くだらない質問で申し訳ありませんが、『ドクター』という称号について教えてください。

ドクターを辞書で調べると、1.博士課程を卒業した人のこと。2.医師となっておりますが、医学部を卒業し(国家試験の合格を含め)、医師となり、その後博士課程を卒業し、医学博士となった場合は、「ドクター」の称号は2つになるのでしょうか?

以上よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

大方回答は出揃っていますが補足を。



例えば医師免許を持っていてその後博士課程に進み博士号をとった人、仮にその人の名前が佐藤太郎だったとしましょう。

すると佐藤太郎(医師、医学博士)の英語での表記は
Taro SATO M.D.,Ph.D.
となります。

したがってドクターと表記するのはは二ヶ所となります。
    • good
    • 1

日本では、という断り書きがある回答があったので。


今アメリカにいますが、日本と同じですよ。医師はMD、医師以外の学位を持つ人はPhDでどちらもDr.(ドクター)のタイトル(Mr.MsのところがDr.になる)がつきます。
アメリカでは学位が評価されるのか、ご質問にあるように医師で学位を持つ人はMD.,PhD.と二つちゃんと、名刺や名札で名前の後につけていますよ。

日本ではまず医学部を卒業したのに国家試験に受からないような人がほとんどいない(もしくは国家試験に受かるまで浪人生として表に出てこない)ので、MDについて、医学部卒と医師資格を分けず、MDを持っていると言っている人は現実にはまず医学部卒兼医師と考えられるているのでしょうね。
    • good
    • 0

おおかた出そろっているようなので、蛇足かもしれませんが、


通常、医学博士はMD、理学博士はDsc(Doctor of Science)、学術博士がPhDです。日本では、工学博士はDeng(Doctor of Engineering)を使いますが、欧州などではこの称号は製造現場などで卓越した技を持つ人に与えられることもあるので、日本の工学博士はただDrとだけ名刺に書く人が多いです。名刺にDrとだけ書いてあったら、工学博士の可能性の方が高いと思います。上記の細かい分け方は、(身分制度が残る?)欧州のもので、米国はMDとPhDだけだそうです。
    • good
    • 0

Doctorは本来は医師ではなく、博士という意味だと思います。


一般にドクターと言えば医師を思い浮かべる人が多いのは確かですが、これは例えば日本で「先生」という言葉が教員の代名詞のように使われているのと同じようなものだと思います。

アメリカなどでは医師になるための学校は大学院博士課程レベルで、大学を卒業した人が入学します。
したがって、アメリカの医師はすべて文字通りドクター(博士)です。
日本では医学部を卒業しても「医学士」であって、博士ではありません。ですから日本には「ドクターでない医師」もいるのです。(これをアメリカ人に説明すると、彼らは混乱します。)
しかし、日本の医師が英語の名刺を作るときなどは、博士の学位のない人でも、医師の資格をアメリカのmedical school卒業に準ずるものと見做して、慣例的にMD (= Doctor of Medicine)という学位名を書いているようです。

アメリカのMDは職業資格ですが、日本の医学博士は研究実績に対して与えられる学位なので、アメリカで言えばMDではなくPhDに相当すると思います。したがって日本の医師が博士号を取った場合は、MD.PhDと併記するのが正しいと思うのですが、実際にはMDしか書かない人が多いですね。
    • good
    • 1

医者と博士を分けるために日本では医者をMD(medical


doctor)博士をPhDとしています.いずれもドクターと呼び
ます.勿論医者でPhDを持っている人は多いです.
海外で博士を取得した人はPhDと云います.外国では全て
PhD(philosophy doctor)哲学博士となります.
日本で取得した人は○○博士と呼びます.各学部で審査する
からです.日本で大学院(コースドクター)または
論文審査のみの(論文博士)の二つがありいずれも
PhDまたは博士といわれます.従って,日本では医者をMD,
論文または大学院で博士号取得者を○○博士(PhD)と
云います.
    • good
    • 1

口語的にはMedical Doctorという言い方が一般的だと思いますが,「Doctor of Medicine」の方がやや正式な言い方になると思います.



ただ,日本と外国で博士号の位置づけ,ニュアンスが違うので,表記方法は単純ではないようですね.
http://www.naika.or.jp/fellow/kaishi/11/113/facp …

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Berkeley/9325/term.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qロニーっぽい服探してます

小学校の入学祝いでロニーっぽい子供用のギャル服(死語ですか?)を探しています。
ロニーばかり着ているので違うブランドも取り入れてあげたいのです。

今度、東京に行くので渋谷・原宿辺りで良いお店があったら教えてください。
後、どんな物があると使い回しやすく便利ですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

RONIっぽいかどうかは個人の印象によるかもしれませんが、同系統のギャルっぽい服、という意味でいえば、チャビーギャングとかJenni、レイアリスあたりがかわいいと思いますよ。
東京住みではないので店舗の場所はわかりませんが、ネット通販とか地方でも普通に買えるブランドだと思いますのでHPで見てみてください。

Q博士課程前期を卒業してまた博士課程前期に入学できる?

