数日前にペットショップで購入した小さな金魚が白点病になりました。

屋外のメダカのいるスイレン鉢にいきなり投入したことでストレスとなってしまったのでしょう;

とりあえず全員4ひきをボールに入れて薬浴(メチレンブルー)させていましたが、今日一番弱っていた小さい子(2センチくらい)がしんでしまいました(;O;)


のこりの3匹は体格もよく症状もかるく、元気に見える(ちょっと落ち着きなく泳ぎ回ります)んですが、しんぱいです。

いま2日目ですが、水かえはどれくらいの頻度でしたらよいのでしょうか?

今は洗面器に身を隠すレンガの破片を入れて、暗くした部屋に置いています。
えさはあげていなのですが、糞はしています。

金魚の病気に詳しい方、、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

これは難しいです。

メダカがいるなら別々にいれて下さい。メダカが金魚に食べられます。水飼えはスイレン鉢なので、1/3くらい変えた方が良いと思います。25~26度のぬるま湯を入れて下さい。そして粗塩を入れて下さい。これで、しばらく様子を見て白い点が取れなければ、また上記のように少し水を変えて、またぬるま湯で様子見をします。粗塩は下記の量で見て入れて下さい。これは、薬は薄くなっても良いので、白い点が見えるかきちんと分かるようにてください。スイレン鉢でメチレンブルーでは色が濃すぎて金魚の薬が効くのも遅く、白い点も直っているか見にくいはずです。なので白い点が直っているか見る為、そして、メチレンブルーは直りが遅いので薬の濃度をいくら高くしようが、今は入れていても効果はないのでいれない方が良いです。

http://www1.kcn.ne.jp/~puni/breeding/siokeisan.h …  粗塩の量

http://www.amazon.co.jp/%E4%BC%AF%E6%96%B9%E3%81 … 粗塩

上記の方法で試して見てください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

moyomoyo4さん


丁寧なご回答ありがとうございました。
メダカと金魚は一緒には入れないほうがいいようですね!

金魚はタイミング良く白点がとれたので、ホッとしています。
しばらく様子見てスイレン鉢に戻すつもりです。

しかしメダカが1匹白点病をもらってしまったようです(><)
同じ要領で完治を目指しますね☆

スイレン鉢も教えていただいたように水かえして、
白点虫がいなくなるまで放置します。

本当にありがとうございました!!

お礼日時:2011/05/04 19:09

白点病治療とのことですが、とりあえずボウルの大きさが気になります。


一般飼育でも金魚1匹10Lは必要と言われています…キッチンのボウルや洗面器の水量では凄い速さで水質が悪化します。
3匹の治療ならできるだけ水量を確保して下さい。

実体験ですがタライやベビーバス・衣装ケースなどで30L以上の水量が確保できれば素人治療でも治癒率が上がります。
私は治療時は35Lのベビーバス使ってます。
安いヒーターで良いので18~30℃まで温度調節できるヒーターを使い、ジワジワと水温を上げて下さい。大体1日5℃を上限に28℃位ですかね。
水温についてはアバウトに書くのでキーワード検索して調べて下さい。
水温・薬・塩の扱いにはベテランの回答者によって主張があるためです。
水量の確保とエアーレーション(ブクブク)は必須だと思います。
金魚ちゃんの完治を願います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

springcaさん

丁寧なご回答ありがとうございました!

お水の量少ないようでしたが、残りの3匹は
タイミング良く白点がとれ回復しております★

次回、また体調悪くなったときのため 
      参考にさせてもらいますね(^^)

ほんとにありがとうございました!!

(マイページ使いこなせずお礼が遅くなり申し訳なかったです。)

お礼日時:2011/05/04 19:02

白点病は季節に関係なく罹患する伝染病で、寄生虫が犯人です。

市販の薬剤以外では食塩水でも効果があり、ぬるま湯での処方ならば確実に寄生虫の撃退に効果があります。
メダカと金魚は一緒にすると成長した金魚にメダカが食べられるますので、避けてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tetu758さん

ご回答ありがとうございました!!

白点病は寄生虫なのですね。
勉強になりました(^^)

メダカと金魚はやはり別々に入れることにします。

お礼日時:2011/05/04 19:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海水魚の白点病

家で飼ってる海水魚(スズメダイとクマノミ)なんですが、どうやら白点病になってるみたいなんです。イソギンチャクとかも入ってるので、むやみやたらに薬浴させられません。どうやって治せばいいですか?すぐにでも回答お願いします。

Aベストアンサー

No.1です

>元気で餌付が良かったら自然治癒するんですよね?

これは、水槽が安定している(簡単に言うと、バクテリアが増え水を綺麗に分解する等の働きが活発にされている状態)場合なら、自然治癒することもあります。→私の水槽では白点病も自然治癒してます。

ただ、水槽を立ち上げて間もない場合(海水の場合淡水に比べ水槽内が安定するのには時間がかかる)は、早めに治療した方が良いと思います。
最初は体力があるけれども、だんだんと弱ってしまい、治療しようと思った時は手遅れ! 何て言うこともありますので・・・

Q金魚の白点病の治療について

現在家で飼育している金魚が白点病に罹っており8lの容器にてグリーンFリキッド及び塩水浴を行っています。明日一回目の水換えを行おうと思うのですが、どのような水を入れればいいのか悩んでいます。畑で使う予定で貯めてある雨水を使おうかと考えたのですが、もう何日も前に降った雨水も含まれており水が傷んでいるのではないかという不安があり、ではどうするかというところで悩んでいます。白点病は原因の寄生虫の繁殖が非常に早く前日まで元気だった魚が一日で白点だらけになりまもなく☆になってしまったという話も聞き、私としては一日も早く水換えをして少しでも寄生虫を排除したいという思いでいます。このような場合は雨水を入れてしまうのとカルキ抜きを使用した水道水のどちらを入れればいいのでしょうか?
また、グリーンFリキッドと塩を投入してから3日ほど経ったのですがあまり効果が感じられません。薬や塩の量を増やすべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

まず大前提ですが、白点病の原因である白点虫は、基本的に実質根絶することは不可能です。

日本の平地で、一般的な家庭環境・一般的な器具による一般的な飼育方法では、水槽の中に水生生体がいる場合、100%その水槽内に白点虫が存在し、どのような水生生体にも100%白点虫が寄生しています。
白点虫の詳しい生態説明は今回省きますが、水生生体が水槽に存在している限り、白点病の発生を100%防ぐということはできない、ということはまず覚えておいてください。
人間の眼に見えていないだけで、発症していないように見える水生生体にも、必ずくっ付いているのです。

まず一般的に流布されている教科書通りの対処を挙げてみましょう。
・ヒーターで水温を30度以上に上げ、白点虫の繁殖を抑制する
・1日1回程度の頻度で水槽の水換えをする事で、白点虫を物理的に水槽外へ排出する
・白点病治療用の薬品を適量投入する
・発症生体の生態にもよるが、塩浴を併用する
というのがまあ主な対処法でしょうか。

正直申しまして、今まで私が熱帯魚を飼育していて経験上確実に言えることは
「上記の大半の対処が間違っている・適切ではない」
です。
私は、今まで飼育生体の水槽に一度たりとも白点病対処用の薬品を投入したことはありません。
全て、唐辛子1本と水温・水質管理において須らく症状を治めています。

さて、白点病の対処において、特に間違っていると思う水温の件に関しては、上記の一般論水温30度以上云々は馬鹿げているとすら思っています。
確かに白点虫の繁殖そのものは、その水温以上だと繁殖力が落ちるとされていますが、それ以上に、その水の中にいる水生生体自体、その高水温によって無駄に体力が奪われます。
一般流通していて手軽に入手できる大半の水生生体は、そのような高水温下に耐える生態を持ち合わせていません。
そもそも生体の調子が落ちることが原因で白点病を発症しているのに、水生生体の調子がさらに下がるような処置を施せば、いくら白病虫の繁殖力が落ちている状態であったとしても結果的に状況は好転しません。白点虫と高水温のダブルパンチでさらに生体が弱るだけでしょう。

ですので私の場合、水温に関しては、白点病発症生体の適温に合せるようにしています。
生体にもよりますが、一般的な熱帯魚ならほとんどの場合、26度くらいで大丈夫です。
一般的な金魚であれば、こちらも同じような水温で問題ないでしょう。
水槽用の水温計は100均に売っているもので充分です。水温計は水生生体を飼育する上で無くてはならないものの一つと考えて準備してください。

また、水槽に唐辛子1本を投入するといいましたが、投入する唐辛子は、頭と尻尾を落とし、中の種を全部排出します。その上で念のため良く流水で洗って、小さいネットなどに入れ水槽(設置していればフィルター内)に投入します。唐辛子は1日1回新しいものを交換して投入します。

水槽の水換えの回数に関しては、その水槽の立ち上がりからの期間とろ過バクテリア繁殖量によって変えます。このろ過バクテリア繁殖というのが、水生生体飼育において、とても大切な要素となっています。詳しくは今回は省きますが。
私の場合、環境の急激な変化で生体の体調を崩させないため、水換えは1週間に多くとも2回まで、と決めています。
1日1回などという馬鹿げた頻度で水換えを行っていたのでは、水槽内のろ過バクテリアが無駄に減ってしまい水槽のろ過能力が無駄に下がる上、水換えの作業そのものが生体に直接ストレスを与え、なおかつ新しい水が混ざった水槽の水(つまり環境の直接的な変化)がさらにストレスに拍車をかけることになり、これも結局生体の調子を崩す原因になります。
あ、全換水なんてもってのほかです。交換する水の量はどれだけ多くとも1/2、通常は1/3くらいで交換してください。
ちなみに、白点病用などの薬品は、このバクテリアにも多大なダメージを与えます。なので極力病気用の薬品は使用しない方が、水槽環境そのものにも優しいです。
私が病気用の薬品を水槽内に入れない理由の一つはこれです。これだけ、じゃないんですけどね・・・。

水換え用の水については、日本国内であれば基本的に水道水で充分です。
もちろんカルキ抜きはしなくてはいけませんが、むしろそれだけで充分飼育用の水として扱えるんですよ。熱帯魚用などのカルキ抜き+αができるものがあればもう少し安心できますが、それでもほとんどの水道水はカルキ抜きだけで充分使用に耐えます。
井戸水や雨水は一見水道水よりも良い水とおもいがちですが、それはあくまで人間が飲んでどうなのか、というレベルでの話し。生体飼育水として見た場合、どんな成分が混ざっているか分かったもんじゃない自然水は、何も水質検査していない場合むしろ危険です。
ちょっと値は張りますが、水槽用の水質検査用薬が何種類も販売していますので、別々の水質検査ができるものを複数種購入されることを強くお勧めします。水生生体を飼育する上での、最低限の機材と考えて下さい。

あと、えさもきちんと与えてください。これも生体の体力をなるべく落とさないためです。
生体の状態が悪いと食いが悪くなるので、いつもより量は少なめにして、食べきれない分はできる限り早く水槽外へ摘出してください。水が早く悪くなるのをできる限り防ぐためです。

とりあえず取り急ぎ最低限のことだけ書かせていただきましたが、ひとまず試してみてください。ただの白点病の症状であれば、これで処置を続け1週間程度様子を見れば、状況が違ってくるはずです。
慣れないと大変ですが、頑張ってください。

まず大前提ですが、白点病の原因である白点虫は、基本的に実質根絶することは不可能です。

日本の平地で、一般的な家庭環境・一般的な器具による一般的な飼育方法では、水槽の中に水生生体がいる場合、100%その水槽内に白点虫が存在し、どのような水生生体にも100%白点虫が寄生しています。
白点虫の詳しい生態説明は今回省きますが、水生生体が水槽に存在している限り、白点病の発生を100%防ぐということはできない、ということはまず覚えておいてください。
人間の眼に見えていないだけで、発症していないよ...続きを読む

Q海水魚の白点病についての個人的な考え

 
よく白点病は
『水槽の病気』
と言われますが
私は
『底砂の病気』
だと思います。
なので底砂を全て捨てれば
白点病は治ると思うのですが
どうでしょうか。
よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

白点病って魚の病気なのでは?っていうかまあw飼育環境が出来上がっていない水槽に魚を投入するとかかる病気です。w底砂やろ過装置が原因なら私の水槽はおそらく白点病だらけでしょうなw
素人考えのあまり根拠の無いアドバイスばかり信じないで、実際に白点病が、出ないで飼育している人のシステムを参考にするのが良いでしょう

参考までに幾つか白点病がでない水質環境の目安になる事をあげておきましょう
1.ライブロックに付いているような色の石灰藻が自然に発生している(貧栄養で非常に良い状態)

2、サンゴ、海藻などが飼育できそこそこの水流がある

3.亜硝酸濃度0 硝酸塩濃度0もしくは限りなく0に近い(この状態でもサンゴや海藻が無い状態だと白点病が発生する場合もあります)

4・外部濾過を使用している場合は、頻繁に洗浄などはしない


飼育環境さえ出来上がれば、白点病に限らず殆どの病気にかかりずらくなり、多少の病気持ちの魚を投入したとしても自然治癒してしまいます

画像を貼っておきますんで良かったら参考にでもしてくださいw
画像はナチュラルタイプの水槽です。去年の6月頃に設置しましたが水変え数0回(足し水のみ)水質は亜硝酸0、硝酸塩濃度0(未検出)

白点病って魚の病気なのでは?っていうかまあw飼育環境が出来上がっていない水槽に魚を投入するとかかる病気です。w底砂やろ過装置が原因なら私の水槽はおそらく白点病だらけでしょうなw
素人考えのあまり根拠の無いアドバイスばかり信じないで、実際に白点病が、出ないで飼育している人のシステムを参考にするのが良いでしょう

参考までに幾つか白点病がでない水質環境の目安になる事をあげておきましょう
1.ライブロックに付いているような色の石灰藻が自然に発生している(貧栄養で非常に良い状態)

2、サ...続きを読む

Q白点病なのでしょうか? 最近購入した金魚の尾に白点がありました。 もう3週間ぐらい薬浴と塩水浴してい

白点病なのでしょうか?

最近購入した金魚の尾に白点がありました。
もう3週間ぐらい薬浴と塩水浴しているのですが治りません。というより増えている様子もないし他の部位に移動もしていません。
別の病気でしょうか?詳しい方ご助言お願い致します。

Aベストアンサー

オスメスの区別は糞尿の大きさ、太さでも可能ですし、100%ではありませんが、区別はできます。この個体以外に飼育する個体がいると明確になりますが、そうでない場合は出ていても不明確な場合もあります。

 ストレス性で尾、鰭、鰓にでる疾患もありますが、この場合は水温が安定していない時にでます。これは水温が20℃をキープできる様になると治まり、治まる時に一時的に黒くなりますが、問題はありません。

Q無脊椎動物のいる水槽で白点病にかかった海水魚の治療法は?

シリキルリスズメ2匹とカクレクマノミ1匹を飼っています。
・以前より食欲も元気もない
・体をこする動作をする
・体表に白点があらわれてきた
以上の症状から白点病ではないかと思っています。

上記の3匹の魚のほかにシッタカ3匹とイソギンチャク1匹ライブロック1個が水槽の中に同居しています。

HPなどで白点病の治療法を調べてみましたがいくつか治療法があり、他の動物たちに影響がない方法で治療できればと思っています。

よいアドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

白点病の可能性が高そうですね。
私は10リッターのバケツを用意して海水を作り、エアーポンプとヒーターを入れ、グリーンFリキッドを溶かし、海水の温度を水槽の温度と同じにしてから、水槽内の魚を入れ。毎日バケツの水換え(全量)を行いながら、1週間ぐらい様子を見ます。(この時も水の温度あわせはして下さい)
中には、バケツの水温を上げる(30度程度)方もいますが、私の場合はこれで、ほとんど☆にせずに治せております。

病気を発見するのが早ければ、病気にかかった個体だけ取り出せば大丈夫ですが、日が経っているなら、前個体をバケツに移して治療を行った方が良いと思います。

水槽内から魚を取り除けば、白点病の原因となる繊毛虫の遊走子(子供)は、寄生する魚がいないと通常1日ぐらいで死滅するらしいので、魚が完治すれば、魚についている薬品を取り除いて水槽に戻しても大丈夫だと思います。

sealionさんが書かれている、ヨウ素殺菌カプセルでも多少は効果があるようです→「白点病かな?」と思って初期段階でヨウ素殺菌カプセルを使用してみたら、白点病は出ませんでした。

ここ3年ぐらい白点病の治療を行っていないので、新しい良い薬が出ているかも知れませんが、グリーンFは初心者の私でも簡単に白点病治療が出来ました。

後、治療で薬を使ったバケツ、ヒーターは通常の無脊椎動物のいる水槽には使わないで下さい

白点病の可能性が高そうですね。
私は10リッターのバケツを用意して海水を作り、エアーポンプとヒーターを入れ、グリーンFリキッドを溶かし、海水の温度を水槽の温度と同じにしてから、水槽内の魚を入れ。毎日バケツの水換え(全量)を行いながら、1週間ぐらい様子を見ます。(この時も水の温度あわせはして下さい)
中には、バケツの水温を上げる(30度程度)方もいますが、私の場合はこれで、ほとんど☆にせずに治せております。

病気を発見するのが早ければ、病気にかかった個体だけ取り出せば大丈夫です...続きを読む

Q白点病の金魚の治療について

他のサイトでも質問させていただきました。色々な方のご意見を頂戴したく、質問いたします。

白点病の金魚の治療について、質問させていただきます。始めて金魚を飼いました。

10日前に、お祭りの金魚すくいでとった4匹の金魚を飼い始めました。

⚫︎初心者用の金魚飼育セットを購入(エアーポンプ、水中フィルター、チューブ、中和剤、エサ、人工プランターが入っていました)
⚫︎水槽の大きさは幅315×奥行185×高さ245mmの、水が12リットル入るサイズです。
⚫︎底に敷く砂利を水道水で洗い、すぐに水槽に投入しました。
⚫︎浄水をそのまま入れました。中和剤をその時入れたかは不明です。
⚫︎エアーポンプをフィルターにつけて、金魚を水槽に入れました。

数日後、白いポツポツが付いている金魚を発見しました。しかし、そのまま特に何もせずにいました。

飼い始めて一週間後、白いポツポツが全身に広がっており、これは異常だろう…と調べたところ、白点病にかかっていることが分かりました。

⚫︎白点病と分かるまでの間、毎日一日二回餌をあげていました。
⚫︎フィルターが茶色いなと思ましたが、特に処置せず。
⚫︎水も一度もかえていませんでした。
⚫︎水温計もなければ、ヒーターもありません。

本日、メチレンブルーを購入して水槽の水を半分替えました。その中にメチレンブルーを1.5ml程入れました。フィルターははずし、チューブからエアーを入れている状態です。

しかし、一匹が☆になってしまいました。無知な為、飼い方を間違え可哀想なことをしてしまいました。

残りの3匹は、底でじっとしていることが多く、時折フワフワ泳いでいます。

前置きが長くなりましたが、質問です。
⚫︎メチレンブルーの量は、12lの水槽に1.5mlで大丈夫でしょうか?
⚫︎今日、半分の水を取り換えてましたが、まだ臭いがします。翌日も半分替えた方がよいですか?その際、メチレンブルーも1.5mlの半量入れた方が良いでしょうか?
⚫︎エアーを、チューブから出している状態ですが、泡の勢いがあり、金魚達が流されています。対処方法はありますか?
⚫︎餌をあげない方が良いという意見が多いです。あげなくても大丈夫でしょうか?二日前からあげていません。
⚫︎砂利の底から、色々な汚いものが出てきました。取り除く方法を教えていただきたいです。
⚫︎ヒーターを、私は購入したいのですが、主人は「金魚にそんなにお金をかけるつもりはない」と言います。ヒーターはなくても病気は改善されますか?

質問が多く、長文になりましたが、よろしくお願いします。

他のサイトでも質問させていただきました。色々な方のご意見を頂戴したく、質問いたします。

白点病の金魚の治療について、質問させていただきます。始めて金魚を飼いました。

10日前に、お祭りの金魚すくいでとった4匹の金魚を飼い始めました。

⚫︎初心者用の金魚飼育セットを購入(エアーポンプ、水中フィルター、チューブ、中和剤、エサ、人工プランターが入っていました)
⚫︎水槽の大きさは幅315×奥行185×高さ245mmの、水が12リットル入るサイズです。
⚫︎底に敷く砂利を水道水で洗い、すぐに水槽に投入しま...続きを読む

Aベストアンサー

薬は、使用量が説明書に書いてあると思いますので、それに従ってください。
たとえば、水60Lに対して10mlと書いてあるのでしたら、質問者様の水の量
は12Lですので、60Lの1/5の量になります。
したがって、薬の量も1/5となり、2mlまでならOKとなります。

水を交換した場合には、交換した水のL数に合わせて、薬も追加します。
水の交換をどの程度の頻度で行うかは、魚の状態も考慮して決める必要があり
ます。
あまりにも弱っている場合には、水交換が魚にとって負担となり、悪いほうに
影響することもあります。
「金魚達が流されています」という文章から察しますに、これは重症かと。
とりあえず1/3くらい交換して、様子を見ながらがよいかもしれません。

金魚が流されないように、エアーの勢いを弱まらせるには、チューブを途中で
カットして、間に二又分岐を接続する方法があります。
「エアー 二又分岐」で検索をすると、販売しているお店や商品写真が出ます
ので、どんな商品なのかがわかると思います。
二又分岐を使い、水槽へ向かうチューブを接続したほうのレバーは全開に。
もう一方のほうには、何も接続せず、こちらのレバーを徐々に開けてエアーを逃
がすことで、水槽へ向かうほうのエアーの量を減らすことができます。
また、二又分岐を使わずにエアーの量を減らす方法としては、私自身は経験が
ありませんが、チューブに裁縫の針などで穴をあけて、そこから空気が抜ける
ようにすると、結果としてエアーの量が減らせるかもしれません。
なお、私は二又分岐を持っているため、チューブに穴をあけたことはありません
ので、勝手な想像での話になります。

エサについては、「あげる」「あげない」の両意見があります。
1週間くらいなら、あげなくても大丈夫です。
私の場合、軽症なら与えますが、ヒドイ場合は状況を見てといった感じです。
白点病に限った話ではありませんが、あまりにも重症になると、エサを与えても
食べなくなります。
そうなる前に、何とかしないと、回復が見込めないのは確かです。

砂利の掃除をするなら、水と金魚をバケツなどに移して、水槽と砂利を洗って
しまう方法があります。
私は平気でやりますが、これには反対する方もおります。
さきほどの、エサを「あげる」「あげない」と一緒で、それぞれに言い分がある
わけです。
どうするかは、質問者様にご判断いただくしかないですね。

ヒーターの必要性についてです。
昔、私が白点病について書いた回答です。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4473080.html
上記URLの質問文と、他の回答者様のご意見などを合わせてご覧いただけると、
参考になると思います。
白点病の場合、私はヒーターがあったほうがよいと思います。
ヒーターを持っていると、白点病が出たときに使ってしまうので、使わずに改善
されるかは不明です。
病気が初期の段階なら、ヒーターを使わずに改善も可能性としてはあり得ますが、
今回の文章を読んだら、だいぶ進行しているようなので…。


>主人は「金魚にそんなにお金をかけるつもりはない」と言います。

あら、旦那様が財務大臣に就任しているとは、珍しいですね。
ネット上でお見かけするのは、奥様が財務大臣に就任しており、旦那様からの
ボヤキが多いような印象を受けますが。。。
ご主人を説得して、ヒーターを買ってもらってください。
なお、ヒーターの中には、温度が26℃に固定されており、自由に設定できない
タイプがあります。
自分で温度を自由に設定できるタイプのものを選んでください。

薬は、使用量が説明書に書いてあると思いますので、それに従ってください。
たとえば、水60Lに対して10mlと書いてあるのでしたら、質問者様の水の量
は12Lですので、60Lの1/5の量になります。
したがって、薬の量も1/5となり、2mlまでならOKとなります。

水を交換した場合には、交換した水のL数に合わせて、薬も追加します。
水の交換をどの程度の頻度で行うかは、魚の状態も考慮して決める必要があり
ます。
あまりにも弱っている場合には、水交換が魚にとって負担となり、悪いほうに
影響することもあります。
...続きを読む

Q海水魚の白点病について教えてください。

昨日からチェルブが白点になっています(3~4個付いている)ライブロック、エビ、ケヤリ等いるため薬は使いたくありません、殺菌灯をつければ治りますか?
また他に良い方法があったら教えてください。

Aベストアンサー

白点病は人間でいう「風邪」みたいなものですから、体力のある魚がかかっても自然治癒することがほとんどです。

餌付きもよく、水質も問題なければたいして心配はいりません。

また、白点虫は魚に寄生しているときは薬や殺菌灯は全く効果ありません。魚から離れて、水中に浮遊している時にやっつけるしかないのですが、これも抹殺するのは無理なようです。

私の水槽は2年ほど病気知らずだったのですが、1ヶ月ほど前にフレームエンゼルを追加し、ショップの水もそのまま投入しました(本当はいけませんね)。

すると、すぐにナンヨウハギが白点になり、両側面ビッシリと50個くらいの白点がつきました。
少し元気がなくなり、ライブロックの上でお休みしていることもあったのですが、餌をよく食べていたので、放置しておりました。
今は、やっと10個くらいに減っています。

様子をご覧になってはいかがですか。
個体差があると思いますので、自信はありません。

Q金魚の白点病治療について

治療後は水槽を含め消毒すべきですか?

初めて金魚を飼っていてどのようにすべきか悩んでいます。

それとも現在2回目の薬を与えています(ニューグリーンF)が
新たに発症した金魚が今治療中なのでもう一週間薬をあたえて様子を見るべきでしょうか?
(新たに発症した金魚は腹の横のヒレに数箇所白の点があるだけでもうすぐ治りそうですがなぜか尾びれが線状に4本ほど切れています)
薬が与える影響がどれほどのものかよくわからないので3週間も続けるのは心配です……(>_<;

加えてサーモスタットが30℃固定にしているのですが
何時頃から温度を下げるべきでしょうか?

回答よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

病室用の水槽の場合は死んで片付ける以外ではある程度は除菌されていますので天日干しで構いませんし、問題はありません。少し気になる点は尾鰭に切れ込みができている事であり、これは腐敗症の尾腐病に罹患しており、ずっと同じ水槽に入れていたら他の合併症で危険な状態になります。

 水のPhがどの状態になっているのかを確認してからでも遅くはありませんし、金魚のPhはベストがPh6~7の間ですので処方箋の影響でも上下がありますし、現状ではPh8以上か5以下になっている可能性は否めません。性質が悪いとリトマスでは測定ができませんから試薬を購入するかPh測定器を購入し、測定してください。それで塩基(アルカリ)の場合は腐敗症になり、酸基(酸)の場合は孔明病になりますからどちらも危険です。

 孔明病は同じグリーンFでもゴールドでないと効果はありませんし、最悪の場合はモルヒネに相当するエルバージュの投与になります。エルバージュは劇薬ですから場合に依っては印鑑の捺印、本人を証明する物を掲示を求められる事もあります。

Q海水魚の白点病治療に一番有効な治療法は?

 
1硫酸銅投与 
 
2夜中に連続換水 
 
3グリーンFリキッド
 
4淡水浴
 
5低比重療法
 
6免疫力を上げる餌
 
7パラサイトリムーバー
 
8ヨウ素殺菌
 
9サンゴを投入
 
10ドクターラボ
 
11環境を変えない(放置)
 
12その他
 
どれが良いと思いますか?
私は連続換水が効果的でした。
よろしくお願いしますm(_ _)m
 

Aベストアンサー

私は完全に12のその他で殺菌灯です

質問の解釈は隔離水槽での治療法?
それなら1か8か12でエルバージュ薬浴

殺菌灯が効かない白点もセット後の日数によっては
ありますが、本水槽での殺菌灯が1番効果ありです

あとはろ過槽に汚れが溜まらないようにするのと
水替えは定期的にきちんとやる事

Q金魚 白点病と尾ぐされ病を併発

どなたか完治させる方法を教えてください・・・

以前、出目金と小赤二匹が白点病になり、
初心者のため、どうしていいかわからず、
早く対応したほうがいいかと思い、
グリーンFを買って紙に書かれている濃度に薄め
薬浴させましたが、翌朝には全滅してしまいました・・・
同様に、メダカも変な点々がたくさん出たので
薬浴させたところ、完治し今も元気に泳いでおります。


メダカのみになりましたが、やはりどうしても
金魚と出目金を眺めたく、
ペットショップで金魚すくいがあったため
彼と2人でやり、三匹ずすもって帰れるので
計六匹の金魚と出目金を育てていました
白に赤の小さな金魚、オレンジの金魚
黒の出目金、それぞれ二匹ずつです。

白二匹と出目金一匹の様子がおかしく、
前に早く薬浴させたため死んでしまったと思ったので
まず水槽を別にしましたが、2日ほどで死んでしまいました。
もうどうしていいか分かりませんでした。
そして今また残り三匹が白点病、オレンジの一匹が
尻尾に血がにじんでおり、体にも赤い点々ができていました。
もうそのまま分けていると寿命を縮めるかと思い、
現在24度から26度の間で薬浴させています。
いきなり薬を規定量投入すると魚がびっくりしそうなので、
薄めにして薬浴させ、エアレーションをして
ヒーターで水温を保っています。

その時に黒出目金の尾ぐされ病に気がつきました。
日中温度があがり、26度を超えたのかと思います。
尾ぐされ病は温度が高いと活動するとか・・・
でも白点病は温度を上げたほうがいいとか・・・

この場合黒出目金とオレンジ二匹は分けたほうがいいですか?
どうにか完治させたいです。
お願いします・・・

どなたか完治させる方法を教えてください・・・

以前、出目金と小赤二匹が白点病になり、
初心者のため、どうしていいかわからず、
早く対応したほうがいいかと思い、
グリーンFを買って紙に書かれている濃度に薄め
薬浴させましたが、翌朝には全滅してしまいました・・・
同様に、メダカも変な点々がたくさん出たので
薬浴させたところ、完治し今も元気に泳いでおります。


メダカのみになりましたが、やはりどうしても
金魚と出目金を眺めたく、
ペットショップで金魚すくいがあったため
彼と2人でやり、三匹...続きを読む

Aベストアンサー

病気の魚は一匹づつにすべきだと思います、よくなっても、ほかの魚の菌が移るからです。
あとは熱帯魚専門のペットショップの店員さんに聞いてください、ショップには魚の病気がつきものですから、対処方法を知っているはずです。
病気の写真を撮っていけば店員さんは分ると思います。
お役に立てませんが、専門家が一番ですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報