします。以下に概略を解説します。詳しくは御自分で検証ください。
1国民総生産:GNP=Gross(全体)National(国民)Product(生産財+サービス)
→具体的には日本人が使ったお金の合計=日本人が日本国内で使った額、海外で使った額が全て含まれる。
2国内総生産:GDP=Gross(全体)Domestic(国内)Product(生産財+サービス)
→具体的には日本人が商品を買ったり、家を建てたり、企業が工場を作ったり機械を買ったりした額=国内で使われたお金の総計
3このGDPが前年度のGDPに比べてどれだけ増えたのかを%で示した数値が経済成長率で、経済成長率を見てその国の成長度合いや、生活水準の状況を判断する。
4上記の二つを比較すると次の通り。
国民総生産:GNP=海外にいる日本人が使ったお金を含み、日本にいる外国人の使ったお金は含まない。
国内総生産:GDP=海外にいる日本人が使ったお金は含まないが、日本にいる外国人の使ったお金を含む。
5以前は国の経済成長尺度にGNPが使われていたが、国際化の進展にしたがいGDPを使用するようになった。理由は日本人、外国人の区別をしていては本当の経済の数字を把握しきれないからである。
6近年の数値の推移をみると、1990年のバブル崩壊までは高い成長率です。バブル崩壊後急落した。1995~1996年に回復に転じたが、1997年消費税5%導入で一気再度下降に戻っている。
年度・成長率・GDP→1987年5.1%362兆円1988年6.3%388兆円1989年4.9%417兆円1990年5.5%451兆円1991年2.5%475兆円1992年0.4%484兆円1993年0.4%488兆円1994年1.1%493兆円1995年2.5%502兆円1996年3.4%515兆円1997年0.2%520兆円1998年-0.6%514兆円1999年1.4%514兆円2000年1.0%510兆円
7国民総資産国のバランスシート=ある時点ストック、上記のGDP、GNPが1年間のフローの数値というストックとフローの関係にある指標といえる。

経済指標の中心的なものです。検索エンジンにかければ多数ヒットします。以下に概略を解説します。詳しくは御自分で検証ください。
1国民総生産:GNP=Gross(全体)National(国民)Product(生産財+サービス)
→具体的には日本人が使ったお金の合計=日本人が日本国内で使った額、海外で使った額が全て含まれる。
2国内総生産:GDP=Gross(全体)Domestic(国内)Product(生産財+サービス)
→具体的には日本人が商品を買ったり、家を建てたり、企業が工場を作ったり機械を買ったりした額=国内で使...続きを読む

Q政府債務のGDP比率、日本は良好!?

日本の公的債務の膨張が各方面で話題となっています。
現在公的債務のGDP比率は100%をはるかに超えているが、
実は政府の保有資産を差し引くとGDP比率は一気に下がり
先進国中でも上位の良好な財政状況であるとの記事を見かけたのですが
本当でしょうか?
最初どうせ買い手もつかないハコモノ不動産の類だろうと
思ったのですが、どうも金融資産で保有しているらしいです。
上記の内容は本当でしょうか?
また政府の所有する金融資産とは一体なんですか?
なぜ借金と相殺しないの?国債金利が勿体ないではないでしょうか?

Aベストアンサー

>日本の公的債務の膨張が各方面で話題となっています。
>現在公的債務のGDP比率は100%をはるかに超えているが、
>実は政府の保有資産を差し引くとGDP比率は一気に下がり
政府債務にはグロス(粗)とネット(純)の2種類の値があります。
政府の金融資産を差し引いたネット(純)の方では、
確かに「GDP比率は一気に下がり」ます(1)(2)。

>先進国中でも上位の良好な財政状況であるとの記事を見かけたのですが
>本当でしょうか?
ただ、ネットの債務残高は「先進国中でも上位の良好な財政状況」かというと、
これはちょっと古い話なのではないかという気もします。
OECD側の資料でグロスとネットの一般政府債務を見ると、
10年前位はネットで見ると「先進国中中位」だったかもしれませんが(3)(4)、
2007年推計では、辛うじて最下位から下から2番目に上がるだけに留まります(1)(2)。
あるいはこれ以外の資産も含めたらもっと下がると言う人もいますが、
厳密に基準を合わせて国際比較するのは難しかったりもします。

>また政府の所有する金融資産とは一体なんですか?
>なぜ借金と相殺しないの?国債金利が勿体ないではないでしょうか?
政府の側には年金や医療といった社会保障基金、
他の貸付金、外貨準備などが保有されています。
国債の金利を払うと同時に、これらの金融資産も金利を受け取っていますから、
即座に国債を返す資金に当てる必要はないわけです。
ただし、政府系金融資産が受け取る金利を高められるよう、
資産運用の改革が必要だといっている人もいます。

