ID登録せずに、無料で質問できる♪ 教えて!gooアプリ>>

ガーデニング初心者です。
先日購入した植物の育て方を調べようと思ったのですが、
肝心の名前がわかりません。。

明るい黄緑色の葉で秋に紅葉(?)して赤紫色になる
木のような植物です。
購入したものは、30センチ弱の大きさで、現在小さな
お花が咲いています。

こんな説明でわかるでしょうか??
これじゃないの?とわかる方、教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

コキア」に関するQ&A: コキアが紅葉しない

A 回答 (2件)

コキア(ほうき草)では



参考URL:http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-k/naiyou/k …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

!!!これです!!
昨年紅葉したものを見て、来年は絶対育てよう!と張り切っていたので、お店でみかけたら名前を確認せずに買ってしまいました。。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/01 20:27

植物の名前は?


木、草、羊歯、多肉植物、苔の区別
幹の形状
葉の形状
花の時期と形状
実の熟し時期と形状
自生している場所
などで判断すること多いです。
ーのような木、-のような葉、-のような実、自然で自生している場所、など補足があれば何方かの回答があると思います。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
なるほど!と思いました。
自分で書いたものを読み返したら、これじゃよくわかんないよな。。とつくづく思っておりました。
またこのような機会があったら(これからは、きちんと名前を把握するようにしますが)アドバイスどおり質問させていただきます。

お礼日時:2003/10/01 20:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む

Qシマトネリコの剪定失敗?

2年前に我が家のシンボルツリーとしてシマトネリコを植えました。
高さも5メートルほどになってとても見事なえだぶりでした。1週間前に義母が植木屋さんに頼んで剪定をしたんです。プロいわくすぐ新芽が出て伸びるからと半分ほどの高さになって形がトネリコらしからぬふうになってしまいました!!素人からみると枝がざくっと切ってあり和風の木のような雰囲気です。トネリコの剪定の仕方やデザインをおしえてください。切ってしまったものは戻りませんが伸び過ぎていたとはいえ葉のそよぎがなくなってしまって本当に寂しいです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私の知り合いの植木屋も、シマトネリコの選定に苦労しているようです。
「あれはどう剪定したらいいと思う?」って素人の私に聞いていましたからね。

あまり自信はありませんが、基本的に自然樹形を楽しむ木なので、シャラやエゴノキなどと同じように、枝のつけ根から間引きするのが良いと思います。
株立ちであれば、内側に伸びた枝、特に込み合った枝をつけ根から切り落とすと、ごちゃごちゃ交差している部分がすっきりします。
外に向いている枝は残す。内側に向いている枝は切り落とすというのが剪定の基本です。

Q葉が赤くなる草について

関東の農村部に暮らしていますが、人が生活するエリアに普通に生えている草(いわゆる雑草のたぐいですが)の中に、この季節になると赤くなるものがあります。

添付の写真ですが、左上のギシギシや右上はホドケノザ(かな?)、他にも気になって集めましたが随分色んな草が赤くなっています。これらはどうして赤くなるのでしょうか?

木の紅葉の仕組みは理解しているつもりですが、草が赤くなることについての情報は見つけられません。一面の雑草が見事に紅葉するならば、それはなかなか見ものだろうになぁと、ショーモナイ妄想を抱いたりしています。

ズバリ、でなくても何か手がかりやヒントをお持ちの方がいらしたらご教授ください。

Aベストアンサー

木とか草とかに関係なく紅葉という現象は起きます。
そのときの色が目立つかめだたないかだけの話です。
目立つ目立たないは植物の種類次第です。
なぜ種類で違うのか、といわれてもいろいろあるのが自然現象です、としか答えようがありません
生物多様性と呼ばれています

紅葉という現象については下記のようなサイトがあります

紅葉のしくみ-その観察と実験
www2.tokai.or.jp/seed/seed/seibutsu12.htm
このサイトの末尾の追記に「植物自身にとっての紅葉の意味 」という項目があります
抜粋
紅葉現象は、木本の植物だけでなく草本でもかなり普通に見られます。いわゆる「草紅葉」です。その例はスイバ(Rumex acetosa)、イヌタデ(Persicaria longiseta)、ヒメツルソバ(Persicaria capitata) 、エノコログサ(Setaria viridis)、メヒシバ(Digitaria adscendens)など。
葉が紅葉するのは、葉緑体を保護するためという考え方があります。つまり、気温が低くなって機能が低下してきた葉緑体が過剰な光を受けると、クロロフィルが分解される。そこでアントシアニンが光を吸収して葉緑体を保護し、クロロフィルの分解を遅らせ、できるだけ光合成を続けさせているというのです

葉緑素がどうのという紅葉のしくみそのものについてはこのサイトの前半にあります
抜粋
葉に含まれる色素には緑色のクロロフィル(葉緑素)、黄色のカロチノイド(カロチン類とキサントフィル類)があります。量はクロロフィルがカロチノイドよりずっと多いので、黄色はめだたず葉は緑色に見えます。秋、気温が低くなると葉のはたらきが弱まり、クロロフィルが分解されます。そのため、クロロフィルにかくされていたカロチノイドの色がめだって黄色になります

「一面の雑草が見事に紅葉するならば、それはなかなか見ものだろうになぁと、ショーモナイ妄想を抱いたりしています。」とありますが、実際に草もみじとして観光名物としているところもあります

日光(戦場ヶ原)の紅葉情報 | 紅葉名所2014 - Walkerplus
koyo.walkerplus.com/detail/ar0309e13028/


秋も素晴らしい尾瀬トレッキング!草もみじを堪能しに出かけよう! | 群馬 ...
guide.travel.co.jp/article/5523/


わざわざ日光や尾瀬までいかなくても高麗芝は条件がよければ一面に紅葉します
下記のサイトに写真があります。

芝生の知識-芝生の枯れ方 - 芝生の庭づくり
sibatuku.com/tisiki/huyu.html

12月2日 【芝生の紅葉】 : 後楽園広報スタッフ奮闘記2
korakuenpr.exblog.jp/14105549

蛇足
生物多様性については下記のサイトをご参照ください

生物多様性 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/生物多様性

木とか草とかに関係なく紅葉という現象は起きます。
そのときの色が目立つかめだたないかだけの話です。
目立つ目立たないは植物の種類次第です。
なぜ種類で違うのか、といわれてもいろいろあるのが自然現象です、としか答えようがありません
生物多様性と呼ばれています

紅葉という現象については下記のようなサイトがあります

紅葉のしくみ-その観察と実験
www2.tokai.or.jp/seed/seed/seibutsu12.htm
このサイトの末尾の追記に「植物自身にとっての紅葉の意味 」という項目があります
抜粋
紅葉現象は、木...続きを読む


人気Q&Aランキング