手関節の舟状骨骨折に関して質問があります。

(自分自身が煩っているわけではないですが、知り合いから下記の質問があり、答えられなかったので、ここに代理質問させてもらいます。
ちなみに自分は研究者で破骨細胞などを研究してます。細胞生理は多少分かりますが、臨床的なことは分からないです。)

Q. 舟状骨骨折は他の骨折とは違って、初期には骨折線が見えにくいとのことですが、これはなぜなのでしょうか?

Q. 舟状骨骨折の骨折線は3週間ほど経って検出されるとのことですが、これはどうしてでしょうか?

Q. 3週間ほど経って骨折線が出てくることに関しては、「仮骨形成後、新生骨が出来るのに3週間かかるから」という機序を考えるのですが、こういった骨修復の機序は舟状骨では他の部位の骨折と何か違いがあるのでしょうか?

すみませんが、よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

Q3はtommyさん自身の質問ですよね。



正解は私には分かりません。治療計画を選択しているだけの整形外科医の回答が正解というのならこの機会に従っている患者の権利として聞いてもらいそちらから知るのもいいんじゃないのでしょうか。

質問を解決に一歩でも近づけるために逆にお聞きしたいのですが、骨折の治癒過程においてオステオクラストは何か関与をするのでしょうか。その影響がでるのでしょうか。特に、骨折線に一致する部位において。
専門家ならば論文等仕入れられると思うのですが。


思いつくままに列挙しますと。
重積効果。接線効果。関節包。関節面。
手根骨は関節を作りますよね。とりわけ舟状骨は関節面が多いです。
関節や関節包内の骨とはどんなものでしょうか。

治癒の遅い骨折の場合、栄養血管に不自由するとか、骨膜が十分に機能しないとか、そういう場合、骨吸収を起したりしないのでしょうか。

舟状骨の特殊性が語られる背景に、舟状骨の骨折頻度が他の手根骨よりも多いということがあると思います。はたして公平な比較が出来ているのか。


質問者さんご提示の機序ですが、一般的な骨折の、治癒過程について、ですよね。それが骨折線とどのように関係するのでしょうか。それで骨折線はどのように見えてくるという機序でしょうか。たとえば骨透過像ですか、不透過像ですか。仮骨はどこに出来るのでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

thegenusさん

色々と示唆に富むコメントをありがとうございます。
頂いたコメントを中心に勉強してみます。

破骨細胞を研究はしているものの「炎症と破骨細胞」を扱っているため、骨折治癒などもっと一般的な骨代謝の理解が不十分でした。その点反省して勉強します。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/27 01:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q舟状骨 骨折された方

現在、舟状骨骨折と診断されています(ちなみに右手首)。
この骨折された方がいらっしゃったら、どうやって手術~復帰されたか教えてください!!  

また舟状骨骨折から偽間接になった方はいらっしゃいますか???

Aベストアンサー

人間の体の中には舟状骨と呼ばれる骨が2箇所あります。NO1のKATORIさんの足部と質問者であるKojimaro1126さんの手部であります。足の舟状骨の場合は何ら他の骨と変わりは無く治癒しますが、手の舟状骨の場合は私たちもかなり慎重になります。その理由として、手の舟状骨は血流に乏しく栄養が骨に行き難い為、仮骨という「骨ののり」が出来にくいわけです。従って受傷後に保存的に固定もしますが、手術が必要と思われた場合は即、手術というケースも御座います。6年前に骨折なさってすでに偽関節という診断がされているのなら手術療法しかありません。ただ、日常生活に支障が無い痛みならそのまま放置するという考えもあります。何にしろ一度整形外科にて御相談してください。(手術方法は個々の病院によって色々な方法があると思います。従って復帰時期もまちまちだと思います。)

Q舟状骨骨折どのくらいかかりますか?

右手舟状骨を骨折して2週間たちました。
現在は親指から肘下までのギブス固定で生活しています。
僕は陸上競技の投擲をしているので、復帰までどのくらいかかるのか心配です。
今行っている病院の先生は保存で大丈夫だといっていますけど実際どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。
舟状骨骨折ですか。ちょっとやっかいな骨折ですね。
この骨折は、ズレが少なく(1,2ミリ以下)、骨折部位が問題なければギプスで充分治ります。しかし、舟状骨は癒合しにくいことで有名な骨ですので、固定期間は教科書的には最低6週間、長ければ12週間とされています。その後リハビリとなりますので、スポーツ復帰は少し先のこととなるでしょう。
手術という手もないではありませんが、手術したからと言ってすぐにスポーツできるわけではありませんし、デメリットも充分考慮の上で判断する必要があります。主治医の先生とよく相談して今後の治療に当たってください。
お大事に。

Q今週初めに、サッカーの試合で、右手舟状骨を骨折しました。

今週初めに、サッカーの試合で、右手舟状骨を骨折しました。

翌日の受診で、舟状骨骨折と診断。ズレていないので、ギブス固定の治療となりました。

血流が悪いということなので、血流を良くするために、酸素カプセルに毎日入り、高電圧治療器にかかっています。

酸素カプセルや高電圧治療は少しは効果がありでしょうか?

Aベストアンサー

>そのままにしておくと、偽関節になったり、手首に力が入らなくなってしまったりして、かなり辛い後遺症が残るそうです。

少し違います。そういう傾向の強い箇所なので、レントゲン観察は必須ということです。握力、手首の力などはリハビリ次第です。

ギプス=放っておく=偽関節

ではありません。つきが悪ければ超音波骨折治療器というものもあります。酸素カプセルがベッカムなら、こちらはメジャーリーガーエンゼルス松井秀喜が使用したものです。偽関節や遷延骨折にも効果があり、一般的には約40%治癒が早まります。セーフスやアクセラスで検索されてみてください。

Q手首舟状骨骨折後のリハビリについて

昨年の年末にスノーボードをしていて右手首舟状骨を骨折しました。
その後、手術(ハーバートスクリュー&針金)を二回やり、今では
普段の生活はできています。6月に撮ったレントゲンでは骨折線にそって
骨がやせていました。
 そこで相談です。舟状骨は血流が悪いので骨ができにくいと聞いています。
もし次に転倒した場合に折らないために、なにかするとしたら何がいいですか?
今考えているのは、エアロバー(通販でやってるゴムの棒で
握って細かく動かすと筋肉に負荷がかかってムキムキになる!らしい)
を使おうかと思ってます。手首の筋肉がつくかなと思いまして。
 買うかどうか踏ん切りがつかないので、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

以前舟状骨の骨折の患者さんのリハビリを担当したのですが、その彼はラグビーで全国大会(高校生)に出るほどのチームで、1年からレギュラーに出るほどの選手でしたが最終的に手首の背屈が完全に戻らず、レギュラーにはなれませんでした。
この彼で感じたことは、筋力はもちろん大事なのですが、一番は可動域の回復が前提になること、そして早期のリハビリが重要であることです。
そういう意味ではすでにリハビリはかなり行われているのですね。
可動域がまだ不十分なようでしたら、可動域を十分に作るような可動域を全て使った運動を行ってください。
関節を固定した形での運動はあまりお勧めしません。
特にお聞きとは思いますが、ある程度の重量を与えたベンチプレスは、舟状骨や月状骨にストレスを与え、血行障害を起こします。
骨も当然血液の栄養を受けていますから、血行障害は骨の成長を阻害します。
特に骨折時に栄養血管を損傷していますので、そのため骨が痩せているのです。
当然、手根骨に血液が十分行き渡るような運動が適しています。
これは相反することですが、骨の成長には血液の栄養ともう一つ適度の負荷が必要です。
ということはある程度手首に負担が与えられないといけないということです。
これは手首の関節運動によって筋力負荷が得る必要があるので、ある程度の強度は必要だということです。
もしエアロバーというもので運動するつもりなら、それに加えて手首の十分な関節運動を行う種目が必要です。
リストカールなどでしょうか。
反物を巻き取る動作などもいいのですが、私の知る範囲では野球部の人間などが良く行う、30cm位の棒の中央に紐をつけてその紐に重しをつけて、その両端を握り巻き取る運動などが適しているのではないかと思います。(理解できますか?)
ストレッチや前腕のマッサージも必要でしょう。
上記のトレーニング分かり難ければ補足します。

以前舟状骨の骨折の患者さんのリハビリを担当したのですが、その彼はラグビーで全国大会(高校生)に出るほどのチームで、1年からレギュラーに出るほどの選手でしたが最終的に手首の背屈が完全に戻らず、レギュラーにはなれませんでした。
この彼で感じたことは、筋力はもちろん大事なのですが、一番は可動域の回復が前提になること、そして早期のリハビリが重要であることです。
そういう意味ではすでにリハビリはかなり行われているのですね。
可動域がまだ不十分なようでしたら、可動域を十分に作るような...続きを読む

Q手骨折(舟状骨、月状骨)が心配。情報頂けませんか?

2ヶ月程前に自転車で転倒し、その際にアスファルトの道路に左の手の平を強くついてしまいました。
そして、この2ヶ月間に4回に渡るレントゲンと、転倒してから2週間経過して、MRIを撮りました。
レントゲンに骨折は写っていませんでした。
MRIには内出血が写っていましたが、骨折の発見には至りませんでした。

それらの映像類には、骨折を確認できるような映像がなかったので、
データを診て頂いた医師達(5件の病院の7名の医師)は、当然ながら骨折はないようだと診断しました。
これだけ複数の先生に繰り返し診て頂いて、骨折はないと言って頂けたのですから、
本来ならば安心すべきだとは、充分理解しているのですが、
左右の比較で感じる感触がどうも違い、どうしても何か様子が変な気がしてならないのです。

医師達が一番骨折の可能性が高いであろう言われた、舟状骨があると思われる場所、ちょうど人差し指と中指の間の位置から手首にかけてラインを引いた辺りの位置に、
ピンポイント的な腫れと硬い感触の膨らみを感じています。
その腫れは、2ヶ月という日にちが経過しても、一向に引いて行くような様子ではありません。

ただ、手を使わなければ、痛みは全くと言っていいほどありません。
手の使い方や、力のかかり具合によって痛みが起きます。
いわゆる、舟状骨の骨折の際に痛くなると言われる、手の平と反対の面の親指を開いた時に出来る付け根のくぼみ部分には特別な痛みは感じません。

ケガの直後に包帯を巻いていた頃に、その部分にじんわりとイタタと余韻で感じる程度の痛みが起きた事はありましたが、
医師が診察時に骨折確認のために押しても、痛いと叫ぶような反応は起きませんでした。
医師からは、舟状骨が骨折していると、ここを押すと痛いはずだとお聞きしました。

医師達は、レントゲンなどの映像と、その触診時のその反応によって、
『骨折はない。』という診断をされたものと思われます。

けれども、今尚明らかに、その骨折を心配された舟状骨付近に、
腫れと違和感のある硬い膨らみと、手の使い方次第で痛みが起きたり、その腫れている付近を圧迫するような時にも痛みを感じ続けています。
筋か神経がビリっと来るような痛みに感じられる時もあります。

先週、診て頂いた医師からも、『骨折はしていないので、骨挫傷と呼ばれる状態だと思います。
だから安心して、手を使いながら治すのが一番です。』と言われたため、
恐る恐るながらも、極力使うようにし始めました。
また別の医師は、『靭帯損傷だからこれから4ヶ月はかかると思います。
手は使うようにしないでいると、かえって動かなる。』と教えて下さいました。

手を使い始めてみると、かばって使っていなかったために感じなかった痛みを感じ始めたり、
どうも、腫れている部分の硬い膨らみが明らかに外に膨らんでいるように感じられて来て、
あまり使わずにいた時以上に気になってしまいます。
右手と比べると明らかな違いと違和感をたくさん感じてしまうからです。

もしかしたら、骨折はしてないけれども、
前方に(手の平側に)舟状骨がズレて浮き上がるような角度で少し膨らんで来ているのでは?などと、素人ながらに考えたりしています。
もし前方に多少角度が出て来ていてもレントゲンは平面的なのでその様子が映らないのでは?とか、あれこれ考えたりしています。

そんな事って、あるでしょうか?

幸いにも、指はいちよ5本共動きます。(腫れの部分に引っ張られるこわばり感はありますが。)
手首自体も問題なく動いているように感じます。

けれども、その舟状骨の骨折の際に腫れると言われる部分の腫れ方と、
ピンポイント的な硬い膨らみと、手の使い方によって起きる痛みとが、
どうしても気になって心配になって来ます。

先週診て頂いた医師が、
『骨に跡はあるけど、外形が大丈夫なので問題ない。』という事を話されました。
その骨についている跡という物が、一体どういう事を意味するのかについてのご説明は聞けませんでした。

診察時に、思わず、『跡?やっぱり骨折してたんですか?』とお尋ねしましたが、
その医師は『骨折はしてないです。』とだけ言われて、それ以上のお話はありませんでした。

これまでに骨折の経験がない上、周囲にも経験者がいないので、
そのレントゲンで見える骨についている跡の意味が何なのかについても、未だに解決できず、心配を消せずにいます。

ネットで、舟状骨の骨折の発見の難しさと遅れなどや、症状の特徴を見て調べたりしていますが、
親指の付け根の痛みがない点だけは異なるので、やっぱり違うのかなあ?と思ったり、
既に偽関節という文字を見つけて、良く意味も判らずに、
私のケガは既に2ヶ月も経過しているので、
偽関節の状態になっているから、指は動き、その骨折の特徴である痛みが起きないんじゃないかなあ?などとも勝手に考えたりしています。

舟状骨は、血液の巡りが悪くなりやすい骨で、骨折したままで機能がおかしくなると骨が壊死するとか書いてある情報も読んでいる内に、どんどん怖くなって来ました。
また手術自体も難しい場所のようで、不安で不安で、居ても立っても居られなくなりました。

今、こうしてパソコンを両手でタイピング出来て、打ててはいるのですが、
腫れている部分はキーボードに当たっていて圧迫を感じて、時々、痛みが起きたりします。
キーボードにやや強くぶつかるような感じになると痛みが走ります。

●腫れている場所は、ネットで書かれている舟状骨骨折が疑われる場所と一致していると感じます。

●ただ、親指の付け根の痛みという症状はありません。

●指と手首自体は、腫れの影響から多少のこわばりはあるものの、いちよ通常通りに動いていると判断できると思います。

●MRIに確実に内出血の様子がありました。かなり縦長に細く写っていたと思います。
※MRIの技士の方が月状骨内部の骨折の可能性という指摘をコメントとして残されていました。

●先週撮ったレントゲンで、骨(舟状骨なのか月状骨なのか?不明です。)に跡があるけど、骨折はしていないという医師からの言葉をお聞きしました。※その跡についての詳しいご説明はして頂けませんでした。

●骨折はないので、固定など特別処置も必要ないので、使いながら治すのが一番と言われましたので、使うように心がけていますが、使い方によっては痛みが起きます。

●硬くなっている部分など、手のマッサージもすると良いとも言われましたが、違和感のある硬さが気になって、痛みも起きる場所なので、マッサージする気になれません。

骨折していなくても、こんな腫れや硬い膨らみを作るような状態はあるのでしょうか?

どなたか、骨折に詳しい方いらっしゃいませんでしょうか?
または舟状骨など、手の平の骨の骨折やケガなどのご経験をお持ちの方がいらっしゃったら、
ご経験談など、どうか情報を教えて下さい!!

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

2ヶ月程前に自転車で転倒し、その際にアスファルトの道路に左の手の平を強くついてしまいました。
そして、この2ヶ月間に4回に渡るレントゲンと、転倒してから2週間経過して、MRIを撮りました。
レントゲンに骨折は写っていませんでした。
MRIには内出血が写っていましたが、骨折の発見には至りませんでした。

それらの映像類には、骨折を確認できるような映像がなかったので、
データを診て頂いた医師達(5件の病院の7名の医師)は、当然ながら骨折はないようだと診断しました。
これだけ複数の先生に繰り返し診...続きを読む

Aベストアンサー

文面からして神経質な方とお見受けします。

コケたのは2ヶ月前との事で、万一、骨折していたとしても、

もう自然治癒してますよ(笑)

こんなにも多くの医師に診てもらってなお、信じられないと。

俗に言う、「気のせい」ってやつですよ。

普通の生活に支障ないのでしたら、気にしない事ですね。

ホントに骨折してたら、痛くてこんなに長文のタイプなんて出来ません(経験談)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報