去年母が亡くなり、その後住民票を今住んでいる(実家から数kmの)アパートに移しました。 
父とは不仲なため何年も前から実家に住んでいなかったのですが、母の希望で母存命中は
住民票は実家に置いていました。

話は変わりますが、数年前に父は親戚から土地2つの贈与を受けました。 その時点
私は知らなかったのですが、贈与税対策のため、土地の一つを私名義にしていたのです。 
名義変更に必要な印鑑証明等の書類は、信頼していた母に(発行に必要な)住民登録カードを
預けていたので役所で手に入れ、土地の一つは今は私名義になっています。 
固定資産税は父が払っていたのでしょう。 なおその土地は駐車場になっているらしく、
父は収益を上げています。 全て私の預かり知らぬところでの話です。

さて去年末に実家から住民票を移動しましたので、固定資産税の納付書が、私のアパートに
届くのか?と心配しています。 あるいは例え納付書が届いても、父は既に銀行口座自動引落
手続きをすませて、そこから支払われるのかもしれません。
こうしたことについて、父とは不仲で話ができないのです。

質問ですが、
(1)固定資産税の納付書は、その土地所有者の住民票住所に届くのですか? それとも
 何か違う情報に基づき送られるのですか?
(2)固定資産税納付書の郵送時期はいつですか?
(3)固定資産税の銀行口座引落はありますか?
(4)もし固定資産税が支払われず、知らぬ間に滞納状態になっていたら、こうちらの対応として
「私の知らぬ間に私名義になっていた。 自分の財産という認識はない。(住民登録カードの
管理をしっかりしていなかった非はありますが。)  土地を自治体に寄付しますので、
納税義務から解放して下さい。」みたいな主張・手続きは可能ですか? 
(私は父からの相続は何も受けない予定で、当然関連した税も払いたくないです。)

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>(1)固定資産税の納付書は、その土地所有者の住民票住所に届くのですか? 


通常は、土地台帳(登記簿)に記載されている住所です。
ただ、その住所が住民票の住所と違う場合(郵便物がそこに届かない場合など)は、住民票の住所に届きます。

>(2)固定資産税納付書の郵送時期はいつですか?
今月(4月)です。

>(3)固定資産税の銀行口座引落はありますか?
あります。
今は、ほとんどの人は口座振替でしょう。

>(4)もし固定資産税が支払われず、知らぬ間に滞納状態になっていたら、
滞納になれば、役所から督促状がきます。

>土地を自治体に寄付しますので、納税義務から解放して下さい。」みたいな主張・手続きは可能ですか? 
可能でしょう。
ただし、その土地の寄付を必ず受けてくれるかどうかはわかりません。
また、自治体に寄付しなくても、公共性の高いことに使われている(公民館や地域の住民が使う広場など)場合は、申し出すれば税の減免が受けられるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます! 私の疑問・質問に100%答えて下さり、感謝・感激です。

お礼日時:2011/04/22 16:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住民票の除票について教えて下さい。

住民票の除票について教えて下さい。
除票は前に住んでいた市町村でしかとれないと聞きました。
A市から別のB市に転入し、すぐにA市にまた戻って来た場合、A市には除票はないのでしょうか。

Aベストアンサー

----------------------------------------
住民票の除票について
----------------------------------------

[1]A市から別のB市に転入し、
[2]すぐにB市からA市にまた戻って、
[3]現在はA市に住民票がある(住民登録がある)場合

----------------------------------------

[1]A市にはB市へ移転した旨の除票 と
[3]A市には、現在A市にいるという通常の住民票があります。

[2]B市にはA市へ移転した旨の除票の除票があります。

----------------------------------------

貴方様のご要望が
・住所の履歴(変遷)を完璧に証明することが目的の場合、
 ・A市の除票
 ・B市の除票
 ・A市の住民票
が必要になります。

また、戸籍の附票でも証明が可能でこれだと1枚で済みます。

ご参考になれば幸いです。

Q【固定資産税の深刻な悩み相談】車が17台か19台止められる空き地があって固定資産税が毎年100万円以

【固定資産税の深刻な悩み相談】車が17台か19台止められる空き地があって固定資産税が毎年100万円以上しています。

さすがに毎年、毎年、土地を持ってるだけで税金で100万円以上納税しないといけないのでこのままだと破産してしまいます。

そこで200万円でコンテナにシャワールームとトイレとキッチンが付いているガレージコンテナというものをそこに置いたら家屋があるので固定資産税は安くなるのでしょうか?

