初歩的な質問ですみません・・・。

そもそも赤字とはどういう状態かがわかりません。

貸借対照表上で
資産-負債がマイナスになったら赤字ですか?

それとも
利益余剰金がマイナスになったら赤字ですか?

資産合計2900万
負債合計2650万
資本金300万
だと利益余剰金がマイナスになってしまいました。
(ちなみに損益計算書は売上高-費用はプラスとなっており、
 9万円の利益がでています。)

マイナス・・・ということは赤字なのか?と思ったのですが
資本は負債よりも多いし・・・。
といった感じでわかりません・・・。

どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

会社法の改正で財務諸表の作り方が変更されたため、企業の利益額は貸借対照表には現れなくなりました。



損益計算書で法人税等を引いた後の当期純利益が会社の「利益」ということになるのですが、ここからさらに株主への配当金等を支払った残りが会社に残る「利益」になります。当期純利益がマイナスになることが「赤字」です。

新会社法では、当期純利益をどう使ったかを株主資本等変動計算書で計算をし、その結果の剰余金の額などが貸借対照表に記載されます。ですから、利益も損益も貸借対照表には直接は表示されません。


>資産合計2900万
>負債合計2650万
>資本金300万
>だと利益余剰金がマイナスになってしまいました。
>(ちなみに損益計算書は売上高-費用はプラスとなっており、9万円の利益がでています。)

これは前々期に赤字が嵩んで資本金を59万円食いつぶす形になっていたのだけれども、今期は9万円の黒字になったので、利益剰余金のマイナスが59万円から50万円に減少したのだと思います。
    • good
    • 0

今から,あなたの考え方を止めてください。

大雑把に書くとこうです。

損益計算書とは。
売上高
売上原価
ーーーーーー
 売上総利益
販売費
管理費
研究費
 ・
 ・
 ・
ーーーーーー
 営業利益
 営業外収益
営業外費用
ーーーーーー
 経常利益
特別利益
特別損益
ーーーーーーーー
 税引前当期利益
 法人税等充当額
 -------
 当期利益・・・・収益から費用を差し引いた残りが利益
         これが資本の部の剰余金に下に記入

貸借対照表とは。
 借   方    貸   方
資 産 の 部  負 債 の 部
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
現金・預金      支払手形
           買掛金
商品・材料      借入金
           未払費用
建物・機械
備品・土地    ー-------
          資 本 の 部
         --------
株式・国債      資本金
           準備金
貸付金        剰余金
           (利益をここに表示)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
合  計    =   合   計
このように考えてください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会計的にいうと赤字・黒字とは何ですか?

赤字・黒字とよく言いますが、会計の5つの利益のうち
何が赤字・黒字というのでしょうか?

そもそも
営業利益がプラスなら”営業利益”
営業利益がマイナスなら”営業損失”

で営業黒字、営業赤字という言葉はあるのでしょうか?

当期純利益、当期純損失といいますが
当期純黒字、当期純赤字という言葉は聞かないし・・・。

赤字、黒字とは何でしょうか?
また、連続増収増益といいますが、
増収は売上高だと思うのですが
増益は何の利益が連続してふえているのでしょうか?

詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

>赤字、黒字とは何でしょうか?

黒字は
 売上総利益(粗利)
 営業収益(営業利益)
 経常損益(経常利益)
 税引前当期純損益
 当期純損益
  のどれかが、プラスの場合に黒字と称します。

赤字は
 上記のどれから、マイナスの場合に赤字と称します。

 語源は、簿記の時にマイナスは赤字で記帳することから由来しているようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E5%AD%97

簿記用語から発生した言葉ですから、会計の世界では一般的な用語ではあり
ますが、正式な会計用語ではありません。
また、赤字国債、家計が赤字等、簿記の世界だけでなく一般的に赤字、黒字
の語は使われています。

>で営業黒字、営業赤字という言葉はあるのでしょうか?

営業利益が黒字の場合に、営業黒字と言っても一般的に意味が通じると思われ
ます。
 ※私は、勘違いを避ける為に営業利益がマイナス、営業収益が赤字・・・の
  ようにどの段階の収益がマイナスであるかを的確に伝えるようにしています。

>また、連続増収増益といいますが、

これは鋭い質問ですね。
私の場合は、都合の良い様に使っています。
 ※◯期連続増収増益は耳障りの良い言葉ですから、できるだけ使いたいですね。
 ※都合の良い収益をつまみ食いします。
 ※大企業の決算要旨の「業績の状況」を見ても統一性はありません。
 ※企業にとって、営業利益が増やすことが企業の本来の目的ですから、営業利
  益をもって増益とするのが正しいような気がします。(私見)
  (営業外や特別損益は企業業績を直接的には表しませんので・・・・)

>赤字、黒字とは何でしょうか?

黒字は
 売上総利益(粗利)
 営業収益(営業利益)
 経常損益(経常利益)
 税引前当期純損益
 当期純損益
  のどれかが、プラスの場合に黒字と称します。

赤字は
 上記のどれから、マイナスの場合に赤字と称します。

 語源は、簿記の時にマイナスは赤字で記帳することから由来しているようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E5%AD%97

簿記用語から発生した言葉ですから、会計の世界では一般的な用語ではあり
ますが、正式な会計用語...続きを読む

Q連結貸借対照表と単独貸借対照表どっち?

貸借対照表でソニー、松下、シャープを比較したいんですが、
連結貸借対照表と単独貸借対照表どちらで比較すればいいですか?

Aベストアンサー

近年の比較なら、連結です。

Q青色申告の赤字?黒字繰越について

青色申告の赤字繰越の説明で、初年度は赤字で、以降黒字というのを聞くのですが、逆に、儲かり始めて、税金対策を知って、青色申告を出した場合、初年度が黒字になり、次年度は赤字になることもあると思います。
この場合、メリットはあるのでしょうか?
例えば、
青色申告を出した、
今年が、1000万円の黒字。
翌年が、100万円の赤字。
翌々年が、100万円の赤字。
となった場合などです。
どうなんでしょうかね?

Aベストアンサー

黒字繰越という言葉はありませんが、「赤字の繰戻し」ならあります。

>今年が、1000万円の黒字…
>翌年が、100万円の赤字…

今年が青色申告をしている場合は、翌年の赤字を翌々年に繰り越す代わり、前年の所得から差し引き、前年分の所得税の還付を受けることもできます
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2070.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/index2.htm

Q貸借対照表の「利益剰余金」が、前期も今季も赤字計上していますが、前期よ

貸借対照表の「利益剰余金」が、前期も今季も赤字計上していますが、前期より今期の数字はさらに悪くなっています(仮に500万円さらに悪化したものとします)。

一方、損益計算書の「当期純損失」もマイナスです。これは「利益剰余金」と同じ数字でなければなりませんでしょうか(500万円でなければならないのか)。それとも仮に純損失が300万円として、
数字が違ってもいいのでしょうか。

違う場合、なぜ差異が出てくるのでしょうか。

粉飾決算をしている可能性はあるのでしょうか。

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

繰越剰余金と当期の損益との違いを再度考えてください。

貸借対照表の繰越利益剰余金は当期だけでなく設立以来の損益の累積から社外流出、配当や役員賞与を除いたものです。

一方貸借対照表状の当期利益や当期損失はあくまで当期1期限りの利益または損失です。
従って両者は一致しないのが当たり前です。

貸借対照表と貸借対照表の当期利益は当然一致するのですが、これと繰越利益は逆に滅多に同じにはなりません。


株主資本等変動計算書はこの剰余金の前期中の変動要因を項目別にあらわした表です。

利益剰余金の増減は、利益や損失以外に、配当、役員賞与、減資等でも発生します。

Q好況で皆が黒字でも誰かが赤字になっている??

好況になると黒字決算になる企業が増えますが
ここでふと疑問に思ったことがあります。

会計のルール上では「誰かの黒字は他の誰かの赤字」になるはずです。
では、好況で企業が皆黒字になっているということは
その一方で好況にもかかわらず誰かが赤字になっているということでしょうか?
その赤字になっているのは一体誰なのでしょうか?

それとも、「誰かの黒字は他の誰かの赤字」の原則にも例外があるということなのでしょうか?
だとしたら皆が黒字になるそのカラクリの正体は何なのでしょうか?
株の売買差益でしょうか?

Aベストアンサー

BLがゼロサムゲームでないのを、一番単純に知るのなら、仕掛り高、棚卸高 の把握でしょう。
なので、貸借対照表 で合っていると思いますよ。

損益計算書は、キャッシュフローを軸にしているので、生産により資産が社内外に蓄積していく様は、把握しにくいですから。

付加価値がモノについていくことにより、モノの価値は上がり、キャッシュの価値は下がります。そのため、経済が正常な状態ではインフレが起こります。
使ったもの以上に、作ったものの価値がある、というのを表すのは、損益ではなく、キャッシュ、在庫を含んだ会社の資産状態が増大して行くことを把握する方が良いです。

Q貸借対照表等から会社の状態を読み取るソフト

いつもお世話になっております。
他社が公開している貸借対照表等からいくつかの項目の数字を抜き出して入力したら、その会社の現在の状態がひと目で分かるようになるソフトは無いかと同僚から相談されました。
そんなソフトが本当にあるんでしょうか?
調べてみましたがアプローチの仕方が悪いのか、さっぱり分かりませんでした。
すみませんが、もしもご存知の方がいらっしゃいましたら教えて頂けませんか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんなサイトがあります。

http://k-sindan.smrj.go.jp/crd/servlet/diagnosis.CRD_0100

独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営しているようです。

Q決算書の見方で赤字や黒字を見るにはどこを見ればよいのでしょうか?

今期黒字とか通期で赤字とか聞きますが、これは決算書のどこの部分を見ると、赤字から黒字になったことが分かるのでしょうか?
簡単な質問ですみません。

なぜなら黒字と言っている会社が、経常損益、当期損益と出ているので、本当に黒字なのかと思いまして・・・

どなたか専門ではないので、簡単にして説明をお願いします。

Aベストアンサー

通常、会社の損益は営業損益、経常損益、当期損益の3つで表されるます。
これは会社の収入と費用を一定の区分で段階的に整理して、それぞれの段階での損益を表示することになっています。
ご質問の「赤字」「黒字」ですが、これら損益の表示は黒字の場合は例えば経常損益ですと、「経常利益」として金額はプラスで表されます。
これが赤字の場合は「経常損失」として金額はやはりプラスで表します。
通常は見かけませんが「経常利益」と表示して赤字の場合ですと、金額の頭に▲を付することになります。
「経常損益」を▲で表す場合は「経常損(▲)益」としたうえで金額の頭に▲を付した方が紛らわしくなくていいと思います。

Q貸借対照表の基礎的な質問ですが・・・・

不動産所得の確定申告中ですが、昨年物件を売ったときの記入がわかりません

例ですが・・・減価償却未償却残高200万円、貸借対照表期首土地100万円のマンションを500万円(諸経費込み)で売り、現金500万円を事業主に渡した

このときの貸借対照表・・・事業主貸しでいいのでしょうか?

Aベストアンサー

貸借対照表は、期首と期末の状況が載るだけで、途中経過は関係ありません。

>減価償却未償却残高200万円、貸借対照表期首土地100万円…

期末は期首と比べてそれぞれ 200万、100万が減ります。

>500万円(諸経費込み)で売り…

貸借対照表には関係ありません。

>現金500万円を事業主に渡した…

事業主貸の期首欄はもともと無記入。
期末に 500万増えます。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/15.pdf

Q経常収支黒字=資本収支赤字って?

経常収支赤字=資本収支黒字とかいう等式をたまに見かけるんですが、
これって俗に言う「経常収支赤字のファイナンス」ってヤツですかね。

又、逆に経常収支黒字=資本収支赤字とかいう等式もおおむね成り立ちますか?
もしそうだとしたら、どうしてそうなるのか教えてくださいませんか?

それと、日本の経常黒字で円高になるのは分かったんですが、それと同じ量の
円が資本収支赤字の分アメリカ等へ流出・投資されて外貨に転換されているの
だから、結局±0で「円高」にならないのでは・・・?

という単純な発想ではいかないんでしょうけど、ちょっとその辺が分からない
ので、詳しくどなたか御教え下さいませんでしょうか?
よろしくお願いします。m(__;)m

Aベストアンサー

「経常収支の黒字(赤字)=資本収支の赤字(黒字)=対外純資産の増加(減少)」というのは、常に成り立つ恒等式です。(但し、対外純資産の増減には、時価の上下による増減は除きます。)、細かい事を言えば、すべての取引を把握出来ない事からくる誤差脱漏という調整項目がある等、言ってみれば「この等式が恒に成り立つように国際収支を計算している」という部分も多少はあるのですが、この際無視してください。

何故、成り立つかという説明ですが、個人の生活に例えて見ます。毎月もらう給与等の収入が、同じ月の支出以上であれば、その差額は貯金になります。貯金は、銀行に金を貸す訳ですから、資本取引としては支払超になり、資本収支は赤字です。(たんす預金もあるでしょうが、「たんす銀行」に金を貸したのだと思って下さい。)収入<支出であれば、預金の取り崩しあるいは借金をしているはずです。(資本収支の黒字)
これは、収入と支出のアンバランスは、貯金の増減(=対外純資産の増減=資本収支の赤字/黒字)に必然的につながる、というだけの事です。最初に述べた国際収支上の恒等式が成り立つのは、これと同じような事です。

「経常収支の黒字=資本収支の赤字」なのに何故為替レートが動くか、という事ですが、これは株式市場に例えて見ます。株式市場では、一日のうちに「買われた」代金と「売られた」代金は必ず一致します。(勿論、手数料は考慮に入れません。)だからといって、「株価が動かない」って事にはなりませんよね?以下のように考えたらどうでしょうか。

市場には、売りたがっている人と買いたがっている人がいて、値段に折り合いがつかなければ、取引は成立しません。しかし、どちらかがしびれをきらして、相手に歩み寄れば、取引は成立します。その後また、お見合いになって、次に、買い手がしびれをきらして行動に出れば、値段はあがります。逆のパターンなら、値段は下がります。極めて短期間の間に無数の市場参加者が「痺れをきらして行動した結果」の連続が、株価の動きです。(為替市場は、売値と買値が僅かな幅をもって常に提示されているので、こちらの方がわかりやすい例かも知れません。)

株式市場の売買代金や国際収支の恒等式は、あくまで「事後的にはそうならざるを得ない」ということであって、売りたがっている人の『気持ち』と買いたがっている人の『気持ち』がバランスしているこ事とは別問題です。そして、どんな市場でも、ひとつひとつの値動きは、そういう『気持ち』の変化が引き起こしている訳です。ドル円について言えば、傾向としては何時でも経常収支は黒字ですが、いつかは手に入れたドルを売らざるを得ない輸出企業が「待てない時」は円高、生保などの資本筋が積極的にドルを買いあがって行く時は円安、と考えるとわかりやすいでしょう。(かなり乱暴ですけど)

尚、円決済の貿易も比率は少ないが存在するし、対価を伴わない無償協力もあるし、何よりも輸出企業がドルで代金を受け取る場合でも、それを直ちに市場で円転する訳ではありません(このような、タイミングのずれの内意図的なものは、短期的には為替市場に結構な影響を与えます)から、経常収支の黒字=資本収支の赤字が、すべて同じ期間の内に為替市場を通じて行われている訳ではありませんが、大雑把な大勢観察としては、「為替市場を通じている」と考えても良いでしょう。

「経常収支の黒字(赤字)=資本収支の赤字(黒字)=対外純資産の増加(減少)」というのは、常に成り立つ恒等式です。(但し、対外純資産の増減には、時価の上下による増減は除きます。)、細かい事を言えば、すべての取引を把握出来ない事からくる誤差脱漏という調整項目がある等、言ってみれば「この等式が恒に成り立つように国際収支を計算している」という部分も多少はあるのですが、この際無視してください。

何故、成り立つかという説明ですが、個人の生活に例えて見ます。毎月もらう給与等の収入が、...続きを読む

Q初歩的な質問で申し訳ありませんが、残高試算表のどこを見たら赤字か黒字かわかりますか?

弥生会計を使用していて、「残高試算表」の一覧表が出てきますが、損益・貸借のどこの数字を見たら赤字か黒字かの判断がつくのかわかりません。資本とか負債とかの関係もいまいち理解できません。スバリここという所はありませんか?教えてください、お願いします。

Aベストアンサー

黒字・赤字を判断する項目は、損益の「営業利益」「経常利益」「当期純利益」を見てください。

「営業利益」とは、「事業による損益」を表しています。
「経常利益」とは、「事業による損益+事業以外の損益」を表しています。
「当期純利益」とは、「経常損益+経常的には発生しない特別な損益」を表しています。

最終的に黒字か赤字かを判断するのであれば、「当期純利益」を見てください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング