魔物や怪物の絵というのはいろいろ残されていますよね。
宗教的な物からゲームの敵キャラなど。

こういったもののデザインって「恐怖」が基本のテーマだと思うんですけど、人が物の形から恐怖するメカニズムはどういうものなんでしょうか?
単純に複数の動物を組み合わせただけの怪物などもありますが、これだけでも恐怖の対象になりますよね。

いったい人は形の何に恐怖してるのでしょう?

またこれらの絵を描く人たちは、どういったことにこだわりながら描いているのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

恐怖の最も基本的なものは、「食われる」だと思います。


生命というのは「食うか食われるか」で、これは生命のあるべき姿です。


逆に考えください。人間は、食す習慣のある生物に対する恐怖・嫌悪感というのは、不思議と少ないものなのです。
例えば日本ではタコはとてもポピュラーな食材ですが、世界的に見るとタコを食べる習慣がある国というのはかなり少数派で、西洋の多くではかなり古くから、タコは恐ろしく忌み嫌われる動物の代表格として扱われてきました。でも日本では、しばしば「おどけている」「愛嬌がある」「親しみ易い」といったイメージが持たれ易いです。
・・・この違いはなんだと思いますか? つまり「食う対象か、否か」です。人間と言うのは、それを食べた時点で、その対象を「下」に見るのです。いえ、これは人間に限ったことではなく、生物の普遍的な思考なのかもしれません。
(同様のことが、ウナギ、クラゲ、海草といった、国によってあまり食されない生物にも言えるかもしれません。)

もう1つ例を。人は虫を怖がります。この傾向は多くの先進国で見られます。でも、人に嫌われがちな虫の多くは、人に害をもたらすようなものではないです。牛や鶏の方がよほど強く危険なのにも関わらず、人は牛や鶏にさほど恐怖は抱きません。・・・これは「食う相手」(裏を返すと「絶対食われない相手」)だと認識しているからなのでは? ひ弱で小さな虫達がどうにも「怖く、不気味」に思えてしまうのは、「食う相手」だと人が認識していないからなのではないでしょうか。「自分より確実に下の立場」だと認められないからでは。
もし日本において虫を食べる習慣がポピュラーだったら、少なくとも今よりははるかに好印象な「虫に対するイメージ」が確立していたのではないかと思うのです。


絵描きが何にこだわっているかはまぁ人それぞれでしょうが、「人に恐怖を与える絵」を描いているのだとしたら、もしかしたらその絵は無意識のうちに「食われる対象(自分が食えない対象)」をイメージして描かれたものなのかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごく納得できました。
恐怖は原始的な感情だと思っていましたけど具体的に何かは思いつきませんでした。
捕食者と被食者の関係というのは、恐怖のもっとも基本ですよね。
一気に喰らえるような大口を開けているものとか、獲物を見据えるような視線を送るものとか、恐怖を感じる絵にはそういった要素があるかもしれません。
巨大なものであったり、空中から見据えてどこにも逃げられないという印象を与えたり。
現代人のように他の命も同等に近い扱いをしようとしてることが、本能からかけ離れた行為なのかもしれません。
もともと平等に観られないのが人間かもしれませんね。

そういえば海外ではタコの形をした魔物の絵があったりします。
柄の悪い人がタトゥとして掘っていたり。

虫は一匹二匹だとそれほどではないですけど、大群なんて見ると鳥肌立ちますよね。
ゴキブリとかは一匹でも悲鳴を上げる人がいますけど、やはり食べられないし、そのくせ素早く動いて更に飛びますから襲われているような錯覚が起こるのかもしれません。

食われる恐怖。
ここからすべてが始まるのかもしれませんね。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/25 14:54

私は絵を描く者ですが、全て明るいおだやかな絵と評価されています。

手法では、まずベースとなる色はやはり薄い黄色や黄緑を使うと絵全体の雰囲気が明るくなり作品を助けます。

描いている物は特別な違和感をもたないものを描きますが、そこからは作者のノウハウがあって個性を込めて描きます。

反対に、恐怖を感じる絵というものは、まずベースの色彩は、人が本能で怖がる闇、暗色をベースにします。
暗闇では人は反射的に目を見開き、光を得ようと目を凝らします。怖い物見たさといいますが、身の危険となるものを探しているのです。

そこに見えたものは・・・今までの経験によくある安全な物であればまず安堵です。

今までに経験したことのないわからない物、であれば注意です。 それが動けば恐怖です。動きそうなものであればどういった動きをするか見当もつかなければ、パニックでしょう。

動物の組合せというのは、例えば袋に入った猫、わからないものが動いている。怖い物かなにかも分からない。

刺や牙があって目が吊り上って母さんみたい!分からない怖さが重なりますと、怖いのです。
人は本来の動物としての本能を持ち合わせています。そこを刺激すると感動や恐怖が目覚めると思います。
「恐怖を感じるデザインとは?」の回答画像1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

見慣れたものだからこそ、それらを不自然に組み合わせることで大きな違和感にもなるのかもしれませんね。
未知を恐れると言いますから、それがさらに確認しにくい暗闇の中に現れれば恐怖はより大きくなるのでしょう。
文明によって得たものでなく、恐怖というのはもっとも原始的なのかもしれません。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/25 14:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子宮体ガン手術で卵巣も摘出した後のホルモン補充はまた乳がんになるだけ?

子宮体ガンの手術をひかえている39才です。
ステージ2の頚部にまで広がる段階ですが、おそらく筋肉に1/2まで達していないので、卵巣は残せるかもとの診断ですが、私は転移が怖いので卵巣まで取ってしまいたいのです。 
もちろん、手術中に子宮を調べて卵巣を取らざるを得ない場合は取りますとのことですが、多分私の年齢を考えて卵巣を残したほうがいいとではと考えてくださっているのでしょう。
医師は、転移の恐怖に怯える毎日がいやなら、ホルモンの補充を10年くらいすればいいのでと言われますが、私はそれも新たな乳ガンの不安材料のようで怖いです。
卵巣を取ると現れる更年期の症状は、ホルモンの補充なしではのりきれないほど大変なものなのでしょうか?
どなたか同じ経験をされた方いらっしゃいませんでしょうか?
それとも、ホルモンの補充はガンの心配なく10年も受けられるものでしょうか?
ガンを考えたら、ホルモンの補充はするべきではないのでしょうか?
それなら、医師の診断どおり、転移の不安はあっても私の年齢では卵巣を残せるものなら残しておいたほうがいいのでしょうか?
どなたかお願いします。

子宮体ガンの手術をひかえている39才です。
ステージ2の頚部にまで広がる段階ですが、おそらく筋肉に1/2まで達していないので、卵巣は残せるかもとの診断ですが、私は転移が怖いので卵巣まで取ってしまいたいのです。 
もちろん、手術中に子宮を調べて卵巣を取らざるを得ない場合は取りますとのことですが、多分私の年齢を考えて卵巣を残したほうがいいとではと考えてくださっているのでしょう。
医師は、転移の恐怖に怯える毎日がいやなら、ホルモンの補充を10年くらいすればいいのでと言われますが、...続きを読む

Aベストアンサー

私の義母は、3年ほど前に子宮ガンの手術を受け、子宮の摘出をしました。
今では、ガンの再発もなく、普通に生活をしています。
現在義母は48歳ですが、子宮を取ってしまったという事で
早くも「更年期障害」には悩まされているようです。
めまいがしたり、体がだるかったりと、そのときによって症状は
異なるようですが。

きっと医者の立場からすると、嫌な言い方ですが「開腹してみないと判らない」
と言うのが正直なところだと思います。
私もつい先日流産で手術を受けたのですが、子宮外妊娠の疑いもあるとのことで
「もしホルモン値が術後に下がらなければおなかを開けて見なければいけない」
と言われました。
やはり、ハイテクが進んでも自分の肉眼で見てみない限り
判らないことも多いのだと思います。
手術をして、実際に見てみて、
転移の可能性があると判断すれば残念ながら摘出という事になると思います。
でも、その可能性がないのならやはり取ることはしないでしょう。
ホルモンバランスが崩れるからです。
義母は特にホルモンを打ったりはしていないようですし、卵巣は残っているのですが、かなり更年期障害は大変そうです。

ホルモンの補充などのことは分からないので、こんなことしか
アドバイスできませんが、申し訳ありません。

私の義母は、3年ほど前に子宮ガンの手術を受け、子宮の摘出をしました。
今では、ガンの再発もなく、普通に生活をしています。
現在義母は48歳ですが、子宮を取ってしまったという事で
早くも「更年期障害」には悩まされているようです。
めまいがしたり、体がだるかったりと、そのときによって症状は
異なるようですが。

きっと医者の立場からすると、嫌な言い方ですが「開腹してみないと判らない」
と言うのが正直なところだと思います。
私もつい先日流産で手術を受けたのですが、子宮外妊娠の疑...続きを読む

Q絵を模写して練習……いろんな絵の模写がいいか、ひとつの絵に集中した模写がいいか

15歳、中3です。
絵がうまくなりたいので、絵を模写して練習しているのですが……

どうしても、あるひとつの絵が、納得できるように模写できないんです(何度も練習しているのですが……)。

その場合、そのひとつの絵を納得できるまで、模写し続けるべきか、
別の絵の模写に切り替えるべきか……どっちがいいのでしょうか?

わかる方、教えてください! 回答待ってますm(__)m

Aベストアンサー

模写しても絵は上達しません。
実写から描き起こさなければだめです。

絵の上達ではなく模写を上達したいなら
できないことをできるまで続けねば
なりません。
楽器の演奏で、できない部分を集中的に練習するのと
同じです。できることをくりかえしても上達しない。

Qうつ病治療中にホラー・恐怖映像等は厳禁でしょうか?

うつ病の治療中なのですが、
ふとしたことで大量殺人などの猟奇的記事を読んでしまい、
少し調べてしまったことから衝撃、恐怖感が現れ、
さらにその過程でその記事に関する恐怖映像(画像)等を
見てしまい、精神的に恐怖観念が強まっています。

治療中はそういうものに触れることは避けたほうがよいでしょうか?

ここ数日落ち着かないのですが、良い対処法などありましたら
教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

私は鬱ではありませんが精神を病んでます。
刑事ものやサスペンスを観すぎて,現実にあり得る事として,ひどい恐怖感におそわれた事があります。
治療中はあまり観ないほうが良いと思います。

Q絵の描き方について。 私は幻想的というか空想的な絵を描くのですが、部活中にその絵の続きをしていたとこ

絵の描き方について。
私は幻想的というか空想的な絵を描くのですが、部活中にその絵の続きをしていたところ
先生が来て褒めてくれた後に先生がこれは(描かれている物をさして)どうしてここに描いたの?
なんでここにはなにも描かれていないの?と聞いてきました。
私はとても焦りました。私が絵を描くときには頭にここにこれが入るとかを感じて描けます。
その時の気持ちや、表したい気持ちの形を頭に出してから描きます。
でも自分が絵を描いて自分だけが満足するのは違うと最近知りました。人にどう感動させるかが大事などなど…
先生は絵画をやられています。少しでも経験のある人の話が大事なのもわかります。
絵をどう描いたとかそういうのは描いている間に感じたものがこの形だったというのはダメなんでしょうか?テーマはどうしても最初に考えなければならないのでしょうか?
前の先生に戻してくれぇ…なんて。はぁ。全部言った方がいいですかね?どうしよう。

Aベストアンサー

>人にどう感動させるかが大事などなど…

そんなことを考えた時点でそれは「芸術」ではなく「芸能」になってしまいます。
他人の目を意識して物事を行うというのは、ある意味でとても卑しい事です。
まず、自分が描きたいものを描く。
それを見た人が感動すればそれでいいし、感動しなくてもそれでいいじゃありませんか。
自分が感動できればいいんですから。

指導をされている先生はおそらく理詰めで絵を考えよう、見ようとしているんでしょう。
あるいは自分の感受性の無さを作者の言葉で補おうとしているのか。
きっと幼いころから絵を「勉強」してきたのでしょう。
いちばん大切な「楽しむ」と言うことを忘れているように思います。

人に感動を与えることを第一に考えて描く画家を「商業画家」と言います。
テーマを与えられて描くイラストレーターや昔の看板屋と同じです。

どちらがいいとも一概には言えませんが
そんな大人の世界(笑)に入るのはもっと後からでもいいんじゃないかと思います。

QTOEIC本番で役立つテクニック

TOEIC本番で役立つテクニック

TOEIC本番で役立つテクニックを教えてください。
できるだけ多くのテクニックを駆使して試験を受けたいと思います。
回答お願いいたします!!

Aベストアンサー

listeningのpart3,4に関しては、設問を先読みしておくことでどのようなことが話されるかわかる場合がありますよ。たとえば、reservationという単語があるだけで、ホテルかもということがわかります。

Qパトロンのいた良い絵を残した画家

レポートで、芸術について考えています。
そこで、ヨーロッパなどでパトロンがいて、良い絵を残した画家には
どのような人がいたのかお教えください。
具体的な名前、時代、また、どのような本を調べればいいか
教えてもらえたら助かります!宜しくお願いいたします!

Aベストアンサー

テレビ東京系列で放送している美の巨人たちはどうでしょうか?
毎回一枚の絵を取り上げている番組ですが、
作者の人物像もある程度は掘り下げています。

ルーベンスはアルブレヒト大公夫妻のお抱え画家として活躍したそうです。
そのほかにもイタリアやスペインの貴族たちにも寵愛されていたそうです。

参考URL:http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/

Q恐怖を作り出すのは?

質問1:恐怖状態ではノルアドレナリンが大量に出ていると聞きますが、ノルではない、ただのアドレナリンの方はどんな仕事をしているのでしょうか?

質問2:恐怖状態では大脳辺縁系が興奮状態してるとも聞くのですが、大脳辺縁系が興奮するからノルアドレナリンが放出されるのでしょうか?それともノルアドレナリンが大量に放出されるから大脳辺縁系が興奮するのでしょうか?

質問3:一般的に言われる恐怖症とは、大脳辺縁系が意味ない場面なのに興奮している状態だと思ってるのですが、日常的に辺縁系を使わずに弱らせてしまえば、恐怖反応自体を弱くさせることは可能でしょうか?(シナプス間のセロトニン濃度を考えないで)

質問4:○○恐怖症とは、幼いときに嫌な思い出や生死に関わる事によって発症してしまうと広く認識されているのですが、過去に何も記憶にない状態でも恐怖症になってしまった場合は、その記憶を思い出せない状態なのか、只単に意味なく恐怖症になってしまうのか?

質問5:PTSD患者の場合、内側前頭前野の働きが鈍い人ほどなりやすいとされているが、恐怖記憶と恐怖反応を抑える箇所に電極を埋め込み、人工的にその部位を活性化させることは可能なのでしょうか?また、将来そのような技術で恐怖などを消し去ることが出来るようになるのでしょうか?

質問1:恐怖状態ではノルアドレナリンが大量に出ていると聞きますが、ノルではない、ただのアドレナリンの方はどんな仕事をしているのでしょうか?

質問2:恐怖状態では大脳辺縁系が興奮状態してるとも聞くのですが、大脳辺縁系が興奮するからノルアドレナリンが放出されるのでしょうか?それともノルアドレナリンが大量に放出されるから大脳辺縁系が興奮するのでしょうか?

質問3:一般的に言われる恐怖症とは、大脳辺縁系が意味ない場面なのに興奮している状態だと思ってるのですが、日常的に辺縁系を...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
一連のご質問にお答えする前に、まず「怒り」や「恐怖」などと分類される我々の「感情」とはいったいったいどのようなものなのかということを整理しておきます。

感情とは、「知覚入力を基に大脳辺縁系に発生した情動反応が、情動性身体反応として身体に表出されることによって体性感覚として大脳皮質に知覚され、認知・分類の可能になった状態」を言います。
大脳辺縁系は身体内外のあらゆる環境の変化に伴う知覚入力に対して「利益・不利益の価値判断」を下し「情動」を発生させます。これが脳内中枢系や身体自律神経系に出力されることによって無意識のうちに選択される様々な反応や行動を「情動性身体反応」といい、知覚入力を基に大脳辺縁系に発生した情動反応は、この過程で喜怒哀楽といった特定の反応パターンに分岐・成長します。大脳皮質はこれを体性感覚として知覚し、過去の体験記憶を基にそれがどのような感情であるかを分類し、認知します。そして、これにより初めて我々は、自分がいったい何に対してその感情を発生させているかといった状況判断を下すことができるわけなのですが、これを大脳皮質における「情動の原因帰結」と言います。

「認知・分類の可能になった状態」などと廻りくどい言い方をしますのは、感情の分類には必ずしも本人の自覚というものを必要としないからです。例えば、顔を真っ赤にして息を荒らげている、このような情動性身体反応が表出されているのでありますならば、本人がまだ自覚していなくとも、周りから見れば誰だってあのひとは怒っていると分かりますよね。他人にこのような判断が付けられるのは、喜怒哀楽という感情の分類が全人類と多くの高等動物に共通であるからです。
ですから、自覚を伴わない人間以外の動物であっても感情の分類は十分に可能です。これは、爬虫類から進化する過程でその脳内に大脳辺縁系を発達させた哺乳類と鳥類であるならば、その情動のメカニズムは人類と全く同じであるからです。
このように、感情とは情動性身体反応の発生が特定のパターンとして分類の可能な状態になったものをいいます。

「利益・不利益の価値判断」といいますのは、生後学習によって大脳辺縁系内「扁桃体」に獲得された「情動記憶」を反応の基準として行われるものです。このため、大脳辺縁系の情動反応は「強い・弱い」の他に、「快情動」と「不快情動」という正反対の結果に分かれます。ですから、「喜び」「感動」「期待」といったものは「快情動」が基になったものであり、ご質問の「怒り」と「恐怖」そして、「不安」「悲しみ」などは「不快情動」の発生によるものです。これは誰が考えても間違いのないことです。
では、元は快・不快の二種類でしかなかったものが、いったいどのようにしてこれほどまでに多彩な感情に分岐・成長するのかといったことは、残念ながらまだほとんど解明されていません。ですが近年では、不快情動は「中脳中心灰白質」によって「怒り」か「恐怖」のどちらかに分岐するのではないかと考えられています。
このように、大脳辺縁系の役割とは、知覚入力に対して「利益・不利益の価値判断」を行うということでありまして、そこで発生しているのは「恐怖」や「怒り」といった具体的な感情ではありません。そして、それは神経系の信号伝達や様々な身体の反応など、たいへん複雑な過程を辿ることによって特定のパターンに導かれてゆくものです。

>質問1:恐怖状態ではノルアドレナリンが大量に出ていると聞きますが、ノルではない、ただのアドレナリンの方はどんな仕事をしているのでしょうか?

脳内で「修飾系伝達物質」として使われる「NA(ノルアドレナリン)」といいますのは主に脳幹内「青斑核A6NA含有神経核」というところで作られます。大脳辺縁系に情動が発生し、その信号がこの「青斑核」を刺激しますと、ここから複数の経路で脳内広域にNAが一斉投射されますので、中枢系全体の覚醒状態が一気に亢進されます。このような、具体的な信号伝達ではなく、受容した神経細胞の働きそのものを活性化させたり抑制したりする伝達物質を「修飾系伝達物質」と言い、他には「5-HT(セロトニン)」や「DA(ドーパミン)」などがこれに当たります。
これに対しまして「AD(アドレナリン)」といいますのは「副腎髄質」で作られるものありまして、ホルモンのように体液中に分泌され、抹消の交感神経系に直接作用して身体全体の生理状態を満遍なく活性化させます。
副腎髄質からはこのADと一緒にDA(ドーパミン)とNA(ノルアドレナリン)が分泌されるのですが、これらは青斑核のような脳内の修飾系含有神経核から投射されるものとは別に、カテコールアミン系の「ストレス対処物質」などと呼ばれています。その名の通り、身体の生理状態を亢進させて速やかにストレスに対処するためのものなのですが、これが与えられた状況に対応できるということは、環境からの知覚の入力に対する大脳辺縁系の価値判断に伴う情動信号が副腎髄質まで届いているということでありまして、この伝達経路は「大脳辺縁系―視床下部―下垂体―副腎髄質」となります。
「視床下部」といいますのは全身の自律神経を司る中枢でありまして、大脳辺縁系の情動反応がここを介して出力されることにより、我々の身体には自律神経系の活性化に伴う様々な「情動性身体反応(この場合は情動性自律反応)」が発生します。視床下部はこれによってまずストレスに対処するための体制を整えるのですが、同時に副腎髄質にもADを初めとするストレス対処物質分泌の指令が下されるという二段構えになっています。

>質問2:恐怖状態では大脳辺縁系が興奮状態してるとも聞くのですが、大脳辺縁系が興奮するからノルアドレナリンが放出されるのでしょうか?それともノルアドレナリンが大量に放出されるから大脳辺縁系が興奮するのでしょうか?

「青斑核A6NA(ノルアドレナリン)含有神経核」には脳内各部から複数の入力経路がありますが、恐怖などの情動反応に伴う場合は、まず大脳辺縁系からの入力が順序だと思います。先にご説明致しました通り、情動反応の発生に伴う大脳辺縁系からの入力がありますと、青斑核の活性化によって脳内広域に渡るNA投射が行われ、中枢系の覚醒状態が亢進されます。そして、青斑核A6のNA投射は大脳辺縁系にも側枝を伸ばしていますので、その修飾効果によって大脳辺縁系そのものの働きが活性化されることになりますし、視床下部に対しても投射は行われ、身体のストレス反応を迅速化させます。
また当然のことながら、NAの広域投射は大脳皮質の知覚・認知機能も促すわけですから、このような神経の過敏な状態で情動の知覚による原因帰結や自覚が成されますと、人間どうしても輪を掛けて余計なことを考えたり、嫌なことを思い出したりしてしまいます。運悪く大脳皮質にこのような意識現象が発生しますと、大脳辺縁系はこんどはそれに対しても正直に不快情動を発生させることになります。
このように、情動反応といいますのは神経信号のやり取りやフィードバック回路が複雑なループを作ることによって特定の反応パターンに分岐・成長します。感情が時間と共に増幅されてゆくのはこのためなのですが、大脳皮質がそれに気付くのは、順番としてはだいぶ後の方ということになります。

>質問3:一般的に言われる恐怖症とは、大脳辺縁系が意味ない場面なのに興奮している状態だと思ってるのですが、日常的に辺縁系を使わずに弱らせてしまえば、恐怖反応自体を弱くさせることは可能でしょうか?(シナプス間のセロトニン濃度を考えないで)

最初にご説明致しましたように、大脳辺縁系が情動を発生させるための「反応規準」は、生後体験に基づいて扁桃体内に獲得された「情動記憶」です。そして、我々動物にとって情動反応とは生後環境から学習獲得された過去の体験に基づいて価値判断を下し、与えられた状況に応じた適切な行動の選択を行うためにあります。従いまして、大脳辺縁系の機能そのものを抑制してしまいますと、何の感情も発生しなくなってしまうだけではなく、日常生活におけるあらゆる判断が下せなくなってしまいます。
状況に応じた行動の選択ができないのですから、何ひとつまともにできませんし、チョコレートとゴキブリはどちらが好きですかと尋ねられても全く答えられないはずです。もちろん、大脳皮質が正常に機能しているならばチョコレートとゴキブリの比較はできます。ですが、情動というものが発生しない限り、正解と不正解のどちらを答えるべきかの判断が付けられないんです。

このようなものは極端な例としましても、恐怖といいますのは情動反応なのですから、薬物の投与などによって大脳辺縁系の働きを抑えることができるならば反応を抑制できるというのは原理的に間違っていません。ですから、それが過剰な反応であるために日常生活に支障をきたす状態であるならば、そのような治療法もあるかも知れません。ですが、恐怖というのは確かに大脳辺縁系の情動反応ではありますが、何が怖いのかという「価値判断の基準」は飽くまでそのひとが生後の個人体験によって獲得した「情動記憶」です。これがどういうことかと申しますと、そのひとにとっては死ぬほど怖いのだけれども他のひとにとってはそれほどでもない、もしくは全然平気ということです。従いまして、これに対して恐怖という情動の発生そのものを抑制したとしても問題の解決にはならないわけです。
ですから、このような個人体験に起因する恐怖症を治療するためには、まずその反応の原因を特定して排除するか、過去の体験であるならば意識的に克服の努力をするというのが一般的な対処法ではないかと思います。とはいえ、これは専門の医師やカウンセラーにとってもたいへん地道な作業になるということだそうです。

>質問4:○○恐怖症とは、幼いときに嫌な思い出や生死に関わる事によって発症してしまうと広く認識されているのですが、過去に何も記憶にない状態でも恐怖症になってしまった場合は、その記憶を思い出せない状態なのか、只単に意味なく恐怖症になってしまうのか?

「何とか恐怖症」という名前がある以上、その反応の原因は取り敢えず「何とか」に特定されているのではないでしょうか。
これに対しまして、一般に「トラウマ」という名称で知られています「心的外傷」といいますのは、大脳辺縁系の情動反応による恐怖や不安が頻発したり慢性化したりするものですが、こちらには原因の特定できないというものがたくさんあるはずです。
ですが、まず反応を発生させているのは本人の体験によって獲得された「情動記憶」です。ですから、何の原因も理由もないものを学習するということは絶対にできませんから、意味もなく恐怖症になってしまうということは、生理的な神経系の失調以外には、まずあり得ないのではないかと思います。
反応が発生するということは、扁桃体の中には過去の体験に基づく「情動記憶」が健在であるということです。この原因が特定できないのには以下のような理由が考えられます。
1.古い体験であるため、大脳皮質の記憶では思い出せない
2.忌まわしい体験であるため、記憶が封じ込められている
3.本人が身の回りの環境をストレスと気付いていない
4.本人の記憶と実際の体験事実が異なる
5.長期、あるいは複数の原因であったために特定が困難

>質問5:PTSD患者の場合、内側前頭前野の働きが鈍い人ほどなりやすいとされているが、恐怖記憶と恐怖反応を抑える箇所に電極を埋め込み、人工的にその部位を活性化させることは可能なのでしょうか?また、将来そのような技術で恐怖などを消し去ることが出来るようになるのでしょうか?

これまでご説明致しましたように、「恐怖記憶」として反応を発生させていますのは大脳辺縁系・扁桃体の「情動記憶」です。そして前頭前野は一般的に大脳辺縁系の情動反応を抑制することができると考えられています。
ですが、まず前頭前野を初め大脳皮質全域に及び、ここにはNA(ノルアドレナリン)や5-HT(セロトニン)といった修飾作用によって任意の神経細胞の働きを活性化させたり抑制したりする「修飾系伝達物質の含有神経核」というものはひとつもありません。従いまして、むろん大脳皮質からの投射経路というものはありますが、これによって大脳辺縁系に送られて来ますのは「修飾系の抑制伝達物質」ではなく、飽くまで大脳皮質の認知結果に基づく「有意信号」ということになります。
これがどういうことかと申しますと、恐怖発生の因子であります「情動記憶」も、それを抑制するための前頭前野の「認知結果」も、どちらも共に個人体験に基づいてそのひとの脳内に形成された「学習記憶という細胞結合」であということです。従いまして、その場所を特定して電極を差し込むというのは、現在の技術ではまず不可能ということになります。

さて、大脳皮質は情動反応を司る大脳辺縁系に対して抑制伝達物質を投射するという機能を持っていません。また大脳皮質が出力する信号も、それに行われる価値判断も、共に生後学習に基づくものであるため、獲得された体験によっては必ずしもこれが抑制信号として働くとは限りません。にも拘わらず、前頭前野が大脳辺縁系の情動反応を抑制することができるのは、それは、双方の獲得した反応規準が生まれ育った社会の慣習や道徳観に従ってほぼ一致するからです。
「心的外傷(トラウマ)」の原因の多くが幼年期の体験であるのは、大脳皮質が未発達であると同時に、当然のことながら与えられたストレスに対処することができるだけの経験・認識に乏しいからです。同様に、PTSDといいますのは多くの場合、大人でも耐え難いストレスによる心的外傷の後遺症でありますから、前頭前野の働きが鈍いといいますよりは、それそのものが未発達の子供には極めて危険ということになります。
では、前頭前野の働きを活性化させるだけでこのようなストレスに対処することができるのでしょうか。大脳皮質は情動反応を直接抑制する伝達物質を持っていません。従いまして、実際にこれを回避することができるのは、前頭前野の稼動率ではなく、そこに学習獲得された「認識の質」ということになります。近年、若者の「切れる!」といった現象から暴力犯罪低年齢化の話題は新聞、テレビに暇がありません。如何に大脳皮質が成人の年齢に達しようとも、その成長過程で獲得すべきものが不十分である限り、情動の抑制が困難になるという指摘は、脳医学の分野からも積極的に成されています。

最後に、反応の起因となる学習記憶そのものを消し去ってしまう技術が将来的には開発されるかというご質問ですが、恐らく現在の脳医学・神経生理学の延長線上に可能になってもおかしくはないのではないかとは思いますが、まあ、ちょっと想像も付かない未来技術ですよね。そして、もし仮に現実になったとしましても、やはりそこには人類がクリアしなければならない倫理問題というのが存在するのではないかと思います。
当面は、日常生活に支障をきたす状態にある患者さんに限って適応を考えることになるはずですが、健常人が個人的な理由から特定の反応や記憶を消し去ってしまいたいということになりますと、社会の大半が大きく反発を示すのではないでしょうか。何故ならば、我々の人格というものはこれによって形成されているものであり、個人の意思によって改変するということは、自分の歴史やアイディンティティを放棄するだけではなく、社会秩序の維持にどのような影響を及ぼすのか予測が付けられないからです。大脳辺縁系の情動記憶を消し去るということは、人格の整形手術に当たるのではないかと思います。

こんにちは。
一連のご質問にお答えする前に、まず「怒り」や「恐怖」などと分類される我々の「感情」とはいったいったいどのようなものなのかということを整理しておきます。

感情とは、「知覚入力を基に大脳辺縁系に発生した情動反応が、情動性身体反応として身体に表出されることによって体性感覚として大脳皮質に知覚され、認知・分類の可能になった状態」を言います。
大脳辺縁系は身体内外のあらゆる環境の変化に伴う知覚入力に対して「利益・不利益の価値判断」を下し「情動」を発生させます。これが...続きを読む

Q絵やデザインを学びたい!(長文です)

33歳女です。
短大を卒業して会社に入り、ずっと設計にいました。
図面を触る仕事が好きなので設計で満足していました。
でも去年、異動になって図面関係と離れてしまいました。
異動があってからなぜか「絵に関わる仕事がしたい!」という欲求が膨らんでいます。
ですが、ハローワーク等で調べるとそういった関係の仕事は学校卒業や資格などが必要みたいです。
前から絵を描くのが好きで、草花の絵をパソコンで8年くらい前から描いています。
独学では壁を感じ、3年前から絵画教室に通っています。
もちろん就職に役に立つものではありません。
勝手な望みなんですが、就職に役に立ち、絵の勉強も出来る方法というのはどんなものがあるのでしょうか?
思いつくのは夜間の学校なんですが、これもどんな感じなのかさっぱり分かりません。
頼り切ってしまって申し訳ないのですが是非よろしくお願いします。
とりとめの無い文章で本当にすみません。

Aベストアンサー

う~ん、難しいですね。
美大を出ても就職が難しいご時世ですから。

まずお聞きしたいのは方向制です。
自分の絵の才能を生かした芸術家肌の職業につきたいのか(例えばイラストレーター)、デザインの方の仕事がしたいのか・・・。

デザインの方でもいろいろと細分化されているので、それによっても又違ってきます。
前者の芸術家肌の仕事は運等もあり、職業もあまりないのでかなり難しいです。

Q恐怖のミイラ

こんにちは。

子供の頃、「恐怖のミイラ」という番組がありました。
包帯グルグルで目だけぎょろっとして、怖くて怖くて、でも見ちゃうんです。

先日、妻となぜかその話題になって、
さて、最終回はどんな終わり方だったか二人とも思い出せなくて、今も便秘のような気持ちです。

どなたか最終回の内容を教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

こちらの方がスバラシイ記録をされていました!
http://www.asahi-net.or.jp/~uy7k-ymst/tv2/miira.htm

見たこと無いですが、見てみたくなりました!

Q宗教曲(バッハの曲)を歌う時の宗教観

ここのカテゴリーでよいのか、心配ですが・・

合唱団で、おもに宗教曲を歌っています。(趣味です)
夫とバッハの話になり、「もとは宗教が原因で、テロや戦争が起こるのに、
信者でもない者が、無自覚にキリストを賛美するような歌を歌うのは、間違っているのではないか?」と言われました。

私は、「バッハの曲の素晴らしさに魅力を感じているのであって、音楽作品としてみている」と反論しました。

彼は、「曲がよければ、歌われている内容について考えないのか?
キリスト教(ルター以後)の普及に、バッハが一役買っている。
ドイツの知人も、バッハ=教会 であって、音楽としてはあまり評価しない。日本人がどうしてバッハを歌うのか と言っている 」と言います。

確かに、一理あるような気もしますが、理屈っぽい彼に反論できるような考えを、持ち合わせていません。
どのような、反論ができるでしょうか?
もちろん、歌うのはやめません・・・  

Aベストアンサー

こんにちは。
アマチュア音楽愛好家です。
キリスト教徒ではありません。

ご主人もそのドイツ人のお知り合いも,ディベート好きなだけで,特に説得する必要もないのではないですか?(笑)
・・・という冗談はさておき,反論ではないですが,


バッハのキリスト教音楽はキリスト教徒でない者に演奏されることを拒絶していないし,それを演奏することは,その他の宗教を信じる人を否定することを意味しない。


・・・と,思うのでした。

他者を尊重することはとても大切だと思うのですが,それがゆえに,質問者さまの『良心に基づく健全な』音楽活動(仮にそれが宗教的な活動であったとしても)は,尊重されてしかるべきと思います。

#本音としては,好きなものは好きで何が悪い!です(笑)。


質問者さまがバッハを歌うことに対して理解が得られますよう,お祈り(誰に?^^;)申し上げます♪


人気Q&Aランキング

おすすめ情報