車2台分あれば充分な大きさのコンテナなので小さな小屋に残り15、17台分車が停められるスペースがあってもガス、水道、電気を引き込んでいるコンテナは家屋と認められるのか家屋と庭の比率がおかしすぎますが2:17、2:15くらいになっても家屋が建っている土地として認めてくれるのか教えてください。

Aベストアンサー

>車2台分あれば充分な大きさのコンテナなので小さな小屋に残り15、17台分車が停められるスペースがあっても

「15、17台分車が停められるスペース」は住宅用地の軽減は受けられません、コンテナのあるクルマ2台分の敷地だけです。
昔は、住宅自体にも最低面積があったと記憶していましたが、現在はどうなのか?
風呂や台所、居室などが独立した構造になっている必要があるが、クルマ2台分のコンテナでそれが可能か?ですね。

固定資産税が年100万もする土地なら、月極でも月1万円は可能でしょう。
15台で、月15万、年180万になりますが、駐車料金が安すぎませんか?

Q住民票の除票の取得についてお聞かせ下さい。

住民票の除票の取得についてお聞かせ下さい。

友人に借用書なしで、お金を貸しました。
その友人は最近になって仕事を辞め、
入院をし、住んでたアパートを引き払いました。
入院先も転居先もわからず携帯電話にも出ないので、
転居先を調べる為に住民票の除票を取得しようと
役所に問い合わせたところ、
正式な書類が無いと発行出来ないと言われました。
友人とのやり取りはメールしか残ってません。
何か打つ手はないのでしょうか。

Aベストアンサー

弁護士、司法書士、行政書士は、
その職権で住民票除票を請求することが、
できるはずです。
相談料や手数料の支払いを覚悟のうえなら、
そういった方に相談するのがいいと思います。
ただし、それでも無理な場合もありますので、
ご了承ください。

Qその年度の固定資産税は納付したのにまた固定資産税

こんにちは。

22年3月に自宅土地・家を売却しました、22年度固定資産税は納付済み。(家は未登記です)
家についてはほとんど価値がないと思っていたので、単なる上ものとして売却したのですが、23年度の家の固定資産税納付通知が来ました。

え!??と思って問い合わせてみると家は私の所有になっているとの事です。
では、私の所有ならば、他に売る事ができるのでしょうか?

Aベストアンサー

登記物件である土地は
所有権移転等(売買、贈与、相続)
があれば法務局から市町村に通知がいく。
今回のケースは未登記であるがため
自己申告(未登記家屋の所有権移転届け)
が無かったため
起こった現象です。
http://www.city.shibushi.lg.jp/www/contents/1189497227156/index.html
と言っても
ふつーは、土地と建物は一緒に移転(売買)するから
市町村も「変だ」と思うもの。
これは、これとして
今提出しても賦課期日(1月1日)以降のため
修正は効かないなら
建物の納通を右から左(購入者)に渡すのが
一番簡単な方法。
あとは、来年度の課税に間に合うように
未登記家屋の移転届けを
市町村に提出しましょう。

Q住民票除票の第三者請求は法的にも認められる制度・・根拠は

住民票除票の第三者請求は法的にも認められる制度・・根拠はどこにあるでしょうか?
 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

住民基本台帳法
(本人等以外の者の申出による住民票の写し等の交付)
第十二条の三 市町村長は、前二条の規定によるもののほか、当該市町村が備える住民基本台帳について、次に掲げる者から、住民票の写しで基礎証明事項(第七条第一号から第三号まで及び第六号から第八号までに掲げる事項をいう。以下この項及び第七項において同じ。)のみが表示されたもの又は住民票記載事項証明書で基礎証明事項に関するものが必要である旨の申出があり、かつ、当該申出を相当と認めるときは、当該申出をする者に当該住民票の写し又は住民票記載事項証明書を交付することができる。
一 自己の権利を行使し、又は自己の義務を履行するために住民票の記載事項を確認する必要がある者
二 国又は地方公共団体の機関に提出する必要がある者
三 前二号に掲げる者のほか、住民票の記載事項を利用する正当な理由があ者
(第二項以降略)

これが根拠です。

Q固定資産税の滞納行き着く際は? 所有不動産(賃貸物件)に対する固定資産税 年税額=360万円 家賃収

固定資産税の滞納行き着く際は?
所有不動産(賃貸物件)に対する固定資産税
年税額=360万円
家賃収入全額銀行返済
固定資産税支払不能の状態になるのは必定。
滞納し始めるとどうなりますか?
銀行の返済分の一部を固定資産税へと思いますが
法的には優先順位あるのでしょうか?

Aベストアンサー

固定資産税は、市町村の財源で重要になるため、支払いが滞ると不動産の差押えられ、強制競売されます。
そして、競売代金から優先的に回収されます。
その時の分配方法は、「滞納処分と強制執行等との手続の調整に関する法律」に基づいて行われます。

固定資産税の支払いが無理なら、銀行と相談の上、任意売却に切り替えて
少しでも高く買い取ってもらうようにしてください。

なお、銀行と相談しないと、今度は、銀行が抵当権に基づく強制執行がまっていますので・・・。

Q亡くなった兄の住民票の除票を取り寄せるのですか本籍地で取れるのでしょう

亡くなった兄の住民票の除票を取り寄せるのですか本籍地で取れるのでしょうか、それとも他県に住んでいたので、その住所の市役所で取るのでしょうか、教えて下さい、よろしくお願い致します

Aベストアンサー

戸籍の謄本や除籍謄本、さらには戸籍の附表などは本籍地で入手できるでしょう。
住民票はあくまでも住所地を管轄する役所でしか取得できません。

また、個人情報などの問題で請求権利を持っているかどうか、また必要な証明書類が必要などがありますから、電話でもかまいませんので確認すべきでしょうね。そして、郵送請求が基本的に認められると思いますので、その方法(費用の支払い方法など)を含めて確認された方がよいでしょう。

必要な理由が必要となると思いますので、説明できるようにしておきましょう。
また、あなたでなくご両親などで請求した方が楽な場合もあると思いますので、柔軟に考えましょう。

Q固定資産税等の課税標準である固定資産評価額は原則として公示価格の70%とのことですが、その値自体は実

固定資産税等の課税標準である固定資産評価額は原則として公示価格の70%とのことですが、その値自体は実態のある何かを表しているんでしょうか?
税額をそのようにしたいのであれば、あくまで公示価格を課税標準にして、「70%」のところは税率に反映させればシンプルだと思いました。

Aベストアンサー

[固定資産税等の課税標準である固定資産評価額は原則として公示価格の70%]という記述が誤りです。

まったく別の機関が発表する価格です。
ただ不動産の評価をする際の目安として「公示価格の70%程度が固定資産税評価額って感じ」という話です。
だいたい固定資産税のかかる建物に公示価格の発表はないです。原則も例外もないんです。

Q住民票の除票について

A(妻)が亡くなったという住民票の除票を提出したところ、戸籍筆頭者であり世帯主であるAの夫Bと記載されているにもかかわらず、それだけではAとBが同居していた証明にはならないというのです。夫Bの現在の住民票も合わせて取れと言われました。(AとBは夫婦であるが夫Bの住民票を取ってもすでに死亡した妻Aの痕跡すら記載されません)そこで質問ですがB夫が世帯主でA妻と同居でないという場合などありえるのですか?ていうか、同居でないのに所帯主になるってことできるのですか?(この質問の内容同じですよね?)頭がこんがらがっているだけだと思いますが理解できてません。教えてください。

Aベストアンサー

亡くなられた奥さまだけの除票ですと「奥さまが亡くなられた時点での世帯主」が明確にわからない場合があります。
同居していたことを証明するには住所を定めた「住定日」と住民票が抹消された「除票日」の間に「同じ住所に同一世帯として住民登録をしていた」ということが必要なのでしょう。
除票の世帯主欄にBさんが記載されていれば普通はAさんとBさんは同居していた、ということになりますが次のような事例の場合(まずありえないが)には同居していないことになります。
 2/1 Bが住所aに転入
  ↓
 2/4 Bが死亡
  ↓
 2/5 Aが住所aに転入届をしてAを世帯主にする
  ↓
 2/6 Bの死亡届を提出
これだとAさんが世帯主の状態で除票になりますから「実際には同居していなかった」ということになります。
また、
 2/4 Bが死亡
  ↓
 2/5 Aが世帯主の住所aにBの転入届をする
  ↓
 2/6 Bの死亡届を提出
ということも可能性としてはありえなくないのです。
実際に転出届出後で転入届前に亡くなられてしまったケースがあったりしましたので「絶対にない」とは言い切れないのです。
無論、そのようなことを「疑われている」ということではなく、「書類上そうした虚偽がないことを明確にしなければならない」ということがあってそのような書類の提出を求められているのではないかと思います。

奥さまを亡くされて神経がまいっているところに理不尽とも不可解とも思えることを請求されると余計に神経がいらだつものですが、神経をとがらせて心労を重ねないようにしてください。

亡くなられた奥さまだけの除票ですと「奥さまが亡くなられた時点での世帯主」が明確にわからない場合があります。
同居していたことを証明するには住所を定めた「住定日」と住民票が抹消された「除票日」の間に「同じ住所に同一世帯として住民登録をしていた」ということが必要なのでしょう。
除票の世帯主欄にBさんが記載されていれば普通はAさんとBさんは同居していた、ということになりますが次のような事例の場合(まずありえないが)には同居していないことになります。
 2/1 Bが住所aに転入
  ...続きを読む

Q実家を増改築、固定資産税?贈与税?

築30年ほど。これまら4回ほど手を入れている父(67歳)名義の実家を増改築しています。
改築後は父・母(64歳)・本人(36歳)・息子(8歳)が同居します。
1,000万円ほどかけて、耐震から総二階建て、ロフトも加わりました。
あと2週間ほどで建築確認が入ります。

昨日最終段階の打合せをした際に「登記はどうする?」という話になりました。
現在は土地・建物とも父一人の名義なのですが、
今回の増改築費は現金で本人が支払います。
工務店さんの話では、「1,000万円の贈与と固定資産税のアップだと、お父さんには厳しいんじゃないの?」とのご意見でした。
税金にうといものなので、実際にどれくらい変わってくるのかが検討つきません。

一番無難な対応策として
・土地はそのまま父名義。
・建物は私名義。今後それぞれで固定資産税を払う。
という解決案が出ましたが、本当にそれで良いのでしょうか。
母とすでに自分の家を建て独立している兄(38歳)との協議を経て
結論を出したいと思っていますが、他に代案はあるのでしょうか。

ご存知の方教えてください。
どうぞよろしくお願いいたします。

築30年ほど。これまら4回ほど手を入れている父(67歳)名義の実家を増改築しています。
改築後は父・母(64歳)・本人(36歳)・息子(8歳)が同居します。
1,000万円ほどかけて、耐震から総二階建て、ロフトも加わりました。
あと2週間ほどで建築確認が入ります。

昨日最終段階の打合せをした際に「登記はどうする?」という話になりました。
現在は土地・建物とも父一人の名義なのですが、
今回の増改築費は現金で本人が支払います。
工務店さんの話では、「1,000万円の贈与と固定...続きを読む

Aベストアンサー

>・土地はそのまま父名義。
>・建物は私名義。今後それぞれで固定資産税を払う。

「本人の費用負担額1000万円」と「父所有建物の増改築直前の固定資産税評価額」の差額が110万円以内なら、この対応策で贈与の問題はないでしょう。
差額が110万円を超えるなら「本人から父」または「父から本人」への贈与による贈与税が発生しますので、「費用負担額」または「所有権移転する持分割合」で調整することになると思います。

ただ、贈与税の金額によっては、1回で建物全部所有権移転したほうが、長期的に世帯全体ではお得になることもあります。なぜかというと今回の持分移転登記と相続時の持分移転登記で登記費用(具体的には司法書士への報酬)が2回分かかるからです。
そういうことなので、母や兄も了承していて贈与税額も10万円程度までなら1回で所有権移転してしまったほうが後腐れなくていいかもしれません。
なんにしても、登記前に一度、税務署の資産課税部門で相談されたほうがいいと思いますよ。


人気Q&Aランキング