数を数える時に、例えば

1~100の間なら、
(100-1)+1=100個

32~58なら、
(58-32)+1=27個

n~mなら、(n<m)
m-n+1 個

のように最後に1を足すのに注意しないといけないですよね?

そこで質問なのですが、この最後の「+1」の「数学用語」が
思い出せません。
数を数える際、帳尻を合わせて補うから「+1」は「補数」
という名前がついていた、と考えたのですがどうやら違っていました。

今非常にモヤモヤしています。

どなたか数学のできる方、
よかったら教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

難しい話ですね。


特に数学的用語はない気がしますが…

あえて言うなら私だったら、最初の数という言い方をします。

例えば、
32~58なら、
(58-32)+1=27個
ですが、(58-32)は32から58でいくつの数があるのか。
ここで注意するのはこの数は32は入らなくて58は入るので、
+1は32を含める数という認識でいいのじゃないでしょうか??
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報