質問1)
クマノミがシライトイソギンチャクの刺胞の働きを止めてしまうのはどんな物質によるものですか?
同様に、他の種のクマノミとイソギンチャクについても教えてください。

質問2)
クマノミの仲間はイソギンチャクの出す「アンフィキュウミン」とかいう物質で引き寄せられるという話を聞きましたが、これでは、クマノミの種類によって好むイソギンチャクが違う事は説明できないと思います・・・・?
それともこの「アンフィキュウミン」とかいう物質の量で識別しているのでしょうか?

A 回答 (4件)


特定はされてない様ですが(私が知らないだけかも)、共生関係になった場合、クマノミの体表粘液物質の組成がイソギンチャクの体表粘液と非常に似通った組成であることが分かっています
イソギンチャクも自分を攻撃するわけにはいかない、と言うのを逆手に取った原理の様です



クマノミ類は好む宿主となるイソギンチャクの毒の成分をシノモンとして認識しているそうです
シノモンは、フェロモンみたいなもので、フェロモンは同種間同士のものならば、シノモンは別種間同士のもので、例えるなら花の香りと昆虫みたいな
アンフィキュウミンはハナビラクマノミだそうで、シライトイソギンチャクの毒の成分に由来するものです
カクレクマノミであれば、ハタゴの毒の成分などのトリプタミンやタイラミン(チラミンの方が日本では一般的かな)に反応するそうです
「海洋動物の毒」と言う本に研究されたイソギンチャクの種類ごとの毒の成分やどのタイプであるか、上記の情報などを詳しく掲載しています
    • good
    • 0

質問1については、共生を始めた段階では、魚の体表は分厚く、糖タンパクで覆われているためだと聞いたことがあります。



質問2については、アンフィキュウーミンという活性を示す物質が発見されたのは、ハナビラクマノミとシライトイソギンチャクの組み合わせによる実験からであって、その他のクマノミとイソギンチャクの組み合わせについては、さらに実験しないと分からないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
では、アンフィキュウーミンについてはあくまでもハナビラクマノミとシライトイソギンチャクの組み合わせでの実験によるものなのですね。
たいへん参考になります。


糖タンパク質について教えてください。

お礼日時:2001/04/24 01:33

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「クマノミ&イソギンチャク」

ご参考まで。

参考URL:http://www.os.xaxon.ne.jp/~akirin/isoginnchaku.htm

この回答への補足

この参考URLですが・・・・
ぼくは、このホームページを見て、その矛盾に気づき今回の質問をしたのであります。

あくまで、アクアリストとしての立場から言わせていただきますと・・・このホームページは科学的なことでところどころ間違いや誤解を招く記述があるので大変失礼ですが参考になりません・・・
じっくりと丁寧にこの人のページを見ればそれが解かると思います。
お手数ですが、もしよろしければ他のURLを教えてくれるとうれしいです。

補足日時:2001/04/22 21:20
    • good
    • 0

クマノミは体の表面に多くの粘液を纏っており、それがイソギンチャクの刺胞を防いでいるということを聞いたことがあります。


ですから、クマノミの体を丁寧に拭いて、粘液を取り除いてしまうとイソギンチャクに刺されて、他の魚と同様に餌となってしまうというのを水産学部の人に聞いたことがあります。
質問2については存じません。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

では、クマノミの粘液の中にイソギンチャクの刺胞の働きを止める物質があるのでしょうか?

他の魚に比べクマノミは特に粘液が多いわけではないので粘液自体が刺胞の働きを止めるというのはおかしな気がします。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/22 21:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qかくれくまのみ

海水魚初心者です。しりきすずめを3匹かくれくまのみを2匹かっていましたが、かくれくまのみの1匹を残り4匹でつついたり威嚇したりして、おそらく拒食症になり☆になってしまいました。すると1匹残っているかくれくまのみに標的がかわったのかつつかれ始めました。元気もよく食欲もあるのですがとりあえず産卵箱で一時的に隔離をしています。今後隔離したままがいいのか、別水槽に移すのか、また、隔離せず混浴するべきなのかタイミングは、といろいろかんがえてしまいます。立ち上げ1ヵ月ほどですが水質も安定しているようでイソギンチャクも元気?のようです。少しこけで困っていますが・・・・ システムは上部ろ過とエアレーションですが今後オーバーフローを導入予定でサブタンクで生体の飼育も可能なようにするつもりです。いい方法があればよろしくお願いします

