石原老人がカジノ構想をぶち上げてからずいぶんたちますが、
未だ実現しませんね。
あの石原さんの行動力を持ってしても、やっぱり難しいんですかね。
僕は思ったんですが、今回の大震災の復興のためにカジノを作って売上金を特別に震災復興のためだけに使えるようにしたらどうかと思うんです。
ギャンブルって言うと眉をひそめる方々もいらっしゃると思いますが、
カジノも、パチンコみたいに三点方式とか言うやり方でやれば大丈夫だと思います。
国はパチンコは賭博ではないという見解を明らかにしていますから、
同じ仕組みでやればカジノも賭博にならずにすみますので特に法改正が必要なくなるので、
すぐにできると思います。
また、やくざの方々もこういう非常事態ですから、競馬のノミ屋さんを三点方式というやり方にして賭博ではない状態にして、売上金を震災復興のために使うべきです。
それでこそ義理と人情の男じゃないですか。
とにかくギャンブルは儲かります。
だからお金を集められる知名度や人脈のある人は、
みんな胴元になって賭博を開帳し、
三点方式を使って賭博じゃない状態にして金を集めたらどうでしょう。
都会の僕らは、金出すくらいしかできることはないんだから、
どうせだったら、大金をいっぺんに集められるギャンブルをするのは至極当然だと思うんです。
三点方式にすれば賭博にならなくて逮捕されることもないんだし。
どうですか。いい考えじゃありませんか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

手軽なギャンブルとして、すでにパチンコがあるね。


はまって、謝金してまで出かける人も居る。
横領や窃盗なんかの事件も、こういった借金の返済にあてているみたいな記事が多いようです。

生活保護を受けている人が、全額宝くじに投資して、これまた借金生活なんてパターンもある。

競馬、競輪 いろいろあるけど、やはり沢山の人が集まってくるんでマナーの悪い人も結構居るし、
実際は収益が悪かったり、地元の人の雇用がそう増えないし、意外と反対してる人も居る。

普段、電車などを利用してるが、これらの開催日は憂鬱ですね・・
    • good
    • 0

三点方式にすれば賭博じゃなくなるなんてのは馬鹿の作った都市伝説。



そんなのを信じる奴はいまどきいないだろう。



三点方式が成り立っているのは
それ以前に「遊技機の当選確率と配当枚数に制限が作られている」から。

パチンコやパチスロの当たり確率は自由に設定出来るわけではない。

確率と配当が制限以下になっている場合にのみ景品交換が許される。
そしてその景品を金銭に交換することは問題無い。



カジノにおいてはそれがまったく当てはまらない。

ルーレットなら1回で最大36倍に増える。
ブラックジャックなら確率を制限しようがない。

だから賭博に該当する。



っていうか、それが出来るんだったら
ゲーセンでも普通に三点方式出来ることになるんだからちょっと考えればわかるだろ。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
確率の上限を制限するのは、
ノミ屋さんなんかでは常識ですよ。
万馬券なんかばしばし的中させられてはかないませんからね。
天井って言うのがあります。
ということは、ノミ屋さんなら三点方式でいけますね。

補足日時:2011/04/22 20:26
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報