y=sinx(ーπ/2≦x≦π/2)
の逆関数を微分するとどうなるのでしょうか?
宜しくお願いいたします。

A 回答 (3件)

y=arcsinx


x=siny
両辺をxで微分して
1=d(siny)/dx=(dy/dx)(d(siny)/dy)=cosy(dy/dx)
よって
dy/dx=1/cosy=±1/√(1-siny^2)=±1/√(1-x^2)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

迅速でわかりやすく丁寧な回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/23 16:18

この逆関数をよくArc sinと書きます。


Arc sinの定義域は元の関数の値域[-1, 1]のはず。
だけど、Arc sinは-1と1では微分できない気がします。
±π/2付近でのsinのグラフを考えてみてください。

-1<x<1では微分できます。
この範囲ではspring135さん、hugenさんとほぼ同じです。
一応、cosの符号に注意して平方根をとってください。
あるいは、平方根の符号は、元の関数の単調性から明らか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解説がとても分かりやすく感激しました
有難うございました

お礼日時:2011/04/23 16:24

y '=cosx


逆関数を g , sin(a)=b とすると
g '(b)=1/cos(a)=1/√(1-b^2)
g '(x)=1/√(1-x^2)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧でしっかり順を追った説明有難うございました。

お礼日時:2011/04/23 16:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベッセル関数の微分公式について。

ベッセル関数の微分を行いたいのですが、どの式を使って良いかわかりません。

微分する場合は真ん中の漸化式を使うべきなのでしょうか?

それとも、一番下の式(単純に一番上の式から導いた関係)でしょうか?

一番下で計算するとどうも上手くいきません。

さらに、真ん中の式を使うこともできればしたくありません。


ν=0の場合は非常に簡単な公式があるのですが、それ以外の場合の公式がんくて困っています。



それとも、そもそも微分は一番上の積分公式みたいな簡単に公式化できないでしょうか?

どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

よく見ると(2)が微分を含まない式なので、補足します。
ベッセル関数の微分はzを変数として

Zν'(z) = d/dz [Zν(z)]
= (ν/z) Zν(z) - Zν+1(z)
= Zν-1(z) - (ν/z)Zν(z) (*)
= [ Zν-1(z) - Zν+1(z) ]/2

が成り立ちます。

ANo1の式はr^νが共通しているので消去すると

r Zν(ar) = [(ν+1)/a ]Zν+1(ar) + r Zν+1'(ar)

変形して

Zν+1'(ar) = Zν(ar) - [(ν+1)/ar ]Zν+1(ar)

これは上の(*)の式です(ν→ν+1におきかえ)。

Qy=x^(1/2^(1/2))-x (0≦x≦1) のxの最大値とその時のyの値

y=x^(1/2^(1/2))-x (0≦x≦1) のxの最大値とその時のyの値を教えてください。
考え方もお願いします。

式を日本語も交えて書くと
y=xのルート1/2乗-x
となります。

参考書とかに載っていたものではないで問題に不備があるかも知れませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

y=x^(1/2^(1/2))-x
微分して、
y'=(1/2^(1/2))x^(1/2^(1/2)-1)-1=0
x^(1/2^(1/2)-1)=1/(1/2^(1/2))
x=(1/(1/2^(1/2)))^(1/(1/2^(1/2)-1))
整理すると、
x=1/(2^(√2/2+1))≒0.3063
y=1/(2^(√2/2+1/2))-1/(2^(√2/2+1))≒0.1269

Q微分の重解条件は公式として使える?

微分の重解条件は公式として使える?

数学の微分の重解条件について質問です。
タイトル通りなのですが、
微分の重解条件(f(α)=f'(α)=0)は
公式として問題を解く際に用いてもいいのですか?
どなたかご回答ください。

Aベストアンサー

まず、内容の確認ですが、以下のとおりでいいですか?

xの 2次以上の整式(多項式):f(x)において、
f(α)= 0 かつ f '(α)= 0ならば、方程式:f(x)= 0は x=αを重解にもつ。

「微分の重解条件」という公式はありません。造語になってしまいます。
そのときは、内容をほかの人にわかるようにきっちり書かないと、伝わるものも伝わりません。

「f(α)= 0 かつ f '(α)= 0」ということは、グラフ:y= f(x)と x軸が x=αで「接している」ということと同じです。
「接している」=「重解をもつ」ということからも、重解をもつということが帰結されます。


公式としてよいかということですが、「しない方がよい」と思います。
上のように説明を書いて示すのがベストです。
逆に、2次試験のような記述式では、このような説明を書いておくことで部分点をもらえる可能性も高くなります。

Q[命題]0°≦ x,y ≦90°でcosx+cosy=1の時、1/2≦cos((x+y)/2)≦1/√2

宜しくお願い致します。入試問題なのですが

[問]0°≦ x,y ≦90°でcosx+cosy=1の時、
1/2≦cos((x+y)/2)≦1/√2
となる事を示せ。

という問題なのですがどのようにして証明すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

方針のヒントだけ

1)三角関数の和積の公式を適用する。
http://www.ffortune.net/kazu/formula/trigonometric.htm

2)(x+y)/2と(x-y)/2
の取りえる範囲から
cos{(x+y)/2}とcos{(x-y)/2}の取りえる範囲を求める。

3)cosx+cosy=1の関係を積和に変換した式に適用する。

4)2)と3)の結果を使って結果を導く。

あとは自分でやってみてください。
分からないところは途中までの解答を示して補足質問をしてください。

Q合成関数のn回微分の公式?

実関数の微分に対して、ライプニッツの公式は、

(fg)^(n)=Σ[k=0,n]C(n,k)f^(k)*g^(n-k)

です。
ところで、合成関数のn回微分の公式って考えれないのでしょうか?

一般化は難しそうなのでたとえば、
y=f(x)^a
のn回微分を書き表す方法はあるのでしょうか?
ライプニッツの公式は、係数に二項係数が使われましたが、合成関数のn回微分には、なんらかの数列が関係していたりするのでしょうか?

Aベストアンサー

確かに、ライプニッツの公式にはn階導関数について二項係数が使われていました。

しかし、合成関数といっても様々です。書き表せない関数を探す方が早いと思います。

http://www.ne.jp/asahi/search-center/internationalrelation/mathWeb/Differentiation/Differential1VarFnctn/HigherOrderDerivatives.htm#ThrmNthDerivedFnctnOfComposition

合成関数の高階導関数は簡単な公式で表されません。その例として2変数関数の合成関数のn階導関数があります。合成関数と言っても簡単に一まとめにはできないということですね。

Q2 x - y を最大にする方法 (x≦y かつ 0≦x+y≦2で)

x ≦ y かつ 0 ≦ x + y ≦ 2 という条件の下で

● f = 2 x - y

を最大化する x, y を求める方法はないでしょうか?

いろいろ試行錯誤をして

「 x = y = 1 が答えらしい」

ということは何となく分かってきたのですが、すっきりと解く方法が分かりません。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

天才以外の人はグラフを描きましょう。

まず
x ≦ y かつ 0 ≦ x + y ≦ 2 という条件を図示しましょう。
0 ≦ x + y ≦ 2というのは
-x ≦ y かつ y ≦ -x + 2のことですね。

つまり図の青の斜線のようになります。

2x-y=kとすればこれはy=2x-kとなるのでkが大きくなるように図示すると赤線のようになります。

*このとき赤線は領域内のどこかに触れてなければいけません。
 今回の場合は角(1,1)になります。

Qeの微分の公式について

e^xの微分はe^xですが
e^f(x)の微分はf'(x)e^f(x)でいいのでしょうか?
ネットで調べたのですが、e^xの微分の公式の説明ばかりだったので教えてください

Aベストアンサー

あってますよ。
普通に検索すると、確かに見つけにくいですね^^
http://www-antenna.ee.titech.ac.jp/~hira/hobby/symbolic/derive.html

Qx,yは実数x^2+y^2=36,y≧0を満たす時、(□-□√□)/5≦(y-3)/(x-9)≦□を埋めよ

こんばんわ。宜しくお願い致します。

[問]
x,yは実数x^2+y^2=36,y≧0を満たす時、
(□-□√□)/5≦(y-3)/(x-9)≦□
を埋めよ。

という問題で困ってます。
(y-3)/(x-9)=k
とおいてから
y=kx-9k+3
から先に進めません。
何か良い方法がありましたらお教え下さい。

Aベストアンサー

x^2+y^2=36,y≧0 は、原点中心の半径6の円の上半分
(y-3)/(x-9)=k
とおくと
(y-3)=k(x-9) は、(9,3)を通る直線
この直線が半円と共有点を持つときの傾きkの範囲を求めるということ。
最大値はすぐわかりそう。
「最小値は直線と原点の距離が6」という条件でやったらいいと思います。

Q2変数の合成関数の微分公式を用いた計算について

微分積分の回答をお願いいたします。;2変数の合成関数の微分公式について

z=e^xy,x=2u-3v,y=5u+7vによって合成関数z=f(x(u,v),y(u,v))を定義したとする。
zu,zvを、2変数の合成関数の微分公式を用いて計算せよ。

回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

f とか、zu とか、zv とか、何じゃい?

∂z/∂u = (∂z/∂x)(∂x/∂u) + (∂z/∂y)(∂y/∂u)
= {y e^(xy)}2 + {x e^(xy)}5
= (5x+2y) e^(xy)

∂z/∂v = (∂z/∂x)(∂x/∂v) + (∂z/∂y)(∂y/∂v)
= {y e^(xy)}(-3) + {x e^(xy)}7
= (7x-3y) e^(xy)

のことかいな?
まさか z = (e^x)y じゃ、あるまいな。

Qsin4nx≧sinx ・・・・・・① (0≦x≦π/2, n:正の整数)

sin4nx≧sinx ・・・・・・① (0≦x≦π/2, n:正の整数)

①をみたすxの範囲を求めたいのですが、

x=0のとき、①をみたすので、xの区間を0<x≦π/2として考える。

このとき、0<4nx≦2nπ

これ以降どのように考えればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

①の状態で、単位円の状態を考えてみてはどうでしょうか。
x+2kπ≦4nx≦(π-x)+2kπ (kは整数)と範囲が得られ、これを式変形すると
2kπ/(4n-1)≦x≦(2k+1)π/(4n+1)となります。ここで0≦x≦π/2であるから、
kの範囲は、k=0,1,...,n-1となり、範囲が求まります。
 もしくは①の状態からsin4nx-sinx≧0で和積変形してみてはどうでしょうか。