江戸時代の三大飢饉の享保、天明、天保の飢饉の正確な死者数が知りたいです。享保は1万2,500人ぐらいだと思うんですが、他の飢饉の死者数が地方ごとの死者数は分かっても全体の死者数はあいまいでよくわからないんです。

A 回答 (2件)

下の方が回答されているように、当時正確な死者数を出すことは困難であり不可能であったとされているので、文献の別やその記録によって諸説あり現在に至っても正確な数字は出されていません。



死者の出し方にしても餓死者と疫死者を一つとして出すか、餓死者のみとするかという点でも別れており、餓死者と疫死者を見分けがつかなかった場合もあるので仮に数字が出ていてもそれが正確なものとは言えないでしょう。

というわけで、ここからはいくつかの諸説織り交ぜて回答させて頂きます。

まず享保の大飢饉ですが、この死者数には二つの説があります。文献『虫附損毛留書』及び『日本災異志』によると全国の餓死者12,172人とあるのですが、『徳川実記』によると96万9,900人とされています。当時の飢民数が265万人とされていますので、後者『徳川実記』の96万9,900人という数字もあながち間違いとするものではないと考えられています。

天明の大飢饉における死者数はこれまた説が分かれており、死者は6万人(一藩で数万から30万人以上の死者を出したところもあるとの記録があるので、この6万人は信憑性が薄いですが)とも90万以上100万人近くであったともされています。が、松平定信が残した記録によると天明4年から5年にかけて全国で140万人の死者があったとされています。天明の大飢饉は天明3年から6年(または7年)にかけてですから、この記録を正しいとすれば予想するに200万人規模で死者を出したと考えられます。

最後に天保の飢饉ですがこれも曖昧なものが多く諸説あるのですが、一説には10万とも20~30万人ともされています。しかし東北だけで数十万の死者が出たともされているので、これによれば前者は否定されることとなりますので一概にどららが正しいとは言えません。大体にしてですが、この飢饉の惨状を紹介する際に用いられる死者数は後者の20~30万人とする場合が多いようです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

享保の飢饉の一万と九十万はすごい差ですね。ありがとうございました、課題研究に役立てます。

お礼日時:2003/10/02 14:48

残念ながら正確な数字はムリです。



当時はまともな統計がない上に(そもそも日本全国の人口だって怪しい)、伝聞による死者数の増加、
記録すべき人間すら死んでしまったというような状況である上に、
飢饉の後の疫病やなんかまで一緒くたになってしまっていますので。

例えば天明の大飢饉で仙台藩の餓死者数は40万人と記録されていますが
これはあまりにも数が多すぎますし、

享保の大飢饉で『徳川実紀』によると「すべて山陽、西国、四国等にて餓死するもの96万9千人」とありますが、これも本当かどうかなどまったく不明です。

寛政の飢饉で京都での死者が8万2千人という資料がありますが、
これも禅僧雲泉大極の『碧山日録』に、
「洛北の僧が木片の卒搭婆を8万4千作り、死体に1つ1つ置いていったところ、2ケ月で残り2千になった」
という記述がよりどころですので、実数は誰にもわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。ここに質問するのは初めてでしたがこんなにはやく答えが返ってくるとは思いませんでした。

お礼日時:2003/10/02 14:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q元号は現在、天皇陛下が代わられると元号を変える事ですが、江戸時代やそれ以前の時代では、どのタイミング

元号は現在、天皇陛下が代わられると元号を変える事ですが、江戸時代やそれ以前の時代では、どのタイミングで変わっていたのでしょうかか?

Aベストアンサー

今のように、天皇の代替わりのときにだけ元号を変える制度になったのは、明治からです。その結果、天皇と年号が1対1に対応するようになりました(ということと関係があると思いますが、明治以降の天皇は、明治天皇のように年号で呼ばれています)。
それ以前は、めでたい事があった、天変地異、疫病がはやったとか、いろいろの理由で年号を変えていました。

Q天保の飢饉

江戸時代に起こった天保の飢饉では侍は餓死者が出なかったということですが本当でしょうか?
それと天保の飢饉が起こる前に天明の飢饉とかいろいろな飢饉が起こっているんですが、それの経験を活かして対策などはたてられなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

相馬藩でも領主が自分の家宝や城の庭木まで売って金を作って大阪から米を買って配り、天明以来の貯蓄が皆無になったとあります。藩内に餓死者は一人もでなかったそうです。

二宮尊徳は天保4年の凶作のあと、天明の飢饉と同様に再度の飢饉があると予知して稗を大量に作らせて備蓄し、天保7年の飢饉では平年よりゆたかに暮らさせ、他の諸藩にまで救済の手を差し伸べました。

この時大阪では大塩平八郎が乱を起したのは、あるところにはある、つまり流通のまずさが多くの餓死者を生んだということを意味しています。

ということで、ふだん蓄えのある侍は餓死しなかった。1年の蓄えも無い貧民が餓死したということになります。

Q江戸時代の人は元号を言えたか

 
 以前どこかで前世療法というものの動画を見た際、前世にもどったひとに「年号は何年ですか」と質問すると、「安永○年」とか「天明○年」と、“前世”の人が答えていました。

 最近思い返してふと疑問に思ったのですが、江戸時代の人はその時々の元号を知っていたのですか?
 知っていたとすると、元号が変わったときはどのようにしてその情報が伝わったのでしょう?

 ちょっと不思議に思いました。
 ざっくりしていますがお答えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

>江戸時代の人は元号を言えたか?
その人がどの階層(身分)に属して居たかで大きく変わりますが…99.99%の江戸時代の日本人は元号はおろか、何月と言う概念すらありませんでした。従って基本的には「江戸時代の人は元号を言え無かった」と言う答えでOKなはず。従ってその「前世に戻った人」はどこか遠い星の "EieDoo(我々に理解出来る言葉で発音すると「エド」と聞こえる)" と言う時代から来た異星人かと思われます。

P.S.
日本では明治5年の改暦詔書までは、一部の学者や政府高官以外には元号はおろか、何月何日と言う概念すらありませんでした。そもそも日本では中国由来の暦が数百年に渡って使われており。年号では無く「今年は甲子(きのえね)の年」と言った風に考えていました。いわゆる「干支暦」と呼ばれる暦です。

>Wikipediaによる解説:干支 - http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B2%E6%94%AF

江戸時代以前と明治以降の現代文明社会とでは時間の流れ方が全く違います。江戸時代では手紙を送って、その返事が来るのを1ヶ月以上も待って、それからまた返事を送って相互確認を取り、それで互いに了解して~と言った風に物事が運ぶ時間感覚です。厳密に何月何日の何時までに返信を!~みたいな感覚は一切ありません。また個人で時計を所有してる人も居ません。1日は朝昼晩で良かったし、1週間と言う区分も明治以降に西洋文明と共に入ってきた制度です。

江戸時代は主に住んでる地域の神社仏閣で月に行われる「お祭りの日付」を基準に月日を勘定するのが一般的な習慣でした。例えば今ならデートの約束を「明日、2月3日の15時に駅前で」みたいに行います。江戸時代なら「お稲荷さんの次のお祭りの前の日に六角地蔵の前で」みたいになります。現代人みたいに正確に何時何分と言う概念自体がありません。早く来過ぎたり、或いはのんびり出掛けて相手を何時間も待たせて、特に怒ったりはしません。だってそう言うものだからです(なので待ちぼうけやすれ違いも当たり前でした)。

>江戸時代の人は元号を言えたか?
その人がどの階層(身分)に属して居たかで大きく変わりますが…99.99%の江戸時代の日本人は元号はおろか、何月と言う概念すらありませんでした。従って基本的には「江戸時代の人は元号を言え無かった」と言う答えでOKなはず。従ってその「前世に戻った人」はどこか遠い星の "EieDoo(我々に理解出来る言葉で発音すると「エド」と聞こえる)" と言う時代から来た異星人かと思われます。

