教えてください。先日、萎縮性胃炎もあり、胃カメラ検査をうけ、異常なしでしたが、今度会社の健康診断で、バリウム検査があります。わけあって、10ヶ月前から2ヶ月毎に肺のCT検査をうけていましたが、もんだいなく、おわりました。でも、結構被ばくしていると思い、バリウム検査をやるかどうかなやんでいます。結構バスでの検査は被ばく量が10mSv位と何かで聞いたことがあり、肺もあわせると、60mSv以上年間に医療放射線をうけていることになります。それに、自然からの被ばくや微量ですが、原発からの影響をかんがえると、うけれべきかまよいます。胃カメラ検査でじゅうぶんなのか?バリウム検査もひつようなのか?被ばく量はだいじょうぶか?胃のMRIでも検査出来るとききましたが、あるんでしょうか?以上不安な気持ちが悪が収まらず、質問してしまいました。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No.1の補足に回答します。



胃透視(バリウム)も胃カメラも一長一短あります。胃透視は簡易検査ではありません。
MRIは胃の検査には向きません。

ついでに検診車での胃透視はあまりお勧めしません。

この回答への補足

ありがとうございます。やはり万全をつくすには、両方の検査がひつようなのですね。バス検査は線量が多いから、進められないのか、技量や集団検査なので、すすめられないのですか?実際バリウム検査は被ばく量は5から10mSvとききますが、だいじゃうぶですか?最近肺のCT検査で経過観察のため5回ほど、6ヶ月でうけてしまいました。結局問題ありませんで検査終了しましたが、結構あびてしまいました。50mSvは超えているとおもいます。そこで、バリウム検査の被ばくと検査を受けるメリットを比較してまよっていました。何か、アドバイスいただけると、心強いです。おねがいします。

補足日時:2011/04/23 11:08
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/05/07 19:19

全然問題ないです。



今、言われているのは放射能被曝ではなく、
放射性物質を体内に取り込んでしまうことによって起こる内部被曝です。

福島県内では、その放射性物質が通常より多いということで、
原発より30km圏内が退避地域となっています。

しかしながら、放射性物質量(単位:ベクレル、Bq)はその場での測定が困難ですので、
1時間単位の大気中の放射線量(シーベルト/毎時、sv/h)で放射能量を測定しています。

ちなみにCT、胸部X線の1回の被曝量は約600μsvなので0.6msvです。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。肺のCT検査の被ばく線量は約7mSvです。肺X線は0.05mSvぐらいですけどね。100m
Svいってないからだいじょうぶですかね。内部被ばくはなかなかむずかしいですね。空気中のものや塵など、あと水、食べ物をトータルで計算しないといけませんし、子供たちが、校庭で遊んでいるのも、すこし心配ですね。早く、終息してくれるといいのですが。被災者の方々は本当に精神的にも肉体的にもダメージがおおきいでしょうね。少しでも力になりたい気持ちでいっぱいです。でも、自分もしんぱいです。

補足日時:2011/04/22 21:54
    • good
    • 0

 


バリウムより胃カメラほ方が10000倍良いです。
バリウム検査で疑わしい影を発見したら精密に検査するため胃カメラの検査をするのですから、簡易検査とも言えるバリウムは飛ばして胃カメラの方が検査精度も高いし被曝は0なのでよいです。
 

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。でも、先生によっては、バリウム検査は透過検査なので、スキルスも発見しやすいというし、カメラでははっけんできないものも、たしかにある。と言ってました。スキルスもカメラではっけんできますよね。MRIも検査方法であるのですか?