Aベストアンサー

こんにちは。
クマノミ、残念でしたね。
水槽サイズがわかりませんが、基本的に、スズメ類は
あまり混泳にむかないんですよね。
丈夫なので、初期飼育には最適なのですが・・・・。

現在隔離中との事ですが、可能なら、別々に飼育した
方が安全だと思います。
スペース等の事情で戻すしかない場合は、「いじめる側」を
隔離するのが基本です。
一度隔離し、数日後に水槽に戻すことで、「新入り」の
状態になり、水槽内での順位を逆転させることができます。
弱いモノを隔離し、また戻すと、ますますいじめられてしまう
可能性が高いので、気をつけてください。

コケがでるのは、(照明の問題がなければ)水質が安定しきって
いない、初期の段階には仕方がないようです。

ご参考になれば・・・。

Q刺胞動物門と海綿動物門

刺胞動物門の刺胞とは何か?
また、海綿動物門の海面動物の襟細胞とはなにか?

Aベストアンサー

えーと刺胞はクラゲ・イソギンチャクなどに見られる毒をもつ細胞で刺激によって毒を打ち込みます!!
で襟細胞は海綿などにみられる細胞でカイメンの食物〈海中の栄養素〉を食べるのに役立っています!!!
襟細胞の鞭毛という毛みたいなやつが水をカイメンの体の中に流してその水流からカイメンは栄養分をこしとっています!!!

刺胞
http://www.chiba-muse.or.jp/UMIHAKU/kenkyu/yanagi/shihou/shihou.html
襟細胞
http://www.kahaku.go.jp/ueno/guide_to_exhibition/midorikann/2f/Porifera.html


文章下手ですいません<(_ _)>

Q【30cm水槽でイソギンチャクとクマノミ飼育】

 
カクレ2匹、イソギン1個体、あと苔取り貝を数匹入れる予定です。
 
……
…やっぱりかなり難しいですかね?
 
もし飼育のコツなどがあれば教えて下さい。(カクレは1匹でも大丈夫です)
よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

30cm水槽では結構難しいですよ。
理由は水量が少ないため、周囲温度による水温変化の追従が早いので水温変化で魚が弱りやすい。
淡水魚と違って海水魚は短期間の水温変化に非常に弱いです。
また、水質悪化もしやすいです。

ショップでの小型水槽展示はコンパクトで綺麗で簡単に飼えそうに見えますが、ほとんどのショップでは売れるまで2週間~1か月程度生きていればいいという感じで展示しています。
特にイソギンチャクなんて売れなければほとんど死んでいきます。
(ショップ内の大型のサンゴ水槽なら長期間飼育できると思いますが)
また店舗内はエアコンつけっぱなしなので、温度変化は少ないです。

やってみたいなら私のアドバイスとしては以下の3点。
1.立ち上げはちゃんと調べて、時間をかけて(最低一カ月)行うこと。
2.夏場は水温が上がらないように水槽用クーラーか部屋のエアコン24時間つけっぱなしなどの対応が必要
3.イソギンチャクは失敗すると溶けて水質悪化に繋がるので、最初は魚だけで飼育した方がいい

カクレはペアになるので2匹でも大丈夫です。それ以上の数は縄張り争いになる可能性があります。

30cm水槽では結構難しいですよ。
理由は水量が少ないため、周囲温度による水温変化の追従が早いので水温変化で魚が弱りやすい。
淡水魚と違って海水魚は短期間の水温変化に非常に弱いです。
また、水質悪化もしやすいです。

ショップでの小型水槽展示はコンパクトで綺麗で簡単に飼えそうに見えますが、ほとんどのショップでは売れるまで2週間~1か月程度生きていればいいという感じで展示しています。
特にイソギンチャクなんて売れなければほとんど死んでいきます。
(ショップ内の大型のサンゴ水槽なら長期間飼...続きを読む

Q少し赤っぽくなっている蚊はもうすでに誰かを刺したということで、もう刺すことはありませんか?

少し赤っぽくなっている蚊はもうすでに誰かを刺したということで、もう刺すことはありませんか?

Aベストアンサー

満腹でない限り、刺す可能性大。

逆に、血をすうために刺すのは雌だけで雄は刺しませんから、腹が赤くなってない蚊は50パーセント以上の確率で、刺しません。

Q「かくれクマノミはダジャレが得意」って、どいうゆうこと?

「ファインディングニモ」を見ました。物語の設定で
「かくれクマノミはダジャレが得意」とありましたが、その設定がどうもひっかかっています。(物語の流れに関係なく、突然出てくるので、いらない設定だな…と思いました)もしかしたら、
英語では「かくれクマノミはダジャレが得意」という言い回しがあるのでしょうか?アメリカ人には理解できる何かがあるのでしょうか?教えて下さい!

Aベストアンサー

ファインディングニモはあまり覚えていませんが。
カクレクマノミは英名で「clown fish」です。
「clown」とは日本語で言えば道化師(ピエロ)という意味なので、カクレクマノミは「ダジャレが得意」という風に設定したのではないですか?

Qウニ・イソギンチャク・ヒトデの子孫の残し方

ウニやイソギンチャクやヒトデはどのように子孫をふやすのでしょうか?
交尾はしますか?

Aベストアンサー

 ウニは雌が卵を、雄が精子を、それぞれ海中に放出し、放出された卵と精子が海中で受精してできる受精卵から、次世代のウニが誕生します。

【参考URL】
 ウニ
  http://www.pref.iwate.jp/~hp5507/uni/uni/uni.htm

 NHK高校講座 | 生物 | 第9回 第2部生殖と発生 いろいろな生殖
  http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/seibutsu/archive/resume009.html 

 この様に、卵と精子が受精する事で次の世代を生み出す方法を、「有性生殖」と言います。
 又、体外で受精する受精方法を、「体外受精」と呼びます。
 体外受精の場合、交尾は行われません。(カエルの場合、雄が雌を抱えると言う、交尾に似た行動をしますが、カエルは体外受精なので、交尾とは言わずに、抱接と言います)

【参考URL】
 交尾 - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%A4%E5%B0%BE

 ヒトデの多くは、ウニと同様に、卵と精子を海中に放出して、体外受精によって繁殖します。
 但し、ヒトデは再生力が高いため、身体がばらばらになった場合、千切れた腕の一本一本が、それぞれ1匹のヒトデにまで再生します。
 ですから、ヒトデの身体の一部が、何かの事故で切り離されて、元々は1匹だったヒトデが、2匹に増えると言う事もあります。
 この再生能力を利用して、一部の種類のヒトデでは、成体の身体が自然に2つに裂ける事で、1匹が2匹に増えると言う、「分裂」によって繁殖を行うものもいます。
 この様な雌雄の関係が関わらない繁殖方法の事を、無性生殖と言います。
 ヤツデヒトデ等は、体外受精と分裂の、どちらの繁殖方法でも増える事が出来るようです。

【参考URL】
 3.海の生物教室
  http://www.nihonkaigaku.org/00f/i000513/t3.html

 イソギンチャクは、体外受精による有性生殖で増える種類が多いらしいのですが、無性生殖によって増える種類も少なくは無いようです。
 イソギンチャクが分裂する際には、足板(岩等に吸付いている部分)から裂け始めて縦に裂ける種類や、身体の途中がくびれて横に裂ける種類があるようです。
 種類によっては、同じ無性生殖でも分裂ではなく、「出芽」と言って、身体から別の個体が生えて来る事で繁殖するものもいるようです。

【参考URL】
 イソギンチャクの繁殖
  http://www.chiba-muse.or.jp/UMIHAKU/kenkyu/yanagi/hueru/hueru.html

