閲覧ありがとうございます。
主題の通り睡魔が激しく困っています。

私は学生で、通学に片道一時間かけバスで移動しており、講義のノートを見返していたり、携帯でニュースを見ていたり、ゲームして過ごしていますが、いつの間にか寝ています(30~40分程)。

学校に到着してからの午前中に一回は実習、講義問わず睡魔に襲われ
昼食後、胃、腸に血液が集中しているせいもあり、強烈に眠くなります。


三食食べています(体型は細)
睡眠時間は6時間程。
実家暮らしで、偏った食生活はしていないつもりです。

関係がありそうな事は
昨年11月頃 出先で倒れ救急車で運ばれました。
白血球、赤血球、胃、腸レントゲンには異常がみられませんでしたが
血色素量の数値が基準数値の半分だったそうです。

昨年12月頃
かかりつけの病院で血液検査をしたところ異常はみられず。

今年2月頃
午前、気分が悪くなり学校で倒れ二時間程寝ていました。



乱文、長文申し訳ございません。
素直に病院に行き診療を受けたいのですが
通学に時間がかかってしまい、夕方過ぎに自宅に帰宅するので中々いけない状況です。

気がついたことがあれば何でも構いませんので
どうぞよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 病院に行き診察を受けたいというお気持ちがあるということは、もしかしたら病気かもしれないとお考えなのでしょうか。

ご自分で調べられているかもしれませんが、ナルコレプシー(narcolepsy)という病気をご存知ですか?
 睡眠障害のひとつですが、日中において場所や状況を選ばず起きる強い眠気の発作を主な症状とする脳疾患です。この病気の症状にあなたの症状が非常によく似ていたため、回答させていただきました。

おどかすつもりはありませんが、個人的にはいち早く医療機関を受診し、もしそうであるならば早期に治療されたほうがよいとおもいます。この病気の恐ろしいところは、発症するタイミングによっては死に至り、人を殺す可能性まであり、そこまでいかなくても周囲の理解が非常に低いため、あなたが怠けているとか、いつも居眠りしてだらしないなど、あなた自身の評価が著しく損なわれます。

いくつか参考までにナルコレプシーの特徴等を挙げておきます。

<概要>
直訳としては「Narco=眠り」「Lepsie=発作」

・発症期は主に15歳前後が多いが、病気と気づくまで時間がかかり診断確定まで時間がかかる。

・現在確定診断を受けた患者数は日本国内においておよそ2000人前後(2009年12月現在)

・決して珍しい病気ではなく、日本では600人に1人程度(0.16% - 0.18%)[4]は罹患していると想定されている。

・治療を行っていない状態で、機械や自動車の運転中などに発作が起きると重大な事故の原因となりうるため、早期に適切な治療下のもと、日常生活を送るのに支障をきたすことがないように通院することが望まれる。


と、ナルコレプシーの決め撃ちのようですが、他にも日中眠くなるその他の病気として、
睡眠時無呼吸症候群
不眠症
真性過眠症
特発性過眠症
反復性過眠症(周期性過眠症)
覚醒不全症候群
うつ病(双極性)
季節性うつ病
周期性四肢運動障害
むずむず脚症候群
薬物・アルコールの慢性使用
身体疾患・神経疾患の一部
心因性などの精神障害
概日リズム睡眠障害

などありますので、一度睡眠障害外来など病院によってはありますので、それらの専門科を受診したほうがよいとおもいます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報