共有結合してる分子のうちの、どれか1つの原子が崩壊すると、分子全体はどうなりますか?
例えば、ヨウ素131を含むヨウ素分子I2がβ崩壊すると、分子はどうなりますか?
I2→I Xe+ + e-
ってことでしょうか。(残ったヨウ素原子と、キセノンイオンが、共有結合している)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

β崩壊で発生するエネルギーは、原子・分子のスケールの100万倍ですから、分子構造は破壊されるでしょう。



それから、再結合するのでしょうが、ヨウ素とゼノンって共有結合できるんでしたっけ。
    • good
    • 0

比較的軽量の原子では中性子/陽子の値が1.0~1.2くらいのことが


多いのですが、重い原子では中性子/陽子の値が1.2~1.5くらいになります。
このため、ウランやプルトニウムなどの重い原子が分裂してできたセシウムやヨウ素
などは中性子の割合が多くなり、中性子がβ崩壊して陽子と電子に分解して、
安定な原子になろうとします。

さて、131Iはβ崩壊すると131Xeになります。
したがって、I2の共有結合は破棄されて、Xeとヨウ素ラジカルになると思います。
放射性物質が発ガン性をもつのは1つはβ線が細胞中のタンパク質を電離させて、
変異させてしまうということがありますが、もう1つはラジカル原子が発生して、
これがタンパク質を変性させてしまうということもあると思います。
    • good
    • 0

>残ったヨウ素原子と、キセノンイオンが、共有結合している


…と言うことは無理なので、ヨウ素原子とキセノン原子に分れます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング