先日、ふとしたことから「年間売上3000万円以下の店は消費税を納める義務がない」ということを知りました。
もし、年間売上3000万円以下だった場合、客が払った消費税はどうなるのでしょうか。やっぱりその店の儲けになってしまうのですか?客が「消費税」として払ったお金を懐に入れるのはなんか詐欺のような気がするのですが・・・。
また、明らかに年間3000万円もの売上がない店では、客は消費税を拒むことはできるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

たしかに理不尽な制度ですが


仮受けした消費税すべてが利益?になるわけではなくて
お店が仕入れの際に支払った仮払い消費税との差額だけですから、そんなに高額にはならないはず。
もちろん良心的なお店は消費税を徴収していないところもありますよね。
ただし、消費者側から支払いを拒否することは原則的にはできないはず。
つまり税納付は義務ですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
なるほど、仕入れの段階で既に消費税が課税されているのですね。

ここで疑問なのですが、それでは、結局、3000万円以下の売上の店も消費税を免除されていないことになるのではないでしょうか?
うーん、難しいですねえ。

お礼日時:2001/04/24 14:50

すでに回答がありますように、


(売上+仮受消費税)-(仕入+仮払消費税)=利益+未払消費税(税務署への支払)
となります。
未払消費税は納税する必要が無いので、利益に加算され店の儲けになります。
(ここで、個人または法人所得となり、所得税または法人税が賦課されます。)
消費者は消費税の最終負担者ですから、拒否することは出来ません。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/mizikana/sitte/h12 …  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます!
式まで教えていただいて、とても分かりやすいです。
参考HPも勉強になりました。
結局、売上3000万円以下の店が免除される消費税は5%まるまるではなくて、わずかな額になるのですね。

お礼日時:2001/04/24 15:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q消費税8%?

 消費税が8%に上げられるそうです。私は毎年1%ずつ上げる方式にするのかなと思っておりましたら、何を狂ったのか8%に決まりそうです。
 公務員の収入は8%ほど下げられたのに消費税8%って庶民感覚でOKですか?
 皆様のご意見はいかがですか?

Aベストアンサー

No.8さんの
>公務員の給与の引き下げは期間限定です。来年4月から、つまり消費税率が引き上げられる
>月と同じ月から、元の給与水準に戻りますよ。だから、消費税8%は庶民感覚でOKです。

これって、消費税を上げる為に、国民を騙したってことになるんじゃないの?
官僚が自分の組織保身の為にやっている様に見える。
日本人として恥ずかしい。

Q750円+消費税=790円

一昨日、ある喫茶店で、750円のランチを注文しました。会計で、「790円です。」と言われ、「えっ、787円じゃ?」と尋ねると、「当店では、消費税は切り上げさせていただいてますので。」という答え。たかが3円、されど3円。消費税を切り上げるのは、何かの法に触れないのですか?

Aベストアンサー

消費税法他では1円を切り上げるという行為はそもそも想定しなくて、一円未満について切り上げを認めているだけですから、その商品は750円のランチではなく、752円のランチとなります。
で、上記自体は752円のランチだと店が主張すればよいのですが、

1)メニューの価格の虚偽の表示となりますから、法的には差額2円を徴収することはできません。
つまり、2円は返還請求できます。(750×1.05=787.5円ですから切り上げれば788円になります。支払った790円との差額は2円です。)

2)もしお店が販売価格を750円という形で税務処理していたとすると、2円の収入は申告していないことになり、これは脱税となります。

以上です。

Q消費税 中間納付 を怠ると 延滞税がつきますか? 

消費税の中間納付についてですが、

前課税期間の消費税の年税額によって納付回数は異なる
とは思いますが、この納付期限に金額が確定してしまう
ので、この期限までに中間納付を済ませなければ、
1)延滞税がかかってしまう
決算日終了2ケ月後(確定)までは
2)延滞税はかからない

私はずっと1)だと思っていたのですが、実のところ
どうなのでしょうか。偉い方に2)と言われ悩んでます。

ご存知の方、中間納付をしなかった経験のある方、
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 
納付期限日に納付しなかった場合、延滞税はかかります。

もし、中間申告で納付せず、確定申告時にその事業年度の消費税額全額を納付しても、中間申告分の納付税額に関しては延滞税がかかります。
 
http://www.taxanswer.nta.go.jp/6609.htm
 

Q消費税の課税売上割合の計算

有価証券の売却収入は非課税売上ですが、課税売上割合を計算する際に満額を算入するのではなくて一定割合を掛けたものを算入すると記憶していますが、その割合を度忘れしてしまいました。覚えてらっしゃる方、教えてください。

Aベストアンサー

有価証券の譲渡対価の5%だったように記憶しています。

Q消費税 土地の譲渡の非課税についての疑問

初歩的な質問ですがよろしくお願いします。
消費税について、消費税は消費するものにて対して消費税を課するとよく書かれておりますが、次の場合なぜ非課税取引に該当するかその根拠が分かりません。ご質問よろしくお願いします。
土地は一般的に消費しないものと思われます。
にもかかわらず、消費税の対象取引に該当し、譲渡の場合非課税取引になっております。(貸付の場合も同様非課税)
そもそも消費しないものは消費税では不課税になると思いますが、土地は消費しないものにもかかわらずなぜ譲渡の場合非課税になるのでしょうか。不課税になぜならないのでしょうか。
また、印紙の譲渡におきましても、印紙そのものは印紙税と言う税金にもかかわらず不課税にならず非課税扱いになっております。
以上、なぜ非課税扱いになるのかが分かりません。(消印がない為納税していないためでしょうか。)
変な質問ですが宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

1です。あらためて・・・
消費に当たらないものは非課税です。
土地は消費しませんし、プリペイドカードや印紙・切手などの金券も使用するまでは消費ではないので非課税です。

Q課税売上がないときの消費税の還付申告

以下のような場合、消費税の還付申告はうけられるでしょうか?
・新規設立法人
・資本金3000万
・1期目の事業期間は1ヶ月
・売上なし
・仕入が2000万(税抜き)あり
売上がまったくないと課税売上割合が0になってしまうので、還付はう
けられないのでしょうか?また、受けられなかった場合、この仕入れに
かかる仮払消費税100万円はどうなってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

消費税の仕入税額控除の金額の出し方には、
一括比比例配分方式と個別対応方式の2つがあり、どちらかの選択です。

今回のケースでは、一括比例配分方式ではできないので、個別対応で考えることになります。

仕入というのは、今回はたまたま売上がなかったわけですが、課税売上を得るために支払ったものですので、仕入税額控除とすることができるでしょう。

つまり、還付を受けることができるはずです。

Qバカでも計算できる消費税10%賛成ですか?

バカでも計算できる消費税10%賛成ですか?

消費税10%に上がったら国内の消費購買意欲が鈍化する?

鈍化すると答えた方へ
10%に上げるなら、俺のようなバカには計算し難い
13%にするとかしたらエエと思いません!?

Aベストアンサー

10%なんて甘い甘い
食材や家賃とかの生活必需品は0%、それ以外は35%でどうですか?
その代わり医療費・教育費・託児所・老人ホームなどの無償化とセットで。
こうなると、貯蓄がゼロでも心配なく暮らせます。
消費税なら大陸の人も、半島の人も、もちろん日本人も脱税できませんし。

Qたかが消費税、されど消費税

 今日、バイク屋にスクーターを1万円で売りました。その店は、外税式なので1万と500円もらえると思っていたら、1万円しかもらえませんでした。(外税式の店では、消費税分ももらえると雑誌か何かで読んだと記憶しています)店主によると、「お客様は個人なので消費税を申告しないのだから、消費税分を払うということはない。」というようなことをいわれました。
 たかが消費税、されど消費税。どなたか、消費税について、正しい知識を教えてください。

Aベストアンサー

内税だとか外税だとか、課税事業者だとか非課税事業者だとか、何となくややこしいのですが、この場合は、バイク屋さんから見ると、1万円の中に消費税が含まれているものとして経理処理します。わたしは、外税とうたっている以上、一万五百円を渡すのが、商売上の仁義だろうと思われますが、税法上、1万円だけでもOKです。寿司屋さんが、出前用のバイクを売り渡したら、1万5百円払っているのでしょうか。でも、その寿司屋さんの非課税事業者なら、消費税の申告をしなくていいので、そのような言い分は不公平になると思います。

Q消費税簡易課税制度選択届出書を出しました。基準期間の課税売上高は 5,

消費税簡易課税制度選択届出書を出しました。基準期間の課税売上高は 5,000万円以下ですが、当期の課税売上高は 5,000万円超です。この場合、簡易課税制度の適用は受けられますか

Aベストアンサー

簡易課税制度を適用しようとする課税期間の開始の日の前日までに「消費税簡易課税制度選択届出書」を提出していれば可能です。

【参考】No.6505 簡易課税制度
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6505.htm

Q消費税の1円未満の扱いについて

消費税の納付ではなく、物品等への賦課の場合でお尋ねします。
消費税の算定について、1円未満の端数については、切捨て、四捨五入どちらでもいいのでしょうか??
記憶に1円未満の端数については、切捨てるとあった気がしますが、私の誤りだったのでしょうか??
3%のときからどちらでも良かったのでしょうか???

Aベストアンサー

まず、ものをいくらで売るのか、というのと
消費税をいくら納めるのかというのが一緒に
なっているのではと思います。

たとえば、157円(税抜)対して消費税額5%は
7.85円になり、これに対して端数処理を考える
訳ですが、これは消費税額を決めているのではなく、
消費税を上乗せした売上代金の価格を決めている
ということになります。

なので、この時点で消費税法や税法が端数処理に
ついて出る幕では無いわけです。あくまでも値段を
決めているだけなので、

次に、157,157円(税抜)でこの5%が
7,857.85円となったときに四捨五入で
切り上げると、税込額が165,015円にな
ります。

繰り返しますが、これは消費税の端数計算を
行ったのではなく、値段を決めただけです。

その証拠に消費税額はその税込の額から計算していく
ことが原則だからです。
つまり、消費税法では、原則は税込金額に対して
100/105を乗じてその千円未満を切り捨てます。
これにより、157,000円になり、これに対して
5%(正確には4%とそれに対する25%(=1%)
なので合計5%となる)の税率を乗じて7,850円
が消費税額になります。

言ってみれば、最初に端数処理した事と、消費税額
を計算することが別々だと分かると思います。

つまり、消費税法は税込金額から消費税額を計算する
ので、ひとまずお店とお客さんとで税込金額を決めて
くださいよ、と。その際外税の場合も両者で決めて
ください。そして税込金額が決まったら、そこから
消費税を計算しますよ、となっています。

ただし、この計算方法は原則なのですが、例外が
あります。消費税額を計算する際に先ほど四捨五入
7,858円というのがあると思いますが、
値段の決定は決定として、ただ消費税を計算する
さいには、この7,858円をベースに消費税を
計算することを認めますよという規定があります。

これにしても、消費税法が値段を決めているのでは
なく、端数処理をして代金決済後に、それを受けて
消費税をどのように計算するかという問題なのです。

また、消費税の負担者は当然消費者です。

ただ問題は消費税法に欠陥があると言うことです。
消費税法が単なる清算で預かったものを支払って
いればいいのですが、「益税」という問題が指摘
されているように、事業者が一旦預かるものの、
じゃあ、いくら預かったのかというとそれはそれで
また事業者が別に計算を行うわけです。

極端な話、免税事業者であれば預かった金額を
計算せずに懐に入れることができます。

なので、この辺の側面を見ると事業者が支払って
いるようにも見えなくもなく。。。

ただ、そういうことを抜きにして、理想的な消費税
が意図するところは消費者が負担するということ
だと思います。

もし、回答の趣旨がずれていたら済みません。。。

まず、ものをいくらで売るのか、というのと
消費税をいくら納めるのかというのが一緒に
なっているのではと思います。

たとえば、157円(税抜)対して消費税額5%は
7.85円になり、これに対して端数処理を考える
訳ですが、これは消費税額を決めているのではなく、
消費税を上乗せした売上代金の価格を決めている
ということになります。

なので、この時点で消費税法や税法が端数処理に
ついて出る幕では無いわけです。あくまでも値段を
決めているだけなので、

次に、157,157円...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報