手関節の舟状骨骨折に関して質問があります。

(自分自身が煩っているわけではないですが、知り合いから下記の質問があり、答えられなかったので、ここに代理質問させてもらいます。
ちなみに自分は研究者で破骨細胞などを研究してます。細胞生理は多少分かりますが、臨床的なことは分からないです。)

Q. 舟状骨骨折は他の骨折とは違って、初期には骨折線が見えにくいとのことですが、これはなぜなのでしょうか?

Q. 舟状骨骨折の骨折線は3週間ほど経って検出されるとのことですが、これはどうしてでしょうか?

Q. 3週間ほど経って骨折線が出てくることに関しては、「仮骨形成後、新生骨が出来るのに3週間かかるから」という機序を考えるのですが、こういった骨修復の機序は舟状骨では他の部位の骨折と何か違いがあるのでしょうか?

すみませんが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

骨折」に関するQ&A: 肋骨 骨折

舟状骨」に関するQ&A: 手の舟状骨骨折

A 回答 (1件)

Q3はtommyさん自身の質問ですよね。



正解は私には分かりません。治療計画を選択しているだけの整形外科医の回答が正解というのならこの機会に従っている患者の権利として聞いてもらいそちらから知るのもいいんじゃないのでしょうか。

質問を解決に一歩でも近づけるために逆にお聞きしたいのですが、骨折の治癒過程においてオステオクラストは何か関与をするのでしょうか。その影響がでるのでしょうか。特に、骨折線に一致する部位において。
専門家ならば論文等仕入れられると思うのですが。


思いつくままに列挙しますと。
重積効果。接線効果。関節包。関節面。
手根骨は関節を作りますよね。とりわけ舟状骨は関節面が多いです。
関節や関節包内の骨とはどんなものでしょうか。

治癒の遅い骨折の場合、栄養血管に不自由するとか、骨膜が十分に機能しないとか、そういう場合、骨吸収を起したりしないのでしょうか。

舟状骨の特殊性が語られる背景に、舟状骨の骨折頻度が他の手根骨よりも多いということがあると思います。はたして公平な比較が出来ているのか。


質問者さんご提示の機序ですが、一般的な骨折の、治癒過程について、ですよね。それが骨折線とどのように関係するのでしょうか。それで骨折線はどのように見えてくるという機序でしょうか。たとえば骨透過像ですか、不透過像ですか。仮骨はどこに出来るのでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

thegenusさん

色々と示唆に富むコメントをありがとうございます。
頂いたコメントを中心に勉強してみます。

破骨細胞を研究はしているものの「炎症と破骨細胞」を扱っているため、骨折治癒などもっと一般的な骨代謝の理解が不十分でした。その点反省して勉強します。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/27 01:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q舟状骨骨折での骨折線について

手関節の舟状骨骨折に関して質問があります。

(自分自身が煩っているわけではないですが、知り合いから下記の質問があり、答えられなかったので、ここに代理質問させてもらいます。
ちなみに自分は研究者で破骨細胞などを研究してます。細胞生理は多少分かりますが、臨床的なことは分からないです。)

Q. 舟状骨骨折は他の骨折とは違って、初期には骨折線が見えにくいとのことですが、これはなぜなのでしょうか?

Q. 舟状骨骨折の骨折線は3週間ほど経って検出されるとのことですが、これはどうしてでしょうか?

Q. 3週間ほど経って骨折線が出てくることに関しては、「仮骨形成後、新生骨が出来るのに3週間かかるから」という機序を考えるのですが、こういった骨修復の機序は舟状骨では他の部位の骨折と何か違いがあるのでしょうか?

すみませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Q3はtommyさん自身の質問ですよね。

正解は私には分かりません。治療計画を選択しているだけの整形外科医の回答が正解というのならこの機会に従っている患者の権利として聞いてもらいそちらから知るのもいいんじゃないのでしょうか。

質問を解決に一歩でも近づけるために逆にお聞きしたいのですが、骨折の治癒過程においてオステオクラストは何か関与をするのでしょうか。その影響がでるのでしょうか。特に、骨折線に一致する部位において。
専門家ならば論文等仕入れられると思うのですが。


思いつくままに列挙しますと。
重積効果。接線効果。関節包。関節面。
手根骨は関節を作りますよね。とりわけ舟状骨は関節面が多いです。
関節や関節包内の骨とはどんなものでしょうか。

治癒の遅い骨折の場合、栄養血管に不自由するとか、骨膜が十分に機能しないとか、そういう場合、骨吸収を起したりしないのでしょうか。

舟状骨の特殊性が語られる背景に、舟状骨の骨折頻度が他の手根骨よりも多いということがあると思います。はたして公平な比較が出来ているのか。


質問者さんご提示の機序ですが、一般的な骨折の、治癒過程について、ですよね。それが骨折線とどのように関係するのでしょうか。それで骨折線はどのように見えてくるという機序でしょうか。たとえば骨透過像ですか、不透過像ですか。仮骨はどこに出来るのでしょうか。

Q3はtommyさん自身の質問ですよね。

正解は私には分かりません。治療計画を選択しているだけの整形外科医の回答が正解というのならこの機会に従っている患者の権利として聞いてもらいそちらから知るのもいいんじゃないのでしょうか。

質問を解決に一歩でも近づけるために逆にお聞きしたいのですが、骨折の治癒過程においてオステオクラストは何か関与をするのでしょうか。その影響がでるのでしょうか。特に、骨折線に一致する部位において。
専門家ならば論文等仕入れられると思うのですが。


思いつくままに...続きを読む

Q骨芽細胞と破骨細胞について

骨芽細胞と破骨細胞についてわかりやすく説明してください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 3週間くらい前に、NHKの「試してガッテン」という番組で、骨粗鬆症についてやったのですが、その時、骨芽細胞と破骨細胞について説明していたんです。ごらんにならなかったみたいですね、残念。

 もしかしたら、NHKのサイトあたりに、正確な説明があるかもしれませんが、ボンヤリと見ていた記憶によりますと、骨芽細胞は骨を造る細胞(85日?くらいかけてつくる)、破骨細胞は骨を破壊・溶かして(20日?くらいかけて溶かす)血管にもどす細胞ですね。字のとおりです (^_^; 。

 その番組で言っていたかどうかは記憶にありませんが、カルシウムは心臓を動かしたりさまざまな機能を維持するために、血の中に必要不可欠ですから、ため込んだり支出したり、調整が必要なため、どうしても両方の細胞が必要と言うことになります。

   余談ですが、なぜ、太古の魚に骨ができたか、議論はあるのですが、海から川へ
  移動してきた魚が、ミネラル不足におちいって、運良く獲得できたミネラルをため
  込むためにできたという説が有力なのです。つまり、骨は、できた当初から、造ら
  れたり溶かされたりする宿命にある部分なのであります。


 女性ホルモンが破骨細胞を抑えるので、本来女性のほうが骨粗鬆症にはなりにくいのだそうですが、閉経期になると、女性ホルモンも不足してきますので、破骨細胞の活動が活発になります。で、老齢の女性のほうが骨粗鬆症になり易いことになります。

 また、骨粗鬆症でなくても、上記の通り、骨を壊すのと造るのにかかる作業日数にかなりの差があります。女性ホルモンの減少による破骨細胞の活発化により、ほねの一部が壊されたままになっている・・・ 弱くなっている・・・ 場合があり、そこが、ほんのちょっとしたことで骨折を引きおこす原因地点になるそうです。


 ちなみに骨折ですが

 骨折を避けるために重要なことは、適度に、カルシウムを採ること、太陽の下で歩くこと(骨に負荷をかける)、ビタミンDを採ること、だと言っていましたねぇ・・・ 。

 あと、骨が折れやすいのは、自分で骨折したことのある人、親が骨粗鬆症だった人、タバコを吸う人、酒をよく飲む人、だそうです。最近はタバコを吸う女性も増えましたので、当選確実の女性も少なくないでしょうね。

 3週間くらい前に、NHKの「試してガッテン」という番組で、骨粗鬆症についてやったのですが、その時、骨芽細胞と破骨細胞について説明していたんです。ごらんにならなかったみたいですね、残念。

 もしかしたら、NHKのサイトあたりに、正確な説明があるかもしれませんが、ボンヤリと見ていた記憶によりますと、骨芽細胞は骨を造る細胞(85日?くらいかけてつくる)、破骨細胞は骨を破壊・溶かして(20日?くらいかけて溶かす)血管にもどす細胞ですね。字のとおりです (^_^; 。

 その番組で言...続きを読む

Q舟状骨 骨折された方

現在、舟状骨骨折と診断されています(ちなみに右手首)。
この骨折された方がいらっしゃったら、どうやって手術~復帰されたか教えてください!!  

また舟状骨骨折から偽間接になった方はいらっしゃいますか???

Aベストアンサー

人間の体の中には舟状骨と呼ばれる骨が2箇所あります。NO1のKATORIさんの足部と質問者であるKojimaro1126さんの手部であります。足の舟状骨の場合は何ら他の骨と変わりは無く治癒しますが、手の舟状骨の場合は私たちもかなり慎重になります。その理由として、手の舟状骨は血流に乏しく栄養が骨に行き難い為、仮骨という「骨ののり」が出来にくいわけです。従って受傷後に保存的に固定もしますが、手術が必要と思われた場合は即、手術というケースも御座います。6年前に骨折なさってすでに偽関節という診断がされているのなら手術療法しかありません。ただ、日常生活に支障が無い痛みならそのまま放置するという考えもあります。何にしろ一度整形外科にて御相談してください。(手術方法は個々の病院によって色々な方法があると思います。従って復帰時期もまちまちだと思います。)

Q尾抵骨? しっぽの名残という人間の腰にある骨

あの骨の名前を教えてください。

しっぽの名残などといわれているお尻の上にあるちょっと突起した部分の名称です。

尾抵骨というのかな、とも思いますが、尾抵骨というのはあの辺りの骨全部のことでは?

突起部分の名称を知りたいのです。

Aベストアンサー

尾骨になると思います。

尾骶骨(びていこつ),尾閭骨(びりよこつ)ということもあるようです。

参考URL:http://web.sc.itc.keio.ac.jp/anatomy/osteologia/A02206001-002.html

Q足の舟状骨骨折

足の舟状骨を骨折しました。
舟状骨ってどういう役割をし、どれくらいで完治するものでしょうか。
手術をする場合としない場合とではどういうふうに完治の仕方が違うのでしょうか。おしえてください。

Aベストアンサー

足の舟状骨については、こちらを参考にしてください。

http://www.akimoto.ecweb.jp/bone-fracture04.htm

手術しなければ、他にその分負担がかかると思います。
どれくらいで、完治するかについては、お医者様に相談してくださいね。

Q第一関節って?

指の第一関節とはどの部分でしょう?
つめのすぐ下の関節でしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは、
爪のすぐ下のようです
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/14747.html
分かりにくてスイマセン

Q医療保険・舟状骨の件

医療保険の件で教えて下さい。
舟状骨を骨折したのですが、
舟状骨は上肢か手指のどちらに分類されるのでしょうか?
給付金は上肢が40000円、手指13000円とだいぶ違います。
ご存知の方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

舟状骨は、前腕骨の一つである橈骨と手関節を形成いています。
従って手関節となり、上肢に分類されると考えます。

Q肩の関節

どこに質問したらいいのかわからかったのですが、ここに質問させていただきます
指の関節ってぽきぽき鳴らすことができますよね
昨日たまたま肩の関節が同じように鳴ったんです
たまたまできると言うことは指のようにわざと鳴らす事も出来ると思うのですが、練習すれば出来るようになるのでしょうか
また、別の質問なのですが柔道の格闘漫画などでよく見る関節をはずす事はできるのでしょうか
回答お願いします

Aベストアンサー

人間の関節は、靭帯で結びついています。関節が外れるというのは、これが切れるということです。靭帯が無くても、周りの筋肉で関節結合を保持は出来ますので、通常生活には問題はありませんが。根本的に、関節が外れるということは「壊れている」ということですので。ご留意を。

指を鳴らすことも、関節には負担にしかなりません。練習までして習得することではないかと思います。

Q手首舟状骨骨折後のリハビリについて

昨年の年末にスノーボードをしていて右手首舟状骨を骨折しました。
その後、手術(ハーバートスクリュー&針金)を二回やり、今では
普段の生活はできています。6月に撮ったレントゲンでは骨折線にそって
骨がやせていました。
 そこで相談です。舟状骨は血流が悪いので骨ができにくいと聞いています。
もし次に転倒した場合に折らないために、なにかするとしたら何がいいですか?
今考えているのは、エアロバー(通販でやってるゴムの棒で
握って細かく動かすと筋肉に負荷がかかってムキムキになる!らしい)
を使おうかと思ってます。手首の筋肉がつくかなと思いまして。
 買うかどうか踏ん切りがつかないので、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

以前舟状骨の骨折の患者さんのリハビリを担当したのですが、その彼はラグビーで全国大会(高校生)に出るほどのチームで、1年からレギュラーに出るほどの選手でしたが最終的に手首の背屈が完全に戻らず、レギュラーにはなれませんでした。
この彼で感じたことは、筋力はもちろん大事なのですが、一番は可動域の回復が前提になること、そして早期のリハビリが重要であることです。
そういう意味ではすでにリハビリはかなり行われているのですね。
可動域がまだ不十分なようでしたら、可動域を十分に作るような可動域を全て使った運動を行ってください。
関節を固定した形での運動はあまりお勧めしません。
特にお聞きとは思いますが、ある程度の重量を与えたベンチプレスは、舟状骨や月状骨にストレスを与え、血行障害を起こします。
骨も当然血液の栄養を受けていますから、血行障害は骨の成長を阻害します。
特に骨折時に栄養血管を損傷していますので、そのため骨が痩せているのです。
当然、手根骨に血液が十分行き渡るような運動が適しています。
これは相反することですが、骨の成長には血液の栄養ともう一つ適度の負荷が必要です。
ということはある程度手首に負担が与えられないといけないということです。
これは手首の関節運動によって筋力負荷が得る必要があるので、ある程度の強度は必要だということです。
もしエアロバーというもので運動するつもりなら、それに加えて手首の十分な関節運動を行う種目が必要です。
リストカールなどでしょうか。
反物を巻き取る動作などもいいのですが、私の知る範囲では野球部の人間などが良く行う、30cm位の棒の中央に紐をつけてその紐に重しをつけて、その両端を握り巻き取る運動などが適しているのではないかと思います。(理解できますか?)
ストレッチや前腕のマッサージも必要でしょう。
上記のトレーニング分かり難ければ補足します。

以前舟状骨の骨折の患者さんのリハビリを担当したのですが、その彼はラグビーで全国大会(高校生)に出るほどのチームで、1年からレギュラーに出るほどの選手でしたが最終的に手首の背屈が完全に戻らず、レギュラーにはなれませんでした。
この彼で感じたことは、筋力はもちろん大事なのですが、一番は可動域の回復が前提になること、そして早期のリハビリが重要であることです。
そういう意味ではすでにリハビリはかなり行われているのですね。
可動域がまだ不十分なようでしたら、可動域を十分に作るような...続きを読む

Q人の関節の自由度

人の関節(肩から手首まで)の自由度は7以上といわれています.
6自由度で足りるはずなのになぜ7以上の自由度があるのでしょうか.
ひとつ自由度を失ってしまっても大丈夫なように,それ以上の自由度があるのでしょうか.
何方かご教授をお願いいたします.

Aベストアンサー

現在、人間ができるとされていることをするためには、7つが必須ですが。かりに6つだとしたら、6つでする動作ですむような道具の使い方をするだけの話でしょう。どちらが先という話でもないと思います。
ただ。もし今6つしか動かないと、手先を使うことほとんどに支障が出るかと。
今年はじめに、左腕の肩を痛めて、上腕を回転させる筋肉が麻痺したことがあったのですが。これだけのことで、やかんも持てなくなりました。


1.肩 前後
2.肩 左右
3.上腕 回転
4.肘 屈伸
5.下腕 回転
6.手首 前後
7.手首 左右
の7つですね。実際には3は肩ですが、混乱の元なので、ガンダム的に。
ついでに、肩そのものが、鎖骨を中心に肩甲骨をスライドさせて、前後上下しますので。+2してもよいかも。

ちなみに。
犬は、5の回転範囲が狭いため、猫のように手を合わせることができません。このため、犬は木に登ることが困難です。

ちなみ2。
恐竜のラプトルは比較的前足が器用でしたが。肩より上に腕を上げることは困難だったようです。アニメ「恐竜惑星」にて、人間が石を投げることに驚いていた描写があります。

現在、人間ができるとされていることをするためには、7つが必須ですが。かりに6つだとしたら、6つでする動作ですむような道具の使い方をするだけの話でしょう。どちらが先という話でもないと思います。
ただ。もし今6つしか動かないと、手先を使うことほとんどに支障が出るかと。
今年はじめに、左腕の肩を痛めて、上腕を回転させる筋肉が麻痺したことがあったのですが。これだけのことで、やかんも持てなくなりました。


1.肩 前後
2.肩 左右
3.上腕 回転
4.肘 屈伸
5.下腕 回転
6.手首 前後
7.手首...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報