P.S.
日本では明治5年の改暦詔書までは、一部の学者や政府高官以外には元号はおろか、何月...続きを読む

Q享保の飢饉~空米取引について~

享保の飢饉のときに、それまで禁止していた米商人による空米取引を幕府は公認したとあります。空米取引を調べると、「先物取引」とか「帳簿のうえで」とか「仮需要が発生」とかいう言葉があります。現物の米をやりとりしているのでなく、仮に米があるとして決算をしているとすれば、なぜそんなことをするんですか?そんな架空のようなやり方をわざわざするわけがわかりません。教えてください。要は、「先物取引」って何なのか知りたいかんじなのです。

Aベストアンサー

 先物取引は、現在は「ない」物を売る人と買う人が必要です。それぞれ「空売り」と「空買い」といいます。現在株式市場では「信用売り」「信用買い」といっています。

 買う人が物を持っていないのは当たり前ですが、先物取引では売る人も物を持っていないのです。

「現在は持っていないが、将来入手する予定のものを先に売ってしまう。」このような取引が、空売りです。

 空売りは、元々商品取引から生まれました。

 例えば、生産者が、お米を6月の時点で11月に引き渡す条件で値段を決め、売る契約をする事で発生しました。

 生産者にとって、豊作で値段が大暴落するようなことがあっても、6月の時点で決めた値段で売れますから、収入が確保できます。

 購入する側にとって、災害・凶作などで値段が高騰してもやはり、6月の時点で決めた値段で購入できますから、リスクヘッジになります。

 このように先物取引は、生産者・購入者双方のリスクヘッジが目的で発生しました。

Q江戸時代の元号の文字 画像あり

添付は、私の先祖(たぶん江戸時代の後期)が、将来の子孫のために、その子孫が亡くなった際の戒名を付けるルールを予め寺と定めたものです。大金を支払い、戒名の文字数の確保や、戒名の下二文字のルールを決めたそうです。

その寺からの許容書の実際の画像です。
左には、元号が見えます。十二月の前は 何と云う元号でしょうか

八良衛門 は 私の先祖の名前です

また、他の文字も読めれば 教えてください

Aベストアンサー

rodste さん、こんばんわ。

たぶん、慶応二寅の年と書かれていると思います。

後半の部分ですが、「永世に○○○居士、大姉を許容せしむものなり。」でしょうか?

Q天保の大飢饉の時、漁師たちは??

歴史に明るくないので、その点を留意した上で回答を戴けると嬉しいです o(^▽^)o


【質問】:天保の大飢饉の時は漁師たちも飢えたのでしょうか?




