本当にお得なんですかね?これだったら、どんどん普及すると思いますか?

引用元:http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110 …

東日本大震災:電力供給回復「エコが近道」米シンクタンク
 米国のシンクタンク「ノーチラス研究所」は21日までに、東日本大震災で失われた電力の供給を回復するには原子力や火力の発電所を再稼働、新設するよりも、省エネや再生可能エネルギー、小規模分散型の発電を拡大する方が、供給を早期に実現できる上に、年間の費用も安く済むとの調査報告書をまとめた。

 省エネや再生可能エネへの投資は不確定要素が少なく、短時間で復旧が可能な上、二酸化炭素(CO2)の排出量も大幅に減らせるとしている。

 同研究所は、日本の研究成果や国際的なデータを基に東京、東北両電力管内に建設可能な風力、太陽光発電の投資額や設備容量、コストを試算。小型、中型の発電機や燃料電池など小規模分散型の発電設備を増やすことも加味して、地震で失われた発電能力をカバーできるかどうかを調べた。

 その結果、15年3月末までにこれらの手法で発電した電力量に、省エネで節約した電力量を加えると、その総量は計809億7400万キロワット時。施設整備には年平均では8370億円が必要と推定された。

 原発の改修や火力発電所などの建設でほぼ同量の発電をする場合は、防災対策や地域の合意取り付けなどに多大な時間を要するため、実際の発電が実現するのは大きく遅れる上、年平均のコストは8470億円とかえって高くつくという。

 報告書は「省エネ効果を加えれば、原発や火力で発電するのに比べてCO2排出量を5000万トン減らすこともできる」と環境保全面での利益を強調。再生可能エネルギーや分散型発電に適した次世代送電網(スマートグリッド)の開発など、日本の送電網の改革を復興計画の一環として進めることを提言した。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

再生可能エネルギー、小規模分散型って具体的になにをしめすのでしょう。


そこ問題じゃないですか?
売電の自由化もされてないし、電気事業は自由化されてないから小規模分散しても運営は電力会社。
すると管理しやすい集中型を作るのは当然となってしまう。
その復興計画には売電の自由化にともなう電気事業の自由化がないと無理じゃないのかな。

ガス事業でさえ分散型を集約される方向で動いています。それは、政治経済が大型企業を守り中小を保護しきれないから。構造全体の見直しが果たしてできるのか、、、、日本の実情に合わなくて実現可能ラインが読めません。
    • good
    • 0

報告書全文を読まなきゃ何とも判断しがたいね

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング