新撰組の映画のシーンにて、
 近藤に殿様が、「うまのいきんらいうよしか。そういえば、太閤秀吉も天下を取った後に増徴し女にくるったあげくに一族を滅ぼした。百姓上がりの性だな、近藤」
 という台詞がありました。
 この「うまのいきんらいうよしか」を検索して何度も調べたのですが、ヒットできませんでした。
 私の聞き取り方が違う・おかしいのだと思い、何度もそのシーンを聞きなおすのですが、あまりはっきりと聞き取れず、わかりませんでした。

 「うまのいきんらいうよしか」、正確な文章、そして、意味をご存知の方、ぜひ教えて下さい。
 よろしくお願いします。

A 回答 (6件)

誰のセリフかわかりませんが、もし江戸弁でも構わなければ…。



「馬の行(いき)みんたん(と)いう良(よ)しか」
(お前さん、そのツラ見ると)馬のサカリづいて鼻息が荒いといった様子そのものじゃないかネ。

「馬の勇(いさ)んで荒れるのと、嬶のやつすのは怒りつつ嬉しい。」(ことわざ)
いきむ【息む】きばる。いきずむ。
いきみんたん【行みんたん】(みんたんは接尾語) 惚れている。気がある。
よしか【良しか】念を押し、相手の注意を喚起する間投詞。辰巳芸者に始まる切れの好い掛け言葉。いいかネ、わかってるネ。
(前田勇編「江戸語の辞典」)
    • good
    • 0

入手して聴いてみました



殿様のセリフが

うまの

きんだい

ごようし

女を次々と・・・。性が出るものよのう。

正確な発音は分かりませんが
人の名前か場所の名前と思われます。
    • good
    • 0

 近くのビデオレンタル屋に行って聞いてみたのですが、もう無いとのこと。

出来れば前後二つぐらいの文をつけて、アップしてくださると。みんなが聞けると思うのですが、、、
    • good
    • 0

字面からだけの、まったくの当てずっぽうです。



「馬の生きん ら 言う由か」

「の」は九州地方で「が」の代わりに使われることがあります。
「ら」は「など」
「由」は、事、事情、わけ、などの名詞。

総合すると、馬が生きない(死んでしまう)ということか。

でもこれでは全く文脈に合いませんね。失礼しました。
    • good
    • 0

映画の題名は?

この回答への補足

【映画】 (邦画任侠) 実録・新選組 完結編 小沢仁志 2006.0325
です。
説明が不足していまして、すみませんでした。

補足日時:2011/04/22 17:31
    • good
    • 0

映画のタイトルくらい分かりませんか?


または、開始何分くらいのせりふなのか。

この回答への補足

【映画】 (邦画任侠) 実録・新選組 完結編 小沢仁志 2006.0325
13分30秒くらいです。
説明が不足していまして、すみませんでした。

補足日時:2011/04/22 16:34
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q殿様商売ってどういうことですか??

ちょっと幼稚な質問で申し訳ないのですが、殿様商売ってどう言う事ですか??
トヨタの販売店でクルマを見にいけば殿様商売がどういうのか分かりますか??
トヨタがよく殿様商売といいますが、よく分かりません。どう言うのが殿様商売と言うのか詳しく教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

元々の意味は「もうけるための努力や工夫をしない商売」という意味です。
「お殿様は商人みたいに頭が下げられない」という皮肉ですね。
それが転じて「努力や工夫をしなくても商売が成り立つので、強気で商売する」
っていう風にも解釈されています。

トヨタ車は確かに人気があって値引きやサービスをあまりしなくても商売が成り立っていますが、
ちょっと違うかな・・・

昔(スーパーファミコン時代の)任天堂とかは完全に殿様商売で、
任天堂の意向ひとつでゲームメーカーがつぶれる可能性もありました。
(何しろ家庭用ゲーム機は独占市場だったので、任天堂から出してもらえ
なかったらゲーム会社は商売できない)

殿様商売が体感したければ、「観光シーズンの観光地の駐車場」とか
「ホテルの中の自動販売機のビール」とかの値段を見るとか、札幌の
某有名すし屋(注文すると「ちょっと待ってなよ!今他のにぎってんだから!」
と平気で言われる。二度といかん)
とか行かれるとよいかも。腹立ちますが(笑)
寿司

Q【日本語】岱咨組の組を前の2文字のように下に組で上は何でも良いのでそういう上下漢字ありありませんか?

【日本語】岱咨組の組を前の2文字のように下に組で上は何でも良いのでそういう上下漢字ありありませんか?

下で山口組という文字にしたいです。

無ければ良いアイデアを募集します。

Aベストアンサー

屳啓組では?

Q秋田市の人は「うちの殿様は佐竹さまだ」という意識を持っているようです。

秋田市の人は「うちの殿様は佐竹さまだ」という意識を持っているようです。

福島県の白河市民は、松平氏・結城氏・阿部氏が殿様だったのですが誰を「うちの殿様」と意識しているの

でしょうか。お教え下さい。殿様の末裔が白河市に来ると市長を初め重鎮が出迎えると聞きました。

上の3人のどの末裔ですか。

Aベストアンサー

白河の場合、市長を初め重鎮が出迎えるとすれば、明治の廃藩置県時の最後の殿様でしょうね。
ご参考まで

Q外国のことわざを、日本のことわざの中で近いものに当てはめたいのですが…

中国語で「螳螂捕蝉、不知黄雀在後」ということわざがあります。
これは“蝉を狙っているカマキリが、目先の欲にとらわれ自分を狙っている雀に気づかない”という意味らしいです。
日本でこの諺に近い諺を教えてください。
※「漁夫の利」は、いまいちそぐわない気がします。

Aベストアンサー

> 蝉を狙っているカマキリが、目先の欲にとらわれ自分を狙っている雀に気づかない
でしたら「頭の上の蝿を追え」はいかがでしょうか。
(「事態の描写」に対して「命令形」となっている分、下世話の感はありますが・・・)


> その場を見据えて、少し待ってから大きな利益を得る
ととる場合は、「待てば海路の日和あり」(「海路」は「甘露」とされる場合もあるとのこと)か
「慌てる○○はもらいが少ない」(敢えて伏字とさせていただきました)が合うように
思います。


・・・が、
> 文中でこの諺を使っていること自体がまず間違ってるような気がするんです…。
とのことでしたら、仰るように「あえて諺は訳さず通す」が無難かもしれません。
(受け手側にある程度解釈が任されますので・・・)

あ、訳さずとはいっても白文ではなく訓読文を想定しています。
(素人訳ですが、「黄雀の後ろに在るを知らずして蝉を捕らうる蟷螂」といった感じ)

Q乗り物の殿様

よく時代劇で乗り物に乗った殿様が賊に襲われそのまま刺されるシーンがありますが殿様は自分の脇差なり籠槍で実際は乗り物から出て応戦してないのですか?
まあ走って逃げた殿様はいましたが。

Aベストアンサー

普通殿様は駕籠脇に武芸に優れた護衛の武士を従えており、これらがまず防戦します。
駕籠の中は視野も小さく外の様子をうかがうには窓を開く必要があります。

駕籠の中で防戦する事は想定外ですから、外に出て防戦するしかありません。
しかし殿様でそのような武芸に練達の人はまず例外で、そのために護衛の家臣がいるわけです。

ドラマですから替え玉が乗っていたりしますが、実際は桜田門外で暗殺された井伊大老も駕籠の中にいたまま刺し殺され、その後引き出されて首を取られたのです。
護衛の家臣はあらかた切り死にか負傷して戦える状態の者は少数でした。

Q「勝ち組・負け組」はなんで「組」なの?

勝ち組・負け組という言葉が流行ってますが、なんで「組」が付くんでしょうか?
単純に自由競争で勝負つけるなら、勝者と敗者でいいような気がするんですが。

Aベストアンサー

日本人の中で「組」という言葉が連想させるのは、圧倒的に小学校などの「学校」です。
学校という言葉が、連想するのはみんな平等に受けられるというイメージです。
つまり、「みんな同じ日本人」で「平等」で「公正な競争」が行われた結果「勝ち組」と「負け組」に分かれてしまった。
全国民にわかりやすく説明する言葉としても、最適なのでしょう。
これが、敗者、勝者ですと、先日行われた野球のように「ルールとしておかしいのではないか?」
とか、「明らかに不公平な取り扱いをしたのではないか」という至極もっともな疑問が国民の間に起こると困るので、流行語として流行らせたのだと思います。
本当は同じ日本人だとは思っていなくて、不公正で、不平等な競争の中で、「格差」ができてしまったと多くの人が思ってしまえば、困る人がいるため、まだ気がついていない人たちにわかりやすく説明したのではないでしょうか?
日本人の心情に訴えるのがうまい人が作った造語ではないでしょうか?
「イメージ戦術」の一つの言葉と理解してもいいのではないでしょうか?
参考になれば

Q江戸時代の殿様の暮らしについて

江戸時代の殿様はどんなことをしていたのですか?朝は何時に起きて、夜は何時に寝て、日中はどこにいたのですか?やっぱり城の中にずっといた?トイレは殿様専用のやつとかあったんですか?
殿様の趣味はどんなことがあったんですか?(鷹狩とか?)

Aベストアンサー

江戸時代の殿様という存在は、存在するという事のみに価値があるような存在でした。要するに家臣団が食っていくために存在してくれさえすれば、政治は重臣達がやってくれるし、下手に活動されて目付けに睨まれ、改易にでもなったら大変なので余計な事をしてくれない人のほうが家来にとって都合がいい訳です。
そんな訳で、江戸時代も中期以降になると毎日暇を持て余し、昼間から酒ばかり飲んでいるような殿様も随分多かったらしいですね。自分の名前も自分で書けないような酷いのも居たみたいです。
それから、大名というのはヨーロッパの王侯貴族と違って私有財産をほとんど持っていません。飽くまで朝廷から領内の徴税権と行政権を委託されている存在に過ぎないので、大名としての格式に則った容儀を整える事以外では、身の周りの事で自由に金を使えないのです。そんな訳で、余り金の掛かる趣味は持てなかったみたいですね。責任ばかり重くて割りに合わない商売です。だから飲んだくれちゃうんでしょう。

Q本やサイトによってことわざが違うんですが

能ある鷹は爪を隠す 能ある鷹は爪隠す
郷に入っては郷に従え 郷に入っては郷に従う
転がる石に苔は生えぬ 転がる石に苔は生えず

こんな感じで、本やサイトによって書いてあることわざが少しずつ違うのでどれが正しいのか分かりません。意味は一緒だと分かりますが・・
上記のような例だけでなく、他にもちょっとずつ言葉が違っているものが多々あります(後に続く言葉がある・ない、「、」がある・ないなど)が、どれが正解なんでしょうか?それとも、全部正解なんでしょうか?どっちでもいいんでしょうか?

Aベストアンサー

「意味は一緒」であれば、表記の相違に過ぎないと思います。
漢字でも、「こう書く場合もあるし、人によってはこう書く人もいる」という場合があります。

「能ある鷹は爪を隠す」と「能ある鷹は爪隠す」の場合、前者の方が普通に見る形だと思います。後者は、歌の文句に仕立てたような雰囲気がある。七五の音になっているので、口調に乗りやすい。

「郷に入っては郷に従え」と「郷に入っては郷に従う」の場合、前者が命令形で終わり、後者は終止形で終わっているという違いが見られます。
これも、圧倒的に前者の形が普通だと思います。けれど、何かの文の中に入れる場合には、「そんなにツッパッてちゃあ、くたびれるでしょうに。郷に入りては郷に従う方が楽だとは思わない?」とかいうふうに、「引用」の形をとる場合には、語尾を変化させることもあり得ることです。
これは、日本のことばのように見えて、実は「聖書」からきた言葉だったりします("When in Rome, do as Romans do." なんて文を、受験の頃に暗記しました)。
翻訳の場合は特に、この表現以外は間違いだ、とは言いにくいです。意味が同じならいいのじゃないでしょうか。

「転がる石に苔は生えぬ」と「転がる石に苔は生えず」という形は、これは子供向けの説明に用いるような形で、「転石苔を生ぜず」という方が普通の形だと思います。
同じ意味の言葉が、わが国の国歌である「君が代」に入っておりますが、そちらは純然たる日本の和歌から採られたものでありますが、面白いことに英語でも Rollong stone gathers no moss. という言葉があります。
「転がる石に苔は生えぬ」というのは、英語を和訳したもののような感じがします。そうであれば、意味が同じなら表現の違いは問題にならないと思います。

引用者の覚えている言い回しや、文中における変形などで、ひとつの形が変化することはあり得ることだと思います。
法律ではないので、これでなければ間違いだ、という決まりはないはずです。
ただし、覚える場合は、一般的に認められている、独立させた形で覚えるのが原則だと思いますから、「郷に従う」という形で覚えてしまうのは、好ましいとはいえないと思います。

「意味は一緒」であれば、表記の相違に過ぎないと思います。
漢字でも、「こう書く場合もあるし、人によってはこう書く人もいる」という場合があります。

「能ある鷹は爪を隠す」と「能ある鷹は爪隠す」の場合、前者の方が普通に見る形だと思います。後者は、歌の文句に仕立てたような雰囲気がある。七五の音になっているので、口調に乗りやすい。

「郷に入っては郷に従え」と「郷に入っては郷に従う」の場合、前者が命令形で終わり、後者は終止形で終わっているという違いが見られます。
これも、圧倒的...続きを読む

Q殿様の子孫

昔の殿様というのは、今の政治家と同じで派閥があったり権力争いがあったり憎まれ恨まれることもあったり同じようなものだったのでしょうか?

また、殿様の子孫というのは代々恨まれ続けたり怨念を抱かれることもあるのでしょうか?

よく韓国人などが日本人を恨んでいつまでも戦時中のことを根に持ち、日本人であるというだけで敵視する人がいると聞きます。
戦争を知らない世代同士なのに日本人に対し恨みを持って復讐心を燃やすなどという話を聞きますが、殿様を恨んでいた人が代々殿様の子孫を恨み続けて血族を途絶えさせるということが実際にあるのでしょうか?

Aベストアンサー

”昔の殿様というのは、今の政治家と同じで派閥があったり権力争いがあったり
 憎まれ恨まれることもあったり同じようなものだったのでしょうか?”
     ↑
誰が殿様になるかで、家臣の昇進などが決まる場合
がありますので、派閥闘争のようなものはあったと
思われます。
俗にいわれるお家騒動がそれです。
これが原因でお取りつぶしにあった藩もありました。

”殿様の子孫というのは代々恨まれ続けたり怨念を抱かれることもあるのでしょうか?”
      ↑
日本ではあまり聞かないですね。
日本人は、怨念を代々引き継ぐという国民性を
もっていませんから。
元総理大臣の細川護熙さんが恨まれている、という話は
聞きません。
尊敬されている、という話なら聞きますが。
だから総理大臣になれたのです。
尚、細川さんですが、wikから抜粋。
「関ヶ原の戦いなどで活躍した戦国大名・細川忠興の子孫で、
 旧熊本藩主細川家第17代当主・細川護貞と、近衛文麿元内閣総理大臣の娘
 である温子との間の長男として東京府東京市
(現在の東京都千代田区)に生まれる(本籍地は熊本県熊本市)」

徳川家康の子孫もちゃんと生き残っていますよ。

”よく韓国人などが日本人を恨んでいつまでも戦時中のことを根に持ち、
 日本人であるというだけで敵視する人がいると聞きます。”
     ↑
誤解されているようですが、韓国人が反日なのは日韓併合が
原因ではありません。
西郷隆盛の書見に「反日激しい韓国に・・」という記載がみられます。
当時既に反日だったのです。
江戸時代の朝鮮通信使の日記にも反日的記載が窺えます。
元寇で、渋るモンゴルを説得して、日本を侵略させたのは
時の朝鮮王「忠烈王」でした。

韓国のこの反日は小中華思想に基づくと言われています。
つまり、格上の韓国を日本が凌駕しているのがケシカラン、
我慢ならない、ということです。
その証拠に、朝鮮は中国から千回も侵略されていますが
中国には決して抗議したりしません。

尚、小中華思想
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E4%B8%AD%E8%8F%AF%E6%80%9D%E6%83%B3

”昔の殿様というのは、今の政治家と同じで派閥があったり権力争いがあったり
 憎まれ恨まれることもあったり同じようなものだったのでしょうか?”
     ↑
誰が殿様になるかで、家臣の昇進などが決まる場合
がありますので、派閥闘争のようなものはあったと
思われます。
俗にいわれるお家騒動がそれです。
これが原因でお取りつぶしにあった藩もありました。

”殿様の子孫というのは代々恨まれ続けたり怨念を抱かれることもあるのでしょうか?”
      ↑
日本ではあまり聞かないですね。
日本人は、怨...続きを読む

Q一つのことわざを探してるんですが。。。

私は日本語を勉強している外国人ですが、ことわざに関しての宿題があります。
”あなたあなたが誰かに恩恵を受けたときは、忘れないでおきましょう(つまり覚えるべき)だという意味のことわざを探したんですが、なかなか見つけていません。どなたかわかったら、教えてもらえませんか?よろしくお願いします!

Aベストアンサー

こんにちは。

「犬猫も三日飼えば恩を忘れず」
(いぬねこも みっかかえば おんをわすれず)
というのがあります。

犬や猫でさえ恩を忘れないのだから、人間はそれ以上でなければいけない、ということです。

ただし、目上の人に対して使うと非常に失礼なことわざですので、
注意してください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報