ご回答お待ちしております。

Aベストアンサー

一般的に言えば、単純には言えない、場所それぞれでしょう。
江戸時代に何度か飢饉がありましたが、収穫量の減少や期間の長さ、飢饉状態になった地域の広がり、減収になる前の状態などからみれは、天保の飢饉が一番ひどいようです。しかし、死者の数は、天明の飢饉の方が多かったようです。なお、飢饉の実態や飢えの状態、死者の数をきちんと同じ手法で調査したものは存在しないので、おおよそのこともわかりません。
http://www15.plala.or.jp/kuni-1/gakusyuu/edo/kikin.pdf
また、飢饉と言われる状態が起きていても、その時代のその地方には、食べ物に困らない人も、食べ物がほとんど得られない人もいます。また、流民となって他の地方に移動してしまう人も多いのです。流民は生活苦や借金でその地域にいられなくなり、余所に逃げるのですが、その場合、受け入れてもらえ何とか食事にありつけそうだと思うところに逃げていくのです。都市部では流民が多く移動して来ては困るので受け入れません。そのため都市近郊に流民が行き場所もなく溜まり、ここで多くの人が死亡します。
http://members.jcom.home.ne.jp/invader/works/works_8_e.html
農村、山村、漁村、都市部どこでも、食料に困る人、返済できない借金を抱えている人が多い状態になりますが、全員がそうなるのではありません。また、気候でも、虫でも、不作、不漁も、地域によって差が出ます。
食料に困っているA地域に、これを機会に高く売ろうとする裕福な人がいる(B地域)と、B地域の食料が不足し、B地域の貧困者が飢餓になります。これでは、不作がひどくないB地域でも飢餓になるので、他の地域への販売を禁じて飢餓地域が広がらない対策も打たれます。また、不作や気候変動、虫や天災で天明飢饉が起きたときの経験から、飢饉対策も色々考えられ実行されていますので、天保飢饉のときには飢饉の状態はかなり良くなっています。
自然現象や不作、不漁などの結果でも飢饉は起きるのですが、ひどい飢饉は、人の動きや対処法が影響するのです。
天明の飢饉の頃は魚も不漁だったところが多いようです。カネに困ると借金したり持ち船を売ったりして、とりあえず食料を確保し、それも出来なくなれば、夜逃げで他の地域に逃げ活路を求めようとし、逃げていった先で死ぬことも増えます。ただ、これも、天保の飢饉のころは少しましになっているようです。
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/hss/book/pdf/no87_08.pdf
千葉県の富津でも、天明の飢饉では打ち壊しがあったものの、天保にはその記載がありません。
http://www.geocities.jp/marusyou03/sub3.htm
米作は、年貢にもなるし、商品価値が高いのですが、この頃の天候では簡単に不作にもなるので、飢饉対策・万一の食料確保でサツマイモやその他の方法も工夫されて行きます。
千葉県の幕張でも、天明(1783~88まで続く)・天保(1833~39まで続く)の大飢饉にも、このあたりで餓死するものは皆無だったそうです。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~nakanisi/rekisi.html
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
通常、天候は荒れるもので、数十年間安定していることの方が珍しいのです。そうしたときに飢饉になって多数の人が死ぬような生活は、普通ならばしていません。
鎌倉時代以降、農業が米作中心になり、金肥(肥料をカネで買う)を使うようになってから、天候不順や虫害で収穫が得られないと、金肥代金などの返済が出来なくなり、土地を担保にカネを借りたり、土地を売るなどの状態が起きるようになったのです。そうすると、不作がひどかったり続くとカネがないために飢饉になります。小さな集落で細々と自給自足している場合は、不作になってもさほど飢饉の状態にはならないことが多いようです。
そういう面から考えると、辺鄙なところにある小さな漁村などは、もともと貧しいレベルですが、その貧しい中で食料がさらに乏しいという程度でなんとか済んでいたのでしょう。
農業にカネを使い目一杯米作で暮らしている地域は、不作時には飢饉になりやすかったのでしょう。
 
なお、昔の食糧事情は、次のようだったそうです。
http://www.pref.iwate.jp/~hp2088/park/kikaku/49th_inochi_tabemono.html
 旧藩時代から明治~昭和の戦前まで、農村部では白米だけの食事は晴食(はれしょく)のときなどに限られ、日常的には、量の不足を補うために米にムギ・大豆・根・海草などを混ぜて炊いた「かて(糧)飯」が主体でした。  
 大正7年に内務省が行った全国主食物調査では、岩手県の村落部では「米・麦・粟(あわ)・稗(ひえ)ヲ主食トシ大根カテヲ四季用イル地方ト、特ニ冬季間麦ノ代用ニ用ウル所トアル。米・栗・稗・麦ニ蕪(かぶ)・大角豆(ささげ)ヲ入レタ粥(がゆ)」と記されています。町の商家でも昭和期まででも麦かてが普通の食生活でした。    
かてには麦、粟(あわ)、稗(ひえ)などの穀物の他、大根や海草のめのこが用いられていました。
 稗(ひえ)・粟(あわ)は土質を選ばず、肥料も少なくて済み、冷害にも強く、また30~40年は保存が可能と言われるなど多くの利点があり、米や麦がよく獲れない地帯では主要な作物として利用されていました。
 それでは、凶作の年はどのような物を食べたのでしょうか。作物の生育期間の低温や日照不足によって不作となる凶作年は、米だけが不作となるのではなく、麦や稗などの他の穀物も不作となることが多くありました。こうした場合に備えて、家毎に蕎麦(そば)や稗(ひえ)、干し大根などを井楼(いろう)(大箱)や梁上(りょうじょう)(まげ、焚き火の上)に貯蔵し、凶作時の備えをしていました。
 食料が不足した初期の段階では、まず備蓄を取り崩したり、増量(かて飯)による穀物の節約、家畜飼料の食用化、ダイコンなどの緊急増反などで、食い延ばしを図りました。さらに食料が欠乏し、かて飯も食べられなくなる中期段階になると、ふすまやぬか、カボチャなどの葉、木の実や山菜などで飢えをしのぎました。厳しい冬を何とか乗り越えても、次の年の蕎麦(そば)や大根などの作物が収穫できるまでの春先から夏にかけてが最もつらい期間となり、山菜や野草のほか、末期段階では食べられるものは何でも採取し、松の皮やウルシの実までも食べて命をつなぎました。
http://www.thr.mlit.go.jp/isawa/sasala/vol_19/vol19_2b.htm

一般的に言えば、単純には言えない、場所それぞれでしょう。
江戸時代に何度か飢饉がありましたが、収穫量の減少や期間の長さ、飢饉状態になった地域の広がり、減収になる前の状態などからみれは、天保の飢饉が一番ひどいようです。しかし、死者の数は、天明の飢饉の方が多かったようです。なお、飢饉の実態や飢えの状態、死者の数をきちんと同じ手法で調査したものは存在しないので、おおよそのこともわかりません。
http://www15.plala.or.jp/kuni-1/gakusyuu/edo/kikin.pdf
また、飢饉と言われる状態が起きてい...続きを読む

Q江戸時代の大名家、官位・伺候席などの一覧

江戸時代の大名家の官位や伺候席、石高等が一覧できるサイトを以前見た事がありました

詳しく見られるサイトをご存知の方、お教えください

Aベストアンサー

参考URLの江戸三百藩HTML便覧のことではないでしょうか。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~me4k-skri/han/hantop.html

Q真珠湾攻撃のアメリカ軍の正確な死者数

表題のものについて知りたく思っています。

以前、テレビを見ていたとき、
アメリカの各地にいって原爆の被害を訴えていた方に、アメリカ人の女性が泣きながら「私の兄は真珠湾攻撃の時殺された、そんなことを言うならばホワイトハウスに言ってくれ」といっておりました。
幼い頃から、「はだしのゲン」等のドラマをたくさん見せられてきて私にとって、けっこうショッキングな映像でした。(もちろん軍人と民間人の違いというのはありますが)


「真珠湾攻撃はなかった」
「真珠湾攻撃はアメリカ軍が知っていて、わざと攻撃させた」
「自虐史観はウンヌン」
という議論はナシでできるだけ正確な事を知りたいです、お願いします。
また、民間人もまきこまれたのか、それも知っている方がいれば教えてくださ。

Aベストアンサー

死者は約2400人。民間人を含みます。
http://www.geocities.jp/torikai007/pearlharbor/shipimage.html

> もちろん軍人と民間人の違いというのはありますが

軍人と民間人の命の重さが違うということでしょうか。
殺した人数の多寡が問題なのでしょうか。
戦争の評価ってむずかしいです。

参考URL:http://www.geocities.jp/torikai007/pearlharbor/shipimage.html

Q【江戸時代?の京都の名所を3巻に纏めた書物の名前と観光名所一覧が見られるサイトを教えてください】お盆

【江戸時代?の京都の名所を3巻に纏めた書物の名前と観光名所一覧が見られるサイトを教えてください】お盆に順番に回って行きたいです。

1番最初は京都御所で、2番目が確か兄が弟を殺して、恨みや祟りで平城京を平安京に都を移す際に最初に建てて弟の祟りから逃れたとされるお寺です。3番目はどこか忘れましたが京都の名所が3巻に纏められていた気がします。

Aベストアンサー

都名所図会(みやこめいしょずえ)

Q天保の飢饉 

天保の飢饉 に関する資料を探しています。

港南区か小田原に天保の飢饉のことが分かる、関する場所はありますでしょうか?

Aベストアンサー

港南区はわかりませんが、小田原×天保の飢饉となると、二宮尊徳あたりでしょうか。

記念館があります。
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/public-i/e_f/sontoku.html


人気Q&Aランキング