あと、一般政府債務の対GDP比率だけが
重要な指標ってわけでもない点にも注意します。
一般政府債務の対GDP比が何パーセントを超えたら
持続不能になるという境界線があるわけでもありません。
むしろ、債務返済が大きい問題になってる国の、
一般政府債務残高/GDPは特別大きいとは限らなかったりします。

公債は政府の抱える借金ですが、
政府だけではなくて日本全体で見ると、
世界最大の純債権国で、公債の対外依存度は低く、
むしろ外国の公債を大量に買って金利を受け取っている存在でもあるわけです。
巨額の家計金融資産があり、公債金利は低い水準に留まっています。
ここ10年、国際的な格付け機関が日本国債の格付けを
低くして問題になってますが、最近若干上がったりもしています(5)。
一方で日本国内の格付け機関は日本国債の格付けを最高位にしてたりもします(6)。
この辺りのやりとりを追ってみるのもいいかもしれません。

■(1)「粗」一般政府債務残高/GDP(2007推計)(OECD Economic Outlook No. 82)
28 日本 180.3%
27 イタリア 116.9%
26 ギリシア 103.8%
25 ベルギー 87.3%
24 ノルウェー 76.0%
23 ハンガリー 74.5%
22 ポルトガル 72.2%
21 フランス 71.9%
20 ドイツ 66.2%
17 アメリカ 62.2%
13 イギリス 47.2%
11 スペイン 42.8%
6 韓国 30.4%
5 アイルランド 29.2%
4 アイスランド 27.4%
3 ニュージーランド 25.4%
2 オーストラリア 15.5%
1 ルクセンブルク 13.4%

■(2)「純」一般政府債務残高/GDP(2007推計)(OECD Economic Outlook No. 82)
28 イタリア 90.6%
27 日本 88.1%
26 ギリシア 74.4%
25 ベルギー 71.8%
24 ハンガリー 54.5%
23 ドイツ 46.7%
22 イギリス 44.2%
21 ポルトガル 43.7%
20 イギリス 39.3%
19 フランス 39.2%
15 スペイン 21.2%
8 オーストラリア -4.7%
5 スウェーデン -17.7%
4 韓国 -36.3%
3 ルクセンブルク -41.9%
2 フィンランド -70.8%
1 ノルウェー -151.4%

■(3)「粗」一般政府債務残高/GDP(1997)(OECD Economic Outlook No. 82)
26 イタリア 130.2%
25 ベルギー 128.1%
24 日本 101.6%
23 ギリシア 100.0%
22 カナダ 96.3%
21 スウェーデン 84.2%
20 オランダ 82.2%
19 スペイン 74.6%
16 アメリカ 67.6%
11 ドイツ 60.4%
9 イギリス 52.9%
5 スロバキア 38.6%
4 オーストラリア 37.4%
3 ノルウェー 32.0%
2 ルクセンブルク 10.2%
1 韓国 7.5%

■(4)「純」一般政府債務残高/GDP(1997)(OECD Economic Outlook No. 82)
25 ベルギー 111.0%
24 イタリア 104.6%
23 ギリシア 77.1%
22 カナダ 64.7%
21 スペイン 53.4%
20 アメリカ 49.8%
17 イギリス 42.6%
16 フランス 42.3%
14 日本 34.8%
12 ドイツ 33.5%
7 オーストラリア 21.2%
5 フィンランド -7.5%
4 スロバキア -12.1%
3 韓国 -21.5%
2 ルクセンブルク -41.6%
1 ノルウェー -49.1%

■(5)国際格付け機関の日本国債格付け動向
フィッチ、日本の格付を据え置き
http://www.fitchratings.co.jp/pressReleaseDetail.ctl.php?id=1880
ムーディーズが日本国債格上げ、福田政権の財政再建方針継続に期待
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-28292420071011
S&P、日本の格付けをAAに引き上げ、財政再建や構造改革を評価
http://jp.reuters.com/article/economicPolicies/idJPnTK313908720070423

■(6)日本格付け機関の日本国債格付け動向
JCR、日本国をAAA/安定的に据置
http://www.jcr.co.jp/top_cont/rat_info04.php?no=07i32
R&I、日本の発行体格付けAAAを維持、方向性ネガティブ
http://www.r-i.co.jp/jpn/news_topics/detail/200708/j07-c-751.pdf

>日本の公的債務の膨張が各方面で話題となっています。
>現在公的債務のGDP比率は100%をはるかに超えているが、
>実は政府の保有資産を差し引くとGDP比率は一気に下がり
政府債務にはグロス(粗)とネット(純)の2種類の値があります。
政府の金融資産を差し引いたネット(純)の方では、
確かに「GDP比率は一気に下がり」ます(1)(2)。

>先進国中でも上位の良好な財政状況であるとの記事を見かけたのですが
>本当でしょうか?
ただ、ネットの債務残高は「先進国中でも上位の良好な財政状況...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報