補足日時:2011/04/22 21:40
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 原発性(先天性)免疫不全症<子どもの病気>の症状や原因・診断と治療方法

     先天的に免疫系のどこかに異常が存在する場合を原発性(先天性)免疫不全症といいます。細菌、ウイルス、真菌、寄生虫などにかかりやすく(易感染性(いかんせんせい))、感染症を繰り返したり、日和見感染(ひよりみかんせん)を起こしたり、重症な感染症に陥ったりします。  現在は以下の8種類に分類されています。(1)T細胞およびB細胞免疫不全症、(2)主として抗体不全症、(3)他のよく定義された免疫不全症候群、(4)免疫調...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCT検査や胃バリウム検査の被爆量

今年、3ヶ月の間にCT造影検査(腹部)と
胸部レントゲン検査、
さらに胃のバリウム造影検査を受けています。

被爆量が心配なのですが、、
問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

概算の被曝線量は胸部レントゲンが0.1mSv、胃バリウムが1.2、腹部造影CTが2くらいでしょうか。多めに見積もって5mSvとします。胸部は無視できる量でしょうし、ほとんどが腹部の被曝です。

急性障害(すぐに起こってくるもの)は50mSv以下では、何もないといわれています。質問者さんの場合は3カ月かけての被曝なので、問題ないでしょう。
長期的な影響だと、がんの発生確率が少しだけ上がるといわれる量が100mSvなので、これまた問題ないと思います。

ということで、被曝線量は問題ないです。ただ、これが医療の中で行われた、つまり、何らかの病気が疑われて行われたという前提の上です。目的もなく、ただ検査をやったというのであれば、無駄な被曝です。得られるメリットがあってこそ、正当化される被曝です。

Qマンモグラフィと超音波の繰り返しで、被爆も心配なのですが・・・

市の乳がん検診(触診・超音波)を受けました。
異常がなかったので、さらに、市のマンモグラフィ検診を受けました。
ところがマンモグラフィで要所見と言われてしまいました。
仕方がないので、検査結果を持参して、大きな病院に行った所、
「触診では異常はないが、念のためマンモグラフィ
と超音波の検査をしましょう」と言われました。

そもそも、マンモグラフィ検査の結果を持って来院しているのに、ひどい矛盾を感じます。
マンモグラフィも超音波も先月受けたばかりなのに・・・
超音波の再検査はまだいいとしても
マンモグラフィは被爆も心配です。
毎月、続けて受けても大丈夫なのでしょうか?
(マンモグラフィ推奨のパンフレットには
2年に1度でいいから、被爆量も少なくて安心などと書かれていましたが・・・・)

また、マンモグラフィで要所見だった場合の
乳腺外科の扱いというのはこんなものなのでしょうか?

専門的なご意見をお願いします。

Aベストアンサー

診療放射線技師です。

1回のマンモグラフィー検査での被曝線量は、
0.05~0.15ミリシーベルトといわれていますので、
今回の被曝線量に関しては、全く心配要りません。

マンモグラフィーに限らず、たとえ同機種で撮影したとしても、
施設・撮影者・プリント時の条件等によって、出来上がる写真はバラエティーあるものです。
診断する医師としては、他施設から持参した見慣れない写真では、
確実な診断がしずらいということが、あるかと思います。

医療被曝の限度について、若干勘違いをされている方がおられるようですので、
こちらをご参考にどうぞ。
http://security.okwave.jp/kotaeru.php3?q=1990100

Qレントゲン・・・どれ位の枚数を撮影したら体に影響が出ますか?(被爆)

子供の頃から体が弱いです。
入院や肺炎、喘息のたびにレントゲンを最低2枚ずつ取っていました。
そのほかに造影剤を使って、長時間機械の下で動かずにじっとする検査や学校の検診など、普通の人よりかなり放射線を浴びています。

中学生になった頃に、あまりにもレントゲンの回数が多いので、主治医から「将来体に影響が出るかも知れないから」といわれて、レントゲンの回数を減らすようにしようと言われ、なるべくとらないようにしてもらっていたのですが、引っ越して他県になってしまったので別の病院に行っています。
前の病院以外では普通にレントゲンを撮ってしまっているのですが、レントゲンってどれくらい危険なんでしょうか?
何枚くらい撮ったら被爆の恐れがあるのでしょうか?
ガンや白血病などが怖いです。

とくにガンは祖母が子宮ガンと大腸ガンをしていますし、親類にも大腸ポリープ、胸部のしこりなどの経験者がいて心配です。
私も26歳にして大腸にポリープがあります。
ガンから逃げられないような気がして怖いです。

被爆について詳しく教えてください。

Aベストアンサー

診療放射線技師です。

ガンや白血病は「確率的影響」とされています。
また、ガンや白血病は200mGy以下の被曝では、
統計学的に有意な発生率増加は、無い事が分かっています。

胸部エックス線写真1枚での照射線量は0.2mGy前後ですから、
1000枚程度では、全く被曝の影響はないといえます。

1000枚を越えたからと言って、すぐに影響がある訳でも勿論無く、
おそらく有意な影響が出てくるのは、何十・何百万枚でしょう。

ですから、質問者さんは、全く心配する必要はありませんし、
またこれからも必要のある検査は、勿論受けてかまいません。


医療被曝には「限度」と言うものはありません。
医療法施行規則第30条の27で定められているのは、
我々のような放射線作業従事者に関する限度であり、
#3の方のリンク先の内容は、全く正しくありません。
また、現在では職業被曝の限度も、全く違った数値となっています。

Qピロリ菌以外の要因でも萎縮性胃炎はおこりますか。

36歳女性です。
胃カメラ検査で萎縮性胃炎と診断され、萎縮の程度は軽めとのことでしたが
念のためにピロリ菌の血液検査をしました。
結果は10未満が正常値であるところ、私の数値は3とのことで陰性の診断でした。
さらに呼気の検査もしまして、そちらも陰性だったのですが、
先生が「ほとんどの萎縮性胃炎がピロリ菌が原因です。」といわれ、
以前ネットで、萎縮がものすごく進行した場合、ピロリ菌は住めなくなり
どこかへいってしまう。と書いてあったのを思い出し、私の萎縮の程度は
先生は軽めといってくれたけど、「ほとんどの萎縮性胃炎はピロリ菌が原因」
イコール「わたしの胃にもピロリ菌がいた」イコール「私の胃はものすごく萎縮している??」
と考え心配しています。先生は軽いと言ってくれたから信じたいのですが。。。
そこで質問なのですが、ピロリ菌以外の原因でも萎縮性胃炎はおこりますか?
萎縮が軽くても、ピロリ菌がいなくなることもありますか?
私の萎縮性胃炎の程度が重くないとすこしでも思えたらなあと思って質問しました。

Aベストアンサー

そんな心配してるとますます胃が悪くなりますよ。心配や悩み事をかかえたり不安が押し寄せると食欲が落ちたり胃が痛くなったり重くなったり不快感を感じると思いますがどうでしょうか。胃がやられるのはは食べ過ぎか心因性のストレスが原因です。
ピロリ菌に感染していなくても胃炎にも罹りますし潰瘍にもなります。また除菌してもトラブルを繰り返すこともあります。これらはいわばありふれた常在菌であるピロリ菌が病気に二次的に関与することはあっても病気の直接の原因ではないことを物語っています。
委縮性胃炎も原因は同じです。ピロリ菌は二次的に関与するとしても、いてもいなくても罹ります。皮下の胃壁細胞が心因性のストレスによって粘膜の血流障害や顆粒球増多を招いて破壊される事が直接の原因です。この細胞が抗原となると委縮が始まったりビタミンB12の結合タンパクに対して自己抗体できて貧血になったりします。貧血の症状が強くでると委縮性胃炎ではなく悪性貧血といわれます。

もともと心配、不安、悩みなどが原因ですのでピロリ菌の心配をすると余計にストレスが増えます。ストレスが原因だと分かればいままでよりは余裕もうまれ多少なりとも安心できるのではないでしょうか。性格もあって難しいとは思いますが「なるようになるさ」ぐらいに思ってできるだけくよくよせずに過ごすことが治療となります。これはピロリ菌がいるとしてピロリ菌を暴れさせない、おとなしくさせておく方法でもあるのです。心や体のストレス、あるいは制酸剤の使い過ぎで胃の内部環境のバランスを悪くしなければピロリ菌を飼っていてもいつまでもおとなしくしています。

そんな心配してるとますます胃が悪くなりますよ。心配や悩み事をかかえたり不安が押し寄せると食欲が落ちたり胃が痛くなったり重くなったり不快感を感じると思いますがどうでしょうか。胃がやられるのはは食べ過ぎか心因性のストレスが原因です。
ピロリ菌に感染していなくても胃炎にも罹りますし潰瘍にもなります。また除菌してもトラブルを繰り返すこともあります。これらはいわばありふれた常在菌であるピロリ菌が病気に二次的に関与することはあっても病気の直接の原因ではないことを物語っています。
委縮性...続きを読む

Qピロリ菌検査、正確にわかる検査は?

毎年、夫婦で健康診断(人間ドッグ)を受けてます。
夫婦で医師から検査結果の所見を聞けるのですが、
夫のピロリ菌の有り無しがわからず、3年越しで治療に踏み切れていません。

一年目、血液検査にて夫婦でピロリ菌の検査を受けました。
夫も私も陽性でした。

二年目は、胃カメラ検査で、
私は、慢性胃炎や逆流性食道炎、食堂裂肛ヘルニア等もあったので、
ピロリ菌除去の治療を受けて除去に成功しました。

夫は、胃は綺麗でピロリ菌はいないのではないかという所見でした。
夫も逆流性食道炎はありますが、胃カメラ検査で検査した医師からは
いないとの事でしたが、
検査後の全体の結果を説明してくれる医師からは
画像を診て、いると思うから除菌したほうがいいと言われました。

三年目、別の病院でピロリ菌の検査を積極的に行っている病院で診てもらったところ
胃カメラ検査をした医師から
私は陰性、夫は「いますね~。いると思う。」
と胃の中を見た医師からは、「いる。」
という所見でしたが、その後、全部の検査結果を別の医師が説明してくれた時には
夫のピロリ菌は陰性でした。

カメラで診てくれた医師からは「いる。」と言われた事を
その医師につたえると
「いませんね。」
とその胃カメラ画像を見ながら言われました。
血液検査でも陰性でした。

血液検査では正しい検査結果は得られないとの事で
胃カメラ検査を受けてピロリ菌検査の有りなしをはっきりさせたかったのですが、
胃カメラ検査でも、
陰性、陽性と、医師によって違いました。

全体の検査結果を説明してくれる医師も、
画像を見ながら所見を聞かせてくれますが、
陰性、陽性と医師によって違いました。

次回は
口から息を吐いてピロリ菌がいるか調べる検査を受けてみる事にしましたが、
この検査は、陰性・陽性は、正確にわかるのでしょうか?

毎年、夫婦で健康診断(人間ドッグ)を受けてます。
夫婦で医師から検査結果の所見を聞けるのですが、
夫のピロリ菌の有り無しがわからず、3年越しで治療に踏み切れていません。

一年目、血液検査にて夫婦でピロリ菌の検査を受けました。
夫も私も陽性でした。

二年目は、胃カメラ検査で、
私は、慢性胃炎や逆流性食道炎、食堂裂肛ヘルニア等もあったので、
ピロリ菌除去の治療を受けて除去に成功しました。

夫は、胃は綺麗でピロリ菌はいないのではないかという所見でした。
夫も逆流性食道炎はありますが、胃カ...続きを読む

Aベストアンサー

ここにはとんでもない素人がいて、しょうもない事を書いていますが、
正確には下記のようなデータがあります。

感度は菌がいる場合に菌がいるという結果がでる確率です
特異度は菌がいない場合に菌がいないという結果がでる確率です。

尿素呼気検査  感度 95%  特異度 95%
血液検査(抗体)感度 91~100% 特異度 50~91%
糞便検査(抗原)感度 96%  特異度 97%

尿検査は抗体法なので血液検査と変わりません。

血液検査の感度は十分高いので、血液検査で菌がいないという診断なら
ばほぼ菌はいません。
が、特異度が低いので、血液検査で菌があるという診断でも菌はいない
可能性があります。これが抗体検査の弱点で除菌に成功してもすぐには
さがらないので、除菌判定には使えません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報