福島原発設置時に国?と福島県?でその地域の税金を安くする条件だったって本当ですか?
だとしたら拒否すればよかったのにと思ってしまうので教えてください。

A 回答 (2件)

税金を安くするんじゃなくてその町に補助金が入ります。



これは原発に限らず発電所を建てるときの条件として法律で決まっています。



ある程度のリスクは住民もわかっていて、メリットを取ったわけですが
今回のリスクは東電や国が伝えていたより遙かに大きいものだったから問題になってるんです。


例えるなら、「ちょっとだけ怪我するかもしれない。切り傷程度。その代わり毎年100万円あげる。」
って言われてその条件を呑んだら、後遺症が残るぐらいの大怪我をしたみたいなことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりますたが回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/25 20:40

原発が出来ると周辺の地域の自治体に、莫大なお礼とか税金(事業税や法人税)とかの収入が入ります。


原発を作るときは大工事になりますから、地元の建設業や土木業者が潤います。
政府が税金をおまけしなくても、原発からの税収が増えるから、地元の人達は税金を払う必要が減ります。
原発所在地の自治体では、予算の90%くらいが原発関連からの収入だそうです。

それがテコになって地元は認めてきたのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりますたが回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/25 20:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報