 新しい分野に興味を持ったので考えています。
どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

 可能です。

因みにうちの院(宗教学)には元大学教授(工学系)と別の大学の現職の教授(中国語)の方がいらっしゃいますし、
同じ分野の別の大学院から移ってこられた方もいらっしゃいます。

あと、教授のつてで正規の学生ではないけれど、聴講の形で他の大学院の授業に参加することも出来ますよ。

また、アメリカの会社(googleとか)の経営者には2つの分野の修士号を持っている方も大勢いらっしゃいますよ。

最近は1つの専攻だけではやっていけないので、他の分野の知識も必要ですから、あなたの選択は大いに結構なことだと思います。

仮に経済学の修士→法科大学院でしたら公認会計士試験がかなり免除になる可能性もありますよ。

参考URL:http://www.komazawa-u.ac.jp/gr/research/in-bukkyoken-home/hokoku/04/04hokoku.html

Qディスタービアのロニーのヘッドホンは何?

ディスタービアのロニーがケール家に始めてくるときにつけているヘッドホンは何かわかりませんか?

Aベストアンサー

少し訂正です。日本国内で一般的に販売されているモデルの型番はRP-DJ1200のようですね。
http://panasonic.jp/technics/products/dj1200/dj1200.html
http://kakaku.com/item/20464010220/

参考URL:http://panasonic.jp/technics/products/dj1200/dj1200.html

Q医学系の博士課程について

医学系の博士課程には、
「医学部出身者(医師免許取得者)しか進学できないコース」
がありますか?

No.545040(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=545040)
にも参考になる回答がありますが、ここでは
「医学部の大学院博士課程でも、他学部の修士から進学できます。
(ただし、臨床系でなく、基礎医学に限られると思いますが。)」
というふうに書かれています。

つまり、臨床系の博士課程の全部あるいは一部は、
医学部出身者にのみ開かれたコースとなっていて、
他学部出身者では進学できないようになっているのでしょうか?

東京大学大学院医学系研究科・医学部のホームページ
(http://www.m.u-tokyo.ac.jp/)
で大学院入試案内の項から募集要項を見ると、
「博士後期課程学生募集要項」では
出身学部を問わず、修士課程修了者を募集しているのに対して、
「医学博士課程学生募集要項」では
医学部卒業者に準ずる者を募集しているようです。
こちらには、他学部卒で修士課程を修了していても
進学できませんよね?

いろいろ見てもよくわからなかったので、教えてください。
どうぞよろしくお願いします。

医学系の博士課程には、
「医学部出身者(医師免許取得者)しか進学できないコース」
がありますか?

No.545040(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=545040)
にも参考になる回答がありますが、ここでは
「医学部の大学院博士課程でも、他学部の修士から進学できます。
(ただし、臨床系でなく、基礎医学に限られると思いますが。)」
というふうに書かれています。

つまり、臨床系の博士課程の全部あるいは一部は、
医学部出身者にのみ開かれたコースとなっていて、
他学部出身者では進学...続きを読む

Aベストアンサー

以前医学部で助手をしており、現在は工学部の教員をしています(出身は理学部です)。

>医学系の博士課程には、
>「医学部出身者(医師免許取得者)しか進学できないコース」
がありますか?

普通は無いと思います。但し、他の人も書いていますが、研究室単位で医学部卒者しか取らない研究室は存在します。

>臨床系の博士課程の全部あるいは一部は、
>医学部出身者にのみ開かれたコースとなっていて、
>他学部出身者では進学できないようになっているのでしょうか?

普通はなっていません。例えば内科の研究室にも分子生物学や生化学で農学修士や理学修士をとった人が現に在学しています。ただ、そこで教員になろうとするには無理があるようです(あくまで研究であり臨床にはタッチできない)。

>「博士後期課程学生募集要項」では
>出身学部を問わず、修士課程修了者を募集しているのに対して、
>「医学博士課程学生募集要項」では
>医学部卒業者に準ずる者を募集しているようです。
この情報に間違いはありませんか?
普通医学部の博士後期課程学生募集要項」と「医学博士課程学生募集要項」が別に存在することは無いと思うのですが?(この点で自信なしとします)。

なお、他の人の回答に一部誤りがあります。
医学、歯学部などは、6年生の学部+博士課程4年
他学部は、4年生の学部+修士2年+博士3年です。
他学部の修士から医学部の博士課程に行く場合は博士課程は医学部出身者と同様4年となります。

以前医学部で助手をしており、現在は工学部の教員をしています(出身は理学部です)。

>医学系の博士課程には、
>「医学部出身者(医師免許取得者)しか進学できないコース」
がありますか?

普通は無いと思います。但し、他の人も書いていますが、研究室単位で医学部卒者しか取らない研究室は存在します。

>臨床系の博士課程の全部あるいは一部は、
>医学部出身者にのみ開かれたコースとなっていて、
>他学部出身者では進学できないようになっているのでしょうか?

普通はなっていません。例えば...続きを読む

Qわがままドクター

看護師の友人がいます。
ドクターがわがままで自分勝手ですぐに怒ると愚痴っています。
ドクターってこんな人が多いのでしょうか?
もちろん、すばらしいドクターもいっぱい居るとは思いますが。
こんなドクターと上手に付き合うにはどうしたら良いでしょうか?
ストレスで看護師をしている本人が入院しそうです。

Aベストアンサー

多いかと聞かれれば「個人の性格によるものなので何とも言い難い」と思います。
職場の他の看護師さんたちの間ではどう思われているのでしょうか?

逆の立場から話します。
私の同居人は、職場の看護師が自分勝手で注意しても直るどころか「自分は悪くない」と
ふてくされると愚痴ってました。
患者さんの命にかかわりそうなミスをしても謝りもしない、注意すると口も聞かない、怒ると
看護師長に「ドクターが怒って仕事がやり辛い」と苦情を申し立てると言うようなことが続きました。
結果「訴訟が多くなっているこの業界、自分がいくら気を付けてもダメなこともある。
医師免許がいくらあっても足りない(仮定)」と言って、考えに考えて職場を移りました。

ご友人もストレスで入院する前に職場を変えるなどの方法もあるかと思います。

Q博士前期課程と修士課程

大学院のマスターのことを博士前期課程というところと修士課程というところがありますが、全く同じ意味ということはわかりますが、なぜ2種類あるんですか?
もし、使い分けがあれば教えてください。

Aベストアンサー

文科系の博士課程修了者です。

私の大学では、もともと「博士前期課程」・「博士後期課程」という言葉は無く、「修士課程」・「博士課程」とされていました。学者になりたい人は、まず修士課程に入って修士になり、博士課程にほぼ自動的に進学(形式的に試験はする)する感じでした。

大学院重点化によって、「専修コース」・「社会人コース」など修士で終わって、社会に出る人たち(学者志望ではない)用の課程ができまして、これらがみんな修士課程に編入されたのです。これに伴って、学者志望者の修士課程は、「博士前期課程」となり、博士課程は「博士後期課程」となりました。ただし、これは書類上のことで、今でも慣例で、「修士課程」・「博士課程」と呼んでいます。

けっこう大学によってバラバラで、筑波大学なんかは、昔から「博士前期課程」・「博士後期課程」という言葉を使っていたと思います。ただ、今は全部この言葉に統一されているはずです。

Qドクターヘリについて

ドクターヘリの操縦者について、
(ヘリコプター運航会社のドクターヘリ操縦士については、飛行時間に加えて、特定業務の飛行時間、特別な訓練等についての要件を満たす者であること。)
とあるのですが、ヘリコプター運航会社のドクターヘリ操縦士以外つまり医療機関と契約するドクターヘリの操縦者というのがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

またおじゃまします。
>医療機関と契約するドクターヘリの操縦者というのがあるのでしょうか?
■医療機関がヘリコプターを持ち、その操縦士として契約するということですか。または個人でヘリコプターを持ち事業として医療機関と契約するということですか。

たしかに大きな医療機関には屋上にヘリポートが有りますが、医療機関が独自にヘリコプターを有した緊急出動システムを持っているのではなく、消防署や警察等からの依頼により緊急出動するのではないでしょうか。その場合依頼者が必要に応じてヘリコプターの手配をするものと思われます。

いずれにしろこの狭い日本で、また地域毎に医療機関が充実している現状では、ヘリコプターでの緊急出動は全国で日に何回位あるでしょうか。おマンマの食い上げですよ。

Q修士課程、博士課程の忙しさ

経験者の方は、学部時代の実験などの忙しさと比べて、修士・博士課程の忙しさはどのくらい忙しいですか?また、卒論・修論・博論を読み比べると自分は成長したなーと思いますか?教えてください

Aベストアンサー

忙しいかどうかは、自分次第でしょう。
私は今D1ですが、自分自身に課す要求やハードルが、修士博士と進むに連れて上がってるのでそりゃーもー大変になってきます。
昔自分が『満点』と思ってたラインが最低ラインになったりしますからね(それもどうなのだろう)

それと、学年上がるほど、後輩に教えることや、教授からいいつけられる雑用が増えて(ウチの場合)自分の直接の仕事とは関係ないところで忙しくなりますね。

ただ…『遅くまで実験している=やる気がある』とは限らないと思うんですよねぇ(飽くまで私の考えですが。No.2さんゴメンナサイ)
私は、むしろ卒論や修士初めの頃の方が効率・手際が悪く、結果として『遅くまで実験』していましたから。。

今の私は、卒論と修論の比較しかできませんが…
も、全然違いますねー(汗)
分野も多少違いますが、そもそも英文法からして卒論は酷い!
そして、論理が強引!!

…D論では、M論以上に成長できるように頑張る次第です(笑)

Qドクター中松がスゴイ、有権者は何を期待したの?

泡沫候補10人の票を全て足しても3000票余りなのに、ドクター中松は軽く1万票を超えています。百年に一度の大雪という悪天候にも屈せずに是が非でもドクター中松をと投票した有権者はドクター中松に一体何を期待したのでしょうか?

Aベストアンサー

> ドクター中松に一体何を期待したのでしょうか?

基本的には、「期待」と言うよりは、既存政党などに対する「アンチ票」じゃないですかね?
まともな候補者4名は、濃淡は別として、何らか政党色がありますので・・。

Q新制大学の修士課程と博士課程との接続関係

戦後長い間、修士課程は2年で博士課程は3年であり、博士課程は修士課程を修了後に修めるものとされてきました。しかし昭和24年の「大学院基準」では、両者は上下の関係ではなく、並立の関係であり直接博士課程への進学が想定されています。もちろん、修士課程を修了後であっても進学可能ですが、その場合は修士課程の履修単位は博士課程に算入できるとまで記述されています。なぜ修士課程と博士課程の並立制が実現しなかったのでしょうか?一説には、当時の文部官僚がGHQの並立示唆を上下関係と誤解した結果との解釈もあるようです。3年で済むところが、ミスで5年も必要となったとすれば、社会的責任は大きいと思います。真相をご存知の方、教えていただきたいと思います。

Aベストアンサー

度々失礼します。立命館大の件、私の勉強不足でした。4年生が進学する際、3年で学位が取れるコースと強調し、まさかと思いながらも、そんなこといいながら5年かかるのではないかと思っていましたら、3年目で退学しました。

さて、大学教員の立場から言えば、学士、修士ともすでに学位破壊(それにふさわしいものだけが学位を得てるか)が起きています。4年間授業料を払ったのだからもう1年払わせるのはかわいそうとか、留年させたら退学するとか言う学生の意見を真に受けて卒業させる教員もいます。

大学の学位で基本的に学位破壊が起きていないのは博士だけ(と思っていますがもちろん例外はあるでしょうが)、これを3年にするとどうでしょうか?それで、多くの人が学位を取れるのかということです。多くの人が5年かかる(あるいはそれ以上)のであれば、やはり5年を標準にすべきと思います。

質問文ではGHQが並立制を示唆としたと書かかれているのですが、No.5に対するお礼では、まるで日本が3年制を主張していたかのように取れます。いずれにしても、3年制は、一つのやり方であって、正しいかどうかは別問題です。本国の米国でも5年が一般的であり、3年制が良いとは思えません。要は博士学位に対する認識の問題であり、本来は、GHQや政府が決めることではなく、大学側が決める問題です。博士は、これだけの実績を上げたものに与えられるべきだという基準です。

私が論博を取るとき、ファーストオーサーで10本を要求されました。課程博士だと3本でよいということでした。このような二重基準も問題ですが、課程博士の年限を短くすることはより悪化する方向だと考えます。特別な実績をあげたものは学部卒後3年で博士の学位が取れるという基準で十分だと思います。

度々失礼します。立命館大の件、私の勉強不足でした。4年生が進学する際、3年で学位が取れるコースと強調し、まさかと思いながらも、そんなこといいながら5年かかるのではないかと思っていましたら、3年目で退学しました。

さて、大学教員の立場から言えば、学士、修士ともすでに学位破壊(それにふさわしいものだけが学位を得てるか)が起きています。4年間授業料を払ったのだからもう1年払わせるのはかわいそうとか、留年させたら退学するとか言う学生の意見を真に受けて卒業させる教員もいます。

大学の...続きを読む


人気Q&Aランキング