危険物の資格の学習をしているのですが、第3類危険物の水素化ナトリウムの比重が、資料によって、0.98であったり、2.1であったりします。どちらが正しいのでしょうか? よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

wikiには密度は1.4g/cm^3であると書かれています。


でも危険物のサイトを見ると比重は0.92であるという記述も見つかります。

これはwikiにある
>多くの試薬会社から、60% のオイルディスパージョン(鉱油混合物)の形で販売されている。このようなディスパージョンは純粋な固体よりも取り扱いが安全である。ヘキサンなどで鉱油を洗い流してから使用することもある。
という記述が関係しているようです。
固体として流通しているのではなくて鉱油混合物として流通しているのですから危険物で考える密度としてはこの状態のものになるでしょう。(主に保管、運搬が危険物取扱資格の対称です。NaHそのものが必要になるのは研究者、製造技術者でしょう。)

さらに製造方法の欄を見ると
>鉱油中に金属ナトリウムの微粉末を懸濁させたもの、または溶融させたナトリウムに対し、水素ガスを通じて得る。
2 Na + H2 → 2 NaH
と書かれています。

だからわざわざNaHを鉱油に懸濁させたのではなくてNaとH2から作る時の状態のまま分離しないで出荷するということのようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、危険物としての NaHと固体としての NaHが存在するわけですか。道理で、いろんな値が存在するわけなんですね。ちなみに、危険物の出題では、比重が1より重い、というのがあり、あきらかにその選択肢が誤りになっていました。
やはり、鉱油混合物としての比重を解答として求められているものと思います。ありがとうございました。大変、参考になりました。

お礼日時:2011/04/23 13:35

水素化ナトリウムでしょ?それの比重を意味することにどれだけの意味があるか分かりませんけど、(ほぼ)純粋な水素化ナトリウムと、より一般的に見られるミネラルオイルと混ぜた水素化ナトリウム(オイルディズパージョン)の違いじゃないですか。


ただ、それにしても2.1は大きすぎると思いますね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですか。辞書によっては、1.4であったり、2.1であったりしています。しかし、危険物の分野では、ご指摘の純粋な水素化ナトリウムではなく、一般的に見られるミネラルオイルと混ぜた水素化ナトリウム(オイルディズパージョン)を念頭に置いていると思いますので、やはり、多くの危険物辞典が示す0.92が危険物の分野での値ではなかと思いました。ありがとうございました。参考になりました。

お礼日時:2011/04/23 13:39

少なくとも0.98は誤りです。


四十年以上化学とつきあってきましたが水酸化ナトリウムが水に浮くのを見たことはありません。
MSDSでは2.13g/mLとなっています。
http://www.jtbaker.com/msds/englishhtml/s4034.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の御回答ありがとうございました。が、実は水酸化ナトリウムではなく、水素化ナトリウムがわからないのです。もし、ご存知でしたらよろしくお願いいたします。

お礼日時:2011/04/22 15:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q比重について

炭酸カルシウム・・・比重2.6、見かけ比重0.40g/ml
とあるのですが、比重と見かけ比重はどう違うのでしょうか?
また、かさ比重(g/ml)という言葉もあるのですが、これらはどう違うのでしょうか??

Aベストアンサー

ml/g なんてのを見たことはありませんので,誤植かもしれないしなんともいえませんね.
ml は液体の単位ではありません.「体積の単位」です.固体にも気体にも体積はあります.粉の場合は粒子間の隙間を含んだ体積(かさ体積)なのか,固体部分そのものの体積なのか,そこがみかけ密度(かさ密度)か真密度かの違いでしょう.

Q今、危険物乙種4類の資格を持っていて、甲種受験資格のために4つ以上の免

今、危険物乙種4類の資格を持っていて、甲種受験資格のために4つ以上の免状を取ろうと考えています。そこで、同日に2つ併願しようと考えているのですが、その場合、科目の免除はどうなるのでしょうか?
いろいろ調べては見たのですが、「一種類以上の乙種免状をもっていると科目免除がある」というのと、「同日、2つ以上受験する場合は、片方の試験は免除なし、残りは科目免除」などと、混乱してしまい困っています。

Aベストアンサー

併願ということは1類と3類、5類と6類のような感じですよね?乙種の試験に合格しているのなら、別の乙種を受験する時は複数であっても法令と基礎的な物理・化学は免除されますよ。

ちなみに質問者様がおっしゃっている併願受験というのは午前中に乙4類を受けて、午後から甲種、別の乙種、丙種を受験することであり、科目免除を受けて複数の乙種(同時に3つまで)を受けることを複数受験と言います。今回質問者様が受けるのは複数受験だと思われるのですが。

甲種の受験資格を得るには1類か6類、2類か4類、3類、5類の4つが必要です。4類は取っているので、3類、5類は必須となると1類か6類をどちらにするかですが、私は6類をオススメします。なぜなら乙種の中で6類が最も物質が少ないのに対し、1類が最も物質が多いからです。それでは頑張ってください。

Q比重と比重量

こんにちは
ぜひとも、わかりやすく教えてください。

(1) 比重と比重量の違い
(2) 単位体積重量と比重量の違い
(3) 比重と単位体積重量の違い

よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

比重は、ある体積を占める物質についての、同じ体積の水(1気圧,4℃)に対する質量の比です。
単位体積重量は、(質量)密度とも言い、ある物質単位体積あたりの質量です。

比重瓶という実験器具をご存知でしょうか。単純で正確な形状をもたない場合、物体の体積を正確に測ることは難しいのですが、この場合でも、容器内の水と置き換えたときの重量変化は、比重瓶を使って正確に測定できます。そこで、実測上、密度に代えて、比重(水に対する密度比)がよく用いられるのです。

1気圧,4℃の水の密度は 0.999973gcm^-3です。したがって、比重1の物体というのは、密度が0.999973gcm^-3になります。そこで、実用上、比重と密度の数値部分は同じだと思って差し支えないです。

「比重」を「比重量」と表現するのは、私はあまり見たことがありませんが、同じことだと思います。

Q危険物第○類の区別の仕方

タイトルが微妙で申し訳ありません。
早速ですが、危険物に第一類酸化性固体、第二類可燃性固体とか
ありますよね。
そこで、質問です。例えば「アセトン」は第○類?「メタノール」は?
というところなのです。
つまり、「この液体は第○類危険物だ」という見極めはどうしたらいいのでしょうか?
ネットで検索してMSDSとか物質の性質を調べてみたのですが、
何処を見てコレは○○だから第○類危険物だと考えればいいのでしょうか?
なにか参考になるHP・意見ありましたら教えてください。
宜しくお願いいたします。
例)エタノール・メタノールはネットで検索するとアルコール類と記載されているから第四類。みたいに1つ1つ調べないといけないのでしょうか?
何か物質を調べたらこれは第○類です。と記載されているものはないのでしょうか?
文書がめちゃくちゃですみません。
アドバイス宜しくお願いいたします。
  

Aベストアンサー

そもそもの話として、個々の化学物質に関するある程度の知識がなければどうしようもないと思います。
たとえば、アセトンが引火しやすい液体であるということが常識としてわかっていれば、それが第4類に該当することはすぐにわかるはずで、表さえあれば、さほど難しくないと思います。
わからないということであれば、例を見ながらその物質の特性を理解する必要があると思います。
そこから先の細かい分類についての判断は少し難しいと思います。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Technopolis/4801/k1.html

QpHと比重について

液体のpHと比重の関係について質問させて下さい。
現在、連続密度比重計である液体(アルカリ性)の比重を、
ハンディpH計でpH値を測定しています。
この場合、比重値とpH値は比例関係になるのでしょうか?

Aベストアンサー

 No.1さんのおっしゃる通り、比例関係にはなりません。しかし、関係づけることはできます。ただし、ほかのいろいろなものが分かっていないといけません。
 pHの定義は、
pH=-log(c(H+)/(mol dm^(-3))) …(1)
です。c(H+)は、H+のモル濃度です。いま、液体がアルカリ性とのことなので、水のイオン積Kwと
Kw=c(H+)・c(OH-) …(2)
の関係にあります。また、このアルカリ性を与えている塩基(塩基とアルカリは、この場合同じ意味と考えてかまいません)をBとして、Bが強塩基か弱塩基かにもよりますが、一般的に次の電離平衡
B + H2O ⇔ BH+ + OH-
が成り立っているとします。Bは、例えばアンモニアNH3などを考えるとよく、その場合は、
NH3 + H2O ⇔ NH4+ + OH-
となります。このときの、OH-が元の塩基Bに対してどれだけ存在するかを表す電離度をαとおくと、c(OH-)は、元の(仕込んだ)塩基のモル濃度のα倍になります(0≦α≦1)。
 また、ある溶液について、そこに溶けている溶質のモル濃度c(溶質)と、その溶液の密度ρ(溶液)は、溶質の溶液中での質量分率w(溶質)(質量パーセント濃度のことだと思って下さい)、溶質のモル質量M(溶質)(溶質の分子量に単位g/molをつけたものです)を用いて、
c(溶質)=ρ(溶液)・w(溶質)/M(溶質) …(3)
の関係にあります。溶質を塩基とすると、さきほどの電離度αを用いて、
c(OH-)=c(溶質)・α …(4)
の関係があります。
 式(1)のc(H+)に式(2)のc(H+)を代入し、そこに式(4)のc(OH-)を代入し、さらにそこに式(3)のc(溶質)を代入して計算すると、
pH=log(ρ(溶液)/(g/cm^3))-log[{M(溶質)/(g/mol)・Kw/(mol/dm^3)^2}/{w(溶質)/10^(-2)・10α}]
となります。比重は、厳密に言えばあるものの密度の4 ℃の水の密度に対する比で、4 ℃の水の密度は0.999973 g/cm^3という報告がありますが、おおよそρ(密度)/(g/cm^3)を比重として大丈夫なので、比重の記号をdとすると、
pH=log d-log[{M(溶質)/(g/mol)・Kw/(mol/dm^3)^2}/{w(溶質)/10^(-2)・10α}] …(5)
となります。式(5)が、比重dとpHの関係式です。これを簡略化して見ると、
pH=log d+(何とか)
の形になっています。つまり、pHは、比重の対数の1次関数、という関係です。比重の対数を取るということと、それに定数項を差し引きするということになりますので、比例ではありませんね。
 ちなみに、式(5)のM(溶質)/(g/mol)、Kw/(mol/dm^3)^2、w(溶質)/10^(-2)は、それぞれ溶質のモル質量、水のイオン積、溶質の質量分率を、単位g/mol、(mol/dm^3)^2、10^(-2)(すなわち%)で表したときの数値を表しています。こうすると実用上便利ですので。

 No.1さんのおっしゃる通り、比例関係にはなりません。しかし、関係づけることはできます。ただし、ほかのいろいろなものが分かっていないといけません。
 pHの定義は、
pH=-log(c(H+)/(mol dm^(-3))) …(1)
です。c(H+)は、H+のモル濃度です。いま、液体がアルカリ性とのことなので、水のイオン積Kwと
Kw=c(H+)・c(OH-) …(2)
の関係にあります。また、このアルカリ性を与えている塩基(塩基とアルカリは、この場合同じ意味と考えてかまいません)をBとして、Bが強塩基か弱塩基かにもよりますが、一般的に...続きを読む

Q危険物第2類可燃性固体について

危険物は消防法により指定数量があります。
第2類可燃性固体は第1種と第2種で指定数量が違います。

第1種か第2種かは何を基準に区別しているのでしょうか。
第4類のように引火点が○℃以上○℃未満と明確に基準があるものがありませんでした。

消防法、消防施行令を見てもわかりませんでした。
(見方が悪いのかもしれません)
基準が記載されている詳細なサイトなどありましたら教えてください。

Aベストアンサー

明確に、「危険物の規制に関する政令」に書かれています。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S34/S34SE306.html


小ガス炎着火試験において、3秒以下で着火し、燃焼継続するものが、第一種可燃性固体。
3秒を超えて10秒以下で着火し、燃焼継続する場合は、第二種可燃性固体です。


こちらには、分かりやすく書いてあります。
http://www.scas.co.jp/service/hazard/dangerous_decision/dangerous_decision2.html

Qかさ比重

比重とかさ比重、真比重の違いを教えてください。
粉末、液体、それぞれでの違いも教えてもらえたら嬉しいです。
お願いしマース。

Aベストアンサー

一般に多孔性物体や一定量の粉体、粒体、繊維体のように実質以外の空間を含む物体では、3種類の密度を考える必要があります。
1.真密度:実質のみの密度(ρ)
2.みかけ密度:多孔性物体のように実質以外の空間がその物体の構成要素を為している場合密度(ρ(1-P))
3.かさ密度:粉体、粒体、繊維体などをある容器に詰めたとき、個々の粒子や繊維の間に存在する空間を含めた密度であって、同じ物体でもその詰め方によって値が違ってくる(ρ(1-ε)(1-P))
※pは孔隙率、εは空間率
ちなみに、これらを真比重、みかけ比重、かさ比重ということもあります。
また、単に比重という場合は、標準物質(液体ならば4℃における水が、気体ならば、標準状態における空気、水素等が標準物質となります。)に対するある物質の質量であり、特に上記のような物体でない場合にはこちらを使用すればいいと思います。実用上、密度と比重は同じものとして差し支えないと思います。

Q【化学・危険物】危険物保安員の話。 4種危険物はガソリンですよね? なぜガソリンの貯蔵庫で40度以上

【化学・危険物】危険物保安員の話。

4種危険物はガソリンですよね?

なぜガソリンの貯蔵庫で40度以上の温度で保管されるガソリンについては保安員は不要なのですか?

40度以下だと保安員がいるそうです。

普通、温度が低い方が保安員は要らない気がするのになんででしょう?

Aベストアンサー

>4種危険物はガソリンですよね?
違います。
消防法や危険物の規制に関する政令等では「4種」などと言う区分は存在しません。
ガソリンは第四種危険物ですが第四種危険物はガソリンではありません。

>なぜガソリンの貯蔵庫で40度以上の温度で保管されるガソリンについては保安員は不要なのですか?
そのような規定はありません。

>40度以下だと保安員がいるそうです
保管温度ではなく引火点です。
保安員ではなく危険物保安監督者です。

Q比重と体積に関して

比重と体積に関して
比重が低いと、体積や重量はどうなるでしょうか。(逆も)
比重の重さ・軽さで流速は変わるのでしょうか。

Aベストアンサー

普通、比重は、大きい・小さいと表現します。
「重さ」と言ってしまえば、単位が付きます(例 Kg)
比重は、重さ÷重さ の答えです、つまり分子、分母ともにKgが付き、答えでは消えます、したがって比重には単位が付きません、(重さ・軽さと言う表現は間違い)。
比重と体積または重量と直接の関係はありません(比重が〇だから体積は×でなければならないと言う関係)、ただし、体積、重量のいずれかの条件を同じにしたときは、もう一方の値は比重に比例する形で変化します。
水と油を混ぜて流せばどうなるか試してみましょう。
※ 言葉の定義ができていません、言葉の本当の意味も理解できていません、あかの他人とのコミ二ュケーションには正しい日本語が必要です(日本では)。
もっと、自分で試し、実験し、考えましょう。

Q危険物乙1類と6類 

今度、危険物取扱者試験の
乙1類と乙6類を同時受験するのですが
どういう問題が出るのかイマイチわかりません。

乙4類所持しているので試験は性質消火の10問だけなのですが
どのような勉強すればよろしいのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

参考書としては、乙1,2,3,5,6種~と書いてあるものか、甲種用ので十分対応できます。ただし、問題が少ないので解かなきゃ不安という人は問題集を別で買ったほうが良いと思います。

対策方法ですが、乙6は過塩素酸、過酸化水素、硝酸、ハロゲン間化合物しかないので覚えることは少ないのですが、乙1は物質が全種の中で一番多いので大変です。おさえるべきポイントは乙1,6共に物質の形状、色、水溶性、比重、加熱や水との反応、衝撃でどうなるか、貯蔵方法、潮解性の有無、消火方法などを抑えてください。

試験の出題例としては、
・1類の消火方法として間違っているものを選べ
・○○(物質名)の性質の説明として間違っているものを選べ
などが出ます。私が受験した時は間違っているものを選択させる問題がほとんどでした。

しっかり勉強すれば合格できますので、頑張ってください。


おすすめ情報