最近自転車のブレーキが
キーキーうるさいです(´Д`)

油をさしたいのですが
私にはやり方が分からないので
自転車屋さんにお願いしようと思います。
自転車屋さんでもやってもらえるのでしょうか?

あとどのくらいの価格でできるのかも
知っている方がいたら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

前輪のブレーキであれば簡単な調整で500円以下で直ります。



後輪のブレーキの場合はブレーキの種類で簡単に直る場合と交換しないと改善できない場合があります。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~casa/g-tokusyuu-0306 …
下の写真のローラーブレーキでは音が出る場合は専用グリス注入で500円以下で直ります。
上から2番目のバンドブレーキではバンド表面を削れば一時的には音が止まるかもしれませんが、再び音が出る場合がほとんどですから上の写真のサーボブレーキに交換しないと直りません。
交換は3000円程度となりますがボッタクリ店では5000円程度請求する場合もありますから、金額を確認してから頼んでください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても分かりやすい
回答ありがとうございました。

早速行きたいと思います(*´∇`)

お礼日時:2011/04/25 21:57

ママチャリのバンドブレーキですかね?


それなら、歯磨き粉かコンパウンドをつまようじの先に付けて、バンドの隙間に入れてやると直りますよ。
ただし、つけた直後はブレーキの効きが甘くなることがあるので注意です。
    • good
    • 0

ブレーキの音鳴りは、ブレーキシューの当たり方の調整または、松脂粉の塗布。

ブレーキバンドの磨きのどれかで治ります。
油は、滑りを良くするものです。ブレーキに油を差したら、滑りが良くなりますから、全くストップしてくれないことになります。
ブレーキ種類で、これの直し方が違いますから、一度、自転車屋に直してもらって、次回からは真似しましょう。
ブレーキシュー交換なら部品代1個で100円からあります。
    • good
    • 0

油は注しません。



調整方法は、こちらご参考に、
http://www.neostreet.co.jp/bicycle/Adjustment/p1 …

一般的に
銭後輪のブレーキ調整なら1000円くらいだと思います。
ブレーキ調整(部品交換なし)なら、購入した自転車さんなら無料でやってくれる場合があります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自動車のブレーキエア抜き方法について質問です。

自動車のブレーキエア抜き方法について質問です。
エア抜きの順序がわかりません。
またエア抜きはブレーキフルード交換を一通り四輪全て終えてからするのか、それとも一輪ずつフルードど一緒にエア抜きもするのでしょうか?作業のコツも含めて教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

簡単ですがプリウスなどは除きます。
用意するもの
(1)ブリーダープラグを外せるサイズのメガネ(ほとんどの国産車が8か10mm) (2)ホース20cmぐらい(プラグにフィットする太さ) (3)オイルを受ける缶

交換の仕方
(1)左後ろのブリーダーにメガネをかけてホース~缶をつける。 (2)プラグを1/4緩める。 (3)マスターの液量が下限界(MIN)のラインにくるまで放置(かなり時間かかります)。 (4)綺麗なオイルが出てくるまで繰り返す。 (5)プラグ締める。 (6)右後ろ、左前、右前の順番で繰り返して終了。

もう少し急ぐ場合はプラグを緩めた後ペダルをガシガシ踏む(マスターのオイル満タンで開始厳守、やったことない方は10回ぐらい踏んだらマスターの液量を確認する)。
さらに急ぐ場合は人間をもう一人用意。ペダルをガシガシ踏みながらオイルを切らさないようにもう一人がオイルを供給。綺麗なのが出てくるまでやってください。
ABS装備車は絶対にマスターシリンダーのオイルがなくなるようなことにならないよう細心の注意を払ってください。

>エア抜きもするのでしょうか?
エアーもオイルも一緒にぬきますが、エアーなんてほとんど入っていませんよ。そんなにガンガンにエアーがかんでいたらペダル踏んだ際にフニャフニャです。
エンジン切ってマスターバッグのエアーが抜けるまでペダルガシガシ踏みます。数回踏めば踏み込んだ際にペダルが一定の硬さになります。
作業完了後にその硬さと同じならOKです。

ぜんぜん意味がわからないようであればやらないでください。

簡単ですがプリウスなどは除きます。
用意するもの
(1)ブリーダープラグを外せるサイズのメガネ(ほとんどの国産車が8か10mm) (2)ホース20cmぐらい(プラグにフィットする太さ) (3)オイルを受ける缶

交換の仕方
(1)左後ろのブリーダーにメガネをかけてホース~缶をつける。 (2)プラグを1/4緩める。 (3)マスターの液量が下限界(MIN)のラインにくるまで放置(かなり時間かかります)。 (4)綺麗なオイルが出てくるまで繰り返す。 (5)プラグ締める。 (6)右後ろ、左前、右前の順番で繰り返して終了...続きを読む

Q自転車のチェーンに油はさすべきか。

自転車のチェーンに油はさすべきか。

趣味でサイクリングしています。自転車は普通の自転車です。
親や、サイクリングをやっている、先輩より、油をさすように言われます。
結構めんどうなのでやりたくないのですが、どうしたらよろしいのでしょうか?
油をさす理由などもおしえてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

油を注さないと、チェーンでギアを削っているような状態になるようです。
そうすると、早く壊れるので、油代より、修理代や買い替えなどになって、お金がかかるからです。
もちろん、性能発揮ということもありますが、修理代を浮かすためだとも言えます。
それから、やっぱり命を乗せるものですから、走行中の故障で、事故を起こしたりするのも防げます。(走っている途中でチェーンが切れたり、クランク(ペダルの付いている軸)が折れたりすると、転倒し、怪我や死亡の恐れもあります)
金属は油があると滑らかに動きますけれど、油が切れていると錆びてきて、突然切れたり、折れたりします。安全のためでもあります。
そんなにスピードのでないシティ車ならは、1ヶ月に1回くらいでかまわないので、注油するようにしたほうがいいです。
自動車は車検とか定期点検しますよね?それと一緒です。命を乗せると言う意味では違いはありません。

Qブレーキのエア抜き

ABS付の国産大衆車のエア抜きについてです。

ブレーキのエア抜き時に、リザーブタンクを空にしてしまい、
ブリーダープラグからエアのみ出てくるという事態を
起こしてしまいました。もちろん、その後、再度エア抜きを行いました。

作業後にテスト走行すると、ブレーキがかなり深くまで踏み込めます。
これが直るかと思い、ABSを4回ほど効かせました(1回につき1秒ほど
しか作動していないですが)。

以上から判断し、ABSユニット内にエアをかんでいる可能性は、
ありますでしょうか?
もし、ABSユニット内にエアをかんでいた場合でも、再度、
念入りにエア抜きをすれば、以下の方法(リザーブタンクの
キャップの部分から、加圧)で、ユニット内のエアも抜けますか?

エア抜きは、リザーブタンクのキャップの部分から、
加圧するという方法で行っています。

Aベストアンサー

単にリザーブタンクが空になっただけなら、
ABSユニット内にエアをかむ事はありません。
通電していなければ、ばるぶが閉じています。

空になった後に、確実にエアー抜きをしていれば問題無いのですが、
エアーをかんでいるかも知れない状態でABSを作動させたとなると、
ABS内にエアーが入ってしまったかも・・・・・?
ABSにエアーが入ってしまったら、
専用機器でABSを強制的に作動させてエアーを抜かなければいけません。

ABSにエアーが入った状態で走行したことが無いので
どういう状態になるかはわかりません。
ディーラーで相談される事を進めます。

Q油の染みたブレーキパッド

ディスクブレーキのブレーキパッドにうっかりオイルを垂らしてしまいました。
シマノのメタルパッドです。
色々調べると過半数が使用不可でしたが、ブレーキパッドを熱湯で煮れば油が抜けるとかコンロで炙って油を焼き切れば使用可とかブレーキパーツクリーナーを吹きかけるだけで治るという情報を見つけました。
ブレーキは命を預けるパーツなので素直に新品にした方が良いとは思うのですが、まだまだパッドの厚みも十分で勿体ない気がします。
皆様の対策はどうなさっていますか?

Aベストアンサー

ブレーキの重要さを良くご理解されているようですので、素直に買い換えをオススメします。
ブレーキパッドの基材部分に浸みたオイルは抜け切りません。
煮沸でも表面しか抜けません。パーツクリーナも同様です。
直火焼きは耐熱温度を超えてしまうと思います。

しかしながら、そのパッドでもたぶんロックさせるほど効きます。
握りはじめからロックまでのタッチがおかしくなるだけです。

Qブレーキのエア抜きがうまくできません。

’89式CRM250についてですが、
ブレーキラインのエア抜きを行ったところ、どうも
効きがよくありません。
以前はレバーの半分も握ればググッと効きはじめていたのに、今は思いっきり握ってもディスクが滑る感じになっています。

エア抜き方法としては、マスターをハンドルから外し高い位置に上げながら、ホースやキャリパーをレンチ等で叩きながらレバーを数回握り、握った状態でブリーダーボルトを緩め、そして締めたらブレーキレバーを離す。の繰り返しで行いました。
マスター内にも気泡は出なくなり、キャリパー側からもフルードだけしか出てこなくなったのですが、効きはとても走行中に突発的な事態を回避出来るようなものではなく、恐ろしくて公道を走る気になれません。

そしてエア抜き用のポンプ(注射器みたいなヤツ)を買って、説明書どうりに作業を行ったのですが、ポンプを何回も前後させても(たぶん500回はやりました)気泡が出てくるだけで、フルードが出てきません。
あんなに沢山エアが入っているわけないし、フルードも吸い上がってこないのはどういうわけなんでしょうか?
当方近所にバイクショップがなく、近くても40kmくらい離れているので自走していくことも出来ません。
どうか助けてください!

’89式CRM250についてですが、
ブレーキラインのエア抜きを行ったところ、どうも
効きがよくありません。
以前はレバーの半分も握ればググッと効きはじめていたのに、今は思いっきり握ってもディスクが滑る感じになっています。

エア抜き方法としては、マスターをハンドルから外し高い位置に上げながら、ホースやキャリパーをレンチ等で叩きながらレバーを数回握り、握った状態でブリーダーボルトを緩め、そして締めたらブレーキレバーを離す。の繰り返しで行いました。
マスター内にも気泡は出なく...続きを読む

Aベストアンサー

参考URLは、『ブレーキエア抜き道場』です。
けっこう使える知識ですので、オススメです。

“極意は「何が何でも上から抜く」”という事で。

※ブレーキフルードを塗装面にこぼすと、塗装を剥離させてしまいますので、取り扱いには充分に注意して下さい。

参考URL:http://www.xt.sakura.ne.jp/~fuku/rid/b01.htm

Qブレーキの摩擦面にサラダ油を塗る?

自転車のブレーキシューを極力磨耗させないようにリムにサラダ油を塗るといいいう話を目にしました!
パニックブレーキでもロックはしないし最高だそうです。

そんなところへ注油するというのは初耳ですが、
油はゴムを犯すでしょうし、
第一ブレーキの制動摩擦面に注油するというのは非常に危険ではないのでしょうか?

同様に油を塗ったことがある方はいらっいますか?

ブレーキの摩擦面に油を塗ることについて教えて下さい^^

Aベストアンサー

ブレーキ摺動面に油を塗る、なんてのは論外なのはすでに他の回答にありますが。
油はゴムを犯す・・・これは正しいけど正しくないです。
一口にゴムと言っても、その成分は千差万別です。
油に強いゴムというのも存在します。
自動車では、エンジンオイルやミッションオイル、パワステオイルなどが常時通っているゴムホースもいくらでもあります。
燃料系のホースなら常時ガソリンが通っています。
そういう場所に使っているOリングやゴムパッキンも同様です。
これらは耐油性のゴムを使っているので、常時鉱物油にさらされていても大丈夫です。
しかし、たとえばブレーキ油圧系のゴムなどは、油圧と言ってもブレーキフルードは鉱物由ではないので、全く違う成分のゴムが使われます。
これらのゴムにたとえばパーツクリーナーをかけると、笑っちゃうくらいあっというまに有機溶剤を吸い込んで、ブヨブヨにふやけてしまいます。
(ほんとに、ものの数分でふやけますよ)
なので、自転車でも油圧ディスクのキャリパーにパーツクリーナーを吹き付けて掃除するとかは、実は自殺行為です。
ただ、基本的に常時油に浸るのを前提としていない部分に使われるゴムは、耐油性を考慮されていないことが多いのは事実です。
まあ、サラダ油なら植物油なので、鉱物油や有機溶剤ほどの攻撃性はないので、そうそうダメにはならないとは思いますが・・・
とりあえず、「ゴム=油でダメになる」は正しくないです。
「ゴム=油でダメになる物が多い」が正解です。
物によっては油をかぶっても全く問題ないゴムもある、ということです。

ブレーキに関しては、そもそもしょっちゅうパニックブレーキをかけなきゃならなくなるような状況が発生するような運転をするほうがヘボだとしか言えません。
的確な状況判断と速度コントロールができていれば、パニックブレーキが必要になる場面など滅多にありません。
たとえパニックブレーキでロックしなくなるのがいい、なんて思っても、それで普段のブレーキングで制動力不足になるようじゃ、おっかなくて乗る気になれません。
シューが減らなくなる?
ブレーキシューなんて、500円や1000円も出せば買えるもんですし、それを惜しむより制動力のあるブレーキの方が安心して乗れますからね。
パニックブレーキでもロックさせないような荷重移動とブレーキングテクニックを磨くべきでしょう。
もちろん、濡れた路面では簡単にロックしてしまいますが、そもそもそんな状況で飛ばす方がバカです。
それこそ、状況判断ができていないということです。

ブレーキ摺動面に油を塗る、なんてのは論外なのはすでに他の回答にありますが。
油はゴムを犯す・・・これは正しいけど正しくないです。
一口にゴムと言っても、その成分は千差万別です。
油に強いゴムというのも存在します。
自動車では、エンジンオイルやミッションオイル、パワステオイルなどが常時通っているゴムホースもいくらでもあります。
燃料系のホースなら常時ガソリンが通っています。
そういう場所に使っているOリングやゴムパッキンも同様です。
これらは耐油性のゴムを使っているので、常時鉱物油...続きを読む

Qブレーキのエア抜き。。。

ディスクブレーキのOHを行いました。
遊びが多く、エアが抜け切れていない気がします。
エア抜きのコツ、裏技?等ありましたら、
ご教授ください。よろしくお願い致します。m(_ _)m

Aベストアンサー

通常エアー抜きはキャリパーのブリーダーから抜きますが、
バイクの場合マスターシリンダーの送り量が少ないので、なかなか抜けません。

そこで、リザーブタンクにブレーキオイルを入れて、
リターンポートが一番高くなるように、ハンドル切るなりして調整します。
最初は、そのポートからエアー抜きをして下さい。
ブレーキレバーを数回握ります。
(振動を与えるように、レバーをたたく様にして握ってもよいです)
それからレバーをチョンチョンと触るぐらいに握ります。
(カップがポートを塞ぐか塞がないかぐらいで)
ポートからエアーが出てきます。
これを続けて、
レバーを握ったときに、普通にブレーキをかけている感触になるまで続けます。
その後、ふつうにブリーダーから抜いてください。

道具なしでは、この方法が楽に抜けます。
あとは、ブリーダーにホースをつないで、吸い付く方法ですが、
大きな注射器のような物で抜くか、バッキュームポンプを使うかです。

Qロードバイクでケツが痛い件 (´・ω・`)

ケツが痛いです。

ジェル入りのカバーをつければどうにかなりますか。
サドルそのものを見直すべきですか。

Aベストアンサー

坐骨ならば、それはたぶんサドルの取り付け角度をチョコッとノーズ側あげてあげれば解決する気がします。
でもロードレーサーはちゃんと漕いでると漕いでる間はほとんどサドルに体重かからないのでパッドすらないようなカーボンの板きれだけの製品もあります。すこしペダリングを意識して練習したほうがいいかと思います。
それとボディーに一発パンチもらったように、腰をクッと意識して丸める。

QABS付きEG6のブレーキエア抜き方法

ABSのついたEG6に乗っているのですが、
ブレーキエア抜きをする際、
ABSなし車両と同じようにやれば、
ABSユニット内のエアーも抜けるのでしょうか?
どなたか教えてください。
また、何かいい方法があれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

シビックのEG6ですよね?
ちょっと記憶が曖昧なので、ブレーキのマスタシリンダとは別に、もう1つブレーキオイルのタンクがエンジンルーム内にありますか?確認して下さい。
マスターシリンダにしかブレーキオイルのタンクが無ければ、ABS無しと同じ要領でエア抜きが出来ます。

もし・・・別にもう1つタンクがあった場合・・・
ディーラーへお願いして下さい。
文字で説明するのが面倒な位の作業をしないと、エア抜きが出来ないんです。

Qロードバイクでケツが痛い件 (´・ω・`)

座骨が痛いので、対策としてジェル入りカバー的なものをサドルにはめてみました。座骨の痛みは軽減されましたが、今度は股およびチ○○方面に圧迫感が生じました。

これら両方を軽減させるグッズもしくはサドルはありますか。

Aベストアンサー

昔、「ラング」と言うメーカーのスキーブーツにまつわる逸話で「足を靴の形に合わせろ」というのがありました。
サドルもそうだとは言いませんが、ある程度は当らずと言えども遠からずではないでしょうか。
先日ツールの中継中、視聴者からの質問にやはりサドルの悩みがありました。
その御仁曰くサドルに10万以上つぎ込んでいるらしいと・・・
回答者のI氏曰く、「お尻の筋肉を鍛えろ!」でした。

ある程度相性の良いというか自分で気に入った形のものを探すことは大切ですが、ちまたで言われる「サドル探しは難儀を極める」みたいなのを信じて替えてばかりいてもアホくさいはなしです。
全体のポジションにもおおいにかんけいしますが、実はピラー取り付けのちょっとした微妙な前後位置や角度などでかなり改善できます。
また乗るときの着座位置も、登りのとき・平坦のとき・下りのとき、などと前後位置をかえることも痛みをやわらげる方法です。
カラダ全体の筋肉の使い方も変わってきますので、意外にもパフォーマンスアップにもつながるかもしれないです。

筆者も最近は尿道筋を圧迫しない真ん中が大きく抜けたタイプで骨盤部にジェルの入ったものがお気に入りです。前のモデルはセラ・バッサーノのMega Air、現役でセラ・イタリアのTHOORK Gel Flowです。

サドルも消耗品ですのでヘタったりしたときなどはすぐに替えることも大切です。
どちらも痛みに関して言えば筆者の経験では150キロ以上を走ると多少は痛くなることは事実です。
あとはショーツのパッドも影響してきますので痛みを軽減してくれるものを選ぶこともいいとおもいます。

ちなみにサドルカバーはサドルに固定されているわけでなくある程度動きますから効果のほどは???です。
またサドルの表皮も本革のものがいいとおもいます。
一度ポジションを決めると汗などの水分で滑りづらくなり長時間ポジションをキープしやすいです。

昔、「ラング」と言うメーカーのスキーブーツにまつわる逸話で「足を靴の形に合わせろ」というのがありました。
サドルもそうだとは言いませんが、ある程度は当らずと言えども遠からずではないでしょうか。
先日ツールの中継中、視聴者からの質問にやはりサドルの悩みがありました。
その御仁曰くサドルに10万以上つぎ込んでいるらしいと・・・
回答者のI氏曰く、「お尻の筋肉を鍛えろ!」でした。

ある程度相性の良いというか自分で気に入った形のものを探すことは大切ですが、ちまたで言われる「サドル...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報