 尚、ヤツデヒトデの様に、有性と無性の両方の方法を、状況によって使い分ける種が、イソギンチャクにもいるのか否かは、私には判りません。
 又、イソギンチャクも歩いて移動する事は出来ますが、体外受精なので、交尾は行いません。

 ウニは雌が卵を、雄が精子を、それぞれ海中に放出し、放出された卵と精子が海中で受精してできる受精卵から、次世代のウニが誕生します。

【参考URL】
 ウニ
  http://www.pref.iwate.jp/~hp5507/uni/uni/uni.htm

 NHK高校講座 | 生物 | 第9回 第2部生殖と発生 いろいろな生殖
  http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/seibutsu/archive/resume009.html 

 この様に、卵と精子が受精する事で次の世代を生み出す方法を、「有性生殖」と言います。
 又、体外で受精する受精方法を、「体外受...続きを読む

Qグラフィックデザインの中の「~デザイン」ウェブとかエディトリアルなどの名前で

自分の作品集を作ろうと思っているのですが、グラフィックデザインの中の、「~デザイン」の正式名称についてよくわからなくて質問させていただきます。

本の装丁をすることは「ブックデザイン」
雑誌のページのデザインが「エディトリアルデザイン」
パッケージ・CDジャケット等は「パッケージデザイン」
ウェブは「ウェブデザイン」
で合っていますか??

また、フライヤーのデザインは何デザインになるんでしょうか。「フライヤーデザイン」でしょうか。

それから、カレンダーのデザインは何デザインと言うのが正しいのでしょうか・・・?

わかりづらい質問でごめんなさい。
詳しい方、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

ADCやJAGDAなどの出品カテゴリーが
参考になるんじゃないでしょうか。

あれ、どっちにも書いてないですね。
募集時期にはWebにも掲載されるのですが…。
年鑑等を参照して下さい。

http://www.jagda.org/
http://www.tokyoadc.com/

Q中1の理科で植物の所のことで質問があります。 葉の働きで、光合成をするときが酸素を作って、

中1の理科で植物の所のことで質問があります。


葉の働きで、光合成をするときが酸素を作って、

呼吸するときが、二酸化炭素を作るんですか?

いつも勉強してるときに酸素が作られるんだって思っても、二酸化炭素が作られると出てくる問題もあって混乱します…。

この2つだけですよね?

Aベストアンサー

そのとおりです

きびしく言うと、酸素や二酸化炭素を作ろうとしたんではなく、
光合成や呼吸をした結果としてできてしまったので排出するんです
http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/shokubutu3.html

Qうちでクマノミを飼っていて、二日前くらいにミドリイ

うちでクマノミを飼っていて、二日前くらいにミドリイソギンチャクをいれました。そうすると、かなり水質が汚れた気がするのですが、イソギンチャクは水質汚したりするんですか?

Aベストアンサー

水槽の設備、立ち上げ期間、イソギンチャクの大きさがわからないので正確なことはわかりませんが、
イソギンチャクも生物ですので排泄物は出します。

イソギンチャク用に餌を与えていないのでしたら気にするほど汚染されることはありません。

本当に水質が悪化しているのでしたら他に問題がありますので、試験紙などでチェックすることをおすすめします。

水質が悪くなると、海水魚より無脊椎の方が先に体調を崩し死に至ります。
それによりさらに悪化し海水魚までもが死んでしまいます。

Q胃の働きと膵臓の働き

解剖生理学を勉強していて疑問ができました。

胃で糖をブドウ糖や果糖に分解するのですか?それとも膵臓で分解するのですか?
胃の働きと膵臓の働きがごちゃごちゃになって整理できません。わかりやすく説明をしていだだけないでしょうか?

Aベストアンサー

この辺をどうぞ
消化・吸収-栄養の吸収-
http://bunseiri.hp.infoseek.co.jp/SYOKA.htm#stomach
http://bunseiri.hp.infoseek.co.jp/syocho.htm#pancreas

ビジュアル生理学
http://bunseiri.hp.infoseek.co.jp/


人気Q&Aランキング