先日、ふとしたことから「年間売上3000万円以下の店は消費税を納める義務がない」ということを知りました。
もし、年間売上3000万円以下だった場合、客が払った消費税はどうなるのでしょうか。やっぱりその店の儲けになってしまうのですか?客が「消費税」として払ったお金を懐に入れるのはなんか詐欺のような気がするのですが・・・。
また、明らかに年間3000万円もの売上がない店では、客は消費税を拒むことはできるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

たしかに理不尽な制度ですが


仮受けした消費税すべてが利益?になるわけではなくて
お店が仕入れの際に支払った仮払い消費税との差額だけですから、そんなに高額にはならないはず。
もちろん良心的なお店は消費税を徴収していないところもありますよね。
ただし、消費者側から支払いを拒否することは原則的にはできないはず。
つまり税納付は義務ですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
なるほど、仕入れの段階で既に消費税が課税されているのですね。

ここで疑問なのですが、それでは、結局、3000万円以下の売上の店も消費税を免除されていないことになるのではないでしょうか?
うーん、難しいですねえ。

お礼日時:2001/04/24 14:50

すでに回答がありますように、


(売上+仮受消費税)-(仕入+仮払消費税)=利益+未払消費税(税務署への支払)
となります。
未払消費税は納税する必要が無いので、利益に加算され店の儲けになります。
(ここで、個人または法人所得となり、所得税または法人税が賦課されます。)
消費者は消費税の最終負担者ですから、拒否することは出来ません。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/mizikana/sitte/h12 …  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます!
式まで教えていただいて、とても分かりやすいです。
参考HPも勉強になりました。
結局、売上3000万円以下の店が免除される消費税は5%まるまるではなくて、わずかな額になるのですね。

お礼日時:2001/04/24 15:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q消費税8%?

 消費税が8%に上げられるそうです。私は毎年1%ずつ上げる方式にするのかなと思っておりましたら、何を狂ったのか8%に決まりそうです。
 公務員の収入は8%ほど下げられたのに消費税8%って庶民感覚でOKですか?
 皆様のご意見はいかがですか?

Aベストアンサー

No.8さんの
>公務員の給与の引き下げは期間限定です。来年4月から、つまり消費税率が引き上げられる
>月と同じ月から、元の給与水準に戻りますよ。だから、消費税8%は庶民感覚でOKです。

これって、消費税を上げる為に、国民を騙したってことになるんじゃないの?
官僚が自分の組織保身の為にやっている様に見える。
日本人として恥ずかしい。

Q消費者は消費税を払わなくても良い?

消費税法を読むと、納税義務はモノを売った事業者にあると書かれています。

すると、我々消費者はお店に対して消費税を払う必要はないと思うのですが、どうなのでしょうか。

また、例えば税込105万円のモノを買う時に「消費税の納税義務がないから5万円は払わないよ」と言って、100万円だけ払ってモノを取って店から出た場合、窃盗罪になるのでしょうか?

Aベストアンサー

確かに消費税法には消費者という文言は在りませんが、国税徴収法の第二条 途中略・・・
 三 消費税等 消費税、酒税、たばこ税、揮発油税、地方道路税、石油ガス税及び石油税をいう。

として消費税がうたわれており、更に、

 六 納税者 国税に関する法律の規定により国税(国税通則法(昭和三十七年法律第六十六号)第二条第二号(定義)に規定する源泉徴収等による国税を除く。)を納める義務がある者及び当該源泉徴収等による国税を徴収して国に納付しなければならない者をいう。

とうたわれていますので、消費者が、消費税をお店等の事業者に預けて、事業者が消費者に代わって納税するわけです。

なお、日本の法令のサイトを下記にリンクします。

参考URL:http://www.normanet.ne.jp/~hourei/#LABEL006

Q消費税8%で、ついに日本の自動車産業は終わりを告げ

消費税8%で、ついに日本の自動車産業は終わりを告げますが、自動車産業の次に来る産業って何ですか?

何が悲しくて糞高い維持費が掛かる車を8%も消費税を払ってまで買う必要があるのでしょう?

Aベストアンサー

消費税が導入される迄は、自動車には「物品税が課税されてた」ことを知らないのですか?

消費税導入前迄の物品税率
普通乗用車 税率23%
小型乗用車 税率18.5%
軽乗用車  税率15.5%


この、自動車に課税されてた物品税の税率に比べたら消費税が5%から8%とか10%に上がっても以前よりは負担が軽いと思いますけどね?

Q750円+消費税=790円

一昨日、ある喫茶店で、750円のランチを注文しました。会計で、「790円です。」と言われ、「えっ、787円じゃ?」と尋ねると、「当店では、消費税は切り上げさせていただいてますので。」という答え。たかが3円、されど3円。消費税を切り上げるのは、何かの法に触れないのですか?

Aベストアンサー

消費税法他では1円を切り上げるという行為はそもそも想定しなくて、一円未満について切り上げを認めているだけですから、その商品は750円のランチではなく、752円のランチとなります。
で、上記自体は752円のランチだと店が主張すればよいのですが、

1)メニューの価格の虚偽の表示となりますから、法的には差額2円を徴収することはできません。
つまり、2円は返還請求できます。(750×1.05=787.5円ですから切り上げれば788円になります。支払った790円との差額は2円です。)

2)もしお店が販売価格を750円という形で税務処理していたとすると、2円の収入は申告していないことになり、これは脱税となります。

以上です。

Q【消費税増税の話】「8%の消費税増税は財務省に丸め込まれた民進党の性だ。民進党が財務省の言いように丸

【消費税増税の話】「8%の消費税増税は財務省に丸め込まれた民進党の性だ。民進党が財務省の言いように丸め込まれて8%に増税させた悪人で自民党は8%で止めた英雄だ」って本当ですか?


私が知ってるのは消費税8%に増税したのは確か自民党だった気がするんですが。

何でも民進党の性にすれば良いって思ってませんか?

Aベストアンサー

消費税増税解散したのが民主党時代の話で、施工時期が退陣後なので自民党政権時代に移動しました。

民主党とは今の民進党の前の党です。

Q消費税の課税売上割合の計算

有価証券の売却収入は非課税売上ですが、課税売上割合を計算する際に満額を算入するのではなくて一定割合を掛けたものを算入すると記憶していますが、その割合を度忘れしてしまいました。覚えてらっしゃる方、教えてください。

Aベストアンサー

有価証券の譲渡対価の5%だったように記憶しています。

Q消費税は8%でおさまらないのですか?

消費税は8%でおさまらないのですか?
もう消費税10%は決定しているのですか?

Aベストアンサー

多くの人が間違っていますが、10%は決定ではありません。付帯条項というのがあるのです。8%のときも昨年10月に安倍さんが、それまで保留していた判断を解除し、初めて決定したのです。
ーーー
第十八条 消費税率の引上げに当たっては、経済状況を好転させることを条件として実施するため、物価が持続的に下落する状況からの脱却及び経済の活性化に向けて、平成二十三年度から平成三十二年度までの平均において名目の経済成長率で三パーセント程度かつ実質の経済成長率で二パーセント程度を目指した望ましい経済成長の在り方に早期に近づけるための総合的な施策の実施その他の必要な措置を講ずる。
ーーー

よって、経済状況を好転させることがなさそうなら、もちろん消費税10%はやるべきではありません。
個人的には8%で経済状況が悪くなったら、5%に戻して欲しいと思います。

Q課税売上がないときの消費税の還付申告

以下のような場合、消費税の還付申告はうけられるでしょうか?
・新規設立法人
・資本金3000万
・1期目の事業期間は1ヶ月
・売上なし
・仕入が2000万(税抜き)あり
売上がまったくないと課税売上割合が0になってしまうので、還付はう
けられないのでしょうか?また、受けられなかった場合、この仕入れに
かかる仮払消費税100万円はどうなってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

消費税の仕入税額控除の金額の出し方には、
一括比比例配分方式と個別対応方式の2つがあり、どちらかの選択です。

今回のケースでは、一括比例配分方式ではできないので、個別対応で考えることになります。

仕入というのは、今回はたまたま売上がなかったわけですが、課税売上を得るために支払ったものですので、仕入税額控除とすることができるでしょう。

つまり、還付を受けることができるはずです。

Q消費税8%で日本の税収は減りますが! 財政再建は?

消費税8%で日本の税収は減りますが! 財政再建はどうなるのですか?

消費導入したら、税収減ったよね~~!

上げる程税収が減る、消費税!

Aベストアンサー

実に面白いグラフですね。まあ税収全体の減少傾向は日本経済の縮小傾向が主な原因であって、消費税のせいではないと思いますが、実に見事にリンクしている。それでも消費税収入だけが何とか上向き傾向なのは、それだけ内需が増えているのでしょうが、それでも税収全体はどんどん減っている。つまり景気が悪くなって、消費税以外の法人税や事業税や所得税が減っているのです。つまり税収増には消費税はまったく役に立っていないと言うことです。いくら取っても減っていく。財務省の役人は昔から頭が悪く、木(消費税)を見て山(日本経済全体)を見ていないのです。金が足りなくなったら税金取ればいいと思っている。こういう税金バカに任せておくから、借金だけがどんどん積み上がるのです。財政再建なんてはなから考えていません。税金取って使うことだけが生き甲斐の動物なのです。あいつらは。

Qたかが消費税、されど消費税

 今日、バイク屋にスクーターを1万円で売りました。その店は、外税式なので1万と500円もらえると思っていたら、1万円しかもらえませんでした。(外税式の店では、消費税分ももらえると雑誌か何かで読んだと記憶しています)店主によると、「お客様は個人なので消費税を申告しないのだから、消費税分を払うということはない。」というようなことをいわれました。
 たかが消費税、されど消費税。どなたか、消費税について、正しい知識を教えてください。

Aベストアンサー

内税だとか外税だとか、課税事業者だとか非課税事業者だとか、何となくややこしいのですが、この場合は、バイク屋さんから見ると、1万円の中に消費税が含まれているものとして経理処理します。わたしは、外税とうたっている以上、一万五百円を渡すのが、商売上の仁義だろうと思われますが、税法上、1万円だけでもOKです。寿司屋さんが、出前用のバイクを売り渡したら、1万5百円払っているのでしょうか。でも、その寿司屋さんの非課税事業者なら、消費税の申告をしなくていいので、そのような言い分は不公平になると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報